何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年01月10日

【アジア系レゴ互換品】Oxfordのハローキティ[2013?]とディズニープリンセス[2010?](lyca様情報)

 何度か触れていますが、レゴの結合系は如何なる無体財産権も失効しています。
 つまり、この種の商品は法律的にはシロなわけです。
(法律的にシロだからこそ、無体財産に関しちゃ煩いサンリオとかDisneyとも契約ができるのでしょう)

 それでも、レゴのファンとして存在自体が複雑な感じ(笑)。

 まぁ、レゴへのレスペクトのあるカスタムパーツやら、レゴ純正品を素材として使っている魔改造に関してさえも賛否が割れてますからね。

 前置きはともかく。
 brickshelf(lyca様提供)に上がっていた、oxfordのハローキティ。

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=538316
 通常のミニフィグに、キティのデカ頭がなんともシュール。
 製品自体の雰囲気は、Friends開始前のレゴなら「ちょっと、いいかも?」って感じですが、レゴ社自体が女児向けに気合入れてしまってる今日では、魅力は感じにくい?
 というか、車の造りなど、かなりFriendsを意識してるのが伺えます。車ドア入りなのは本家より「わかってる」感じがしますが。
 なお、箱の「メイドインコリア」は、韓国なりのプライド? メイドインチャイナじゃないってことなんでしょう(レゴが中国生産してますから、何たる皮肉!)。

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=450664

 同じくLyca様が画像レビュウされてる、oxfordのディズニープリンセス、白雪姫。
 2010年?製品ですから、コンセプト自体はレゴ社に4年先駆けてたんですね。
(さらにどうでも良い知識としては、ブロック玩具+ディズニープリンセスな組み合わせの元祖は任天堂のピープルハウスで1968年……クオリティはともかく、先進的すぎでさすがは任天堂?)。
 あと、レゴのディズニープリンセスでは今のところ白雪姫は出ていません(ドワーフどうする気でしょ? ドワーフだけミニフィグとか?)。

 ただ、肝心のフィグの出来が「邪神モッコス」レベルなのはなんともかんとも。
 まぁ疾うの昔に生産終わってるはずですので、このへん揶揄するのも控えておきましょう。
 あと、建物もなんとも平板的なデザイン。いろいろ、残念でもあります。

 この製品に関しては二種類あるようで、白雪姫版と通常のoxfordフィグ版があるようです。というかレビュウされているのは通常フィグ版ですね。フィグや椅子・テーブルが目立つパッケージングは本家が1990年代なかばに放棄した手間のかかるやり方です。とはいえ、肝心のフィグ……お姫様×3と侍女×1は箱絵のクオリティに中身がおいついてない、安心のモッコスクオリティなんですが。
 その意味では先のハローキティはかなりマシになった感がありましょうか。
 
 妙なセンスの良さが却ってニクい? 互換ブロックの世界なのでした。
 
posted by 関山 at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

【アジア系互換品】本家よりセンスは良い? 小さな家のセットたち(wange)

 「lego city 2014」なんてワードでgoogleで画像あさりしてたら偶然見つけてしまいました。中華系パチモノブロックの新作のようです。wangeは聞いたことがありません。

 通貨単位がRMなので、マレーシアのサイトのようです。
(これらのセットは50RM程度……1,550円位。意外と高い?)
 但し「漢字(簡略体)」も多いので、原産国は言わずもがな。なお、リンク先には箱写真や、現物の組立写真もあります。クオリティを量る意味で必見です。

 Wange Block Brick toys (City Inn 31053)
 建物はモジュールビル+クリエイターといった雰囲気。車は何故かRecers(タイニーターボ)系。
 16×16ベースの建物は手頃な大きさと云えなくもありません。

 この大きさの家で、ある程度のディテールがあり(cityの建物はちょっとプアですよね)、フィグ乗りではないものの車との組み合わせというコンセプトは古典レゴ的で悪くないように見えてしまうのがなんとも(苦笑)。
 なお、家の後面が解放なのはよいのですが……床も何もなくて完全ながらんどうです。こういうところのヌケ方は流石中華クオリティ……。


 Wange Block Brick toys (City Inn 31051)

 丸ブロック使った壁面など、独自のセンスが光ります。クリエイター的であり、クリエイターではない何かっていう感じでしょうか。
 車は……何故かフォーミュラ的なマシーン。これで出勤は無理がありすぎ。服の模様が中国の成金っぽいというのも偏見でしょうか。

 残念ながら内部と後ろ側はわかりません。過渡な期待は避けましょう……。


 Wange Block Brick toys (City Inn 31054)
 クリエイターの大きめの家を強引に16×16に収めたような感じ。悔しいことにこのセンスが悪くないのです。70年代的なちんまりした雰囲気というか。しかして精細に見えるよう、1階の隅柱はΦ1丸プレートを挟んだこった作りです。2×6位の飾りフェンスも本家にはない部品ですね。
 車はやっぱり無理のあるスポーツ系。でも中国の成金なら(略

 これも残念ながら内部と後ろ側はわかりません。過渡な期待は避けましょう……。


 Wange Block Brick toys (City Inn 31052)
 ミニマルなサイズ、これはこれでありかなぁと。真ん中だけ1プレート下げた屋根の意匠が面白いです。煙突も精細で悪くない。大味にみえないような工夫は凝らされたデザイン。左サイドのベランダが悔しいけど好ましい配置。
 車は突っ込むのやめときましょう。

==========================

 そんなわけで、この種のブロックで今更物欲は励起されないものの(本家で建物作るセットに飢えてたのって10年前の昔話)、改造やらオリジナルビルドの参考程度にはなりそうな気も。
 CITYやFriendsほどの手抜き感はない、かと言ってクリエイターほどの上級者向け突き放した感もない、中庸を狙ったラインは本家の70〜80年代を想起させるのもまた事実です。

 なにより、16×16のコンパクトな、玩具としてまとまりのあるサイズの町並みはそれなりに楽しそうじゃないですか。
 
posted by 関山 at 15:28| Comment(4) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

【アジア系互換品】AからZ迄揃ってる!クローン品の究極レビュウ「★COMMUNIST LEGO」



 少し前ですが、bricksetに興味深い記事がありました。bricksetの管理人Huw氏がまとめあげた、中国製互換ブロックのまとめ・比較レビュウです(英文・PDF)。
「★COMMUNIST LEGO」

 超絶濃厚です!!
 まず、冒頭に互換ブロックの概説があります(但し、1984年以降)。
 各メーカー・ブランドについて触れられており、同じメーカーの別ブランドやら(Kreoとoxfordみたいなの)、OEMなどの関係もばっちり? ほぼすべてを網羅されてるんじゃないでしょうか? 
 驚くというか呆れることに、コピーのコピーまで存在するみたいです(slubanがoxfordのコピーとか)。仁義なき世界。この種のメーカーがアルファベットのAからZ迄揃ってる!

 そのあとは各論レビュウ。以下のブランド(?)が代表的製品?とともに評点されています。

 ・Mega Bloks スマーフ(ベルギーの漫画の版権物)
 ・Enlighten(啓蒙) ディーゼル機関車とプルマン客車
 ・Kazi CH-47ヘリ
 ・Sluban 軍用重トラック
 ・Loongon / Little White Dragon  クレーン車
 ・Ligao Spped CAR(パトカー風)
 ・Best-Lock 小さなフォーミュラーカー
 ・Best-Lock 警察署(SWAT)
 ・BLOX 小さな消防車
 ・BLOX 大型コンバイン
 ・BLOX 小型セット各種
 ・Block Tech (PeiZhi)  小型宇宙船
 ・Block Tech (IQ Block)  小型バギー
 ・Block Tech (Jubilux Woma)  軍用トラック ミサイル積
 ・Jubilux Woma 中型宇宙船
 ・Click ‘n’ Snap (Ausini)  ピザ屋トラック
 ・Click Brick (Star Diamond)  小型作業車
 ・ M.Y Toys (Star Diamond)  シティバス
 ・ Star Diamond  DHL風配達トラック
 ・ Star Diamond Friends風のアイスクリーム販売車

 採点基準は「Quality」「Value」「Fit」「Compatibility」「Minifig」「Design」「Instruction」「総合点」。かなりバラつきがあります。酷いのは今でも相当ひどいようですから。
 メガで74点、啓蒙で85点というのは基準になるかもしれません。
(個人的には啓蒙はギリギリ許せる品質です。二度と欲しいとは思いませんけど)
 Star Diamondは97点をつけてて、かなり本家に迫ってる?
 まぁbloxの24点は写真を見て納得って感じです。

 考えさせられますし、笑えもしますよ。

 お馴染み? 「啓蒙」。テーマは良いんですよね。テーマは。

 今時のメガ。スマーフ。ハローキティは日本でも売ってるような気がします。

 素晴らしい品質のBest-Lock。しかし、もっと酷いのも……。

 こちらは皮肉抜きに高品質なStar Diamondのシティバス。レゴの丸ごとコピーに見えますが、8幅と差別化。右ハンドル仕様なのは香港・英国市場向け??

 それにしても、これだけのものを集められた評者に感謝です。
 
posted by 関山 at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

【アジア系レゴ互換品】中国製のロシア向けアイテム「路面電車」濃すぎる!

 いきなりですが。

 「啓蒙」とか中国のパチモノメーカーの担当者って、絶対にレゴトレインビルダーですよね……。
 レゴが好きなのにパチモノで飯を食うってどんな気分なのかな……と思ったりもしますけど、もし管理人のところにそういうオファーがあったら?

 ……三日三晩は悩んでしまいそうで、なかなか怖い話(笑)。
 レゴファンとしては魂を何かに売ってしまう行為(※)ですが、プロダクツデザイナーの座って魅力的に過ぎます。

※:ファンとしてカスタム部品やキットを売る商売は別。レスペクトの有無は大きいですこの世界に限らず。

 この品も、そうした悪魔に魂売っちゃったレゴファンのデザインじゃないでしょうか?

 brickshelfの
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=532721
 より。Swisso様の撮影。

 見事なまでに、旧ソ連圏でよく見かけるタトラ社?系列の路面電車のモデル化になっています。


 管理人撮影(2009年)のモスクワ市電。まさにこのタイプ!
 当時も旧型車として余り数は見かけないものの、後継の角ばった電車よりもよほど綺麗で痛みも少なく、おそらく社会主義が上手く行ってたと信じられてた時代の生まれなのでしょう(笑)。片運転台で連結運転にも対応。
 製品の方も連結器付きで、その辺はわかっていますね。
 モーターライズ切り捨ててるのも、さほど気になりません。

 なにより、路面電車のレゴ化では難しい、やたら腰高になってしまう問題を足元スカートのあるプロトタイプにすることで躱しているのも巧いデザイン。

 さて。
 メーカーの特性は三角形のバッファなどから「あぁ、あそこだな」って分かります。以前センスはないけど、現代中国型といえる大型電機やCRH(新幹線)のモデル出してたところと。
 品質はともかく、センスがここまで良くなってきたところと、積極的なロシア市場開拓は興味深いこと。
 路面電車のモデルは本家にも#8404しかありませんでしたし、飽くまで都市輸送機関の一部という扱いで単品ではありませんでしたから、パチモノが本家を上回ってる逆転現象は相変わらずです。
(というか、本家がやる気無さすぎなのですが。そりゃTGVにローンレンジャーありますけど、レゴ社全体のラインナップ数から見りゃトレインは相変わらず特殊ジャンル)

 流石に積極的に欲しいとは思いませんけど(「啓蒙」で懲りました……)、こんな品を本家が良い意味で意識してくれますように。単品車両パッケージの需要はあるんですよ!
 
posted by 関山 at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

【アジア系レゴ互換品】邦宝(Banbao)のRCトレインは突っ込みどころだらけ

 以前、CGによる製品画像のみが突然出てきて話題になった、中華系パチモノレゴトレインの新種「邦宝(Banbao)」。これまでのパチものレゴトレインは動力車なしが普通でしたので、突然のRCシステムには世界が?驚いたものです。
 しかし、製品画像は飽く迄CG。ペーパーウェアの可能性も疑われていたのですが。


 なんと、現物がリリースされていました……!
 この製品を購入・紹介してくださったBuzzard様に感謝しなければなりません。
(この方は「啓蒙」もほぼ全種購入されてるのですね。凄すぎる)

 以下情報は、Buzzard様がbrickshelfに上げてくださったものからです。

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=489651
 8228 貨物列車。
 意識してるのは「和諧」系の重連形電機+石炭列車なのでしょう。機関車の後ろ半分に貨物も積む変な構成にアレンジされちゃってますが。ただ、今の中国の一般的な列車をデザインした志は評価したい。
 機関車の側窓がシールなのは「そりゃないだろ」とおもう部分です。但し、細かいパーツなどのディテールはレゴ#7919より充実しているような気はします。ドア開閉も褒めていいかも?


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5386860
 付属のグリーンのダンプカー、4幅車なんですがデザインが脱力系というかやる気皆無というか。


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5386932
 気になる電気系は単三電池3本で4.5V。その割にRCトレインプレートの床上部分が大きいのは受信基盤の集積度があまりに低いからでしょうか。かなり気になる素朴な?基盤です。

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=489643
 8222 CRHの先頭車・モーター付
 単品の先頭車ですが、なぜか動力付きです。
 前頭部は見事なまでにCRHですね。今の中国の一般的な列車をデザインした志は評価したい。ヘッドライトはプリントですが、上から見るとかなり不気味……。子供にトラウマ植えつけられそうですよこれ。

 ドア開閉は評価したい部分です。未来列車的な「割り切り」ですが、この辺オミットしちゃう本家よりはマシでしょう。狭いながらも、客室もあります。

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=489646
 8223 CRHNO中間車。
 中間車の単品リリースがあるところは褒めたいです。側面は大型連続窓ですが、クリアパーツ苦手なら避けたほうが無難な表現だと思います……。ドアはやはり未来的に開閉。あと、座席は本家のものよりすこしゆったりしている印象です。背が少し寝ているのでしょうね。


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=497717
 インストラクション。リモコン関係。
 表示は中文のみかとおもいきや、英文もありました。3チャンネルまで対応。なお、ボタン4つですが「前進」「後退」「前進加速」「音楽」というもの。え……。と思わざるを得ない操作系です。

 なお、システムはレゴRC/PFの赤外線式とことなり、無線(ラジオコントロール)の模様。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5386830
 アンテナの伸びるリモコン。赤外線は到達範囲に不便もありますので、ここは褒めてもいいのかもしれません。

 さて。操作系とか「音楽」が気になる方のために動画も。
http://www.brickshelf.com/gallery/Buzzard/Train/BanBao-Trains/BanBao-8228/BanBao8228real/pict0631.mov
 操作系、前進後進でいきなり最高速度です。つまり加速ボタンの意味がありません……。「音楽」は凄まじいもので、「蒸機の汽笛の音が鳴って蒸機の走行擬音や踏切の音が、列車の走行状態とは勿論無関係に鳴り響く……」というもの。間違ってもミュージックホーンボタンでは無いですよ!


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5386943
 ずだ袋やジャリカン、犬の部品。前者は軍用シリーズとの兼用を意識したと見ましたがさて?

 なお、詳細は先方の写真をご覧になれば分かるのですが、品質面では突っ込みどころだらけのようです。


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5386953
 8222 CRHの反り返ったトレインプレート。完成作ではちゃんと組めてますので強引に曲げてるのでしょうか?

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5386863
 RCトレインモーターの品質。何とセンターピンが折れちゃってます。あと電気ケーブルはか細く、そしてコネクタは汎用品でなんとも貧乏臭い。

 他写真もスチロール樹脂製ブロック玩具ならではのチープさに溢れかえってます。例によってクリアパーツの透明度も低い……。
 あれこれ頑張ってるけど、品質管理と「志」には問題がありまくり。

 最初から狙ってる市場はことなると思うのですが、これなら本家がビビる必要はまったくないなぁとも思うのです。
 
posted by 関山 at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

追記あり【アジア系レゴ互換品】中国産ブロックトレインの新種?「banbao(邦宝)」なんとIRシステム!

 アジア系のレゴ互換ブロック玩具でトレインジャンルが展開されていたのは「Enlighten(啓蒙)」が知られていました。

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=433917
 上記、Buzzard様のコレクションより。ほぼ全種集めておられるのではないでしょうか?

 私も2009年夏にロシアの駅売店で見つけて、その後2010年に何個か中国からの輸入代行で入手しています……。
(製造ですが、独自金型は見られるものの基本的にレゴの型取りコピーという印象を受けております……)

 さて、このメーカーの製品はレールまではリリースしたものの、動力システムまでには到達しませんでした。

 が、実物の新幹線をコピーすることまではできる、あの国の技術力。

 別ブランド別メーカーですが、今度は赤外線コントロールの互換ブロックトレインの存在が確認されたようです。

 やはり、Buzzard様のフォルダより……。
本エントリ最下部にメーカー公式ページへのリンクを追加しましたので、気になる方はこちらを参照願います)

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=489415
 情報一覧。システム図。

<追記>
 画像は全てCGで、写真はまったくありません。先に断ってしまえばペーパーウェア的製品の可能性だって否定しきれません。

 現状、
・新幹線3両のレール付きのセット
・新幹線動力車1両(動力¥リモコン入)
・新幹線中間車1両
・貨物列車3両編成
・駅
 が、総集合的イラストから推測できます。高速列車と貨物列車の2ラインというのは本家意識してますね。

 なお、レールは枕木幅(1ポッチ)など、先の「啓蒙」とはぜんぜん違うものです。

 動力ユニットは新幹線・貨物列車に共通しますが、レゴのRCトレイン(2006-2009年)と同じ、「電池ボックスと受光部一体のトレインプレート」+「台車形トレインモーター」という構成のようですね。あの自由度の少ない構成はレゴではファンの総スカンを喰らって短命、PowerFunctionに移行した流れなのですが。
 で、一体型トレインプレートはレゴRCではまだ台枠上に関しては4幅にして、自由な車両作りへの配慮がまだありましたが……。こちら「邦宝」じゃ、台枠上にも6幅で機器がそそりたっており、大変に使いにくそうです。
 リモコンにはアンテナがついています。つまり、赤外線じゃなくて、電波によるラジオコントロールの可能性もあります。レゴRCなら赤外線受光部のあったトレインプレートですが、同じ場所に受光レンズが見えないのも気にはなる所です。
(とはいえ、あの「想像図」レベルのCGでは正確に分析できませんが)

 トレイン車輪には、軸箱付近にポッチがついています。これは便利?かもしれません。頑張った差別化でしょうか?
 連結器は三角形のバッファが強烈です。あんな形のバッファは見たこと・聞いたことはありません。普通は丸か四角、たまに楕円という感じですから(中国の国際列車用18系客車はかなり特殊な形状のバッファを持ちますが、こんな形状ではありません)。デザイナーが何も知らずにアレンジしてしまったのかも?


 
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=489456
 8221 新幹線(CRH2?)なトレインセット

<追記>
 3両編成ですが前後とも動力車用の一体型トレインプレート使用に見えます。まさか2モーターってことはないでしょうから、片方はダミーなのでしょう。
 窓の大きさは、現行のPowerFunctionの#7938を意識しているようにも見えます。

 前頭部の一体部品はやっぱりE2……もといCRH2にみえますね。
 パンタグラフは……可動を諦めたような造形です。変と言うかなんというか。

 
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=489457
 8222 新幹線先頭車単品・動力とリモコン付

<追記>
 何故か単品売りの動力車。増結用とかではなく、リモコン・モーター入という仕様な模様……。単品のリモコン動力車で、少しでも動力付き列車の敷居を下げようという作戦でしょうか?

 
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=489458
 8223 新幹線中間車単品

<追記>
 普通に中間車です。幌の一部がヘッドライト意識してるように見えるのが気になりますけど。よもや簡易運転台のつもりじゃあるまいな?
 まぁ中間車のばら売りがあることだけでは、本家よりは「良いこと」のかもしれません。

 余談ですが、パッケージが「BanBao」を押し出した輸出用?と、「邦宝」を押し出した中国向けの二種類があるみたいです。これもCGなので何とも言えませんが。


 
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=489461
 8227 駅セット

<追記>
 駅。こちらはRCトレイン世代ではなく、現行の跨線橋メインの駅の方を狙ったデザインです。
 但しデザインのアレンジは多いですね。階段がアーチ折り返しになっているのは改良のようにも見受けられます。荷車用のホームの切欠きも印象的ですし。
 その一方で、駅本屋はさらにしょぼくなってしまった感は否めません。



 
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=489462
 8228 貨物列車トレインセット

<追記>
 正直言って問題作でしょう……。
 手前に見える無蓋車は良いとしましょう。ドア付近のデッサンがかなり狂ってますけど。

 しかし、メインの「電気機関車+荷物電車」のような謎構成はどんなものでしょうか? 片運転台の電機+貨車じゃないんですよ。後ろの車にもパンタついてますからね。
 JR貨物の貨物電車(コンテナ)を意識しているのか、はたまた荷物室付きの電機(イタリアやスイスに存在)を意識しているのか? しかしデザイナーの知識不足からこの形状になってしまったようにも見受けられます。
 普通に箱型電機+有蓋車でよかったと思うのですが。
 
<追記>
 banbaoのメーカー公式ページです。
http://www.banbao.com.cn/en/
http://www.banbaoworld.com/
http://banbaoworld.com/boys-toys/transportation-toys
Suu様、情報提供ありがとうございました。
posted by 関山 at 23:32| Comment(6) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

【アジア系レゴ互換品】久々に、中華系互換ブロックの話「ligao/WANGE」

 ネタ無ぇ(※)……と思いつつ、brickshelfを漁っていたらこんなの見つけました。


 lyca様のフォルダより。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5212165

 まずは、突っ込みどころ満載すぎる画像です。
 機関車がどっかで見たような形なのは、まぁ百歩というか100km位譲ってよしとしましょう。
 でも、一見すると機関車+貨車の組みあわせなのが、組換モデル繋げてるだけって……。蒸機+電機+ディーゼルの三重連ですか?

 されど、機関車の微妙なデザインの変更は悪く見えない辺りがなんともかんとも。キャブ窓とか煙室扉とか。こーいうところのセンスは何故か、ある。

 あと「阿里山号」って……。阿里山のシェイに似てる似てない以前の問題の志の低さ(笑)。
 ところで、大陸中国でも「ナロー蒸機=(台湾の)阿里山」なんでしょうか。いやあんたの国にも芭石とか現役蒸機軽便あるでしょうに(最近は観光地化してるそうな。悪い話じゃないですけど)。

 されど、何故かレールはついてくる良心?
 本家のナローレール(インディ・ジョーンズやドコービル星人のアレです)を思わせますが、もし画像通りのレールなら別の金型?なのでしょう。狭い枕木のピッチとか、本家よりそれらしく見えるのがなんとも。おまけに直線レールまで存在しちゃってます。

 しかし、この種のメーカーですから、「レールはイメージ。ペーパーウェア」の可能性も凄く高そうですけど(苦笑)。


 あとはアーキテクチャ?シリーズもパクられてますね。
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=472389

 色彩的に控えめな本家にはない、派手派手な配色が強烈です。
 まぁ、意識してるのはArchitectureよりもナノブロックなのかもしれませんが……と思ったら発言撤回! 天安門の屋根一体成型(なんかの使い回し?)。ちょっと酷いというか、Architectureもナノブロックも理解してない(笑)。


※:本格的な記事(「レゴトレインの歴史」とか、「考察」「レゴ社への意見」みたいな文章ネタ)は書く気力がない。かと言って何件も連続でamazon.co.jp安売りネタというのも読者諸兄には申し訳ない……という気分というか状態。
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

【アジア系レゴ互換ブロック】Buzzard様によるレビュー/東京おもちゃショーによる展示!

 自力でレビューしようかと思っていて、なかなか手がつかなくてすいません。(撮影しながら組むのは面倒……)
 で、オタオタしているうちに、brickshelfでのBuzzard氏のレビューがどんどん充実してきちゃいました。しかも入手された種類はウチよりずっと多いようで、もう話になりません。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=433917

 写真だけのものも含めれば、ほぼ全種集められたんじゃないでしょうか? インスト(ということは実物も)も集められたのは13種……この辺、凄いとしか言いようがないです。普通なら記録されずに消え行くようなシロモノに対してですから、貴重な記録であることは間違いありません。なお、テキストファイルで短評(英語)も入っています。肯定するべき部分は肯定するスタンスなので、管理人に主義主張は近そう?

 ちなみに自分で買った分は早くも後悔状態……(苦笑)。
 レゴだったら造形の気に入らない部分とか自分の手持ち部品で直したり、半ばオリジナルに改造などの展開も可能なのですが、コレだと直すモチベーションも改造するモチベーションも持ちにくいんですよマジで。
 また、パーツ単位に還元するのも無理がありすぎ。本物のパーツに特に困っているわけでもないので、代用として使う気にもなれませんしねぇ。

 「啓蒙」で理解できたのは、この手は傍から眺めてる分には凄く面白いけど、実際に手にしてみるとそんなに嬉しくないという事実かもしれません。思っていたよりは良かった品質ですが、それも救いにならんような……。
 まぁ、「勝手に改良」しちゃうあたりや、本家にないラインナップを勝手に作っちゃう辺りの妙な行動力とか小回りの良さは未だ肯定したいんですけど。

 さて。
 アジア系レゴ互換ブロックでは別ブランドでまたトンデモない動きが。情報源は「レゴ系」殿より。
「2010/07/15 東京おもちゃショー2010 レゴレポ」
http://legojapan.seesaa.net/article/156459543.html#more

【WANGE TOYS】
主催者の日本玩具協会が、よく出展の申請を認めたなぁ。
レゴのパチモンブロック単独で、ブース出展です。

ブース全体画像をよく観て頂くと、別荘やコテージ風etc.
一部、病院のカットモデルのよーに、オリジナルっぽいものもありますが。
カタログを戴いたのですが、そちらにはさらにスゴイ世界が拡がっていました。
<先方に画像3点あります>

 
 ほんとによくぞ認めたものですね日本玩具協会さん……。マジコンが東京ゲームショウに出てるようなというと大げさですが、アクションリプレイの類(改造だけなら合法のはず)が東京ゲームショウに出てるような感じでしょうか。パチモノ消極肯定派の管理人でさえ、ちょっと考えさせられるものが。
 反響は今のところ上記レゴ系さんと、2chのレゴスレッドだけですから、他で問題・話題にはなっていないようです。でも会場のお客さん(業者日/一般日とも)の反応とか気になったり。

 なお、WANGEは公式ページ持っててカタログは以下にあります(英文)。
http://www.ligaotoys.net/eng/main.asp
 「new」のところにクリエイターもどきがあり、笑えます。
http://www.ligaotoys.net/eng/product/Produtct.asp?id=211
 あと、trainはいわゆるミニトレインのみ。啓蒙のような9V規格トレイ幸か不幸か未着手でし。
http://www.ligaotoys.net/eng/product/Produtct.asp?id=209
posted by 関山 at 23:59| Comment(9) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

【互換ブロック】啓蒙(Enlighten)トレインシリーズ到着! 気になる品質は?

 前回記事。
http://legotrain.seesaa.net/article/152652794.html
2010/0609「啓蒙(Enlighten)のトレインシリーズの揃いのよいショップ発見! しかし……。」

 Yahooチャイナモールでの扱い業者からの購入で、ちょうど納期10日で到着しました。単品車両6箱の購入で送料は¥2600程度。同じものをアメリカからだともっと凄い航空送料になりますので、やはり中国は近いと実感します。これも中間業者介しての「個人輸入代行」なのですが、皮肉なことにS@H(アメリカ)で本物のレゴ買って日本に送らせるのよりスムーズに行くのは皮肉としかいいようがありません。

 さて……。
 中国製品の品質というのは、いつの間にか凄まじく上がってしまっているのは中華系電子ガジェットを追いかけていると否応なしに実感させられることなんです。

http://blogmag.ascii.jp/china/
 「中国リアルIT事情」。かなりお勧め。iPhone2Gのコピーしてた頃と、今のiPadコピーでは水準が変わっていることが読み取れたりします(笑)。まぁコピーはコピーですが。

 コピーと言えば重工業部門ですが、新幹線やICEを「コピー」できる技術があるのも知られていること。こちらはコピーの方が本物より速いというのはもはやなんとも……。
(賛否は分かれるところ。しかし、世界には「コピー」さえ出来ない工業力の国が大半という事実は忘れちゃいけません)

 というわけで、中国産のブロック玩具も昔よりは品質が上がってるというかコピー技術も上がっているのは概ね想像出来るところです。数年前に断片的に入ってきた「啓蒙」ブランドの情報も芳しいものはありませんでしたが……さて。

 取り敢えず、1箱組んでみての第一印象です。写真とかのレビューはもう少しお待ちを……。


・品質は思っていたよりはずっと「まとも」でした。
 部品入ってないとか、ましてや箱絵と中身が違うなんてことはありません。組み合わせもしっかりしていて隙間ができるなんてこともありませんし、歪みや歪も取り敢えずゼロでした。やや緩い組み合わせの箇所もなくもないのですが、許容範囲でしょうか。
 気になるのは湯口のバリがそのままであることくらい。あとクリアパーツは微妙に濁っています。どちらも価格考えたら十分許容できると思うのは、私の甘さでしょうか(苦笑)。
 材質はABSではなく(多分)スチロール系。そのためエッジは心なしに丸めです(見た目では分からない、触覚で分かる感じ)。一度組むだけなら良いのですが、何度も組み直しなどしているとアラを見せる可能性は高そう。

・パーツそのもの恐らくレゴの製品から型取りしているのだと思います。寸法的には完全に互換。下手に混ぜるとわからなくなる危険(笑)もありましょうか。
 なお、幾つか「啓蒙」オリジナルのパーツも有ります。レゴにもありゃいいのになぁとか(例えば2×2プレート両面ポッチ)、最近レゴでも後追い登場した2×4タイルなど。

・トレインだと気になる車輪や連結器。完全互換です。車輪は(レゴの)2006年モデル以降の車軸がプレーン軸のタイプ、レゴと違って組立済です。走行性能は新品ならレゴ同様(!)。ただ、長期の耐久性は不明です。

・表記類は全てプリントで、別貼りシールはありません。

・インストはレゴより一回り小さく印刷されて微妙にコストダウン。インストそのものは(レゴ同様)CGですから大差はありません。十分に組みやすいインストでした。


 軽く纏めますが、パーツ自体をレゴから複製していると思われること、また樹脂の品質からくる手触りは如何ともしがたい問題です。おそらく耐久性も。現状ではレゴのコピーの域を出てはいないでしょう。

 しかし、現地での価格(客車1両で¥500程度……)を考えると品質は予想以上です。
 少なくとも数年前の「箱と中身が違う」「部品が噛みあわずに隙間ができる」「部品足りない」という評判とは無縁ですから。
 価格相当の、いや価格以上の玩具としての水準は満たしているといえるでしょう。

 どなたにでもお勧めできる……とは申しません。しかし、否定仕切れない製品であるのも事実です。
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

【互換ブロック】啓蒙(Enlighten)のトレインシリーズの揃いのよいショップ発見! しかし……。


 去年の今頃、モスクワはレニングラード駅の売店で中国製の偽レゴのトレインシリーズを発見! 狂喜乱舞しつつ結局買い逃してがっかりしたのも、いい思い出。
(どうでもいいんですが、こんなものも自分と同じ中国〜モスクワの陸路で送られたと思うと微妙に胸が熱くなります)

 さて……。
 帰国後「啓蒙(Enlighten)」に関して情報収集するも、まとまった情報や製品写真がなかなか得られません。まぁ検索ワードで英語の「Enlighten」や啓蒙を日本の文字で探していたのも遠因でしょうが。

 その他、この種の偽レゴに関して記したのはこちら。
http://legotrain.seesaa.net/category/8330435-1.html
(カテゴリ「アジア系レゴ互換品」新設。昔の日本製レゴ互換品とは別カテゴリに)


 さてさて。
 先日、たまたま「Enlighten lego」とかで検索掛けてたら濃いショップが見つかってしまいました。

http://a2ztoy.com/shop/

 「啓蒙」以外の中国系の偽レゴ玩具がいっぱいの濃すぎるそして怪しすぎるネットショップ。肝心のトレインシリーズはもちろん、定番の軍事、レゴ社が苦手な女児向けなどいっぱいいっぱい。

 トレインだけをまともに相手にするだけで数日分のネタになりそうな(笑)濃すぎるラインナップ! なんとレール(もちろん非通電。但しレゴRCレールと接続可)までリリースしていたことが分かります。

 さて、ブツの品質以前、最大の問題は……。
 このショップ、サイトの何処を探しても「所在地」が分かりません。価格は多分米ドル、英語でかつ不自然な表現もないので「英語文化圏」だと予想出来るのですが、これもどこまで正しいのやら。
 扱ってるブツの性格からするに香港の業者を疑っているのですが。プライバシーポリシーとかも全く明示されてない。
 はっきりいえばすごく不安です。送金以前に個人情報を渡していいのか、のレベルで(笑)。カード番号入れるのは論外……(というか、カード使えるの?)。
 というわけで、このショップは「カタログ」として眺めるのが無難と。

 懲りずに、他にもショップ探してみました。
「Enlighten brick」とかよりも
「啓蒙 挿抜玩具」(を、「簡略体」で。日本の漢字じゃダメ!)で検索すると更に引っかかってきます。

 なんとか大手のネットモール(評価システムあり)でも扱いは見つかりました。価格は思ってたよりも更に安い。ロシアで見かけたときには客車が500ルーブル…当時1500円位でしたから。人民元価格だと¥500以下のおそろしい世界。

 で、ここまできてYahooチャイナモールができたこと思い出しました。あっちの大手「淘宝網」の商品を日本語・日本円で買えると言うアレです。

http://chinamall.yahoo.co.jp/

 玩具カテゴリが2つあるので少し手間取りましたが、なんとか
「チャイナモールトップ>玩具、ベビーカー、外出用品>おもちゃ、知育玩具>ブロック玩具」
http://chinamall.yahoo.co.jp/category/2575/
というカテゴリ見つけ、そこから「啓蒙」のトレインの扱い業者が見つかった次第。


 価格は客車で¥1070。人民価格よりは高めですが、中国国内送料と転送手数料と着払手数料(カード不可・まぁブツと引換に支払いなんで安心感はありますが)込みとのこと。
 あと、専門に扱ってるわけではないので品揃えは難有りですが、取り敢えずネタで欲しかったアイテムの筆頭はありましたから。

 「プルマンカータイプの客車」



 ほか、以下が在庫してました。

「客車(#7740風味?)」


「#10020風のディーゼル機関車」



「箱型ディーゼル機関車」


 以上、勇気出して全種類ポチってしまいました(苦笑)。屋根の外れたプルマンカーの写真が思いっきり品質面での不安は煽りますが(苦笑)。
 取り敢えず10日〜程度が納期らしいので、イケニエレポートをお楽しみに(もちろんbrickshelfで全世界中継予定……爆)。
 あと6/19の運転会でもネタにできるといいなぁ。
 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 オマケ。気になる評判? Eurobricksに上がっていたパイレーツのレビュー。写真多々。
http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=16255
 海賊版だから海賊船ってシャレになってない。

 同じくEurobricksより。2009年11月頃、トレインシリーズも話題になってた模様。
http://www.eurobricks.com/forum/lofiversion/index.php/t35800.html
 冒頭にあげたシリーズ全容写真の精細版が見られます。やりとりも知的所有権重視の心温まるもの(苦笑)です。

 オマケその3。
http://s562.photobucket.com/albums/ss65/burrito-breath/enlighten/?action=view¤t=tracks-03.jpg&sort=ascending
 啓蒙のレール。レゴのと接続は可能みたいです。色が茶色なのはちょっとインパクトあり。


posted by 関山 at 00:46| Comment(5) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

【レゴ製品】偽者レゴを中国の大手通販サイトで探す

 ふっと思い立ち、中国の有名通販サイトで偽者レゴ探してみました。

【当当網】(知育玩具と卓上ゲーム類は同じカテゴリ)
http://category.dangdang.com/list?cid=4002070&pic=1

【amazon.cn】(ブロック玩具のカテゴリあり)
http://www.amazon.cn/s/qid=1253098710/ref=sr_nr_n_1?ie=UTF8&rs=1982062051&bbn=1982062051&rnid=1982062051&rh=n%3A647070051%2Cn%3A%21647071051%2Cn%3A1982062051%2Cn%3A2039933051
 ブロック玩具の1ページ目はレゴばっかりですので、左の「品牌」から直に「COGO釈高」「小白龍」を選択すべし

 両者とも、2ブランド「COGO釈高」「小白龍」の偽者レゴが見つかりましたが(笑)、トレインに手を出してる「啓蒙」「Oxford(SLUBAN)」は見つからず。まぁあったところで中国からの個人輸入の手段を講じる必要がありますけど。

 なお、啓蒙とかについては以下エントリ参照願います。
「[追記あり;通販情報あり!]【レゴ製品】Oxford(現SLUBAN)のトレインの出来は如何に?」
http://legotrain.seesaa.net/article/125300473.html
「【レゴ製品?】ついに(いつの間に?)登場! 啓蒙ブロック鉄道シリーズ」
http://legotrain.seesaa.net/article/122815144.html

 あと、この辺のブツに対する個人的なスタンスですが
「品質高けりゃ認める(品質悪けりゃ買わない)。で、知的財産権より独占禁止法の方が大事でしょ!」
 というのは揺るぎません一応。欧米企業が調子こいて独占してるなら、そこに競争起こるのは悪いこととは思いませんので。
 でも、品質とかの面で競争になってない現状に関してはコメント以下略っと。
 いっそ、どこか気合の入った互換ブロックメーカー現れませんかね(問題発言)。
posted by 関山 at 19:34| Comment(2) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

[追記あり;通販情報あり!]【レゴ製品】Oxford(現SLUBAN)のトレインの出来は如何に?

 先日、啓蒙(中国)のトレインシリーズネタにさせていただきました。
http://legotrain.seesaa.net/article/122815144.html

 他にパチモノレゴでトレインシステムまで出している気合の入ったところというと、大昔(1971)の任天堂(N&B)以外にはOxford(韓国。ブランド変えたのか、今はSLUBAN)があるようです。前から噂には聞いてましたが、現物のレビュー見るのは初めて……。生贄になってくださったamandojames氏に感謝ば。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=395311
 写真たっぷりあり。

 最大の問題は機関車(電池式動力車?)が既に組み立て玩具じゃない! ことでしょうね。微妙にアメリカンなCタンクで、目を細めれば日本形(=朝鮮形)でもいけそう(笑)、明治期の輸入機ならこんなの何タイプもありましたからねぇ。これで組み立て玩具なら誉めたいところなんですけど。

 誉めたいといえば、パッケージ。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=4025845
 機関車とレール、フィグの入った部分が穴あきという凝ったもの。デザインセンスも悪くないんじゃないでしょうか。本家が失ったケレンミですよ。

 後は、写真見て判断してあげてくださいな。
 駅・車両ともデザインは悪くないように思います。世界観はぎりぎりオールドアメリカンになっていて統一感はありますし(そこ、「統一」をトンイルと読まないように!)。
 蒸気機関車のセットという、一時期からレゴトレインがメインから外してしまった題材で勝負かけるあたりや、プラスチックレールのうえリモコンなし(動力に関しては不明ですけど、電池での走行はするみたいです)という廉価仕様は悪くないと思うんですよ。

 問題は、機関車が組み立て式じゃないことに尽きますね。
 今後の改良?があるなら期待したところです。ほしいと思うかどうかは別問題ですが。

【以下追記】
slubanに関しては、通販しているサイトがあっさり見つかりました。
http://www.slubanshop.com/
トップページ。オランダの会社のようで。画面上部で言語切替できます。internationalで英語表記になるので、ひょっとしたら国際発送対応かもしれません(実際にカートに入れてチェックアウトしてみたところ、欧州圏やアメリカ、中国は国名選択のプルダウンで出てきたのですが、Japanがありませんでした。本気でほしいならメールでの交渉が必要でしょうか?)。価格はユーロ建てです。

http://www.slubanshop.com/sluban-sets/sluban-treinen.html
トレインはこちら。

駅と汽車+客車のセットで小39ユーロ、大44ユーロ。貨車3両セットが大19ユーロ小は15ユーロ……とお手ごろ?価格。

ほか、この種のパチモノブロックではおなじみ陸海空軍シリーズ、パラデゥサ風女児向け製品と、微妙にレゴ本家のニッチを押さえた製品が丹念に扱われてますね。
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

【レゴ製品?】他にBrickshelfで確認した偽レゴについて。あと、「啓蒙」の品質について。

 適切な検索ワードが思いつかず、「clone」で偽レゴの検索をかけてみました。
 敢えて「品質」には目をつぶり、良かった探しの観点で見てますので、そのつもりでお願いします(笑)。
 

◆blockboy345様による紹介
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=204295
 お城シリーズのコピーとか陸戦モノとか。コピーレゴのイメージそのもの。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=2012357
 上記フォルダより。こじんまりとしたお城で、意外とセンスが良い。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=3163878
 上記フォルダより。箱絵CGなのは卑怯ですね。ローマと蛮族というテーマは悪くないと思うんですけど。柵とかレゴにないパーツも見えますし。でもCGなんでどこまで本当なのやら。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=3163878
 上記フォルダより。偽レゴ各種のパーツ比較。力作画像です。基礎資料?として……。

◆thecobra14様による紹介
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=383843
 お城や陸戦もありますが、RECERSやTECHNICとか何でもあり。でもテクニックは精度がないとキツいと思うのでコピーには向かないと思うんですが……って余計なお世話?
 なお、画像は大量にあるので時間浪費注意です。ただ、先日見つけたtrainシリーズはありません。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=3942451
 上記フォルダより。啓蒙、なんですがオリジナル製品。これは割と格好よいですよ! たぶん本物レゴパーツで再現も可能。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=3942449
 これ上記フォルダより。オリジナルな4幅車。4幅というだけで贔屓してしまう自分……。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=3942450
 裏箱作例もあり。強引さは本家も似たようなものか。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=3886568
 でも、コイツをパイレーツと言い張るのは無理があると思います(笑)。ロゴもワ○ピー○風なのがなんだかなぁ。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=3886576
 さすがにフォローしようがないニセモノ。懐かしの?ワールドシティ。

◆おまけ:先日紹介した「啓蒙」Trainシリーズ。大きい画像ほしい方へ!
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=390843
 trainタグつけたのに、検閲でAvatarにされてしまいました。レゴトレインファンへの知的所有権啓蒙に貢献しようと思ってましたのに……というタテマエはやっぱり見透かされましたか。

 さて。

 「啓蒙(ENLIGHTEN)」の品質に関しては、sadako様のブログ「Toy-Holic」
http://toy-holic.blog.so-net.ne.jp/
 以下のエントリが実に秀逸なレビュウになっております。

海賊王になるんですね?―前編―

海賊王になるんですね?―中編―

海賊王になるんですね?―後編―

 文章とか写真とかツッコミがとても面白いです。「後編」の総括に、それなりに愛情こもっているところは泣かせるではありませんか!
 でも、オチは語るまい……とほほ。
 
 一応少し昔の製品らしいので、今はどうなってるんでしょう……。やっぱり(以下ループ、削除)。
posted by 関山 at 21:12| Comment(5) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

【レゴ製品?】ついに(いつの間に?)登場! 啓蒙ブロック鉄道シリーズ

 先の旅行の際、モスクワ・レニングラード駅内の売店(本・CD・おもちゃを扱うヨロズ屋)でみかけました。
 まず、言い訳代わりに、後悔しているのは以下の3点。
・なぜ勇気を持って店内でもっとマシな写真撮影しなかったのか?
 堪忍してください。観光地でもない店内で買いもしないのにカメラ出す度胸はないです。まして異国じゃ……。
・なぜ、その場で購入しなかったのか?
 これからペテルブルグに往復するところで、余計な荷物は抱える余裕なし。
 あと、北京に戻る行程だったので、「製造国」で探せばいいやとも思ってました。
・なぜ、北京で探さなかったのか?
 北京で、玩具屋(玩具問屋)のあるエリアがぜんぜん分からず。当てにしてた普通のショッピングモールの玩具売り場では本物レゴも含めて組み立て玩具系は置いて無かったですし。

 と、いうわけで驚きのレポートの割にいい加減な写真のみで失礼します。
 どなたか中国在住の方で、もう少し詳細を調べて下さる方……いらっしゃいませんか?



 驚愕のラインナップ!
 
 #10027機関庫、#10020サンタフェ、#4513の駅、#4511高速列車に、MyOWNTrain系、ホグワーツ特急! 2002年ごろからのラインナップが見事にコピーされています。
 しかし、画面中央上部に見えるプルマンカー風客車は? 完全なオリジナル!!
(まさか#10196の客車を、神速でコピーしたってことはないでしょうし)
 

 上記写真を少し違うアングルから。

 問題なのは、どこまでが製品で、どこまでがペーパーウェアであるかということ。
 一応、この売店では「赤い客車(ホグワーツ風)」「#4511風先頭車」。そして「プルマンカー風客車」の3点を売っていたことを記しておきます。価格は400〜500ルーブル(1200-1600円)程度でした。
(ああ、プルマンカーだけでも買っとけば良かった!)


 そのほか。船とか宇宙(ディスカバリー系と、1990年代後半のCity系が混在)とか。海賊船の海賊版は洒落の世界。ちらりとニセモノブロックのお約束、陸軍モノも見えます。


 バイオニクルもコピーされちゃってます。真ん中に見える警察署はレゴも一番ダメダメだった2000年ごろの製品を更に劣化させちゃってますね。

 ちなみに個人的な見解示しておくなら、品質が伴ってるならこの手の海賊版は無条件に叩く気にはなりません。もちろん、ニセモノと分かる状態で売られていて、ニセモノ相当の価格であって詐欺性はないことが前提ですが。
(啓蒙はマークは変えてますので、詐欺性はないと判断してます)
 何より、ネタとしては最高に面白いですし、幾らかのオリジナルティは評価したいものもあります。また、組み立て玩具の面白さを広める意味で、高価に過ぎるレゴの代替品を否定する気にはなれないのですよ。

 あと、レゴ社がやってくれない製品を出してくれる意義だってあるんじゃないでしょうか?
 今回見かけたのは、ニセモノということ抜きにしても如何にも購入しやすそうな、「電車や客車の単品」という、最近のレゴ社が「通常のラインナップ」には乗せてくれない製品です。これがどうってことない売店で普通に売られているという事実は、高額なセットモノかマニア向け製品しか存在してない今のレゴトレイン製品にとっては皮肉としかいいようがありません。

 ただし。
 これまでに聞いた話だと中国製偽レゴの品質はお世辞にも高くはないらしい……ので、その意味で過大な期待は禁物なんでしょうね。
 その辺確認する意味でも、あのプルマンカーだけでも買っとけば……(以下後悔無限ループ)。
posted by 関山 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする