何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年02月19日

【鉄道作品日本形】名鉄3400系「いもむし」「流線」。完成!

 完成に漕ぎ着けました。


 ただ、4両編成を3両編成に縮小して、ですが(苦笑)。
 もう1両分の資材が微妙に足りないのです。1950年から1953年までの間の3両編成……? ということで。

 先にも触れましたが、1937年製造の流線型電車。名鉄での車内呼称は「流線」。
 デビウ当時はモハ−クハの2連だったものが、1950年にモハ増結で3連化。1953年にサハ増結で4連化された由。後日の増結車も形状が揃ってたのは立派です。4連化後は本線特急に、後日の新造車(3900系や5000系)に伍して使われたのでした。

 1967年ころに大規模な車体更新で大きく姿を変えましたが(窓の全面更新。前面は連続窓化)、側面スカートは維持。国鉄モハ52が戦時中にスカート喪ったままであった事思えば、如何に社内で大事にされてたかわかりましょう。
 
 1988年に大半が廃車。3連x4が2連x1に。
 残った2連は緑色に塗色復元されたり、冷房化されたり。ただ末期に7300系譲りのエアサス台車化されたことで大きく姿を損ねたのは残念でしたが……。2002年廃車。以後は静態保存となっています。


 モ3400形。或いはク2400形。
 ク2400にもパンタがあり、ましてや床下はスカートで覆われていたので一見区別が付きません。それほどに編成美が考慮されていたのです。
 レゴ的には、ほぼ同形です。

 塗色は1953年からの特急色。
 かなり微妙な色合いらしいのですが、レゴでの再現ということでタンと茶色に割り切っています。

 窓枠は原型の、上辺に丸みのついた1段窓仕様です。
 3400系では二段窓→更にアルミサッシ化されてしまいましたが、3600形には似たような窓が廃車時まで残ってましたね。


 真正面より。前面通風口の表現も拘ってみました。
 尾灯は省略も考えたものの、なんとか隙間に割り込む形で設ける。宝石部品は流線型に似合います。


 サイドビュウ。流線型の角度も、納得。

 ドア上部の丸み、実に優雅なのです。

 全長は29ポッチ。32ポッチ=20m(か、それ以上)のスケールゆえ、18mのこの車両はこんな塩梅に。可愛い!


 屋根上、ランボード(歩み板)あると精密に見せられるんですよ。


 中間車。モハ3450形。
 レゴ的にはこの車が動力車となります。

 全長27ポッチ。可愛らしくも優雅な姿。


 中間車は後日の増備ゆえ、屋上の違いに注目。通風器の形状と配置が違う。
 作り分けできると楽しい。サハ2450だと台車まで違うんですよねぇ。


 恰も3編成が揃っているかのように。
 いや流石に複数編成作る気は無いですけども。でも、同じ時代の3900系とかにも興味が。真っ赤な名鉄も辛うじて間に合ったので(3400系も、850系も)思い入れはあるのですが、それ以前の時代にもより惹かれるものあります。


 でも、名古屋デビュウ後の最初の課題は4両編成化でしょう。
 幸いにも?火曜オフin名古屋のレイアウトは「広さよりも密度」なので3連でも良さげなのですが、近年のイベントの大型レイアウトだと4連でも物足りないくらいですから。

 それから。
 戦前の流線型電車もモハ52、京阪1000形、そして名鉄3400系。
 だんだん役者揃ってきた感。戦前の古典電車は余りイベントでのウケなど良くないのですが(苦笑)、流線型は別だなぁというのが実感だったりします。
 まだまだ、楽しめちゃいますよ?
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

【鉄道作品日本形】3400系「流線」製作中。「いもむし㌠出撃です!」

 名鉄3400系は、1936年製造の流線型電車。
 1990年代まで現役であった、紛うことなき名車の一つ。

 その姿から「いもむし」の愛称でも親しまれました。現場では「流線」とか言われてたとか。名鉄には他にも流線型電車居たのに(850や5000 パノラマ他)、3400だけが流線型という扱いだったのですね。
 
 以前から製作予定には入ってましたが、名古屋行に合わせて緊急制作してる次第。


 手前はテスト用の全長29ポッチ版。実物が18m級ゆえ、やや長すぎと判断。奥の27ポッチ版が決定稿です。


 設定年代は戦後、1950年代から66年ころまでの姿。所謂「更新前」。
 塗色は旧特急色。落ち着いて品のある、そして今のレゴで作りやすい色です。

 車体はいつもの旧型電車の作り方です。ワンパターン言うな(笑)。但し、更新前の丸みのついたドアが再現できて何か嬉しい。
 足回りはスカートで覆う。隙間がやや大きいのは走行性能とのトレードオフです。
 台車にはイコライザ表現も。


 流線型造形は幾つか迷いが有りましたが、思い切ってスカートからヘッドライト下まで一度に傾斜させてしまいました。左右は隙間を「見えないもんと割り切って」挟み込む。 「へ」の字になってしまうのはスマートさとのトレードオフ。現物ではそれほど気にならないのですが。半ポッチずらしや積層的表現で段差ができるよりはマシと?
(無論、この辺の表現は適材適所であるのは言うまでもありません)

 4両分の資材が流石にないので(あると思ってたタン色のプレートが足りねぇ!)、とりあえず3両編成で(実物も3連時代あり)。
 進捗微妙ですが。まぁ、明日までもう1日あるので大丈夫でしょう。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

【イベント告知】6月10-11日の、ジャパンブリックフェスト参加事前登録のお願い(2月25日迄)



 急ぎで大変に恐縮です。
 締切は先方への提出書類の関係上、2月25日(土)までとなります。

 例年通り、6月に神戸で行われるジャパンブリックフェストにトレイングループ(関西LT会で昨年は参加。今年はJT-LUGでの参加予定)参加を致します。
 今年も広大な場所を借りての展示となります。新たな趣向も予定されています。

 さて。
 JBFは一般参加では制約も大きく(設営に参加できない可能性あり。また開場前・開場後の出入りも不可)、入場料も必要となります。

 事前登録でトレイングループのスタッフになると、入場料代わりに参加費用の分担(1500円を予定)は発生しますが、出入りの制約がなくなるメリットが大きい。
(走行・持ち込みだけなら一般参加でも可能ですが)

 連絡事項は個人情報となりますため、参加希望の方は必ずメールフォームより連絡ください。
(TwitterのDM @houmeisya宛でも構いません)

 必要事項は 
・本名
 ・ハンドルネーム
 ・1日目VIPパーティ参加可否(会費2300円予定)
 ・メールアドレス
 となります。

 ※ 迷っている方は、とりあえず参加の方向で申請お願いします。

 なお、以下の方は当方への連絡は不要です。
・他ラグで参加の方
・ご自身でテーブル単位で参加される方
・関西LT会関連の方(既に薬師山氏がまとめ)

 重複は事務上支障出るようなので、ご留意願います。
 


<画像はJBF2016より>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】火曜オフin名古屋近づいてきました。事前にいろいろ見せちゃう!(もりりん様の写真館も)

 何度かお伝えしておりますが、来週火曜日に迫った「火曜オフin名古屋」がますます凄いことになっています。
 本当に、平日オフなのか?
 この密度は久々です。

 まだ参加は受付しております!
http://twipla.jp/events/240143
 
 夕方18-21時も部屋を借りており、夕食も部屋で済ませてしまう予定ですので、お仕事や学校帰りでも参加(見学)は可能なようです。


 圧巻の配置図(dumi様作図)。
 オレンジやタンでのブランク部分はオリジナルのモジュールです。

 左手に海。左手に側線がある駅部は、きた様の「赤い駅」です。オレンジの基礎板3枚分のスペースですね。
 駅前広場も有り。このプラン自体が一つの作品に見えてくるのですが。無論、かつてのJBF2008やら、ジャパンブリックフェストも相当にすごいことやってた(やってる)のですけども、これ、平日の「普通の地方オフ」なのですよ? 名古屋に行けたよかった!


 立体で見ると。
 高架線が街を囲みます。恰も、シカゴの「L」のように。

 「赤い駅」の前に高架が横切っていくわけですね。
 あと、こうしてみるとタウンホールって製品のままでもインパクトありますね……。


 別角度より。もりりん様の小さめの駅(スターリンゴチック)はタウンホールの左隣。その裏手には留置線が広がります。

 道路上を本線が通る部分がありますが、アメリカだとこういう場所もありますから(サンフランシスコ オークランドなど)、違和感はないことでしょう。


 留置線廻り。街と高架に挟まれた。都会に強引に線路を残す貨物駅か、はたまた電鉄の電留線か? 渡り線に挟まれた空間にはスイッチャーなどが常駐してたら良さげ? 


 高架と道路の位置関係も、良いシーンを作り出すはず!

 道路上で分岐して、「赤い駅」に線路が入ってくシーン、これも魅力的な情景になるでしょう。


 こちらはリアル。きた様の製作中の道路。ロードプレートにタイルや花壇を盛ってここまで装飾。これは期待できます。


 踏切など。


 既に紹介したきた様の「赤い駅」(before)。中央駅。
 当初は二階にも高架線来ることを想定してオープンだったのですが。


 二階も壁面付いてクローズドに。ガラス張りの宮殿!さえを思わせる美しい壁面です。この面もちょっとした名物になりそう。そして1階部の庇も良いアイディア。軽快に、引き締める!


 オリジナルモジュールはいくつも出てくる予定です(もりりん様・きた様)

 その中の一つ。もりりん様の写真館。
「1階は受付、衣装室、更衣室、あとは写真を選ぶセレクトルームで、 2階はスタジオ、 3階は事務室兼作業場、トイレ」とのことです。
 暗室は1階にあったものの、今は更衣室兼物置に転用されているとの設定。

 スタジオの作り込みが、「プロ」(写真の方の!)の仕事です。照明とかホリゾントとか!


 壁面取り外し可能で、上下分割。理想的作りですね。
 やはり、スタジオの作り込みが……。


 最後になりましたが、外観。
 装飾と非装飾のバランスが取れた、美しいハーフサイズモジュール。隣に1.5倍サイズのモジュールと合わせられるようです。

 それにしても、二階スタジオ部の窓を塞いでるのがすごくリアルですね。
詳細こちらです。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

【作品紹介】続報。しょうたいむ(オリエントP様)の583系。クハネの内部や食堂車内装



 前回記事
http://legotrain.seesaa.net/article/446670871.html

 制作過程ではありますが、続報です。
 いざ完成してしまうと、大量の情報を前に記事を書くのが辛くなり、紹介のタイミング逸する虞れあるため……いやいや。
 良い作品は早く、かつゆっくり拝見しちゃいじゃないですか。
 完成待ちもとい完結待ち、「単行本待ち」なんかは出来ませんよ?


 これは何かというと、クハネ581形の運転台直後の機器室です。
 補助電源(冷房とか照明とか)用の電動発電機(直流を交流200Vに変換)が置かれてました。こんなところまで精密に、まるで博物館の展示品のクオリティで作り込まれています。
 運転台背後の仕切り壁。消火器まで。


 モハネ582 二両目の制作過程。こちらは模型としての動力車となる由。
 PFトレインモータx2搭載とのこと。ただ、7幅フルスケール・フルインテリアは2Mでも苦しいようです。動力車の増強も必要となるのでしょうか?


 先のクハネ581形も車体外形が完成に。
 左はクハネ583形。機器室の有無が相違点です。クハネ583形のほうが少数派でしたが、現在残っている秋田車は前後ともクハネ583形です。一方で「きたぐに」用はクハネ581形に統一されていました。

 現物合わせで試行錯誤されたという、運転台窓から屋根への三角形のラインが美しいです。スケート靴ブレード使った上部ドアレールも良い効果です。


 運転台内部。ここまで作り込み。右手は先の機器室。


 こちらからは、食堂車サシ581形。

 食堂車は編成の丁度真ん中に連結されることから、編成を分割して回送や入替えできるよう簡易運転台付きのことが多い。この作品でも作り込まれている由。内部まで!


 左は食堂。7幅故に左右に座席が並び、そしてフィグの着席もできる。
 壁面の時計も印象的ですね。

 右は厨房から食堂を見たところ。このリアルな目線と視線。

 サシ581形は<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

【作品紹介】g@ひたひた様のJR西日本 キハ127/キハ122形(CAD)。インテリアの革命? そしてLDDの限界?

 JR西日本キハ127系気動車は2009年に導入された、姫新線の輸送改善事業に伴う車両。最高速度100km/hというローカル線向けらしからぬハイスペックを誇ります。機関は1両ごとに450ps。
 車体形状はJR西日本の標準……ということで223系電車に近いものですが、2扉で広窓が並ぶ車体は一般型として信じがたく、魅力的なものでしょう。
 車内は1-2配置の転換クロスです。これ自体は西では珍しくないですが、電車の狭窓よりもどこか豪華に見えるのです(日除けのこととか考えると、狭窓のメリットもあります)。2ドアなのも地方線区向けとして合理的でしょうか。気動車で3ドアはやはり車体強度面で不利(=コストアップ)になるでしょうから。

 形式は片運転台のキハ127形と、両運転台のキハ122形。
 現在は姫新線の固有形式ですが、ほぼ同形車がえちごトキめき鉄道ET122形として導入されています。


 g@ひたひた様の作品。全長42ポッチ。
 側窓が今時珍しく? トレイン窓採用。LDDだとわかりにくいのですが、横ピラーもあってキハ127系の、どこか欧州ムードの側窓の印象に近いのですね。

 ただ、3x2のハーフトレイン窓は新灰もそこそこ供給されており入手も現実的な価格で可能ですが、3x4の窓は旧灰しか存在しません。ポチスロ他車体の構成部品を考えると全体を旧灰で作るのも難しそうであり、ここは、窓まわりのみ旧灰にするような割り切りは必要かも知れません。ステンレス車も実物見ると部分分によって色あいや表面仕上げは異なっていたりします。違和感はないと思うのですが。


 両運転台のキハ122形。大仰なトイレ部の窓無部は西日本のローカル専用車両によく見られます。
 
 細かく見ていきましょう。
 台車はΦ1丸プレート裏面を利用して、近年のボルスタレス台車らしさを表現しています。床下機器も精密。ここはあとで別アングルから。

 乗務員ドアの色替え(新濃灰)も近年のステンレス無塗装車だと使える表現ですね。
 屋根おでこのJRアンテナも外せません。やや大仰な印象はありますが。

 車内にはチラリちらりとシートが。このシートが新機軸です。


 ミニフィグ着席を片サイドのみに割切、一人かけ側はダミーに。
 リアル感と、フィグスケールの共存として、この手法があったか! という感じです。6幅でインテリア作るときの、座席が1列しか無い非合理というか理不尽をいくらか和らげる効果効能はあるのですね。無論、座れないシートへの反論もありえましょうが。
(もちろん、インテリア割愛しちゃうよりは素晴らしいことです)


 もうひとつリアルの極み。床下機器。
 機器固有の細密さはもちろん。艤装を0.5プレート単位で行い、密度も持たせています。機器の高さを5プレート程度に抑え、最大でも6プレート相当にしているのも注目でしょう。重すぎると、車両全体の印象も激重になってしまい逆効果ですから。

 なお、ボルスタレス台車の構造もわかります。


 連結面の印象。縦長の貫通扉。妻面窓も、JR西日本のローカル線用車両の特徴です。




 最後になりましたが、前頭部。
 
 実車の「吊り目」な印象をフォローした印象です。
 奥が一次案か? 前頭部の角度をミニマムにしたもの。貫通扉部で0.25ポッチ分の張り出しです。少ないようにみえて、この分量の張り出しは薬師山氏のキハ52(拙作キハ55)でも行っており、平面に対する効果は大きいのです。

 手前は二次案か? 前頭部の角度をやや大きく。貫通扉部で0.5ポッチ分の張り出し。

 どちらが印象に近いか。なかなか難しいですね。そして、こういう微妙な形状の把握に関してはLDDは未だ実物現物での制作に追いついていないことも分かろうと。

 LDDですと、どうしても実物よりも稜線が強調されてしまいます。そして現物を見たときの滑らかさの自然補正(人間の脳内補正)が効きません。キハ127系の印象は個人的にはもっと滑らかなはずなのですが……。
 しかし、g@ひたひた様のモデルも現物化されたらきっと流麗に見えるはず?

 あとはモデラーの好みもありますかも?
 個人的には輸送機械(鉄道車両・自動車)の吊り目デザインは余り好みではないのですが、キハ127系は実に微妙なところで、解釈によっては225系的な吊り目にも見え、はたまた223系のような大人しい顔つきにも見える。
 その意味で、案外難しく、そして「面白い」題材なのかもしれません。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

【作品紹介】yamatai様の国鉄型客車4(CAD)。鋼体化客車オハ61と、客車改造気動車キハ40系初代。

 前回記事
 yamatai様の国鉄客車群(cad)。スハ43・スニ40・スニ41・マニ37他
 http://legotrain.seesaa.net/article/446745155.html

 yamatai様の国鉄型客車。続報(CAD)。スハネ16・オハネフ12・スロ62
 http://legotrain.seesaa.net/article/446869376.html

 yamatai様の国鉄型客車。続々報(CAD)。オロネ10・マニ36他/EF62と編成例
 http://legotrain.seesaa.net/article/446885053.html


 LDDならではのスピード感? 但し、yamatai様の設計は量産への配慮もあるものゆえ、実制作も案外スピーディに進むかも?しれません。
 32ポッチ級6幅というのは、量産性には秀でてる規格ですからね。サクッとたくさんの形式揃えられる!


 オハ61形。鋼体化客車。

 鋼体化とはなんぞや。
 安全面で問題の多い木造客車は戦後しばらくまでたくさん残っていました。
 それらを1949年より「全車」を鋼製車に作り変える大事業。台枠と台車。一部機器。内装材(座席など)を再利用して、車体は新造というものです。系列全体で3000両近くに及びます。
 1956年まで改造が続き、これによって木造客車は営業用としては一掃されたのでした。これは欧州各国国鉄(独・仏・伊など)に先駆けるものであり、当時の日本国有鉄道が誇ってもよい偉業でしょう。
 
 主要形式は三等車。オハ60・オハフ60・オハ61・オハフ61。この他に合造車や荷物車等。少数ながら優等車も。
 活躍は言うまでもなく全国全土に及びました。稚内から鹿児島まで。

 偉業ではありましたが、当時の最低限の三等車です。
 座席ピッチは1300mm程度(スハ32やオハ35、スハ43が1470mm。……E231系が1500mm)でかなり狭いもの。座席の背は直角で木製。各部の仕上げも最低限
 戦後の貨車にも客乗せていたり、戦災復旧の70系客車に比べれば遥かに上等な車でこそありましたが、当時新製のスハ43や後継のナハ10に比べて劣る車であったのは言うまでもなく。ゆえに、普通列車が主な用途でしたし、普通列車の電車化・気動車化が進むと余剰化も早かった。
 それでも国鉄末期。1985年頃までは結構残っていたものです。

※:この車での定員乗車(ボックスに4人)は苦しかったでしょう。後世の701系のような全ロングシートの普通列車とどっちがマシ? いやロングシートの方こそ、大正から昭和初期の2等車なのかもしれず。オハ61は紛れもない3等車ですからねぇ。
 仮説ですが。701系などの導入線区。オハ61から直に701系だったらサービスアップで両手で歓迎されたかも? 間にスハ43とか50系とか上等な車があったので、サービスダウンで叩かれましたが。
 あ、それでも地方線区のロングシートは反対です。巫山戯るな導入担当者は地獄に墜ちやがれ。自家用車と特急新幹線利用不可の刑に処すぞ!



 さて。yamatai様の作品です。
 スハ43のボツ案で、窓柱を2プレートとして窓ピッチの詰まっていたモデルの「再利用」。しかし、スハ43と並べてみると、窓が詰まってて如何にも定員の多そうな詰込仕様の客車であることが窺えましょう。良い意味でのびんぼ臭さと申しますか、今の観点で見ると味のある車両か?

 普通列車として、オハ35等と混ぜて編成するとリアルでしょうか。
 引っ張る機関車は妙に上等なものでなければなんでも似合いそう。蒸機ならC11・C12・8620・末期のC57辺り。ディーゼルはDD51よりもDF50・DE10か。電機だとED71・ED75。はたまた暖房車付けてEF13とか。
 でも、EF64やEF58、EF81あたりとなると「贅沢」かも。無論、牽引例はあるはずですが。

 私鉄払い下げはなかったものの、北海道の炭鉱私鉄では似たような姿の鋼体化客車が導入されてた由。怪しげな古典機との組み合わせだってイケるでしょう。


 ドアは開状態。普通列車で特に夏場だとドア開けっ放しで走る列車は珍しくもなかったのです。こんな状態は1986年頃、旧型客車がほぼ定期列車から引退するまでのこと。

 レゴ的にはドアを作る手間と、ドアがないぶんデッキ内部も体裁を整える手間で悩むところですね。でも、編成に変化がついて望ましいと思います。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 オハ61とくれば、客車改造気動車のキハ40系初代も。
 
 1960-1962年に片運転台のキハ45を5両、両運転台のキハ40を3両、エンジンなしのトレーラ キクハ45を3両、客車そのままの姿のキサハ45を?両改造したもの。キクハ45以外は北海道で使われた由。

 気動車不足で、それなら余剰のスハフ61・スハ61にエンジン載せたり制御回路通したりと魔改造すれば不足を補えるかと思いきや。客車はもともとが気動車車体よりも重く、出力不足などで成功作とはいえず。少数派のまま、1971年までに全車廃車されてしまいました。台車はDT22、エンジンはDMH17Hとキハ28並の新品が奢られ? キハ17系などよりは上質な車だったはずなのですが。



 片運転台の基幹型式? キハ45形。後に二代目キハ45の登場にあわせてキハ09と改称。もう機械式気動車や電気式気動車同等の「雑形」扱い(苦笑)。

 客車のままの平面顔に前面窓とヘッドライトを埋め込んだ何とも言えないユニークな顔つき。キハ45に関しては車体は大きく弄らず、車掌室をそのまま運転台化しています。

 yamatai様の作品も、上記オハ61形ベース。
 ウインドシルヘッダは色差表現で、ダークタン。雨樋も同じくダークレッド。
 客車改造車らしい、重苦しさが伝わってきますね。

 ステップも張り下げ。ここは台車マウント方式です。
 
 正面窓は2x2。実物の寸法はキハ20などと同じなのでこれで正解か? ただ貫通扉の窓は飛行機窓2x2か、横組の方がそれらしいかも?


 サイドビュウ。
 床下はオハ61のままですが、気動車らしく作りこんだら楽しそうです。
 また、台車も片方TR11、片方DT22という前後違う仕様にしたら更に楽しく?

 なお、制御車キクハ45もスタイルは近いです。外吊り自動扉など更に魔改造も入ってますが。表現できたら楽しそうですよね?


 両運転台のキハ40。後にキハ08へ。
 うち1両が加悦鉄道に譲渡。同線の1985年の廃止まで使用。現在も保存されています。

 側面を大きく改造しています。それでも客車スタイルは抜けず。加悦鉄道でもおなじみですので、この系列では一番有名かもしれません。


 なんともいえないサイドビュウ。
 ただ、運転台後ろを詰めて、もう1つ窓数増やしてあげるとバランス良くなりそうです。
 この系列は加悦鉄道での単車使用以外は、同系同士での編成は組まず。キハ21やキハ22などと組み合わせるとリアルなようです。キクハ45だと、相手は2エンジンのキハ52やキハ55が良いのでしょうか? 1両でも造っておくと、気動車編成の良いアクセントになりそうですね。
 
<続>
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】レゴ5udon様のE233系、4両編成に。一部ドア開閉(電動の引き戸!)

 レゴ5udon様のE233系(7幅フルスケール)が、4両編成になっています。
 前回記事:レゴ5udon様のE233系。最も?スマートな7幅モデル
 スマートさとリアルティで、あっと驚かせてくれた作品でした。


 まずは先頭車 2両。
 概ね、初出時の印象と変わりませんが、スカートが2x2スロープから、2x2角スロープに変更されシャープな印象を加えています。足元のお洒落って見逃せません。
 また、E233系のスタイルが平面的・直線的ではないことも伝わってきます。
(個人的には、E233系は内外装ともに好評価の電車です。これが量産・標準であることの嬉しさ)


 先頭車同士の背中合わせ。完成が、見えてきた?
 ラージスケールならではの作りこみが再認識されましょう。車体の断面形状。如何にも近年のステンレス車らしい車体はタイル貼りこみ。
 帯色はレトロ感のするミディアムブルーではなく、鮮やかなミディアムアズール。103系時代ならともかく、今の京浜東北線は鮮やかなイメージはありますよね?


 サムネイルだと、レゴではなく他スケールの鉄道模型に見えてしまいます……。

 しかし、テクニックパネルの前頭部や、屋根上に3列残したポッチなど、良い意味でのレゴらしさ(それも、21世紀のレゴらしさ!)を感じさせるのです。


 そして、4両編成へ。
 フルスケールゆえ、4連でも相当なボリューム感。


 今回新造の中間車。1両はドア開閉ギミック内蔵です。


 ドア開閉ギミックのある中間車。
 今時のステンレス車らしさをかんじさせる側面構造は、このギミックのための伏線でもありました?



 ドアの電動・リモコン開閉ギミック自体は少なからず試みられてきましたが、多くの場合は開き戸やプラグドアで外開きです。

 この作品、実物同様の戸袋にドアが引かれる引き戸。それも構造上面倒な両開き。
 それが片側面に4箇所です。

 そのメカを7幅に収める。内部構造。ちょっと想像がつきません。
 ドア用のモータは床下収容のようですが……。

 現状、4両編成でトレインモータ1個のため走行性能は思わしくないようですが、動力車の余裕的に2M化は可能と思われます。快走する日、楽しみでありますね。
 
 また、7−8幅クラスの作品の集合とかできたら凄いなぁと思うのでした。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

【国内作品紹介】ryokuchakuma様の国鉄DE50形ディーゼル機関車 力強く!

 国鉄DE50形ディーゼル機関車は1970年に1両のみが制作された、今なお日本最大の2000馬力機関を1台搭載の液体式ディーゼル機関車。当時生産中であったDD51形が1000-1200馬力機関x2でしたので、同馬力のままでの1エンジン化という合理化を図ったものです。

 機号は試作機な番号DE90でもDE50 901でもなく、いきなりのDE50 1
 もはや試作ではなく、いきなりの量産を意識した自信作・意欲作であったのです。

 しかし、既に国鉄の経営状態・労使環境はDD51に次ぐ新形式の追加には消極的な雰囲気になっていました。中央西線や伯備線での試用は行われ好調であったと伝えられるものの、1975年頃には既に運用から離れ、長期の休車に。分割民営化前の1986年に廃車。

 しかし、その後も岡山→津山にその姿を残す。
 幸いにも旧津山機関庫で保存され、今に至っています。

 ※:後世のDF200形は1800馬力機関x2 電気式。
 機関車・気動車の機関から動力系を1台で済ませるか、2台に分散させるか。
 その都度の最適化がありえるので、どちらかがベストというわけではないようです。


 DE50形のスタイルは同じ1機関機、DE10の拡大版と言えるものでした。
 ただ、全長は少し長く。ボンネットも拡幅されたもの。キャブ形状もDE10とDD51の中間的な形状のものです。


 ryokuchakuma様の作品。エンジンフード側より。
 明らかにみなれたDE10とは違う雰囲気を発しておりますね。

 5幅になっている、背の高めのボンネットは大馬力を予見させるもの。ボンネットの白帯省略は実物通りですが、これもまた機関車を大きく魅せています。
 天板が4幅で、ボンネットそのものが5幅なのも好ましいバランス。一番上まで5幅だと重すぎるでしょうから。
 
 小さめのキャブもDE50らしく。窓の傾斜はハンドル付きタイルでの表現です。庇状の屋根もいい感じ。DD51にも援用できるかもしれません。

 足回り。DE10よりも長いので、台車間が空いててそこには大きな燃料タンク。
 レゴ的には、ここにPF電池BOXが収まる由。おそらく電池boxの上にPF受光ユニットだと思われますが、それもキャブ内に収まっているのでしょう。
 凸型ディーゼル機関車なのに、無理なくPF化されています。

 動力台車。車輪の位置をずらすことでトレインモータにテクニック軸車輪3軸を並べることに成功?しています。実はテクニック軸車輪は微妙に直径が3ポッチより大きく、そのままだと並ばないのですが。ずらす方法は驚きました。
(中間軸のみBBBミニを使う方法でもクリアはできますが)

 例によって内側台枠のDE10等と同じ台車ですが、保持が困難な中間軸はサイドバーでの押さえ込みを行っています。
 適度な細密感にもつながっており、DE10の表現にも使えそうです。

 床面の高さも見逃せません。ダイレクトに「力」を伝えています。


 更に力強さのある。ボンネットの短いラジエータ側より。

 短いボンネットは恰もアメリカン・ディーゼル……ロード・スイッチャーを彷彿させる雰囲気。そのうえ、2基の大型ラジエータが搭載されているので側面はすべてルーバーで、天板には2基のファンが並ぶ。

 過度ではない、小気味の良いマッチョ感。
 それが見慣れた国鉄タイプのディーゼル機関車と両立してる。そのDE50ならではの魅力が伝わってくるのです。


 斜め上方より。やはり、DE50ならでは!の力強さを伝えます。
 二機並んだファンは特異な印象ですね。
 エンジン側の長いボンネットも、また魅惑です。


 真正面より。手すりの表現が新規性。ディーゼル機関車では手すりは大事ですから!
 ハンドル付きタイル使った手すりが良い感じ。ただ、取付部の4070がややゴツい感じ。同じ部品でも黒か赤にすると、目立たずに車体に溶け込ませることできるかも?

 真ん中のグリルタイル使った手すりも2幅に抑えるか、或いは省略してしまっても良いかもしれませんが、如何でしょうか?

 連結器はエンジン側が旧タイプ、ラジエータ側がバッファ一体型ですが、この機関車に関してはバッファ一体型にそろえて、貴重な旧タイプは他用途にキープされても良いかも? 無論、優先順位の問題ではありますが。フロントエプロン内の尾灯が小さめなのは機関車全体を大きく見せる効果がありましょう。なお、解放テコは欲しいかも?


 先に作られた、9600形との並び。
 DE50の製造された1970年。まだまだ日本中に蒸機はたくさん。中央西線や伯備線ではD51と共演してたことでしょう。
(当時の鉄道ファン=SLマニア共が、DE50を記録してくれなかったことは今になっては恨めしいですが)

 無論、入換や小運転では9600も活躍してた時代です。
 1970-1975年という動力近代化計画の最後の5年。新旧に試作が入り乱れた、それはそれは魅惑の時代でもあったのでした。


 DE50は冒頭でも触れましたよう、不遇の機関車です。
 しかし、ryokuchakuma様の作品は広範に活躍してほしいものですね。高速貨物列車にも充当されたといいますので、コンテナ車中心の貨物列車でも曳かせたいものです。また量産されていたら固定編成客車(ブルートレインや12系など)も牽いてたかも?
 夢が広がるのです。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする