何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年03月30日

【作品紹介】そら様の京浜急行デト11。雰囲気掴んだ「現役」電動貨車。

 紹介が遅れに遅れまくった作品です。そら様、お詫びいたします。
 昨年の11月の栃木オフで拝見した作品の再見となります


 京浜急行の電動貨車は現在6両が在籍しています。

 資材輸送用のデト11-12。救援車のデチ15-16及びデチ17-18。
(13-14はなぜか欠番です)
 他にクト1・2の2両もありました。救援車でしたが(牽引車の1000形の引退もあり)、2010年に廃車されています。

 何れも1988-90年に改造(機器流用の新造)されたもの。この種の車両としては近代的な部類ですね。
 稼働率の高いのはデト11-12です。月曜木曜に久里浜〜仲木戸を往復してるようですよ? 幸せの黄色の電車とも。健在かつ事実上の定期運用は貴重なものでありますよね。

 余談ついでですが、その前に在籍していたデト30・デト20は更に個性的なスタイルでありました。どなたか挑戦されませんか? 9Vじゃないと難しそうな形状ですが(苦笑)、デト20は末期は救援車になってましたので、いつも荷台に資材コンテナ搭載した姿でありましたね(そういうのは関山がやれ? ご尤も!)。




 与太話はともかく。

 そら様作品、荒削りながら実車の特徴的なフォルム再現できています。機器の収容は荷台に搭載された荷物?と見立てているのでしょうか。デチ15-16の救援資材コンテナのようにもみえるので、違和感がありませんね。


 街の電車ゆえ、郊外の都市的雰囲気が似合います。


 複線区間を駆けてゆく。
 ヘッドライトとテールライトの表現はそろそろ欲しいところでしょうか。パーツもあれば屋根も丸みを……。


 京急らしくはないのですが。
 然し、この種の車両が駅の外れの貨物ホームに佇む情景は様になるものです。

 30年くらい前の田園調布駅の片隅に荷物ホームがあり、そこには東急の電動貨車(デワ3043等)が出入りしてましたっけ。或いは新宿駅の片隅の荷物ホームに居たクモニ83とか……。


 本線を蒸機列車が抜けてゆくと、接続する小私鉄のローカル電車的趣もあります。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 翌24日は5udon氏の1000形17次車も出てきましたので、こんな並びもできました。


 <<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】ターニャ様の自由形列車とDE10。好フォルム♪


 2019年の第4回 池袋鉄道模型芸術祭のゲスト作品から先に紹介してまいりましょう。

 レゴトレインというマイナー世界においては、若い方の参入はとても嬉しいことです。今回は皆様、事前連絡してくださり運営上も助かりました。また、運転時間なども守ってくださったことに感謝いたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 まずはターニャ様の作品から。2017年以来、2年ぶりの持ち込みです。

 旋回記事:【作品紹介】ターニャ様の自由形電車
http://legotrain.seesaa.net/article/449205785.html


 自由形の電気式ディーゼル機関車?
 流線型に大きな前面窓はどことなく欧州的な印象です。

 機関車らしく屋根にボリュームもたせたデザインが説得力あります。電気式の箱型機はDF200もそうですけど、かなり屋根が高いですからね。

 大きめの側面窓もディーゼル機関車として違和感は実は無いです。昔の西ドイツの機関車では機関を見せるデザイン(V200形)さえありましたから。


 客車を3両牽いて。黒い客車はどことなく、往年のジョイフルトレイン風ですね。或いは今の「観光列車」か。


 客車。ミニフィグが楽しげです。大きな窓が効果的ですね。
 灰色のタイルでドア部分を明示しています。

 黒に赤と白という配色が実にシックで美しい。


 (もい氏の)和の情景に意外と似合うのですね。客車の赤帯は3等車、青帯は2等車……って設定かしら?


 別機関車の牽引。こちらはDE10。


 なし氏の機関庫情景をバックに。最高の舞台ですね。

 DE10。上手く機器を収めています。ボンネットにPF機器の灰色が露出するのはそれほど気になりません。寧ろその御蔭でボンネットを4幅で維持でき、キャブが大きくなるのを防いでいるのですね。この割り切りは「あり」に思えます。
(大人の作品でも、ボンネットの幅が広くなりすぎていたり、はたまたキャブが大きくて、DE10らしさをスポイルしていることありますから)

 惜しいのは足回り。DE10と先の本線用箱型機で交換してはどうでしょうか? DE10だと内側台枠で車輪が露出している方がそれらしく見えますから。あと台車間の燃料タンクはほしいですね。


 でも、なかなか雰囲気の良いDE10です。
 
 2年前からの確実な、大きな進化でありますね。今後も期待しております。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

【イベント】第4回 池袋鉄道模型芸術祭 ツイート纏め(4)その後篇

 マジな話、関山より写真上手い人(技術もセンスも)が参加してくれてます最近は。
 かい様エース様、そしてsato様。皆さん写真巧い。嫉妬です。

 あとpgy様やなし様や5udon様は制作者ならではの目で捉えてます。自分の目は節穴ですよ……。あぁぁ。

 そんなわけでアフターツイートの纏めです。リアルタイムよりは写真も練られてますよね。

 とか云っても大量の写真はありますので、きちんとレポートは挙げさせていただきますのでご安心ください。


















<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】第4回 池袋鉄道模型芸術祭 ツイート纏め(番外)lococoro様のドールトレイン(シルバニア鉄道)

 池袋鉄道模型芸術祭で鮮烈に印象に残った作品であり、コンセプトです。
 規格の汎用性、互換性も気になるところであります。

 シルバニアファミリー、レゴやってなかったらハマってた可能性の高い玩具なんですよね。
 絶対にウチの親はいい顔し無さそうだけど(苦笑)。知ったことか!

 低価格のマスプロダクツドールハウス。そして動物は可愛い、エポック社の最終兵器でありましょう。
(シミュレーションゲームのイメージ強いですよねエポック社……)

 シルバニアファミリー、男児向けにも(というかユニセックスに展開して)、森の機関車とか出してほしいとか思ってましたが、その夢に近づくかのような? 尤も、かつてのパクリもといライバルメイプルタウンでは電動の機関車があったという噂も聞いておりますけども。

 閑話休題。
 lococoro様の作品は車両のみならず、シーナリーの殆どが自作です。この辺はガチなホビーであり、鉄道模型でありますね。新しい可能性を作り出すものでありましょう。

 あぁ、レゴトレインやってなかったら量販店のあの棚に走ってしまいそうです。

 


















 
 言うまでもないですが、この雰囲気をレゴトレインに取り入れることができれば……とか妄想もしてしまいます。
 ただしファビュランド+デュプロトレインという方向性であれば、既にかう゛ぇ様が実現されて、関西の展示会ではおなじみとなっておりますね。それにしても、ファビュランド復活してレゴ社がエポック社に喧嘩売ってくれないものか(笑)。おなじみFriendsとは違う世界観を提示(動物だから「けも◯フ◯◯ズ2」とかいうのは無しよ! 地獄じゃ……)できたらいいなぁとか思うのでした。
 

posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

【イベント】第4回 池袋鉄道模型芸術祭 ツイート纏め(3)2日目篇

 引き続き2019年 3月24日の模様をお届けします。
 幸いにもトラブル無くのりきりました。皆様、ありがとうございました。というよりはレゴモジュールレイアウトは事実上SUU様の功績ですね。関山は何もやってない当日の肉体労働しかしてない(酷)。
 
 さて、来年は……。
 でもその前にJAM。
 されにその前にJBF。
 でもって、お疲れ様宴会が未だだったのでした。
























<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

【作品紹介】菅笠様の「広島電鉄1904号」(『ケムリクサ』より)/nagani様のLDD版も

 いよいよ最終回を迎える「ケムリクサ」。

 いろいろな経緯があって始まった作品でありましたが、11話までの感想を申せば
「たつき監督が、けものフレンズI期も含めて本当にやりたかったこと」
 の一言に尽きます。

 最終回を前に、菅笠様(おひさしぶりです!)が主要な登場メカ?である「みどりちゃん電車(広島電鉄1904号)」を造って来られました。


 半分に斬られた広電(元京都市電)は、主人公たちが移動する乗り物。線路の上も、そして「みどりちゃん」の脚?で線路以外も歩き回るのです。

 脚の表現は迷うところですが、うまく生物感が出ておりましょう。
 「みどりちゃん」の本体たる幹も立派に。


 電車部分アップで。

 これ、京都市電・広島電鉄のモデルとしてある程度のクオリティ持っております。

 流線型とも言える前面の角度つけや、車体裾部分のバンパー表現が堪りません。側窓は2x2窓でシンプルに表現していますが、これでスッキリした印象にもなっています。
(前面の微妙な傾斜角は省略ですが、後退角が強調されているので気にならないのですね)

 外付けのヘッドライトや方向幕。
 中から下ろしたカンテラ。

 各種表記類も色替えで表現の芸コマで、ディテール感が豊かです。

 色は通常緑解釈です。ダークグリーンと迷うところではありますが。


 反対側より。

 ややおどろおどろしい雰囲気なのは、作品世界を考えると当然でありましょう。

 電話boxの水の表現が嬉しい。上半分が空で、下半分が水……って分かりますから。


 真正面より。この角度からはユーモラスな印象ですね。
 キャラクターのミニフィグ表現など出来たら、世界観も整ってくることでしょう。


 のしゃ。
 のしゃ。

 車内の表現もちらりちらりと見えますね。
 さて、最終回。どうなることでしょう。

 この電車の出番は11話で終わってしまってますが、しかしその活躍は忘れられません。あと、「ケムリクサ」の聖地は数多ありますが(長崎 端島など)、広島に行って1904号にも乗車してみたいものですね。京都から広島に嫁いで40年! もう広島時代のほうが長くなってしまったのですね。広電も近年新車投入続いてますので、「聖地巡礼」お早めに……?



 もう一つ。nagani様のCAD作品。
 こちらの解釈も興味深いものあります。

 色はダークグリーン。
 また、走行への配慮があるようです。前面上半の2x6丸みプレートの表現には正直やられた! 感があります。京都市電らしさが鮮烈に伝わってきますから。あとはポチスロ系で全体を整えたらまた化けて見えてきそうですよ?
 「みどりちゃん」の表現もまた違ってます。きちんと円筒になってる。

 違うところが面白い! のですよね。
 こちらも実制作叶うなら、拝見してみたいものですね。
 

posted by 関山 at 22:30| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

【イベント】第4回 池袋鉄道模型芸術祭 ツイート纏め(1)1日目篇

 いよいよ本番。3月23日 1日目の様子です。
 ただ、この日も9-10時はいろいろ作業に追われる。でも10時には無事スタートできました。
























<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

【イベント】第4回 池袋鉄道模型芸術祭 ツイート纏め(0)設営篇

 手抜き更新で恐縮ですが、ツイートもまとめておかないとあとで探せなくなります。ご容赦を。
 2019年 3月22日 金曜日の模様です。

 12時過ぎ集合。
 13時までに机並べる。順調

 13-15時半ころまでに盤下げ部分作り。ここの作業のために全体の整備ができず(絨毯敷きなど)、全体がストップ……。はやや問題として残るところでした。21時半までに設営は終わりましたが、作業は22時がタイムリミットですからギリギリではありました。


















<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

【作品紹介】超豆茸様の新幹線923形。現行ドクターイエローの別文脈!

 923形は2000年にT4編成、2005年にT5編成が登場した現行の総合試験車編成です。
 先代の922形T2/T3編成が0系ベースでしたので、100系や300系の世代を飛び越えていきなり700系ベースに移行したことになりますね。
(妄想レベルですが、100系や300系ベースのドクターイエローってどんなものでしょう……?)

 現在、700系も急速に引退が進んでいます。
 走行距離的に事業用車は消耗も遅めですので、案外最後の700系が923形になるかもしれません。特にT3編成は車齢14年ですから。



 前頭部は先行の700系ひかりレールスターに準じています。
http://legotrain.seesaa.net/article/464608747.html

 お世辞にも評判の良くない700系の顔も、角度によってはスマートに見えるのは何度か記したとおりで、この作品は「一番良く見える顔」を上手く再現しておりましょう。

 ただ余り美形すぎると?700系には見えない(笑)。
 やや下ぶくれな雰囲気は再現されておりますね。

 レゴビルドとしていると、カーブスロープの駆使。
 ポチスロによる角度固定と、隙間の埋め方。そして鼻先から屋根まで「一直線状の」ライン。そして屋根肩に掛かるような乗務員扉と客用扉のギリギリ感。完成度高いのです。
 窓の少なさ、正に事業用車。


 無論、7両のフル編成です。
 

 高圧引き通し線が大仰でカッコいいのですよね。
 これは922初代(1000形改造)からの伝統ですが。

 白い屋根の車は軌道試験車です。922形時代は軌道試験車のみ別形式921形でしたが、923では形式も統合された由。それでも目立つ存在ですね。


 二個並んだパンタグラフもまた、922初代からの伝統。
 いかにもな試験車な雰囲気を醸し出す。

 観測ドームもなおも健在。カメラ監視がメインですが、目視も可能なようです。ここの目視席はすべての鉄道ファンの憧れの席ですよね?


 923。そしてひかりレールスター、N700系Aの並びです。
 同じ700系顔でも若干の修正が入っているのがわかります。923のほうがより完成度は上がってるようですね。


 このアングルでは実車は破綻したデザインなのですが(苦笑)、レゴでは上手く再解釈されてます。どの角度から観てもカッコいい700系。


 超豆茸様の、新幹線造形への自信を感じさせるじゃありませんか。



 そして、メインコンテンツたる動画です。

 923、撮影は「凄く難しいはず」。よくぞ実物走行を撮影できたものと、運と粘りに感心させられるのですね。動画も上手く編集されています。労力かかったものでありましょう。再生伸びて欲しいものです。


 なお、923形は薬師山氏作品が完成作であります。
http://legotrain.seesaa.net/article/456207838.html
 2018年作品。丁寧な仕上げやディテール、クオリティではやはり君臨するものがありましょう。そして前頭部の解釈の差異がまた嬉しいのです。良い意味で別文脈、個性を競い合います。

 気分屋氏のプロジェクト。
http://legotrain.seesaa.net/article/423139799.html
 フルスケール寄りの作品になるはずでした。完成しなかったのが惜しかった。
 でも……。何時かの再チャレンジ期待しております。

 エース氏の過去作
http://legotrain.seesaa.net/article/408754405.html
 流石に過去の作品ですね。でも、今のクオリティで再挑戦されたらどんなものになるのでしょうか?

 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする