何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年08月10日

【レゴ製品・トレイン】コミケで販売(12日東フ49b)。嵯峨様のレゴトレインキット「キハ52」

 前日告知で恐縮ですが、画期的な「レゴトレイン・キット」です。
 海外だと幾つかトレイン規格ののカスタムキットはありますが、国内では初めてのものでしょう。






 キットは5500円(500円の冊子[含インスト]付)となります。限定3セット。
 車輪などは入っておりません。レゴ社#60051セットを購入前提のコンバージョンキットです。


 合計16000円で、日本型車両……「キハ52でレゴトレイン入門」できちゃうのですね! 素晴らしい。

 なお、通販や増産(バックオーダー)が可能かどうかは未定です。パーツ供給に協力させていただいた「カンザンブリック」的には可能ですが……。嵯峨氏の手数的に困難な場合はご容赦ください。ただ、あのキハ52に入手の難しい部品は使われておりません。
 キハ52なら単行でも遊べますし、他に国鉄・JRの気動車を自作して連結しても、はたまた貨車曳かせても様になる形式です。このキットから広がる世界は大きなものでありましょう!



 他の頒布物についてはこちら。メイン頒布物「ラッチ」は鉄道保存特集。とてもとても骨太な内容です。
 関西LT会の「列車報」も1-3号を扱ってるとのことです。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

【レゴ製品トレイン】10254 ウインターホリディトレインの印象。「密度!」「可愛いけど、これは『鉄道模型』」/ロッド取り付け

 数年ぶりのトレイン製品です。
 
 で、先に言いたいことは言っておきますね。
「供給が悪い 悪いというより酷いというレベル レゴストア限定? 地方の人は絶対に入手できませんよね? 日本以外の西側国は『公式通販で労せずに買える』のに。ビルンの方で供給先決めてるなら、関係者一度ぶん殴りたいレベル! レゴ公式輸入して50余年の日本のファン舐めるのいい加減にせいよ!」

 あと、高い!
 流石に15000円超え16000円だっけかはないレベルです。レゴジャパン内部だけ未だ1ユーロ150円位なんでしょう。まぁ円安続くと円安時代の価格も引きずるので一概に責められませんが。
 US価格99.9ドル(税別)、独価格89.99ユーロ(税込)。……12000円が許容しうる価格でしょうか。

 という嫌な話は先にしといて。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 箱開けると、レール除いてパーツ少なめ? という印象を受けました。
 (先の価格もあり)
 ただ、組んでみるとパーツの細かさでボリュームが抑えられてる印象です。十分な組ごたえはあります。
 密度感は濃厚なんです。


 機関車素組。一見「如何にもな玩具っぽい外見」で第一印象は「がっかり?」ですが、その実細かく組まれた「鉄道模型」的なモデルです。
 シングルドライバーは現実に存在するものでしたし。可愛く、そして密度のあるモデルというのは、2016年現在のレゴとして当然で必然なものでしょう。
 キャブエンドの縁取りとか余計な部分?にもパーツ使ってるのが、全体をリアルに見せています。

 
 おなじみローアングル。
 PF機器を内蔵する機関車として、ミニマムにまとまってるのは素晴らしい。冗長な部分が皆無な緊張感がこの小さなアメリカン・シングルドライバーはあります。
 炭水車はギリギリの小ささで、エンジン部とのバランスも取ってる感じ。PF機器積むとハミ出ますが、それでもフォルム優先の方が正義でしょう。


 貨車の回転ギミックはよく考えられています(組立易さも)。車輪にウォームがあって大きく減速するので、ツリーの回転速すぎってこともありません。


 むき出しの車輪は4.5V風味でちょっと懐かしい。たまには「あり」ですね。


 客車(車掌車)はミニマムながら、全体のバランスとしては悪くないと。
 炭水車もそうですが、金色手すりが車体の縁取りになってるデザインが効果的です。他、角灯などのディテールも見逃せません。大味な感じはありません。
 無論、もう窓2つ分伸ばしてほしかったとか、客車+車掌車の2両にしてほしかったとか言いたいことは有りますけども。


 2006年の10173との比較はいろいろ難しいですが、あちらは今見ると「大味」な感じは否めません。古いトレインの文脈を引っ張ってるのは嬉しいけど、悪い意味でも古臭い。密度よりはボリューム優先なセットでしょうか。
 こちら10254はボリュームよりも密度優先な感じがあります。

 ただ、あちらの936ピースに対して、今度は734ピース(レール除くと実質718ピース)なのでボリュームの絶対値が下がってるところは否定できませんけども。

 それでも、トレイン出してくれたことは評価したい!
 それも、2016年のデザイン文脈を取り入れた最新の品を。また、無理のない形での動力化出来る蒸気機関車という意味でも、画期的な品なのですから。
(PFで動輪を駆動しようとしたエメラルドナイトは無理有りすぎ。足回りアレなホグワーツ特急論外。トイ・ストーリーとローン・レンジャーのは動力化考慮されてなかった……)

 願わくば、この流れでのさらなる新製品を、入手しやすい形で出して欲しい! に尽きます。
 蒸気機関車で先輪にPFトレインモータという構造はそれほど筋は悪くはないのですよ(シビアに考えると重量配分の問題に当たりますが、そのクラスの機関車なら十分に大きな炭水車つけるでしょうから、テンダードライブで良いでしょう)。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 さて。ロッドも取り付けてみました。
 シングルドライバーゆえに、サイドロッドなしでメインロッドのみです。


 使用はこの部品のみです。これが左右一組づつ。
 元の設計の筋が良いので? 取り付けは簡単でした。

 問題は「32063 Technic, Liftarm 1 x 6 Thin」が比較的入手しにくいことでしょうか。ただ、bricklinkだと独の大手セラーには大量入荷しているようなので、(カンザンブリック的に)何とかはなります。


 10254をお持ちの方は、是非試してみてください。
 蒸気機関車はロッドあるだけでリアルさ変わってきますから! 見ても様になるし、動かすともっと楽しいのですよ。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

【レゴ製品トレイン】10254 ウインターホリディトレインの続報(PF動力化公式対応)

 ものすごく久々の、トレイン。

 やや旧聞ですが、公式発表されており、いろいろ追加情報も出ています。
 価格は99.9ドル。発売は9月です。最近は時差が少ないので日本でもそれくらいの時期にレゴストア限定とか出てきそう。
 価格差は……巫山戯るな。

 
 詳細はbricksetへ
http://brickset.com/sets/10254-1/Winter-Holiday-Train


 公式動画。
 手押しながら動かしている様子を見て印象がかなり好転。可愛くディフォルメされていることと、その可愛らしさのために全力投球していることが伝わってくるからです。「欲しい!」のは言うまでもありません。曲線レールは余りますけども(笑)。

 ツリーの回転ギミックは予想通り。テクニック軸車輪を上手く使ってます。


 製品を改めて眺めてみましょう。
 トレインモーター用台車枠使った先輪はディテール面で申し分なく。黒い枠と赤い車輪のコントラストは良いものですね。taizoon氏の作品で見られたものでしたが、公式で実現したのは感慨深い。
 ボギープレートは赤整形。やっと実現した色です。
 
 一見小さな炭水車も、よく見ると十分な内部空間が有ります(後述)

 カブース(実質 客車)はダークタンの2x3窓枠が使われております。初出。

 なお、レゴ社の大動輪金型は(おそらく)、フランジ付x2 フランジレスx1を一緒に整形する代物です。フランジレスが1個余りそう余ったのはどうなるの……とか余計な心配してましたが、製品に入ってくるんですね。良かった、2セット使えばハドソン(2C2)の足回りに転用できますよ?


 おもちゃもいっぱい。上の写真でもロボットやゼンマイ車、消防車や舟にスペースプレーンが確認できます。
 圧巻はミニ列車。1幅。車輪にローラースケート使うアイディアは過去に見たこと有りますが、これも公式採用となりました。


 箱裏。楽しげな様子は伝わってきます。

 そして、最大の朗報はPowerFunctionによるモータライズへの対応!
 当たり前といえば当たり前だったのですが、今回はついに実現。2Aのシングルドライバーというキワモノの車軸配置もこれが理由だったのですね。エンジンドライブなのです。


 PF化された10254。先台車は巧くトレインモータを納めています。受光ユニットの配置はやや無理ありますが致し方無いか。電池boxは炭水車に搭載。小柄な機関車なのに巧く収まっています。いや。最初動力は非対応?と疑ってしまうほどの小ささですから。
 メインロッドは「各自工夫のこと」(笑)。蒸機自作したことある方なら、なんとかなりそうな感じはしますが。

 正直なところ、PF動力化対応でこの製品への印象はガラリと変わってきました。
 玩具っぽさはネガティヴな印象から、寧ろポジティヴに。可愛らしいマスコット的な、またミニマムサイズのテンダ蒸機としての魅力を放っちゃいないでしょうか。汽車ポッポのおもちゃ……から鉄道模型への華麗な転進ですよ。

そして、これに続くモーターライズ対応の蒸機モデルにも期待したいもの。

 思えば2009年の#10194エメラルドナイトこそ頑張ったものの、その後のレゴ社の蒸機モデルは尽く動力への考慮のないシロモノばかり。この品が突破口になってくれたら良いのですが。同じ手法でアメリカンやテンホイラーが製品化できちゃうわけですからね。
(今度こそ、裏切られないぞ!)
 
posted by 関山 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

【レゴ製品 トレイン】10254 ウインターホリディトレイン 画像リーク

 微妙なリーク情報では有りますのでリンクにとどめます。
 「箱画像」でCONFIDENTIAL扱いでは無いのですが。
情報源 reddit.com

 ものすごく久々の、そして2016年唯一(?)のトレイン製品。
 「微妙」とか言っちゃいけない?

 機関車はアメリカンルックのシングルドライバー。
 1動軸の機関車は珍奇に見えますが、蒸気機関車の初期には実存したものです。でももうちょっとがんばって2Bの「アメリカン(エイトホイーラー/4-4-0)」にして欲しかったよ……。

 機関車の造形は製品のコンセプト的に言うことはありません。
 玩具的なアメリカンロコは好みではないのですが、コンセプト考えるとこれがベストなデザインでしょうから。大動輪なしよりはマシです。
 先輪は赤。それに台車枠。不思議な組み合わせですがここは良い感じ。
 また、最近のレゴ蒸気機関車の常で炭水車が省略されていないのは嬉しいです。

 動力化への配慮は皆無ですね。炭水車が8ポッチ長さ故に電池boxは積むの苦しそう。機関車の先輪をトレインモータに置き換えるのは可能なのかしら? 出来ても上級者向け?

 ただ、曲線レール16本入りではあります。
 正直、要らない(苦笑)。というかローン・レンジャーに学んでないw

 貨車はフラットカー1両とカブース(車掌車)1両。
 フラットカーは何故か車輪がテクニック軸。憶測ですが「ツリー回転」のような内部ギア連動のギミックがあるんじゃないでしょうか。
 カブースはやや玩具的か。デッキに手すりが無いのは痛い。


 前作10173(2006年。936ピース)との比較も難しいですね。
 いろいろ、前提が違いすぎる気がします。あのまま復刻されても「古い」感じは否めないでしょうから(トレイン窓が羨ましいけど)。

 結論としては
「悪くない」「一応は、買う」という水準でしょうか。
 狙ってる市場的に、ガチなのは違うと思いますから。

 あぁトレインファンの憂鬱というか不満というか怨嗟は、「ガチ」なやつが全く出てこないこと。或いはCity枠や通常クリエイター枠での単品車両など敷居の低い品が出てこないことにあるのです。
 
posted by 関山 at 12:32| Comment(1) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

【レゴ製品?】電池boxとBTレシーバーの一体化「BuWizz」(kickstarter)

 情報提供薬師山様です。

https://www.kickstarter.com/projects/973645257/buwizz-remote-control-for-lego-models?ref=thanks_tweet
 見ての通り、電池boxと受光ユニットを一体化。
 電池部分は充電式。
 受光もとい受信ユニットはブルートゥースです。ソフトウェアなどに互換はないでしょうけども、S-brickに充電池が付いたものと考えると分かりやすいかもしれません。


 動画。色は赤なのか灰色なのかちょっと分かりませんが。

 サイズはブロック3個分+コネクタ部。幅4に長8はPF電池boxと同じく。受光ユニット部分がないので、その分コンパクトになります。
 出力4chもあるので、いろいろ遊べるはず。
 充電はマイクロUSB規格。市販ケーブルなどで充電できます。

 いいことずくめに見えるのですが、問題はお値段。

 既に締め切られたアーリーバードで89ドル。
 定価119ドル。
 アーリーバード、2個で189ドル(これは未だ申し込み可)。

 高機能なのは良いのですが、ちょっとお高い印象は否めません。少量生産故にコストダウンは難しいのでしょうが。でも高いと飛ぶようには売れない。アンビバレンツに陥ってる感は否めません。


 S-brickもそうなのですが、元来はレゴ社が行って欲しいプロダクツではあります。レゴ社の大企業病な部分と、スケールメリット天秤にかけると価格面では微妙なところではありましょうが……。
(単4用電池boxサイズの充電池。50ドル近いかなり非常識な価格で世界を呆れさせましたよねぇ。あんなの原価2000円以下じゃん!)

 トレイン界隈的には、コンパクトさがメリットでしょうか。
 ただ、既存の純正受光ユニットの基板部分だけ抜き出して(2500円程度)、それと9V角電池規格のリチウムイオン電池(1000円程度)組みあわせたら安く?コンパクトは実現しちゃうんですよね。
 そんなわけで、個人的には出資は見送りです。 
 せめて価格が2個150ドルとかならなぁ……。

 あと理想は、市販の廉価なリモコントイ(赤外線or電波)で電圧9Vのがあれば、それを流用しちゃうことなのですけども(笑)。なんか良いのないかなぁ。
 
posted by 関山 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

【レゴ製品トレイン関連】幻のレゴパーツ? 直線ナローレール

 薬師山様が意匠登録のデータベースから発掘されたものです。

 ここに至るまでの流れが面白いのです。
 実物の鉄道車両での「幻の車両探し」を意匠登録からたどることはできないか……のようなアプローチが行われており成果を上げる。
参考「ひつじパラダイス JR東日本による謎の鉄道車両意匠群」
http://neetronica.blog.fc2.com/blog-entry-18.html
 その他、UACターボトレインやACE3000(近代的蒸気機関車 80年ころ)までも意匠登録されてることが分かったり。あれらが日本に来てたらどうなったことやら(笑)

 で、それはともかく何故か薬師山氏がレゴパーツでの捜索をしてくださり……。どうやればこんなの見つかるんでしょう(笑)。


 見事にナロー規格の直線レールです。
 
 出願はナローカーブやナロー傾斜同様の2009年7月17日。つまりレゴ社的にはナローゲージレールのシステムに「直線」も考慮していたことが窺えます。

 無論、実際に金型起こして製造しようとしたら相当なコストになりましょうから、実際のリリースは見送られたのでしょう。マニア的観点なら、4.5v直線で代用できちゃったりしますし。

 あと、レゴ社が供給各国でこうして部品1つごと?に意匠登録してることも驚きました。本社及びレゴジャパンの法務部の仕事量を想像すると気が遠くなります……が、悪辣なコピー品が跳梁跋扈する以上、必要な仕事であるとしか申しようがありません。

 なお、探し方次第では他ジャンルでも「幻のレゴパーツ」探せますかも?


 これは実際に供給されたカーブレール(85976)と傾斜レール(85977)。インディ・ジョーンズの魔宮の伝説トロッコのセット(7199)に使われました。2009年前半です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 7199 2009年。新濃灰。

 7065 2011年。黒。

 6857 2012年。黒。

 ナローレール使用は今のところこの3セットのみ。あと今年はFriendsのローラーコースターへの使用がありますが。初のダークアズールです(え、使いにくいって?)。

 ただ上記とは別に、4.5v直線を使ったトロッコも幾つかの製品で実現はしています。

 4204 2012年。黒。

 79110 2013年。黒。

 2008年にもドワーフ鉱山で有りましたし、クレーンレールや補強材的な使われ方もありますが、前者はナロー規格以前であること、後者はナロー規格ではないので除外。わずか2セットですので金型起こすのは躊躇されましょう……?

 今後、公式にナロー直線リリースの目はあるのやら……。
 一例として。静岡県の某私鉄の救世主でもある?「きかんしゃトーマス(汽車のえほん)」辺りを版権取得し、本線系の連中は通常トレイン規格で、本文でも出てくるナローゲージの世界を直線も含むナローゲージで展開とかやってくれたら「神」ではありますけども。

 或いはナローゲージシステム用いた都市交通系(LRT)をやってくれたらという願望は有りますが。

 無論、レゴ社の鉄道系への冷淡さを痛感してると妄想も苦しいのですが(苦笑)。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 
 追記。検索方法です。


 全パーツ、全新パーツが意匠登録(申請)されているわけではないようです。確かに最近の新パーツでは「Φ1丸プレート穴あき」では先にメガブロックに存在するわけで、レゴ社が意匠登録する訳にはいかないですよね(笑)。

 
posted by 関山 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

【レゴ製品[トレイン]】何処まで信じて良いうわさ話か。ホリデートレイン

 朗報か? しかし。
 情報源が限られているのでなんとも。The Brick Fanの2月4日の記事より

 先方の記事をとりあえずそのまま下訳(google)したものを載せます。
「ここ数日LEGOコミュニティの周りの話は、今年後半に出てくることと噂されている新しいLEGOホリデークリスマストレインについてです。これは、最初Eurobricksでネスクイックによって報告されたとJust2Goodによって明るみに出ました。それは2006年ホリデートレイン(10173)の再リリースではないことを述べたので、私たちは冬の玩具ショップの再リリース(10248)で昨年起きた同じ問題を心配する必要はありません。彼らは真のかもしれないと言っているので、どのような過去に前に合法的な情報を与えているネスクイックに注意してください。いくつかの具体的な詳細が明らかにされるまで、私はこの噂にすぎ入れないように、もちろんの事はホリデーシーズンロールアラウンド時間によって変更することができます。新しい休日列車が実際にこの冬を出ている場合は、あなたたちはそれを拾うだろうか?」



 イメージ画像。2006年の上記製品のそのまま再販ではない、ということらしい。
 

 ただ、幾つかの懸念が有ります。
・未だ公式の話ではないので、情報自体が眉唾。
・10173の復刻ではないとしたら、改悪される可能性だってある。
「4幅でフィグスケールではないマスコットモデルの可能性」もある

 過度な期待はしないことにしましょう。いやマジで。

 あと個人的な意見としては、10173みたいな方向ではなくて欲しいのはもっとリアルなものだったりします
 その一方 あの路線は普通のレゴファン 普通の人々にはアピールする力はあるでしょうし、何より新製品が出て欲しい気はします。無いよりはマシ、みたいな。
(10173もそういう扱いでした。当時)

 ※:更に付け加えると、幼少時に「汽車好きでしょ」っていってプレゼントされれるファンシーな汽車ポッポなグッズとか抵抗感もったことありませんか? そういう雰囲気。

 それにしても。レゴ社はファンのニーズとは微妙に外したものを出しておいて「鉄道系は売れない」と判断してる懸念が拭えません。典型が2015年の「パワフル貨物列車」かも? デザインはさておき、ファンがほしいのは単品の機関車や客貨車であって「セット」じゃないってゆーの!

 あと、トレイン界隈って、欧と米の間の断絶は物凄いんですよね。
 マースク出したら欧のファンはブーイング、ホライゾン出したら米のファンはブーイング、なような(苦笑)。アイテム数が増えれば・増やすことができれば欧米で住み分けもできるのでしょうが……。
 
posted by 関山 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

【レゴ製品 トレイン?】遂にフレンズトレイン?「Friends Party Train」

 TheBrickfanの、2016年製品の噂より。
http://www.thebrickfan.com/possible-lego-2016-set-list/
★Friends
LEGO Friends Birthday Party
LEGO Friends Party Train
LEGO Friends Party Gift Shop
LEGO Friends Party Cakes
LEGO Friends Party Styling
LEGO Friends Camp Archery
LEGO Friends Adv Camp Raft
LEGO Friends Camp Tree House
 来年のFriendsは「パーティ」がテーマらしい。その中に「Friends Party Train」なるものが。遂にフレンズカテゴリにトレインが?

 無論、過渡な期待は禁物。
 遊園地などにある、機関車風の自動車としてのトレーラーみたいなの……の可能性も高そうですから(遊園地の汽車ならまだ良いのですが)。というか多分そうだw
 ビルンを信じるのは危険です。何度も裏切られてるし。

 ところで、パーティってどんな雰囲気なのか? 普通の女子学生路線の身の丈にあった方向なのか(日本の日常系アニメのような)? 2015年Friendsのようなセレブ志向なのか?
 あと、無かったことになってたアドベンチャーシリーズもさらっと復活か?

 Cityやクリエイターカテゴリにはトレイン関係何の情報もなし。
 レゴトレイン50周年に何もなし……じゃ悲しすぎるってものです。
 無論、本命は10000代の大物ですけども。2年ごとに1作として2009/2011/2013ときて2015年は何もなし……の恨み忘れまじ!
posted by 関山 at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

【レゴ製品:トレイン】#60098重量貨物列車(仮)の印象

 情報源はbricksetより(薬師山様教えてくださり感謝です)


 コペンハーゲンの何かのショウに出てきたものらしい。
 最初、ディスプレイ向けの製品外のアイテムかと思いましたが(背景には絶版のレッドカーゴが写ってる。赤い貨車はHobbyTrainなのでもっと古い)、機関車の台枠部部分には「#60098」と記されているので本物なのでしょう。

 その元のFlickrフォルダはこちら
 「製品以外」もたくさん写ってるのが気がかりですが。

 以下、本物であること前提に話を進めます。


 ディーゼル機関車はヨーロピアン。まぁ先代の赤バージョンという安直な見方もできますが。
 ただ、この形状は黄色よりは赤のほうが似合うのはYonenaga氏他のアレンジで自明ですね。
 市場はアメリカ意識した#60052に対して、こちらは欧州意識してるのも明らかです。

 サイドの「回廊」はヨーロピアンとして考えるとちょっと違和感があるのですが(無いわけじゃないけど一般的じゃない)、形状的な面白さはありますし、平板になりがちな箱型機関車の側面のフォローにもなっていますから悪い感じはしません。大型タイルを貼った処理も今時の箱型機関車らしいスマートさ? 
 正直第一印象での「えーまたあの前面」って感じのガッカリ感はありましたが(苦笑)、製品としては整ってる・頑張ってるという感じはします。

 屋根上はディーゼル機関車らしい迫力は出ています。


 貨車。2軸の長物車。2軸のホッパ車。ボギーの長物車。
 大物というのは変圧器とかのたぐいじゃなくて、重機積んでれば大物ってことなんでしょう(笑)。

 ヘリは「要らないな……」と思わなくも無いですが、あとの2両は悪くない感じ。

 茶色の2軸ホッパ車は欧州でよく見られるタイプでえらくリアル。レゴの2軸ホッパ車の中では過去最もリアルな形状と言えるんじゃないでしょうか? この貨車だけ欲しいという向き、多そうですね。
 

 ボギーの長物車。重機(バックホウ?)搭載。貨車自体はシンプルですが、積荷で魅せています。こんな貨車が複数両連なっていたらそれはそれで魅力的な情景でしょうか?


 セットに含まれるものがこの列車だけなのか、何らかの地上設備などが入るかどうかは現状不明。できればあんまり余計なもの(笑)付けずに、できる限り低廉にお願いしたいものですが。
 #60051は手軽な入門セットですが、あの前面造形に拒否感のある向きもあります。かといって#60052もなんか違う。巧く#60098が間を埋めてくれると思いたいものですね。
 
 あと、旅客列車でも第2セット出して欲しいなぁ。単品の客貨車……未だですか……?
 
posted by 関山 at 17:04| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

【レゴ製品:トレイン】「60097 Town Square」。路面電車は超絶モダン。

<改定、追記しました>

 情報源はこちらから。 bricksetのニュルンベルクトイフェアの記事から(他製品の情報もあり)。


 「60097 Town Square」のオレンジの路面電車。

 「超絶モダンスタイル!」 個人的には肯定です。
 2両編成とか報じられていましたが、実質3車体連接です。中間車体が極端に短く日本には無いタイプですが。
 側面はこの種の電車では多い、微妙に膨らんだ形状の誇張表現という感じ。

 「未来志向」なのですが、子供っぽいデザインではなく、寧ろ(ロマンティストな)大人が空想的に描いてしまうようなデザイン。或いは欧州の何処かの街にはこんなの走ってたかな? と思えるレベル。

 ドア開閉は考慮されてないようですが、中間車体が上下方向に開閉……の可能性はあります。
 キャノピー部品は上部にヒンジを持ってきています。

 車体裾の1x8タイルですが、補給ハッチのステッカー故に電車が現実的に見えていると。

 フロントはSPEEDChampion用の新キャノピーが早くも転用。縦方向に使えば路面電車の前面になるなぁと思ってた部品ですが、いきなり公式で出てきた由です。上部の丸い(半円)プレートもあまりみない部品。その下の3x3片隅丸プレートの差分表現が面白い。

 足回りは走行を考慮しない小径車輪。丸い車体の裾と台枠部分の1x8タイルの隙間に車輪が見えます。多分ですが前後車体が2軸で中間短車体はフローティングか。

 動力化は「各自工夫のこと」でしょう。頑張る価値はありそうに思えます。


 製品の全体。大味な重機とか余計なものが入っておらず、このセットでもそんなに困らないかなぁ……という印象です。

 建物はカーディーラーとレゴストア。
 前者は1960年代のミニカー併用時代の製品やら、2000年代後半にタイニーターボではあった題材ですが(後者はディーラーではなくチューンショップか)、ミニフィグスケールでは実は初めてです。
 車ビルダーには嬉しい建物でしょう。やや狭苦しいですが(苦笑)、City車より小柄に作る4幅車ビルダーには問題ないと思われます(笑)。

 レゴストアはおしゃれな感じです。画像見る限りCity的ハリボテ感は薄く、これも期待して良いと思うのですが。他に停留所とコーヒーキオスク。アイスクリームカート。

 車はカーディーラー付属のトランスポーターと、乗用車が3台。
 レゴストアの配送バン。
 ピザ配達のバイク(定番になりつつある赤ベスパ)

 ヘリはいらない子?

 問題は価格。ちょっと推し量れません。
 飽く迄City故に、「非常識に高価」にはならずに済むとは思いたいのですが。

 なお、トレードショウ(問屋対象)への出品物故、流通ルートが制限される心配は無さそうです。


 別アングル。この画像はThe brick Fanより

◆◇◆◇◆◇◆


 「先代?」#8404(2010年)。Toysurusの企画から出てきた品のため、当然あちらのザラス限定。日本のトイザらスには入ってきたか来なかったか……?


 正直なところ、今回は路面電車のデザインは#8404の焼き直しを予想していたので、#60097の超絶モダンさにはやはり驚かされる。今見ると#8404の電車はちょっとダサいですよね?
 

 

posted by 関山 at 08:10| Comment(1) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

【レゴ製品:トレイン】Me-models大曲線のレビュウ(matthes様)

 brickshelfにMe-models大曲線の画像レビュウが上がっていました。


 この一枚ですべてが伝わってきましょう!
 R56 R72 R88 R104と全種(一番内側のR40はレゴ純正)。これで作れる5線の平行(複々線+1線!)。

 凄く、綺麗。
 直線連ねた大曲線は実用化久しいですが、本物の大曲線がこの種類揃ってるという事実が嬉しい。


 モデル車輌は7幅のICE3でフルスケール。この違和感の無さ。走行抵抗の低減も予想されるところです。
 それにしても、純正曲線がとんでもない急曲線に見えてくるのですが(笑)。

 ただしR104って魅力的ですが敷設できる環境は限られるかも知れません。大きな会場借りての大規模運転会程度か。
 その意味で、純正でもこの種のレールが出しにくい状況も分からなくもありません。


 平行っていいものです。R104のインパクトは大きいのですが、純正R40とR56での複線レイアウトという使い方も楽しそうです。これまでは(この程度のことも)出来なかったのですから。


 パーツ構成とレールの裏面。枕木は非純正の2x8プレートです。取り付け位置は或る程度任意調整できる。
 レール裏面はかつての4.5Vレールを思わせます。

 組み立て式レールという意味ではかつての4,5vの再来?
 ただし、4.5Vや12vと違って、9vやRC(PF)同様、レールを軌匡状態で保管しておける由。まぁ事前に組み合ってておく手間は掛かりますが(笑)。

 気になるキックスターター出資者への出荷状況ですが、現在準備できた分から出荷中とのこと(枕木新濃灰で、ABS製のみ注文分を優先。金属製があると遅れる模様……)。
 なお、国内では2月1日の「札幌トレインオフ」が初御見えになる見通しです!

 今後の安定供給にも掛かってはおりますが、レールの種類が増えることでレゴトレインの世界は変わってゆくと思いたい……ものです。

(トレインに関する、本家のやる気の無さは相変わらずですが……ほんと何とかして)
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

【レゴ製品:トレイン】ME-MODELS曲線レールのレビュウが出ています

 薬師山様から教えてもらいました。

 日本の出資者への発送が未だなのは気になりますが(無論、ウチもまだです)、一部では出荷が始まったようです。Railbricksにはレビュウが掲載されています。

 ME Models Custom Track - A Review


 R104の設置状態。比較対象の通常のレゴカーブはR40。
 これが完成されてるというのはやはり夢のよう。


 パッケージ。レールと枕木は分離可能。


 中身。枕木の2x8プレートは純正品ではないので要注意……。
 購入後はひたすら組み立てる必要があります……もとい、組立が楽しめます(笑)。



 R40(通常カーブ)と、R104の通過状態の比較。
 素晴らしい改善効果! フルスケールアメリカ形でも違和感が皆無です。なお、大きな半径のカーブレールには、カーブでの走行抵抗を軽減する効果もあります。

 このレール、きっと世界を変えていくことでしょう。
 
 
posted by 関山 at 15:28| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

【レゴ製品:トレイン】夏にCityの新製品か? 「Heavy-Haul」train。大物車!

 情報源はTheBrickFanより。

 その元はeurobricksへの投稿みたいです。

new LEGO City Train that will be added to the Summer lineup with the Heavy-Haul Train (60098). There’s no other details of what the Heavy-Haul Train is like or how much it costs but it’s another train that you can add to your City along with the current High-Speed Passenger Train (60051) and the Cargo Train (60052).

 さて、「Heavy-Haul」を画像検索してみるとこんな感じ。


 日本で言うなら「大物車」ですね。
 上の記事を読む限りでは、既存セットに追加……とありますので、貨車単品もしくは「機関車+貨車」の単独販売になる可能性もありそうです。
(と思ってソース記事読みなおしてみたら、#60052と同程度の価格と有りました。全部入りセット以外をあの会社は出す気はないみたいですねぇ)

 大物車といってもいろいろ。どんなタイプになるか想像付きませんが、先ずは楽しみが増えました。
 
posted by 関山 at 08:09| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

【レゴ製品(トレイン?)】pfで006P電池が使えるアダプタ「minizip」。キックスターターで募集中

 知ったのがついさっきです(薬師山様 御教示感謝です)

 すでに出資額は目標額を凌駕しちゃってます。
 で、何より重大なのは出資期限があと4日しかありません(9月25日迄)。


 キックスターター:minizip

 まぁ、上の画像で何が何だか分かりますよね。
 レゴPowerfanctionで006P 9v角型電池が使えるアダプタです。

 小さなPF電池ボックスは皆が求めているもの。
 なんで公式が出さないのかなぁ…というものではあります。
 ボックスではなくコネクタとして制作難易度を下げたのは巧いです。

 一瞬、「急いで出資しなきゃ!」と焦ったのですが、冷静に考えると自分で作れますよね? Pfコネクタ1個潰して(延長ケーブルかな)、006pのコネクタを半田付けするだけ。
 でも、この素朴な?アイディアで出資集めていることはやはり注目されて良いと思うのです。

 価格(出資プラン)は幾つもありますが、送料含めてお得なのは34ドルで4個。国際送料6ドルというものかしら? 日本でのPF延長ケーブルの材料代考えたら(苦笑)、自作するより安いかもしれません(笑)。あ、やはり出資しようかしら?

 一応、この企画(商品)の問題点を指摘しておくと、スイッチがないこと。
 リモコン受光ユニットを接続すると、無条件に電池を消耗してしまうはずです。
(まぁ、PFのスイッチユニット何処かにつないであげればよいのか)


 なお、006pは消耗すると高いので、リチウムイオン充電池タイプを推奨でしょうね。自分のところでは006p形リチウムイオン電池(1000円位 充電器別)を数年使っていますが、機関車の動力に使ってアルカリ単4X6位の持ちはあります。
 
 

 こんなのです。前より値下がりしてます。
 
posted by 関山 at 23:56| Comment(5) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

【レゴ製品:トレイン】#4000014 レゴランドトレイン(非売品)



 情報源及び画像はbricksetより。

 一次情報源こちら(Flickr。3ページ目に元写真あり)。

 最初に記しておけば、レゴ社のインサイドツアーの公式配布品で市販品ではありません。80セットのシリアル入っていますが、この生産数なら「ハンドアセンブリ」でしょうね。

 レゴランドパークの汽車のレゴ化。
 あの汽車は1970年代なかばの青レール時代の4.5Vイメージなので、レゴ→リアル→レゴというわけのわからないことになっています。出来は言うまでもなく。

 で、「こんないいものならそのまま市販しろ」とは思ってません。
 やはり遊園地汽車というのは鉄道趣味的にはイマイチな題材です(協三が造ったリアルな蒸機ならともかく)。また、足回りは「小径車輪」で実用性皆無。
(あぁ、ぶどうは酸っぱい)

 ええ、4.5VテイストなPowerFunctionトレイン(蒸機。赤い車輪のドイツ系の!)の復活こそが真の希望・要望・要求ですからね。
 これが市販品新作だったら「惜しい」とか「なんか違う」って感想だったでしょうか。
(隣の芝生はブライトグリーンですよ……)

 そんなわけで。
 やっぱりCityと10000代以外にもトレイン製品ラインを拡充しろ拡充しやがれ……と思うのでした。あの会社には(笑)。
 

 
posted by 関山 at 04:51| Comment(5) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

【レゴ製品:トレイン】線路配置CAD、bluebrick使ってみました。

 今まで難しそうと思って避けていたのですが、今後イベントなどの配置図とか描くのに手書きってわけにもいかないと思い、遂に導入してみました。
(片岡氏の引いた図ですが、JAMの運営側に大変好評だったのもインパクトでかし)

 インストール。XPまでだと先に環境整える必要あってそこから気が重いのですが(Net.Framework2.0etc)、VISTA/7以上ならなんの準備も要りません。win7のPCも持っててよかった。
(そんなわけで、XPから7や8などに乗り換えた方、導入のチャンス?)

 使ってみて、操作系には若干クセあります。
 備忘録として記しておきます。
・画面の拡大縮小はマウスホイールで操作
・画面の移動は、ホイールクリック+マウス操作
 この2つですが、普段マウスホイールはまったく使わないので戸惑いました。
 ノートPCなどでホイールがない場合、外付けマウスorトラックボール必要です。
・テーブル・地面などはレイヤー機能を使う
・左ドラックで範囲指定。エレメント(レール)をグループとして移動やコピーが出来る。便利すぎ。
 幾つかのお約束事が分かると、あとはレール敷いてくだけ。レールに微妙な角度つけるのも思ってたより遥かに簡単でした。あぁ、なんで今までこんな便利なものを見逃してたんでしょう……。

 なお1/4や1/2の直線や曲線。分岐部分を切断した「魔改造ポイント」も含まれてます。レールを切り刻める方でも大丈夫(苦笑)。
(Kickstarterで実現した、あのMe-modelsの大曲線もリスト入りすればいいなぁ)


 「脱、現物合わせ」。今後のイベントとのトレンドにしたいものです(自嘲)。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

【レゴ製品:トレイン】#7897と#60051の比較画像(HUNLTCより)

 似てると云われる両列車ですが、実際に並べた現場は初めて見ました

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=543785
 HUNLTC(ハンガリー?)のレゴトレインクラブの10周年記念展示だそうですが、既に#60051が手に入るんですね……羨ましい。
(画像は上記brickshelfからの引用です。リサイズ・トリミング行なっています)


 同じ一体パーツ前頭部。
 今見ると、#7938(2006)が凄くゴツく、個人的な印象としては「不器量」に見えます。
 #60051の初画像公開時に「中国が2000年頃に自力開発しようとして、結局諦めた動車組みたい」って感想上げた気がするんですが、寧ろあのへんのなんとも言えないオーラが漂うのは#7938の方かも知れません。

 それに比べて、#60051は凄くスマート。
 個人的にはみように依っては683系サンダーバードの流線形に通じると思うのですが。前頭部の裾は外せますからスカートなど自作すれば日本形の特急電車に見立てることもできるかもしれません。
 無論、極力もっさくアレンジすれば中国が(以下略。

 車体断面は賛否が分かれましょう。#7938のほうがICE的なスマートさはあります。あの大きなカマボコはICEとかET403とかに使い回し出来るんですよね。対して、#60051は45度の白スロープ。昔#4511にも入ってましたが、意外と使いにくい印象はあります。とはいえ、一般論としては大カマボコよりは使いやすいか?
 屋根肩の雰囲気とか普通の電車っぽいのはやはり#60051の方です。落ち着いた、良い意味でおとなしい印象はありましょう。
 また、全体に「普通の部品」が使われています。組み換えというか、部品取り的には良い変化でしょうか。

 カラーリング。今見ると#7938はクドいような。#60051は裾を新濃灰にしたことで「締まって」見えます。車輪が黒なのは世界中をがっかりさせましたが(苦笑)、黒のほうが全体が締まるのは事実なんですよね。
(……でも、そろそろ新灰の車輪欲しい。というかさっさと出せ出しやがれ。新濃灰でもいいよ)

 真上から。
 RCの制約から、#7897は動力車が長く、他車両は短いというちょっとクセのある編成でした。まぁ実物では一両が動力車であとは付随車と考えればおかしくはないのですが。
 対して、#60051は全車長さが揃ってます。やっぱりこっちの方が整って見えますね。まぁ中間車があと4ポッチ長ければなぁと思わなくもないですけど……。

 前頭部のスマートは真上から見るとなおのこと強調されます。角ばったスラント型は決して嫌いではないのですが、#7897に関しては造形に失敗した印象が抜けきりません。

 パンタ位置はどうにもならないですね。傑作#7938でも何故か前パン。#60051に関しては大規模改造を避けてパンタ位置を是正するなら……中間車に2基とも移設かしら(笑)。高速列車と言うよりは私鉄特急的な身近ムードになっちゃいそうですけど。2丁パンタの中間車大好き個人的に。
 
 真正面。
 引退する旧型と、登場する新型。という表現がしっくりきましょう。

 日本では特急型や高速列車の寿命は短いものでは10余年程度ですが、その10余年をこの並びには感じます(実際には8年差ですが。あれ、あんまりリアルと差がない)。
 
 その意味ではもし手持ちの#7897を温存されてる方いらしたら、#60051と並べて楽しめるわけですね。
 車両入れ替えの過渡期というのは新旧の並ぶ楽しい情景が展開されますから。

◆◇◆◇◆◇◆      ◆◇◆◇◆◇◆


 
 #60051は絶賛予約受付中です(34%off 12272円)。7月4日発売。
 いきなり予約停止とか、価格上昇もないわけではないのでお気をつけて。
 手許に届いたらレビュウに組換、ディテールアップ、いろいろ記事にする予定です。
 
posted by 関山 at 13:41| Comment(4) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

【レゴ製品:トレイン】速報。ME-MODELSの出資が目標額達成!


 奇跡は起こるべくして起こるものです。残14時間の地点で79800ドルの出資を集め、プロジェクト決行。
 あとは……Me-modelsを信用するのみ。
 なお、kickstarterの出資は「遅れる」事が多いのは意識しておく必要はあります……。
 
 でも、まずは一安心して良いような気がします。
 なにより、世界的にレゴトレイン…「…Lゲージ」ファンが、この種の企画を成功させるだけ居るってことが分かったのも大きな収穫でしょう。
 サードパーティで広がる、鉄道模型的な可能性を未来に繋げた意義は大きいと思うのです。

 また、レゴ関連でのクラウドファンディングの可能性を示してくれた意義もありましょう。


 なお、出資が目標額達成した後も期限内までの「出資」は可能です。
 これもあと12時間しか残りがありません(日本時間で5月17日土曜日の14時くらい)。
 
posted by 関山 at 03:02| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

【レゴ製品:トレイン】緊急:Me-modelsの大曲線レールへの出資は残22時間!


https://www.kickstarter.com/projects/memodels/me-models-railway-system

 締切まで、あと22時間。
 足りないのは14742ドル(79000ドルに対して)。

 この数日間で随分追い上げてきました。
 締切3日前の地点でも半額に見たなかったときは「半ば絶望」していましたが、少し希望が見えてきました。
 しかし、未だ足りません!

 このプロジェクトの実現には、レゴトレインファンの希望が掛かっています。
 迷っている方は、是非「あと一歩」をお願いいたします。
(足りなかった場合は、「引き落とし」されないだけでリスクはありません。達した場合はme-modelsに資金が渡りますので、リスクは発生しますが……)

 具体的な出資方法はこちら御覧ください(弊ブログ記事)

 出資プラン(商品)についてはこちらを(弊ブログ記事)
 

posted by 関山 at 17:08| Comment(10) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

【レゴ製品:トレイン】#60051のレビュウ動画(JANGBRiCKS氏)

 早くも。羨ましい(笑)。


 英語では、「前頭部一体成型」「ドアが無い」とかネガティブなことを云ってるように聞こえるのですが……自分のヒアリング能力なら聞き流せます(苦笑)。

 寧ろ「意外とカッコいい」「これはこれで、あり」「早く来い来い7月4日」って気分になってしまいました(笑)。無知って幸せ?

 気になってた前頭部は、裾部分はやっぱり分離可能。この意味で、セット内組み換えも、この前頭部の再利用も可能性がちょっと見えてきました。
 車内の座席は平凡に?赤。もうちょっと変な色・中間色系だと嬉しかったんですが。供食設備など無いのは残念。まぁコスト考えればねぇ。自転車置き場も特に配慮なし(空間あるのみ)。
 高速列車にはふさわしからぬ?踏切ですが、意外と良さげな出来。
 車内を占めるPowerFunction機器ですが、意外と目立ちません。

 ともあれ、ベーシックなセットとしては「必要十分な」内容でしょうか。
 問題は、このベーシックセットからの発展手段が殆ど存在しない、鉄道系蔑視の酷いどこぞの国の交通政策のようなビルンドのラインナップの方にあるんでしょう。
(クリエイター枠で普通の機関車や客車がありゃ何の問題もないんですけどねぇ)

 amazon.co.jpは未だ34%off 12272円での予約継続中です(#60052が頑固に定価のままなのは頂けませんが……)。
 店舗だと、「新幹線」とか昨今の「特急電車」に見える造形が有利に働くかも……?

 最後に蛇足、窓が#7938の3x4パネルから2x2パネルになったのは「やっぱり朗報」と今更ながら。
 いや、先日の阪急電車9300系試作で3x4パネルが意外と使いにくいってこと痛感させられましたから(笑)。2x2は凄く、つぶしが利くんですよね。最初のセットに入ってる部品って割と重要です……。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(8) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする