何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年03月01日

【鉄道作品外国形】ロシア国鉄chs2形電気機関車についての追記解説


 これも必要以上に長くなりますので、独立記事に。

 元記事「ロシア国鉄Chs2形電気機関車(ロシアのEF58!)」
http://legotrain.seesaa.net/article/447191074.html


 ロシア国鉄chs2(Ус2)形電気機関車は1958年に試作形が、1961年〜1973年に量産型が製造されたもの。チェコスロバキアのシュコダ製。
 直流区間の旅客列車用ですが、広い国土のこと。製造両数は942両に及びます。
 出力は3000kw(EF58は1900kw EF65は2400kw)。

 デビウ当時はモスクワ〜レニングラード間の特急牽引機として。
 その後は各直流電化区間に広がっていったようです。

 2009年地点ではシベリア横断鉄道の直流電化区間で広く運用されていました。旅客列車だけではなく、荷物列車にも充てられていました。
(荷物列車が運行上は急行旅客列車同様なのは、嘗ての日本の急行荷物列車を彷彿させます)
 但し、その後急速に置き換えが行われたようであり、ロシア国鉄からは引退。今はウクライナのみで使われているという話もあります。

 なお、シュコダ社製の同種の電気機関車は多々共産主義各国に輸出されました。
 現役かつ身近?なところでは、北朝鮮の「赤旗」形が姉妹機と言えそうです。

 スタイルは前面二枚窓。
 足回りはC-C車軸配置。サイドスカートが長く下がっており、客車よりも裾が下がって見えます。また、(ロシアよりは車両の小さいな)東欧規格のためか、ロシア客車と繋ぐと車高が低く見えるのも印象的でした。

 チェブラーシカのアニメーションにも出演したようで、そのためか「チェブラーシカ」という愛称があるようです。
 一方、日本の鉄道ファンの目には「ロシア版EF58」と見えるのですが(笑)。
 2009年地点で、現役の「ロシア版EF58」を多々拝めたのは誠もって眼福でした。



 西欧的でもあり東洋的でもある。ロシアと言う国をなんとなく感じさせる機関車です。一般的にはこの濃緑塗装。

 屋上機器は抵抗器?の真上に空気系の配置があり天井の上に軒重ねる如し? エアタンクなども防寒対策がされているのが印象的。
 デビウ当時はバッファ付き。取り付け用のボルト跡が残っています。
 ロシアの客車は今も「自動連結器+バッファ」です。


 ツートンカラーの個体もあります。
 各種更新形、バラエティはかなり豊富な模様。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 恥ずかしながら。
 2009年に制作しようとしていたもの。ここまで造って、8年間の放置です。今よりもずっと濃緑の供給が良くなかった時代でした。ようやく機関車に使える程度はなんとかなるという感じ。
 ただ、概形は出来ていました。

 確か断念の原因の一つが、C-Cの車軸配置。
 未だダミー車輪という思い切りができず、なんとか強引に3軸動力台車を模索してためか。


 そして先日の「火曜オフ名古屋」合わせで完成。
 製作動機は背景にある きた様制作のロシア風駅舎。これを見て、先の試作品を掘り起こす!

 8年間の進化です。長い側スカートの表現を、L形パネルの裏返しで実現。
 そのため、車体の窓から下は上下が反転した組み方です。

 動力台車は中間軸をダミー車輪に。シンプルながらも自作台車枠。

 側窓は6個を4個に割愛。但し窓枠表現は意識しました。前面の連結器廻りは色々迷いましたがレゴの標準バッファ付。カウキャッチャーは省略です。ここをレゴ標準でもスノウプロウ付きにしても良いかも知れません。

 動力系は現状で1M。2M化は構造的に可能ではありますが。


 先にも触れましたが、カーブ通過はギリギリです。車輪と車体裾が当たる感じ。
 それでも、腰の低さを再現できてよかった。名古屋ではS字カーブもありましたが問題なく通過しておりましたし。軸配置はシンプルな分、「EF58」よりはトラブル無く運用できそう……?

 この車体裾の長さは個性的な姉妹機Chs4(交流電機)やら北朝鮮の「赤旗」にも転用できそう。。
 あと、思いっきり西側ですが瑞西の1950-70年代の電機にも応用効くんじゃないかと踏んでます。

 Chs2に戻りますが、今後は西側からの乗入客車とかも引かせてみたい。
 ワゴンリとか似合うんじゃないかしらん。実際にNOEは1988年にはシベリア横断していたのですから。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【鉄道作品外国形】共産圏客車(中国18系等)についての追記解説


 先の記事「中露国際列車(3/4列車)の客車たち。中国国鉄18系等」
http://legotrain.seesaa.net/article/447191205.html
 に追記する予定でしたが、あまりに長くなったので別記事にします。

 実物写真は関山撮影です(2009年 5月)。


1.中国国鉄18系客車について

 中国18系客車は1950年代から2003年ころまで製造された国際列車専用客車。ソ連(ロシア)・北朝鮮・モンゴル・カザフスタンへの直通を行うもの。
 至る部分が中国国内用の車両とは異なります。

・欧州規格のバッファ付。バッファ+自動連結器はロシアの流儀。
・台車の交換に対応。
・原則として空調なし(例外あり)
・少なくともロシア向けは、暖房や耐寒装備の強化

 詳細はこちらを参照願います。はいらーある様作成「中国鉄路客車図鑑」

 製造時期が長いため、5つの世代に大別されます。東ドイツ製・中国製が混在。

 そして、18系を18系で置き換えることも行われてる由。
 なお1等個室寝台車(高包・高級軟臥)車は19系を名乗ります。(19系が特別車だけの特殊形式です)
 今は25系の国際仕様が代替に入りつつあります。北朝鮮向けは既に25系化されてる由。
 今回の制作は、硬臥車YW18形と高級軟臥車RW19形が1両づつです。


 高級軟臥車 RW19形(18系)。床下には蓄電池。1995年製のグループ。


 硬臥車。YW18形。同じく1995年製のグループ。
 


2.北京〜ウランバートル〜モスクワ間の3/4列車について
 
 所要6日間。週に1往復運行。モスクワ〜満州里〜北京間の19/20列車がロシア持ちなのに対して、3/4列車は中国持ち。これは1950年代の運行当初から変わりません。
 6日中 国内1日・モンゴル1日・ロシア内4日間。

 世界最大の片乗り入れ……となります。乗務員は全区間で中国国鉄の担当ですが、牽引する機関車と食堂車は直通ではなく、国ごとに変わります(無論、機関士や食堂従業員も国ごとに)。
 ついでに申せば、ロシア国内では日に1-2度機関車の交換もあります。電気方式や機関車・機関士の所属によるものなのでしょう。

 編成は硬臥車5-6両・軟臥車1両・高級軟臥2両・食堂車・荷物車。
 現在使われているのは1995年の東独製18系(統一後ですが、旧東独の流れを汲むDWA社製)。おそらく10-20年スパンで、ほぼ同形・同仕様車への置き換えが行われてるものと思われます?

 余談ですが、2014年頃に集中電源方式の新型客車(25系国際仕様)を導入しようとして中国で客車新造したものの、ロシア側の都合で運用に入れないままと言われています。国際列車用の客車は取扱が難しいのですね。(出先で故障でもしたら?)

 さて。
 ソ連国内のみのシベリア鉄道列車(1/2列車 ロシア号等)は1960年代から西側旅行者にも開放されており、多くの旅行記を当たることが出来ます。
 ただ、中国が絡む3/4列車や19/20列車の西側解放は遅れたようです。1990年代からやっと利用されるようになってきた感じでしょうか? しかし、車内で英語や漢字筆談の通じる列車は日本人には利用しやすいのではないでしょうか。運賃は2009年地点では高級軟臥で片道10万円程度(今は値上がりしてるかも?)。
 飛行機よりは高いのですが、国内外の観光クルーズ列車よりは低廉な運賃です。もちろん特別な演出やサービスは皆無。しかし、元来の実用品としての鉄道超長距離旅行が楽しめる列車でありましょう。特に高級軟臥RW19のインテリアは往年のワゴンリ寝台車を思わせる重厚なトーンです。
 現行の18系客車は空調がないため、寒い時期以外は窓空けて景色眺めたり写真が撮りやすいのもメリット。ロシアの客車も今は空調車が多くなってしまいましたので。

 なお、おそらく採算は度外視であり、今や中ロの国際関係維持のために維持されてる?ものと思われます。2000年代前半までは担ぎ屋さんが愛用してたといいますが、そうした利用も今はほぼ消滅。
 廃止話は全く聞きませんが、先の新型車両への置き換えも失敗しています。
 現用の1995年製の車両の寿命が、列車自体の寿命かもしれません。


 3/4列車の高級軟臥車 RW19形のコンパートメント。4人用の空間を二人で使うもの。
 2段寝台とは別に1人用のソファ有。向かい合わせに座れます。写真左には個室ごとの洗面所。内装は化粧板ですが、天然木と間違うばかりの重厚な仕上げ。
(疾うの昔に引退置換えされているはずが、新造車が運用に入れず、未だに現役)
 なお、通常の硬臥車・軟臥車はもっとシンプルな現在的内装です。

 余談ですが。ロシア国鉄持ちの19/20列車の1等コンパートメント(リュクス)も、通常の4人個室から上段寝台を無くしただけのロシアでよくあるタイプの2人コンパートメントですので、お値段分の価値はないと思われます。



3.ロシアの客車について
 1951年ころ、雛形にあたる客車を東ドイツ?で製造。
 これが長らく、東側諸国(ソ連・モンゴル・北朝鮮など)の標準車となりました。中国の18系もその流れを汲むものです。

 特徴はいくつか。

・リブのあるものと無いものがあります。
 改良されつつ、ほぼ同じフォーマットの客車が今なおも新造続いている様です。新旧は平気で混用されており、日本や中国の客車のような系列概念は希薄と思われます。

・1〜3等の寝台車が圧倒的大多数。座席車がまれな存在です(一部の特急用か、通勤用)。他に食堂車(ほぼ全ての列車に付きます)

・窓配置、ほぼすべての車種で共通です。食堂車はさすがに違いますが。
 なお、等級表示がありません! 定員表示が54なら3等、36が2等、18が1等……という見分けはできますが。

・長らく空調なし。近年の新造車は空調あり。但し個別電源方式であり、中国の集中電源方式とは一線画します。

・中国の客車も共通ですが、必ず給湯設備があります。乗るならマイコップとマイティー(コーヒー等)持参お薦め。車内で自由にお湯が使えるありがたさは東側の暖かさですよね?

・これも中国と共通ですが、軸バネ支持は例外なくシュリーレン式。瑞西に特許料払ってるかどうかは不明ですけども。

・荷物車や郵便車も多数派。かつての日本のような「荷物列車」が存在しており、急行旅客列車同等の速度・運用で走っています。

 今回の制作は、おそらく1970-80年代製造のものと思われる食堂車。
 3/4列車はロシア国内ではやや格下扱いであり、併結される食堂車と2等寝台車は古めの車になってしまう由。内装は木製ではないものの、木目化粧板でやや古く見えるそれはそれで共産趣味的な味を満喫できるのですが。


 3列車にロシア国内で連結されていた、ロシア国鉄の食堂車。
 窓上には「Restaurant」の表記あり。


 ほぼ同形の、モンゴル国鉄食堂車。やはり3列車にモンゴル国内で連結されているもの。モンゴル国鉄の客車はほぼロシアと同じものです。
 色は明るい緑。内装は民族的な飾り付けで賑やか。


 ロシア国鉄の3等寝台車。リブの多いもの。窓は一部開閉。


 ロシア国鉄の2等寝台車。かなり近年のタイプで空調付(自車発電式)。現代的な内装であり、もはや西側の客車と大差ありません。近年の主要列車は概ね、この形のようです。


4.レゴでの制作について


 2009年、3列車に乗車・完乗したときから制作を考えておりました。地味に濃緑の部品も集めまくる。ただ、実現は何と8年越しになってしまいましたが。

 濃緑はパーツ形状による価格差異が大きいので、極力安い部品になるよう配慮。量産性への考慮ありです(この8年間の濃緑の供給向上にも大きく助けられました)。
 幕板を広くとることで重苦しい雰囲気は意識しました。

 車体中央部の「国章」は国際列車用客車の証。見逃せないアクセサリ。また、表記類も小さく入れましたがこれも好効果?

 今後予定ですが、インテリアの制作。
 またロシア国鉄2等寝台車、中国18系の荷物車を増結考えたいところです。モンゴル国鉄の緑色の食堂車も忘れがたい存在。

 牽引機は現状でロシア国内直流区間用のChs2形電機を充てていますが、嘗ての中国国内牽引機6Yディーゼル機関車(西独製)とか、ソ連で1970年ころまで使われていたという半流線型蒸機Π形とかも加えてみたいものです。
 そしてゆくゆくは東側諸国だけで世界観を作ってみたいと。

 夢と冒険の第一歩と云ったところでしょうか。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

【鉄道作品外国形】中露国際列車(3/4列車)の客車たち。中国国鉄YW18・RW19・ロシア国鉄食堂車

 出る間際のギリギリ更新につき、写真のみで失礼します。
 解説は後で追記いたします。いろいろ語りたい車両たちですから。


 中国国鉄の硬臥車。YW18形
 18系は国際列車用の形式。硬臥とは言いますが、国内用の軟臥車なみの設備を持ちます。ただ、冷房が未だにありませんが。




 同じく中国国鉄の軟臥車(高包・特別軟臥)。RW19形
 これも18系に属します。
 かつてのワゴン・リを彷彿させる、重厚なインテリアの2人用個室。
 
 2009年に北京→モスクワと乗り通しましたが、素晴らしい車でした。
(運賃は国内の「クルーズ列車」よりずっと低廉です)
 なおも現役。ただ、やっぱり非冷房です。窓開けて写真撮ったりするのに便利という考え方もありますが。




 3/4列車にロシア国内で併結される、ロシア国鉄の食堂車。
 形式など不明。
 


posted by 関山 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

【鉄道作品外国形】ロシア国鉄Chs2形電気機関車(ロシアのEF58!)

 1958年ころから1973年ころまで製造されていたという、ソヴィエト国鉄のchs2形電気機関車は、直流区間の旅客列車用。
 チェコスロバキアのシュコダ社製。

 ロシアの直流電化区間全般で広く活躍しておりました。
 その存在も、姿も日本のEF58形電気機関車を思わせるものです。

 2009年の訪露時、自分の乗っていた北京からのモスクワ行3列車の牽引もこの機関車であり、どきどきしたものでした。この機関車が自分のロシアの最良の思い出……かもしれません。

 流石に2016年地点ではメインラインからは引退していたそうです。車齢と走行距離からしてやむを得ない事なのでしょう。ただ、ロシア(というか東側の国は)は鉄道車両の保存はどこかの国と違って熱心です。現存機は多いようです。

<時間無いので、解説は水曜日に追記いたします>








 長く車体裾を下げているのが如何にもな旧東側の機関車なのですが、そこはL形パネルの裏返しで再現。標準カーブもギリギリ、曲がれます。




 もちろん、引っ張るべき列車も作りました。
 コミュニストグリーンに黄帯2本。言うまでもなく、あの国際列車です。


 同じチェコスロバキア/チェコ共和国の製品です。
 シュコダと、タトラ。

 優秀な工業国でありました。

 なお、この素材のレゴブロックもまたチェコ共和国の工場で製造されたものかも知れません。遠いようで、実は身近な国なのです。
 
posted by 関山 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

【鉄道作品欧州型】銀色輝く? 高圧ガス用タンク車



 自分で思ってるよりも人に影響されやすい性格……なのかも(苦笑)。

 銀色のタンク車はRUBYKUMA様の作品がきっかけです。
 あの紹介記事上げる直前にはジャックストーンタンクローリー用の銀色カマボコ上下を発注してました(笑)。それもクセ強いOCTANロゴ入り避け、2両分。

 欧州型にしたのはMugen様のホッパ車の影響。

 ……と申したいところですが、後述する切実な理由あってのことでした。

◆◇◆◇◆◇◆


 一応、件の部品を発注し、届いた段階では「日本形」考えてました。

 日本でも銀色のタンク車は鈍い銀色…アルミ製のものは少なくありませんし、ギラリと輝くステンレスのタンク車も1両だけは存在(現役!)していますから。日本形基準の自由形として考えてた由。

 しかし。
 仮組してみると思ってたより中古の状態が芳しくない。つなぎあわせた部分で微妙にメッキの下の黄色がチラチラ見えるような状態。
 中古故にメッキそのものの汚れとか傷は覚悟してましたし、貨車だと本物も汚れてるので多少は違和感はないのです。が、でも黄色チラチラは思いの外気になったのです。
 
 ならば黄色を見せるデザイン、気にならないデザインにするしかありません。
 「黄色の色さし」のあり、可燃物搭載を示す赤帯入った欧州形基準ならなんとかなると。


 高圧ガス用。おそらくLNGか何かの極低温管理が厳密に必要な積荷と仮定。
 銀色のステンレス(タンク体そのものも二重で[魔法瓶と同じ原理]、その外側)は熱を弾き返す機能を持つ。上部の灰色部分は更に遮熱用の屋根を持っていると。このへんはタム9600形(日本唯一のLNGタンク車で二重のサーマルタンク+遮熱キャノピ装備)を意識した由。


 積荷は下入れ下出しと想定し、タンク上部はハッチなど無いのっぺラボー。

 赤帯は欧州(……また、欧州と線路繋がってる露や中等)で見られる可燃物表示。赤帯の印象で黄色を打ち消す作戦レゴ的には。
 タンク体の端にどうしても露出してしまう黄色部分は「警戒色」と割り切った由。

 台枠部分は魚腹型に強化。この種のタンク車は積荷は軽くとも、それをホールドするためのタンク体は非常に重量を食うはずですから。

 おなじみ「シェル」の私有貨車設定。
 その隣は連結位置の表示板(何列車には、どの位置に連結するかを指示……という想定)。中央部に積込/取下口。圧力計はレゴ的なお遊び。


 もう1両。同型車を考えましたがちょっと変化をつけてみる。
 こちらはタンク体上にも積込口を持つタイプ。関連して鏡板に梯子も。多様な気体・液体に対応したタイプという想定。積荷の性質に応じて下入れ下出し/上入れ下出し/上入れ上出しすべて可能。
 無論、温度管理・品質管理が厳密に必要な可燃物を輸送できる仕様と。


 上部ハッチ部分は突出部を避けた保安対策仕様。

 こちらの所有者は……魔導書を社紋とする「錬金組合化学株式会社」?
 中世以来の錬金術師のギルドが改組を繰り返し、化成品メーカーになって今に至ってるという想定(笑)。


 欧州形想定ですが、日本形の機関車とあわせても違和感はない……はず。
 瑞西製の西武E52は限りなく欧州形に近い日本形ですけども(笑)。



 突出部の少ないシンプルな作りは実物?の重保安をイメージしたものですが、輸送時にも破損の少ない「安全な」貨車になってくれると期待です。
 

 
posted by 関山 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

【鉄道作品欧州型】製品クオリティ?の「オリエント急行」(railbricksのセットデザインコンテスト向)


 あのコンテストの「蒸気機関車/客車」カテゴリ向けです。

 念頭にあったのは、セットデザインコンテストであって、ビルドコンテストではないってこと。
「製品クオリティ」「対象年齢が6-12歳程度前提」ということ。
 つまり、あんまり「暴走」してはいけないってことになります。
 蒸機でいえばロッド可動は無理のない機構で行わねばなりませんし、客車も「窓周り総横組」はちょっと不味かろうと。

 題材ははじめから欧州系以外は頭に無く、「フランス機+ワゴンリ」か「ドイツ機+ラインゴルト」辺りで考えてましたがなんとなく前者に。実際にはコートダジュール辺りに向かいそうなプルマン車ですが、まぁ一般ウケしやすく「オリエント急行」というタイトルにしています。
(レールに乗ってるもの全てを「電車」という感覚に近いですね……もはや)


 機関車はNORD(北部鉄道?)の230D。車軸配置2Cのテンホイラー。
 1908−13年製造とかいうのでフランス機の中でも古典的なタイプ。流石にフランスの蒸機は未だ詳しくはないのですが。

 さて。この機関車が今回のお題向けと思ったのは、「車軸配置2C」ということと「シリンダの位置」。
 2Cは走行安定性が凄く良い。1Cのモーガルだと1軸の先輪が走行性能上ネックに。また2C1のパシフィックはやはり1軸の従輪が厄介。その意味で2Cのテンホイラーはボギー先輪のみで、安定した走行期待できると。

 230Dのシリンダ位置はちょっと「ヘン」で、先輪2軸と動輪3軸の間にあります。それも高めの位置に。
 普通2Cや2C1の機関車では、先輪2軸の間にシリンダが割って入ってますからね。こうなるとレゴトレインでのメインロッド可動がえらく面倒になります。実物はもちろん、一般の鉄道模型より遥かにカーブ対応がシビアですから。
 その意味でも、230Dは作りやすそうに見えたのでした。
 
 まぁ……あとはスタイルの好みです。
 自分は日本形蒸機でも、明治や大正の機関車が大好きで、昭和10年代入ってイマイチ……と思うような好みですから。
 1番ゲージの鉄道模型あげるから、6200とC62どっちか選べと言われたら問答無用で前者選びますよ? C53とC62でも前者です(6200とC53は少し迷う)
 あと、ドイツ機でも01/03より18(S3/6他)の方が好みですし。


 さて。
 コンテストの趣旨的に、強度優先です。ディテール類は最低限に。
 但し赤い色さしが強烈なイメージですので、再現してみました。赤と濃緑のコントラストは思ったより良いものです。
 缶胴には敢えてエメラルドナイト由来の金線入り使ってます。内部は製品並強度目指して補強でがっちり。

 ロッドは以前、ローンレンジャーの「ウエスタントレイン」のロッド可動化の際と同じ「サイドロッド+簡易メインロッド」。メインロッドはエメラルドナイトではトラブル多い箇所ですので省くことも考えたのですが、ここはトレインファンの意地として頑張ってみました。レゴ社さん、パイプを使うこの手があるんですよ! と。

 シリンダは実物は斜めについた強烈なものですが、それを再現すると製品クオリティではないのでシンプルに(ヒントは4.5V時代の蒸機シリンダーの専用部品です)。しかし、巧くというかギリギリで、カーブで先台車が当たらないように。

 動力系は見ての通り、炭水車に電池BOXとトレインモータを置いています。テンダードライブ。
 思えばエメラルドナイトでは機関車にモーターを置くがためにあのマッチョなルックスになり、かつトラブルも少なくなかった……。無難な製品化を考えたら、蒸機はテンダードライブしか無いと。
 受光ユニットはキャブ内に……と言いたいところですが、古典的な230Dにはほとんどキャブがありません。3/4をキャブに、1/4をペルペア火室の中に押し込んでいます。


 炭水車は実物ではえらく背の低いモノ。但し増炭枠?は大きめ。
 全体として背を低く、大きくはみ出す電池BOXは「増炭枠」で隠してしまいました。隙間から電池BOX見えるのはご愛嬌ということで。配線類は電池BOXとトレインモータの隙間に通す。余剰長のケーブルは炭水車後半の空間に押し込んでます。
 足周りは通常の台車枠では興ざめですので、板台枠ふうに。ついでにトレインモータ側にダミー車輪もつけて3軸テンダにしてみました。

 自画自賛ですが、PowerFunctionの収め方としてはベストだと思うのですが、如何でしょう?



 客車はプルマンカーを大幅に簡略化して表現。
 「いつもの」より、内部外部とも大幅にドレスダウンする形で。24ポッチのトレインプレートベースに前後4ポッチづつ延長。

 窓は横組などあり得ないのでトレイン窓に妥協。でも……「トレイン窓ってやっぱりいいなぁ」と思ってしまうのでした。トレイン窓のダークブルー欲しいですよね。

 妥協しなかったのは楕円窓のドア。ここはそのままじゃ製品化無理かも(笑)。


 車内。寝台車も考えましたが製品レベルでは……ということと、締切時間迫ってたので座席(サロン)車に。製品レベルでありえるインテリア表現に抑えています。


◆◇◆◇◆◇◆




 製作時間は9時間ほど。機関車6;炭水車1:客車2と言う感じ。
 
 入賞して製品化……は無理としても(コンテストの審査趣旨がまだ読み切れない)、何か影響を与えることが出来ればいいなぁ。まぁ選挙での1票みたいな感じでしょうか。いや寧ろ「泡沫での立候補」のほうが近いかな(材料代という供託金が要る。あ、LDDだったらタダか?)

 大マジな話、「オリエント急行」はレゴ社で手がけて欲しい題材です。6-12向けという今回のレギュレーションではなく、#10000代辺りで。無論「客車は別売りあり」で、ですよ。

 あと、アメリカンスタイルじゃない、ヨーロピアンな蒸機の製品もそろそろ欲しいところです。
 エメラルドナイト? あれはマッチョなアメリカ機に英国風の装飾つけただけでしょう(偏見)。

 飽く迄個人的好みの話なのですが、「カウキャッチャーにダイヤモンドスタック(煙突)」つけた如何にもな玩具の汽車っぽい機関車は好きじゃない……。悪い意味で「玩具」に見えちゃう。
 あと、もっと後世のマッチョイズム溢れるアメロコたちもやっぱり、好きじゃない。

 良い風を吹かすことができたらいいなぁ……と思うのでした。
 
posted by 関山 at 22:34| Comment(9) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

【鉄道作品[欧州形]】TGV祭りの準備万端! JAMは一日目も楽しい。

 今年のJAMの一日目(16日:金曜日)。「欧州形の日」はゲスト作品こそ少ないものの、今年の新製品「#10233 HorizonExpress」、即ちTGVを遊びつくし、魅せ尽くす日でもあります。
(こうなりゃ拙作のTEEとか刺身のツマ? まぁ旧作ですし。
 ちなみに運賃同じなら[ユーレイルパスとかで]、古い方に乗りたいなぁっていうのは言わない約束……)

 #10233ノーマルの6両編成は4編成を確保。

 そこに加わるのが拙作のウケ狙いな2編成。


 試作車TGV001は4両編成(9V)。
 郵便専用「La Poste」はギリギリで6両編成(PF 2M)が間に合いました。
 黄色、やはり気持ち良いものですね。いやせっかくの出来の良いセットに手を加える罪悪感がありましたけど、こうしてみると「弄ってよかった」です。まぁ、この2つは#10233の報が出た瞬間に思いついたものなので、作らないと公開してたと思いますが(笑)。

 重連用カプラーも準備できてます。先頭車のオーバーハングが長いので意外と苦戦。
 ただ、PFで受光ユニット4基の場合のシンクロはさすがに不安なので、12両編成が成功するかどうかは微妙なところありますけれど……。先頭車同士の連結は萌え要素なんですけどね。

 なお、この日はyonenaga氏の#7938改造のSバーンも見逃せません。
 JAM1日目は「製品の良さ、レゴらしさの良さ」を引っ張りだすことが出来ればと。

---------------------------------------------
 amazon.co.jpでの36%OFFの在庫が残20個表示が出ています(8月14日夜)。「再入荷予定有」なので大丈夫だと思いますが、この価格で確実に、という向きは急がれたほうが安心かもしれません。
posted by 関山 at 22:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

【鉄道作品:欧州形】車運車改良版 増産中

 並行題材というか、2週間くらい前にEH500と並行して造ってたのがこれです。




 3軸連接の欧州形車運車を改良、増産していました。

 変更点は、強度と外見に難のあったプレート挟み込み式をやめてきちんとブラケットによる支持に。
 斜め部分が表になるだけで印象も変わってきます。


 <参考画像 改造前>


 あと、ブラケットにはCity4幅車で余りがちな「%52038」を使用。見えない部分なので色は適当(笑)。
 この部品の意外なメリットは「縦横のベクトルチェンジを半プレート厚のマージンなしで出来て、かつそれなりの強度がある」こと。
 半ダメ部品と思ってましたが、見直しです。



 こんな感じ。


 これで4両揃い。大型貨車は同形揃うと気持ち良いものですね……。
 日本形には違和感のある車種ですが、まぁ貨車そのものの物量稼ぎにはなりますかと。


 1両は私有貨車の所有者違いの設定でやや派手に。
 流石に違和感なくもないので、全身赤にするつもりで改修予定。パーツは発注済。
 さて、間に合いますかどうか……?
 

 その他画像はこちら(brickshelf:検閲済)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=532238

posted by 関山 at 23:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

【鉄道作品(欧州形)】こんなの造ってます(TGV001 予告編)

 JAM2013を前に、皆様の作品紹介が凄いことになっています。ここ一番の大物作品がズラリと。これだけのトレイン新作ラッシュってこの10年来、初めてのことかもしれません。

 勿論! 先日のEH500以来、本調子な拙作工房も、急ピッチでいろいろ製作中。


 並行で複数題材動かしていますが、今はこんなの造ってます。

 #10233を黄色にする作業がパーツ届かないために中断してしまっているため、その副産物たるオレンジ部品を使っての題材を先行した由。#10233の元ネタの、試作バージョンのガスタービン動車、TGV001。
(まぁ、M&M様に先を越されておりますが……)

 あとは中間車×2と、先頭車反対側を作る「だけ」。いや残り作業のほうが圧倒的にボリュームありますけれども(笑)。台車も#10233のを手持ち部品で複製しませんと。

 JAM2013 1日目欧州形のテーマは「TGV祭り」。
 目玉のつもりな「黄色」が間に合わない可能性がでてきてしまいましたが、その代わりに試作車で赦して……ということになりますかも。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

【鉄道作品:欧州形】ET403 西ドイツの高速電車(予告篇)


 未だインテリア作ってないので未完成ですが「こんなんできました〜」な予告篇として。
 4両編成の電車です。

 実車はこちら参照(wikipedia)
 1973年製造。当時の欧州では珍しかった「電車方式」(動力分散方式※)での高速列車。最高速度200km/h。
 製造は4連×3のみ。また運用に入っていたのは1974−1979年。幾らかブランクあって1982−1992年(ルフトハンザのチャーター)と僅かな期間。
 お世辞にも成功作ではないですが、その技術・実績はICEに引き継がれ、生かされています(電車方式であるICE3のドイツ国内用が同じ形式名乗っているそうですが、分かってての襲名?)。

 ※:1970年代の動力分散方式での高速列車で成功作は皆無です。アメリカのメトロライナー初代も、ソ連のER200も失敗作。このことから0系新幹線の技術的孤高さがしれましょう。
 対して、動力集中方式で大成功したのがフランスのTGVでした。


 この電車はルフトハンザ時代の姿が有名ですが、敢えてデビウ当時のIC仕様で制作。無論個人的な好み。先頭車の窓上の表示は「IC」(インターシティ)で、実車にもあったものです。

 さて。
 レゴでの制作は高速列車としては同世代のライバル、#10233のTGVに対抗して……ではなく、#10233なんて影も形もなかったというか、レゴがマジでTGV出してくるとは思ってもなかった2011年暮れに着手しています。2012年夏のJAMに出せればいいなぁとか思いつつ。
 しかし、その後の微妙な多忙続きで、車体のドンガラだけできたあとに1年半ほど放置していたもの。

 で、#10233発表を受けて再整備を考え、さらに上陸の気配が感じられる(自分用は取寄済)なか、対抗策として急ぎ足回り・屋上機器などを整備した次第。

 あとはインテリアが残ってます。TEE同等の豪華内装(コンパートメント! リクライニングシート! 食堂!)なので作りがいはありますが、手間はそれなりに。


 でも、頑張ります。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

【鉄道作品[欧州型]】ドイツの三軸古典客車


 少し前の作です。2012年8月 JAM用に用意した客車。

 プロトタイプは……よくわかりません。あちらは日本と違って客車の系列・形式の概念がはっきりしてないようなので調べごとに不便。ただ、この「多ドア多コンパートメントで車体裾に絞りがある」古典的形状の客車は、プロイセン国鉄にルーツはあるようです。

 こんな古典的形状ですが手許の写真集(「ヨーロッパの鉄道スナップ 1956年 交友社」)みる限りだと1955年ころまではローカル線やら、或いは大都市の近郊・通勤輸送に使われてた模様。
 三軸の足回りもあちらでは珍しくないもの。この客車を1950年代に「鋼体化」した車もまた三軸車でした。


 制動室付きの三等車

 迫っ苦しい制動室(車掌室)のある三等車。実物は6コンパートですが、レゴでは3コンパートに。
 腰回りはエメラルドナイト由来の金筋入りカーブスロープで処理。#10194は絶版プレ値になろうと、金筋故に使い勝手よくなく、あまりがちな部品であることに変わりは無いですし(笑)。お陰で裾絞りのえらく優雅な形状に。
 なお、ドア開閉は最初から諦めました。スタイル優先です。


 側面。制動室にはなんとかミニフィグが収まります。狭いですが。


 室内は板張り。小さいけど6人+制動手の7人乗り。
 窓の下で上下の分割が<<続きを読む>>
posted by 関山 at 03:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

【鉄道作品[欧州型]】CC40100の9V化。9Vでの三軸動力台車と、異種モーター混載のこと。


 JAM展示用の「安全牌」動力車として、フランス国鉄CC40100をこれまでのPowerFunctionから、思い切って9V化してしまいました。
 PowerFunctionはRCほどでないにしても、多少ハイスピードよりの印象。どうもピーキーかつ重量編成の牽引が難しい印象がありましたので。9Vモーターのほうがまだ落ち着いていると判断。


 車軸配置の「C-C」が9Vでは厄介なところなのですが、ここはイギリス国鉄class08シャンター(これはPF)で行った、ダミー中間軸をモーターの中穴につける方法で解消しました。
 以前の中間軸の取り付けは9Vモーターではモーター中間穴の形状上できませんし、車軸をアームで結んでしまうと走行抵抗がそれなりに発生する問題もありました。

 なお、台車枠はTバーで取り付け。かなりシンプルなものに割り切っています。というかゴテゴテ装飾つけるとこの種の近代機には似合わない気がします。


 さて。
 台車の前後の形を揃えることと、やはり「安全牌」にはパワーもあるに越したことはありませんので、この機関車は前後ともモーター台車にしてしまいました。理想は2ケとも9Vトレインモーターなのですが、流石に絶版品ゆえ湯水のようには使えません。

 ここは手許に用途もなく余ってたRCトレイン時代の「ピーキーな」トレインモーターを使って2M化することに。配線は9VモーターとRCトレインモーターを通電ポッチケーブルで直結するだけ(PFトレインモーターだと変換ケーブルが必要でやや面倒)。

 ちなみに。
 同一編成内に出力や性能の違う動力車が含まれる……というのは実物ではよくある話です。機関車の重連は典型ですし、電車や気動車に補助機関車つけるとか。で、もっとも顕著なのは新型電車と旧型電車の混成でしょう。昔の東海道線で113系や153系に旧型国電ベースのクモニ・クモユニをくっつけた編成ありましたが、この編成だと低速域では低速向けの荷物電車が編成全体を引っ張り上げる形になり、高速域では高速向けの近郊型・急行型電車が荷電を引っ張る形になるのだとか。それでも(いや、それ故か)、この種の編成は無理なく20余年の使命を全うしたのでした。

 で、この混成モーター機関車の運転もそんな感じ?
 飽く迄試運転(+重量級客車4両)の印象ですが、低速域では9Vモーターが引っ張り上げる感じで力強く動きだす。そして高速域だとRCモーターがぐんぐん怖いように加速していく。この感覚は不思議なもので、9Vモーターだけの動力車で飛ばしている時の、どこか空転しているような不安な感じがありません。速いけど、きっちり粘着してるのが体感できると。
 特性の違うモーター同士が「協調」していると言えばいいのでしょうか。或いは低速域と高速域で得意なモーター同士が助けあってるとも。
 なんであれ、これなら安心してJAMの「常用機」として使えそうです。何より錘などの補重なしで牽引力に余裕あるのは嬉しいこと。補重してあげればその辺さらにポテンシャル引き出せそうですし。


 そんなわけで、異種モーターの混成、すべての方に勧められる方法ではないですが、9V環境お持ちでしたらちょっと検討して見る価値はあると思います。9Vモーターで2ケより安上がり?でパワーアップできるのですし。
 あと9Vモーターの三軸化。これはこれで使える題材も多そうです。中間車輪が事実上ダミーなので好みは分かれそうですが……。


posted by 関山 at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

【鉄道作品(欧州型)】流線型蒸機「ドイツ連邦鉄道10形」を大改修


<Before>


<After>

 その他の画像はこちらに(brickshelf。旧verも一緒に。現在検閲中)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=356628

 以前の製作記事はこちら
【鉄道作品】西独国鉄10形 最後にして最新の急行用蒸機

 制作は2008年の6月です。BFT2008の準備とかしてた頃。もう4年前なのですね。
 ちなみに社外品動輪使用のため(当時純正大動輪は存在せず。#10194は2009年)、なんとなくBFTへの展示は自粛しました。

 実物については前の記事から転載しておきます。
 先のS3/6が独逸の急行用蒸機の黎明期を飾った形式なら、その最後を締めるのが10である筈でした……。1957年に2両が試作。ディーゼル機関車は定番のV200の量産が安定していた時代で、ディーゼルカーはかのTEE用VT11.5がデビウした年でもあります。

 当然、時代を読み違えた悲劇の主となり、量産はされず引退は1968年。戦前の01や03よりも早い引退でした。
 それにしても。
 最高速度160km/hに象徴されるハイスペックに、美しさと整備性を両立させた流線形。それなのに何故かスポーク動輪というアンバランス。最後にして最新ということで、あらゆる意味での理想主義を突き詰めたんでしょう、性能もスタイルも近代動力車に負けてはならない! と。

 詳細は以下。英文解説と、写真あり。
http://en.wikipedia.org/wiki/DB_Class_10

 さて。
 今回の改修の要点は動輪直径を大きく、BBBホイールXL化したこと。
 これによって、実物の「動輪の上端が微妙に車体で隠されている」表現が可能になりました。ここはL形パネルを上下逆転使用することで車体幅が膨らむのを防いでいます。
 この表現、この種の流線型・半流線型の機関車全般に使えるかと。

 その一方、動輪直径を1ポッチ大きくすると、全長も3ポッチ伸びてしまいます。客車とのバランスを考えたり、またターンテーブルなどの地上設備も考えると徒に長くするのは避けたい。
 あれこれ寸法調整の末、全長1ポッチの延長で抑えたのでした。

 代償となったのは足回りの不安定さ。すなおに「○●○」(フランジ−フレンジレス−フランジ)にしておけば苦労しなかったのですが、何を勘違いしたか「●○●」(フランジレス−フランジ−フランジレス)で設計してしまい。部品もそれで発注……。

 余計な苦労、抱え込んでしまいました。
 まず、「oo−●○●−oo」ではまともに走りません。一見安定してみえるのですが、○●○部が直線で酷くふらつきます(というよりジャックナイフ状に偏ります)。
 
 「●●○」とかアレコレ試した末断念。結局、これまでにBBB-XL化してきた18.4(S3/6)やC55同様、「o-o●○●−oo」としてしまいました。
 実績のある方式故か? これでひとまずは落ち着いています。
(この調整にえらく時間食いました)

 なお、縦輪周りも何時もながらに苦労した箇所です。相当な柔軟性をもたさないと脱線します。


 全長を詰めた犠牲になったのは従輪前の大きなエアタンク。ここは省略表現にせざるを得ませんでした。一見余裕あるように見えますが、インカーブ時には全てがぎっちり詰まります。


 ほぼ作り直しの足回り。従輪周りがカーブでは割りを食う形です。

 なお、メインロッドやスライドバーの位置も低めに付け、少しでも実物らしくしています。



 もう一つ大きくいじったのは前頭部形状とサイドラインの位置と本数。
 先のモデルでは中型カーブブロック%6005との間に隙間できるのを避けて意図的に大型カーブブロック「%6060」の使用を避けたのですが、飾りライン表現の解釈の問題もあり、前面から見たところは悪くないものの、側面から見ると「ちょっと違う」感が否めなかったんです。
 そのため、今回は隙間承知のうえで%6060を使用。サイドラインは1本に割り切り、すっきりさせました(先のサイドスカート再現の絡みもあります)。
 また、煙突はテクニック軸の車輪を転用しました。フランジがツバのように見えて好都合。


 真横から見ても破綻はなくなったと……思います。


 今回は4年ぶりの大改修でした。パーツ事情が良くなるとこの種のアップデートも楽しいものです。
 やはりBBB-XLはありがたい部品であり、それ以前・それ以後をくっきり分けてしまいますね。純正大動輪が出てきたがゆえの「対抗作」は有難いもの。
 社外品の使用は賛否分かれましょうが、積極的に使いたいと思うのです(みんなが使えば、この種の社外部品は供給も安定することでしょうから)。
 
posted by 関山 at 18:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

【鉄道作品(欧州型)】流線型蒸機「ドイツ連邦鉄道10形」を大改修(予告編)

 昨日ちらりと写真あげましたが、ここまで「出来た」ということで中間報告をば。


 BBB-XLだと、この種の流線型蒸機でありがちな「車輪の上部が覆われている」表現が可能になります。今回の改修のキモはここでした。

 この表現のため車体幅を7幅化も検討しましたが、L形パネルを上下逆転させて、少し隙間空けて取り付けりゃいいことに気が付き、ほぼ6幅を維持と。

 もう一つ大きくいじったのは前頭部形状サイドラインの位置と本数。前頭部は隙間承知のうえで大型カーブスロープでスマートさを強調。サイドラインは1本に割り切り、すっきりさせました。

 なお、炭水車は未改装のまま。帯の本数と位置を弄るだけですが……今からやります。


 上から。動輪上部の処理が分かるアングル。
 あと煙突にはテクニック軸の「車輪」を使いました。集煙装置とかついてそうな近代的な煙突に見えてルックス良し。


 レゴ化でも、BBB-XL化でも、無論実物でも先輩格の18.4(S3/6)との並び。
 考えてみたらドイツ急客機の王道、01や03は未だ手を出してないです。王道過ぎて手を出す気になれない……。そんなわけでレゴ社さん「01 D-zugセット」製品にしろください次期10000番代で(をい。
 
posted by 関山 at 01:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

【鉄道作品(欧州形)】2軸の小型ホッパ車

[制作 2008年春]


 2008年春に制作したものの、長いこと発表機会もなく、また足回りももがれた幽閉状態。
 #130チッパー貨車を再現するに当たって、なんとなく車輪や連結器を復活。サルベージしてみました。

 さて。
 当時の製作動機は、当時持ってた#4512のホッパ車の出来に不満を感じたことと、#4564のホッパ車への妙な羨望を感じたため。


 参考 #4512(2003)。わかりにくいですがコンテナ車の後ろに小さく写ってます。


 同じく参考#4564(1994)。機関車の後ろの貨車。

 #4512のホッパ車はこの種の貨車としてはあまりに重心が低すぎて違和感があったんですね。対して#4564のはそれなりの車高というか嵩があってそれっぽい。

http://koedaka.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/2041-ebc0.html
<参考 北陸鉄道 ホム1>
 日本の例ですが、欧州でも形状はほぼ変わりません。
 この種の貨車は日本だと石炭車か、保線用のバラストホッパー車のいずれかになります。


 そんなわけで車高を1ブロック分ほど嵩上げしてしまいました。少し#4564に近づいたかしら?

 ディテールはあれこれ説得力とか考えながら付けました。ホッパの開閉にハンドルがいるだろうとか、連結時に隣車に渡るための歩み板がいるだろ、とか。黄色い潜水艦は私有貨車設定で社紋板のつもり。


 1両は操作室付きに。一斉開閉用のレバーやシリンダーを装備。


 作業中のイメージ。
 中は山型になってますので、実際にホッパとして機能します。
 #130と混成ですが、保線用車で新型旧型が混用されてる感じで。



 その他画像はこちら(検閲済)。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=508034
 先の#130再現作より、こっちのほうがカウントは上がってますね。
 
posted by 関山 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

【鉄道作品[欧州型]】自動車インフラ整備? 3軸連接形車運車を作ってみました(下)


 編成例とか積載例とか。この車種、意外と遊べます。




 この種の貨車のいいところは「カースリーパー列車」として旅客列車(寝台列車)にも連結できるところ。日本のカートレインは長続きしませんでしたが、欧州ではこの種の列車は未だ健在な模様。

 なお、自動車メーカーからの新車輸送の際は積載自動車はなるべく形が揃ってるほうが望ましいのでしょうが、旅客の自動車を輸送する場合は車種とか揃ってないほうが「らしい」でしょうね。


 どさくさに紛れて、日本型として扱ってみた由。3軸連接車運車というのはク9100形が私有貨車として量産されたとでも考えればあり得る形状ですし。
 積載自動車はなるべく日本車っぽいのに揃えてみました。


 ED72が牽引。日本の電機にしてはバタ臭い部類なので、違和感は少ないのかも?

 その他の画像はこちら(brickshelf 検閲済)。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=505685

 さて、次は地上積込み設備……斜路の整備とか。
 欧州系車運車では斜路の半分が内蔵されてる分、日本のク5000用の積み込み設備ほど巨大にならずに済むはず……です(予定は未定)。
 
posted by 関山 at 18:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

【鉄道作品[欧州型]】自動車インフラ整備? 3軸連接形車運車を作ってみました(中)

 さて、先のver1が取り敢えず完成。勢いで2両目も作って遊んでるうちに思ったのは
「車高(床面高)をさらに下げれば、積載出来る自動車の種類も増える!」じゃないかと。
 作って間もない2両目を大改造した由。


 ver2。
 ver1での標準トレイン車輪をテクニック軸の独立車輪に交換することで、更に1プレート分の床面下げ。
 たかが1プレート、されど1プレート! 車や鉄道車両を作ってる方なら(いや他ジャンルのビルドでもそうですが)、この差異って結構大きなものなのです。


 これで「車両限界」を遵守しつつ、上段は1プレート車高の高い自動車も載せられるように。
 これまでウチで作ってきた乗用車型の車なら、ほぼ全てが積載可能になりました。

 関連して、ウェッジプレートで車体形状も整えます。ゴツいけどスマート。そして無駄なく合理的に。
 強度も思ったよりは確保できています。

 このアングルだと、車運車がその初期には「大物車」の一種※として扱われてきたことを感じてみたり。

※:日本での1955〜1966年ころまでの話ですが。欧州の事情は不明。


 勿論、小型車の6台積載も可能です。


 中間軸の周りもバネとかリンクっぽく作ってみました。
 なお、ピン(ハーフペグ)を抜けないようにバーで押さえ込んでいるのでver1よりは強度が上がっています。ver1では気になってた「フラつき(蛇行動)」も若干は抑えられているようです。


 ver1(右)とver2(左)の並び。お好みはどちら?
 ……汎用性とか走行性能から、ver2への統一改造は考えているところですが。

 その他の写真はこちら。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=505778

(続く。次回は編成例とか)
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

【鉄道作品[欧州型]】自動車インフラ整備? 3軸連接形車運車を作ってみました(上)



http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=505686
 brickshelf(もう見られます)

 少し前になりますが。
 #4207パーキングの記事を書いていて思ったのは、ウチは鉄道のアクセサリとしての自動車を作りまくってるのに気がついたらインフラ整備がなおざりになってるなぁということ。ガソリンスタンドとかディーラーとか修理工場とか中古車屋とか。
 立体駐車場は……大物すぎるが故に先の課題に置いといて、まずは手軽に?自動車輸送用の貨車(車運車)を作ってみました。

 ただ、問題点がいくつも幾つも。
 まず、本物の乗用車に比べてレゴ車は比率的に車高が高い(低車高な「関山車」でも!)。2段積みの車運車では致命的な問題になります。他の機関車や客貨車に比べて背が高すぎてはカッコ悪いですし、なにより拙宅の運転環境には立体交差ある以上「車両限界」の厳守は必須。
 また、それに関連して貨車自体の車高というか床面を少しでも(1プレートでも!)下げたくなります。したがってボギー車は避けたい。トレイン車輪の真上にボギープレートで1プレート分、更にトレインプレートで1プレート分。計2プレート分も床面が上がってしまいますから。
(小径車輪使うのは、あの車輪の耐久性面でやはりダメ)

 で、前者の対策になったのは2012年からの新型屋根部品。低車高で2シーターが可能になった夢の部品で既に1プレート車高を下げた車が或る程度揃って来ました(シトロエンGSやCXなど。あとBMC MINIとか)。積載車種を限定すればなんとかなると。
 後者の対策ですが、欧州でよくある「3軸連接車」をプロトタイプにすることに。日本でもク9100形が1両だけ試作されてボツった形状ですが、あちらではポピュラーな形状なのだそうで。どうせ積むのは欧州車メインですから、欧州型で作ってしまえと。

 3軸車運車の実物についてはこの辺を参照。写真がわんさか。
http://www.flickriver.com/photos/tags/autotransportwagen/interesting/

 しかし、3軸連接車というのは足回りが不安。構造的に1−1−1。どう考えても安定するとは思えません(実物はリンク機構とかで何とかしてるんだと思います。多分)。


 でもまぁ、まず足回りだけテストしてみました。巧く行けば儲けものという感じで。
 安直な、もといシンプルな作りですが。多少のフラつきはあるものの牽引でも推進でも意外と脱線しません。これで決定。

 そして車体に取り掛かりますが、予想外に苦戦。
 もともと少しでも車高下げるための極限設計なのですが、そこで更に振りかかってきたのは「欧州の車運車の多くは、二段目の床の一部が可動して斜路の一分になる作りであること」という追加課題。ちなみに日本の車運車のほとんどは固定ですが(先のク9100も含め)。
 そんなわけで、ヒンジ組み込むのに割と苦労しました。最初は角度が自由な旧タイプヒンジ使おうとしましたが、どうしても自動車の重みで床が垂れないロック機構が造れず断念。カチカチヒンジのお世話に……否定してたカチカチも時には役に立ちます。ただ、これだと斜路部分の角度が急になりすぎるので、搭載時に車がお腹擦らないような作りに気を配りましたが。全体にスケスケなのはこれが理由です。

 また、車体構成は最初もう少し見栄えに考慮するつもりだったのが、ヒンジの問題とか解決してるうちに構造上の選択肢がなくなっていき、ポッチ間にプレート挟み込む手法多用して安直にまとめざるを得ませんでした。おかげでプレート裏面露出しまくりで妙にゴツい。まぁ見た目より強度はありますけどね。


 

 積載床面をタイルではなくポッチを出しているのはタイルの分の0.5プレート分を稼ぐのと、自動車の転動を防ぐためで若干の効果あり。空車・積車ともに試運転。問題ない走行に一息つけたのでした。


 積載は1500-3000ccクラスは上下2台づつで計4台。
 1500ccクラス6台も最初考えましたが、全長が40ポッチ近くなり他の車両とのバランスがあまりに悪くなるので断念。


 500cc以下のクラスが交じると5〜6台積みも可能になります。連接間に跨がる積み方での走行させましたが短期的には問題ありませんでした。

(続く)
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

【鉄道作品(欧州型)】英国国鉄Class08ディーゼル機関車。PowerFunction最小を目指して!


 ついさっきの記事。
【brickshelfより】PFの動力車はどこまで小型化出来るのか? Class08を例に……。
 の続きです。

 で、だらりとClass08のことを忘れたり思い出してたりしてた7〜8月。そんな惰眠を覚ましたのが、動力はないものの大胆なカラーアレンジが印象的であったin81212様のClass08(#10183のアレンジ)。
http://legotrain.seesaa.net/article/221733609.html

 これで「あぁ、Class08作りたいなぁ」と再燃。紹介記事書いた日が「たまたま」涼しかったお陰もあり、ほぼ一晩ででっち上げたのが、以下。
 構想3ヶ月、製作4時間でした。小型機は楽でいいです……。





 他画像は以下 brickshelfへ。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=482112


 勿論、先に(思わせぶりに)上げた記事「【ヒント・アイディア】またひとつ怖いものがなくなった? トレインモーターを3軸にする」は、勿論このビルドのために思いついた策ですよ。



◆プロトタイプ選定。黒は楽か?
 画像検索かけた中で、黒一色の如何にも古そうなのが楽そう……じゃなくて格好いいので選択。まぁ色を使った方が難易度下がることもあるので(あれこれごまかしが効く)、黒が楽とは言い切れませんが。
 でも、ダンダラゼブラの警戒色だけは難易度激ムズです。

 ちなみに。
 軸配置Cでロッド駆動のL型の小型ディーゼル機関車なんていうのは世界中に居るもので、実はclass08以外のプロトタイプも検討しました(日本型含む)。が、ボンネット部分の太さ・高さを考えるとclass08が一番作りやすく無難という結論に。まぁ、丸み帯びたカマボコ的なボンネットとキャブに惹かれたのは大きいのですが。



◆構成(最小を目指して)
 PowerFunctionで魔改造なしで「最小の動力車」目指すと、「全長8ポッチの電池BOX」+「全長4ポッチの受光ユニット」を足した「全長12ポッチ」が現実的な答えになります。その下にトレインモーターと。

 いや、トレインモーターの上に電池BOX、その上に受光ユニットのような3段飾りもとい重ねだともっと全長詰められますが、高さ方向には余りに非現実的です。
 受光ユニットがL形しているのを利用して全長10ポッチも考えられなくもないんですが、これも車高が上がる問題点があるんですよね。たぶんまともな機関車の形にはなりません。

 で、先のタンデム配置の「全長12ポッチ」を基準とし、そこに機関車としての体を成すために前後に1ポッチづつ足して全長14ポッチに収めた由です。
(ちなみに実物の全長は9m。偶然にも寸法比は「20m〜26mの客車を32ポッチ長に解釈する」自分のスケール基準通り♪ 9m:20m≒14ポッチ:32ポッチみたいな)


 ここまでが構想。
 実際につくってみようとするとケーブルの取り回しに困りました。受光ユニットはモーターへのコネクタをつなぐと全長5ポッチ分になってしまう。ここは受光ユニットを横倒しに配置して、センサー部を後部妻面に露出させることで予定寸法通りに収めました。
 横倒した受光ユニットの固定は?
 キャブ内があまりにもぎりぎり丁度で隙間が全くないため、ポッチ固着しなくても安定してます(笑)。



◆足回り
 先の記事通りです(笑)
 というわけで、BBBミニの使用はルックスというよりはロッドつける上での必然だったりします。ここも純正なら強いんですが(何に?)、ロッドドライブ諦めるのもイヤですから。



◆上まわり
 ボンネット部分は、以下に電池BOXを見えなくするか。古い車屋根部品をヒンジでつけて隠蔽。ヒンジは生きてて開閉はできますが開けた中にあるのは電池BOXの「壁」(苦笑)。これじゃ点検風景とかやるのは無理があります。電池BOXに何かエンジンとか機器らしいシールを貼る手はありますが。



 キャブには先述のよう、受光ユニットが横倒し、ギリギリに収まってます。もちろんミニフィグの搭乗は諦めた部分。まぁ受光ユニット積んだ機関車は「無線の無人機」と割りきってますので……。
 窓は窓枠感出すため、グラス部品を裏表逆に使っています。

 屋根などの外装仕上げはカマボコオンパレード。あとはタイルをぺたぺた。



 余談ですが。
 イギリスの鉄道は1960年代まで前照灯を使っていませんでした(!)からclass08も古い時代だとヘッドライトなしのはず。でも、それだと如何せんサマになりませんので、輸出機かなんかという設定でヘッドライト付きの姿にしてます。輸出といえば、同形機がオランダには輸出されてたんですね。
http://en.wikipedia.org/wiki/NS_500_Class



◆結び
 自称?PowerFunction最小の動力車がロッド廻してテコテコ走るのは楽しいものです。
 逆に云えばこれより全長の短いというか、体積の小さい機関車は魔改造という思い切りが必要なんですが、まぁ、そこは既に渡った橋ですから(笑)。

 今回は純正?縛りで極限を楽しめたと。
 ……BBBは純正じゃねぇだろとか、よりによって写真にME-MODELSのメタルレール使うのはどうよと突っ込むのはなしで。

 さて。
 手許に英国型の貨車などがありません。日本型貨車の古めのが幸いにも似あうので(まぁ同根ですからね)、そのうちBrakeVan(英国流儀の車掌車。出窓が可愛い♪)だけでもでっち上げて編成でも組ませようかしら……。

posted by 関山 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【brickshelfより】PFの動力車はどこまで小型化出来るのか? Class08を例に……。

(註:6月くらいに書いた書き溜めストック記事のサルベージです。故あって)

 表題は無論、魔改造なしで、です(笑)。
 PowerFunctionは小さくなったとはいえ電池BOX、そして受光ユニットを車上搭載しなければならない、その意味で小型化に限界みえてくる。だからこそ、幾つかの挑戦が行われています。
 そのお題として都合が良いのは小型のディーゼル機関車。所謂「switcher」(米語?)「shunter」(英語?)というカテゴリの機関車。

 だいぶ前ですが、Eurobricksで上がっていたのがこちら。
 
http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=55375

 プロトタイプはイギリス国鉄のClass08。
http://en.wikipedia.org/wiki/British_Rail_Class_08
 C形ロッド式の入換用ディーゼル機関車。1953年から1962年製造(但しプロトタイプはもっと古くて1945年)。この大きさながら電気式で、似た様なスタイルの09・10・11・12・13含めて1000両以上製造されたメジャー形式。(割と)駄っ作機だらけの英国ディーゼル機関車史の中では傑作機でしょうか。古めかしいスタイルに関わらず現役機も多数とか。
 ちなみに「汽車のえほん」(機関車トーマス)の”ディーゼル”はこの形式がモデルですね。

 さて、それに対抗するかのように?brickshelfに上がってきたのがこちらです。AFOLEGODT様の作品。
 
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=474108
(trainタグがないので見つけたのは偶然でした……。) 

 セミセンターキャブにアレンジされていますが、高くて丸み帯びたボンネットなど雰囲気は限りなく件の「Class08」です。

 他のレゴでの製作例は以下。4.5V時代のロッド付き車輪使ったり、12Vでロッド付けたりと工夫の跡が興味深い。

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/search.cgi?q=class08&stype=fi
 「class08」で検索。数作品あり。

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/search.cgi?q=shunter&stype=fi
 「shunter」で検索。何作品もClass08が見つかります。


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=336022
 #10183「HobbyTrain」の作例の一つにもなっています。

 この辺りを眺めていると、自分も挑戦したみたくなったのでした……。

(と、思ったのが確か今年6月ころ。ターンテーブルとか操重車に追われて、あとそっちに手持ちのPowerFunction機器取られてお預け。そのあとは暑くなってやる気わかず。勿論この記事続きますよ!)
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする