何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年06月04日

【イベント】今週末は札幌へ? 「北海道新幹線」も「レゴシティトラック」

 今週末は何度もお伝えしてるよう、「神戸がとてもとても熱い」のですが(関山も参加。トレインもいっぱいモノレールも♪)、札幌近郊の方はこちらも見逃しちゃいけません。



 函館市内巡業してたかたおか様の函館ジオラマ+北海道新幹線、ついに札幌進出です。展示が2日間と短いのでお見逃しなく! 次はどこに行くのやら?

 そして、同日に。


 コンセプトは全く異なる展示であり作品であり催しでありますがハシゴ出来るのは何たる偶然か。
 札幌やその近隣の方は両方行かなきゃなりませんね。

 そんなわけで北も西も熱い週末。
 西といえば、神戸には道内ビルダーさんの作品も展示されているんですよ。キシイーヌ様に隼様。拝見できるの楽しみです。
 


 
posted by 関山 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

【レゴ製品】Friends「41101 Heartlake Grand Hotel」のレビュウ出てます(brickset)

 日本での発売日情報が出てこないのがやきもきさせられますが。
 確実に一般発売はあるでしょう。待てばなんとかなるのはFriendsの良いところです。

 LostInTranslation様の元記事こちら。写真は最小限のみの引用ですので、気になる方は元記事参照お願いします。
 41101 Heartlake Grand Hotel 


 箱。1552ピース。


 気になる方も多いであろう、6幅のタクシー。ロンドンタクシー風というか、光岡風というか。
 偶然とは思いますが、シルバニアファミリーの自動車のような雰囲気。トランクは開閉する模様。6幅もコレならあり……という方も居そうですね。でもドア開閉は欲しかったかも? 
 あと「TAXI」の文字は残念ながらステッカーです。


 インテリアの概要。ピアノにシャンデリア。派手なレッドカーペット。
 タイルを貼る場所でメリハリつけて価格を抑えてる配慮?

 二階の客室はダブルとシングル。
 屋上にはプールのあるガーデンで、ここはFriends的世界観炸裂です。これまでの集大成……という感はあり(笑)。

 向かって左手はエレベーター。レビュウ本文によると#10224タウンホールと同じ仕掛け……とのことです。

 全体の印象ですが、女児向けの「製品」という枠としてはかなり頑張った印象はあり。
 派手かな……という感も否定はできませんが、かと言って対象を鑑みれば「宿舎」的な実用的現実的なものにしちゃまずいでしょう(鉄道模型ストラクチャの「東横イン」じゃあるまいし!)。
 そういえば、あの#10182カフェコーナーも「HOTEL」とは称してるけど「駅前の安宿」って雰囲気は否めませんでした(笑。いやああいう宿は個人的には好きですが)。クラシックで地味にすれば良いってもんでもない。
 そんなわけで、デザインは最適解な気がします。


 最後に元記事離れて。bricklinkよりステッカー
 どこまでプリントで、どこまでステッカーかの判別用に。このセットはややステッカー分多め。ここは使い回しができると前向きに考えますか……?

 窓の装飾。エレベータのボタン。同階数表示。チェックイン用のモニタ画面。使えそうなパターンは豊富です。楕円の絵はホームメーカー思わせて懐かしい(笑)。
 注目はホテルフロントの定番、世界時計。「LA HLC TOKYO」と。あぁTOKYOがあることにちょっと感動です。アジア圏じゃ日本観光は憧れなのか……。
 あと「ロスアンゼルス≠ハートレイク」なんですね公式に(驚)。あの雰囲気はどう考えても西海岸の南のほうだろ! と思ってたのに。
 
posted by 関山 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

【レゴ製品】2015年の新パーツで気になるところ。

 久々に新パーツ情報をば。

 情報源bricklink。2015年のパーツを登録順にソートできてるはずです。

 飽く迄、関山が惹かれるような部品のみ取り上げてますので、更に気になる方は情報源を。版権系は専用部品の塊みたいなもんですし。


●20309/Window 1 x 4 x 1 2/3 with Spoked Rounded Top

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=20309
 アーチにはめ込めるアーチという、レゴアーチ40余年の歴史を変えるかも知れない部品。
 今のところFriendsのグランドホテルに入っているのみ(色はタン)。良い部品なので出し惜しみしないでほしいもの。
 なお、半円形のラウンドブロックとしての使途も当然考えられましょう。

●20310/Brick, Modified 1 x 1 with Capital Open Stud

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=20310
 建築装飾専用。如何にも用途が限られそうでシビアに見ると賛否割れそうな部品。
 とはいえ、個人的には有りかなぁと。優雅さは正義!

 使用はFriendsのみ。色はタンとパールゴールド。
 elvesとかモジュールビルにも使い回されそうな気がしますが……。

●18653/Brick, Arch 1 x 3 x 2 Inverted

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=18653
 現状で色は白のみ。使いにくそうな……意外と使い道は多いのか? 2個合わせて上を幅6アーチで結べば正円形の窓が作れるのかしら?
 入っているのは#10247の大きな観覧車のみ。汎用性は高そうなので今後増えるましょうか。

●20482/Tile, Round 1 x 1 with Pin

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=20482
 Φ1の丸タイル自体が未だ新種という印象なのですが、早くもこんなバリエーションが。
 上部にピン付き。垂直方向にピンの立った部品はありそうでない。意外な用途が考えられそう。現状でヘッドライトやバックミラーが思いつくところですが。
 ただ、トランスクリアのみ存在。
 入ってるのはFriendsに2種。ツーリストキオスクとビジネスジェット。


 #41098 エマのツーリストキオスク。さり気なく新パーツや、レアなローラースケートも含まれるというお値打ち小セット? 嗚呼Friends侮りがたし。


●20398pb01/Minifig, Utensil Cup, Dome Lid Cup and Straw

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=20398pb01
 言うまでもなくシンプソンズ専用です。こんなものが汎用でなく専用部品起こされてしまうとは。いや小物の充実は嬉しいですけども。大型セットk-martだけじゃなくて、minifiguresにも含まれるので安心?
 シンプソンズ以外でも使ってくれないかなぁ(をい)。
 上部にクリア部分があるとことか、凝ってます。


●15496/Minifig, Utensil Cup, Take Out Cup

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=15496
 これも似たようなやりすぎ部品……? Φ1円筒とΦ1丸タイルの組み合わせでも良いような気がするのですが。でも、出し惜しみするなよレゴ社。この種はCity/Friends/Creatorに入ってくれると普及加速する気が。

●98138pb033/Tile, Round 1 x 1 with Soda Pop Can Top Pattern

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=98138pb033
 飲料関係3連発。Φ1丸タイルにプルタブ。便利そうですが現状シンプソンズ専用。うーむ。


●2335pb133/Flag 2 x 2 Square with Black Asian Characters on White Background Horizontal Pattern A (Sticker) - Set 70750

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=2335pb133

●2335pb134/Flag 2 x 2 Square with Black Asian Characters on White Background Horizontal Pattern B (Sticker) - Set 70750

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=2335pb134

 ニンジャゴーより。レゴ社のいい加減な日本語センス炸裂。「高速」で「名誉」。なんか竹槍出っ歯装備な族車にでも似合いそうな雰囲気。いやそういう方面の4幅車ビルドも盛んですから、群馬方面のあの方が喜ばれるかも知れません……。(但し、残念ながらステッカーです)

 「高速」は名古屋の赤い電車の前サボ(種別表示)に差し込んだら、今はなき種別「高速」(1978?−1988)になるかと思いましたが標準通りステッカー貼ると無理ですね。ステッカーだけ2x2タイルにでも貼るか?
 
(多分続く)
posted by 関山 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

【レゴ製品】バック・トゥ・ザ・フューチャー。わかってるディフォルメ。

 正直レゴディメンジョンズには過渡な期待はしていないのです。
 レゴというリアルで遊び楽しさと、バーチャルの融合の意味がわかりにくい。メリットが見えてこない。

 リアルが難しい戦争(=サバゲー等)とか飛行機の操縦やモータースポーツのようなテーマだとバーチャルの意味もわからなくもないのですが、ブロック玩具での遊びはリアルもお手軽なんですよね。
 LDDとかありますけど、あれは飽く迄設計支援ツールでしょう。

 ……って愚痴めいた話はともかく、レゴディメンジョンズはコレまでだとありえなかったテーマや版権を掘り起こす可能性はメリットとして挙げられています。過去にcuusooで商品化されたりボツになったものがディメンジョンズで復活……とか。


 これは以前から画像の出ていた「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。
 レギュラーパッケージ化なら喜ぶべきことでしょう。ミニメカとしてのデロリアンのデキも納得できる水準です。卓上のアクセサリとして楽しめるマスコット性も魅力でありますかも。


 そして追加発表されたジュール・ベルヌトレイン。マスコットという意味では究極的な出来ではないでしょうか。2幅ミニトレインでありながら要点を全て抑えた作り。キャブ部分の奇数……3幅も精細感を盛り上げる。
 嬉しいのは車輪が、コレまでのミニトレインクリエイターで見られた適当なものではなく、きちんとトレイン規格の小径車輪であること! ナローレールに載せて遊ぶことは考えてないでしょうけど、でもその可能性を考慮した作りは評価したいです。

 ディメンジョンズにも、またcuusooもといlegoideasにも期待はできませんけど、この子品が生まれたことは喜びたい。国内での展開とか流通を願いたいのでした。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

【レゴ製品】ハートレイクには空港も? 41109の衝撃/リムジン41017も/Friendsのバブル感(笑)に思う。

 bricksetより。

 この時期に珍しい新製品情報です。しかしぶっ飛び過ぎ。


 「#41109 ハートレイク エアポート」
 箱画像はどこか店頭で撮影されたものか。全く事前情報なしに「現物」で情報というのは新鮮といえば新鮮です。というか情報締め過ぎじゃないかい最近のレゴ社は(コミュニテイの盛り上がりに水注してる気はしなくもなく……)。

 飛行機そのものはCityの8幅のアレです。既報のビジネスジェットとはサイズの差別化できておりましょう。それにしても男児向けには旅客機がない現状のラインナップに、女児向けには……というのはやっぱり凄いなぁ。カラーリングは……ハートのマークも合わせてどこかLCCっぽいって指摘は言っちゃいけないお約束でしょうか?

 空港設備は最低限簡素。その中にFriends的な遊び要素を詰め込んでるのは興味深い。
 男児向けには必ず含まれる管制塔が無い代わりに、免税店があるのはFriendsらしいセンス炸裂!(褒めてます)


 LCCっぽい見た目に反して機内は豪華? 重厚なセミコンパートメントの座席は誰がどう見てもファーストクラス仕様。広々とした化粧室。後方はギャレイか。
 Cityの旅客機の方がLCCですねこりゃ。

 ここまでやってしまったからにはハートレイクには駅と鉄道もお願いしたいものですが。しかしFriendsがいつの間にか志向してた「ハリウッドセレブな世界観」に鉄道が食い込めない悲しさ。あいつらの間でプライベートカーの貸切とか所持とか流行らないものかしら。そうすれば……(本末転倒)。

◆◇◆◇◆◇◆



 「#41107 ポップスターリムジン」
 こちらもbricksetより。

 こちらはポップスターシリーズ。世界観は似てますが微妙に違う。
 魅せること前提のオープンなリムジン。思い切ったデザイン。レッドカーペットとかの世界観がやはりぶっとんでる感。やりすぎ寸前……?

 パーツ的に注目したいのは半偃月形キャノピーのトランスブラックがやっとリリースされたこと。これは使い勝手良さそうです。

 Friendsのバブル感というか浮ついてる感は鼻につく感じ強し。
 まぁ男児向けが攻撃的戦闘的になっちゃうのに近いのかしらん。今のところは未だ「これはこれでネタとして有り」という感ですが。

 政治的な問題はこのブログでは書きたくはないけど……色々考えさせられるのでした。
(政治的な文脈を避けて申せば「レゴ社はもっとヨーロッパを意識してよ」に尽きますかね)
 




 
 


posted by 関山 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

【レゴ製品】#10247 Ferris Wheel(観覧車)

 画像及び情報はTheBrickFanより。

 コメントしにくいです。正直、あんまり物欲刺激されないので。

 見慣れたパーツの寸法から推測するに、かなりの高さ(物理的な意味で)にはなりそう。
 それを細めの足で支える構造は良い意味で無理をして、もとい頑張っていましょうか。先の細い印象で美形を維持。構造的にはテクニック要素と通常ブロック要素の合成。


 電動化も対応だと思われますが、その際にはリム部分にタイヤ押し付けて回す仕掛けのようです。タイヤからはフレキシシャフトが見えるので、台座の下にモーターや電池は収まりそうか?

 で、遊園地関係はあんまり売れない……イメージあるのですが、これはどんな感じになりますやら。

 トレイン的に考えると、電鉄と遊園地……は嘗ては切り離せぬものでしたので、案外「使える」かも知れません。電動化すれば、動くものがレイアウトに存在するメリット。第一印象はあまり芳しくなかったのですが……ありって言えばありなのでしょうか?
 

 

 


posted by 関山 at 23:03| Comment(1) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

【レゴ製品】2015年後半製品。非リークのFriends#41108「ショップ(仮)」が凄い!

 2015年の後半新製品画像が出てる……といっても、多くはリーク(官製リーク含)されてきたもの。新鮮さはないな、せめて隠し玉は……?

 ……と思ってたら隠し玉は想像以上の大物だったのでした。
 情報源BRICKSET。メインの記事ではなく、サイドバーの新規登録アイテムにさらりと。油断できません。


 #41108 ショップ(仮)。
 二階建ての、普通の町のお店。要は小規模食料品店。
 買い物カゴが商標なので「まいばすけっと」? とか言いたくなりますが、日本で言うならそんなお店のイメージかしら(レゴ世界観的には「個人店」でしょうけども)。

 食料品店若しくはミニスーパーという題材は、現在クリエイターでもジュニアでも同種のテーマが揃っていますが、クリエイター#31036「おもちゃ屋と町の小さなお店」は建物規模がちょっと物足りない、ジュニア#10684「お店セット」は対象年齢的にかなり簡素化されてる(但し、かなり頑張ってる!)ので、そこは差別化されてると思います。

 というか、普通の町の一番身近なお店が3種類もラインナップされてるって凄いことだと思うのですが。10年前にも、20年前にも、或いは古きよきと云われる30年前でも考えられないことでした。

 建物の造形が好ましい。Friends? と思ってしまうほどに真面目!
 まじめに見えるのはクラシックレゴ(1980年代迄)へのレスペクトが見えるからでしょう。斜めにずらした作りは1980年代風。また、アーチやベランダの使い方は1970年代の製品さえ彷彿させます。
(このセットを買ってあげるであろう、お母さんやお祖母ちゃんのことも意識してるのでしょうか? だとしたら商売巧い。そういう商売上手は大肯定! ねぇ汽車セットを買ってあげるお父さんやお祖父ちゃんのことも考えてね♪レゴ社さん)

 ベランダの柵もレトロな格子を持ってきてます……これは1970年代からの部品。別の部品を使う手もあったでしょうに(例えばELVES用のデコラティブなフェンス)敢えてこれを使うセンスは評価したいです。
 斜め壁。巧い。二階の窓の周りの白処理も平板な感じにならないような配慮。巧い。

 色彩もFriendsにしてはおとなしい。City、或いはクリエイターとの共存もできちゃいそう。
 

 ミニドールの「MAYA」は黒髪ストレート。レゴだとミニフィグ・ミニドールとも希少なので嬉しい。よく考えてみるとMAYAは摩耶?等で、東洋人設定なのかも?

 小物も充実嬉しいな♪ パイナップル林檎にバナナ。看板や什器。まぁこの辺の希少性が薄れているのは嬉しい流れ。

 そして、ライトミント色のベスパも復活! レモネード屋が短期絶版で幻に消えたかのアイテムが復活は嬉しいです。
 内部、階段下のトイレは半ばお約束ですね。

 「Paradisaを超えた」と云わしめた(AP様記事参照)「#41094ハートレイクハーバーハウス」も含め、Friendsに関してはクリエイター、或いはモジュールビル方面からの良き影響で進化しているのが感じられます。
 熱いジャンル、というべきなのでしょう。

  

 関連商品。自分もポチりそうになりましたが(割引率も高い)、積みレゴ整理してから(苦笑)。
 

posted by 関山 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

【レゴ製品】DCスーパーヒーローガールズ レゴ製品化



 情報源はこちら。TheBrickFanより。
 ワーナー・ブラザーズが6−12歳の女児ターゲットのアニメ作品その他メディアミックス展開を行うらしい。で、その商品化ライセンスをレゴ社及びマテル(!)と締結したと。
(プレスリリースが転載されてます)
 
 イメージイラストの出所は不明ですが、これが公式だとするとレゴ版はミニドール系か? 飽く迄女児対象ですからFriends、ディズニープリンセス、ELVESと揃えたほうが整合性ありそう。
 まぁあちらの大型企画に日本的な何かを期待するのは野暮でしょう。
(バンダイ/東映の女児向け企画書には昔から[少なくともプリキュアの1作目の頃には]、サブターゲットとして成人男性も想定されてるって話ですが、米じゃタブーかそのへんは)
 スーパーガールはなんかものすごく「懐かしい」ですね。バットガール?の「なにか違う」感も。バットマンの女性化ならもっとかっこよく出来ると思うのになぁ。

 そんなことより気になるのは、レゴと「メガブロックの」マテルが並んでること。
 まさか組立玩具で競合するとは思えず、マテルは飽く迄アクションフィギュアとかバービーなどで商品化するという流れなのでしょうが。

 ともあれ、レゴのアメトイ化には個人的には好印象はないので(アメトイでもライオネル辺りを真似てくれれば別ですが)、なんともどうでもいいかな……なニュースなのでした。
 
posted by 関山 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

【エイプリルフール】久々に気になる新パーツ「%3614 Plate, Round 1 x 1 with Towball with Hole」

 2015年入ってからの新パーツ情報も多すぎて追い切れないのが現実ですが、これはちょっと気になる、見逃せない。


 先ず、2014年からのミクセルボールジョイント(ミクセルの他、レジェンドビーストでもおなじみ)は確実にロボ系メカ系ビルドを変え、また「微妙な角度での保持を可能にする」内部構造材としてトレイン分野にも使える存在であるのは何度か記事にしたとおりです。

 1ポッチ幅の自由なジョイントの功績は大きい。潤沢な供給も嬉しい。

 一方、Φ1丸プレートの「穴あき(%85861)」は登場こそ5年前。最初はボードゲーム(今はなきカテゴリ……)専用アイテムで「白」のみでしたが、徐々に仕様分野やカラバリも増えつつあります。

 そうなると、両者を合わせたアイテムが出てくるのも「時間の問題」。

 %3614 Plate, Round 1 x 1 with Towball with Hole
(画像はbricklinkより)
 入っているセットは確定していませんが、現在赤と黄色、灰色が確認されています。
 ボールジョイントと穴あき丸プレートの組み合わせはどれだけ自由なビルドの可能性を見せてくれることでしょう。メカ系の外部関節としても、内部補強材としても使えそうな部品です。

 なお、既にAP氏はこの新パーツを入手され(羨ましい!)旧型電車のテールライトという使い方を見せてくださっています。

 黒・新濃灰等、今後のカラバリ展開など楽しみですね。
bricklinkでは何故か灰色が「新灰」ではなく「旧灰」として登録されてますが、bricklinkの誤記なんて何時ものこと。困ったものです……)
 
 
<追記:マジ>
 言うまでもなく4月1日ですから。よくぞこんな都合よくネタになる部品が存在したもの。
 1974年ホームメーカー(レゴファミリー)用の部品ですが(「手」)、今この部品だけ見ると文字通りの「オーパーツ」ですよね?
 カンブリ扱いは冗談抜きで可能です。無論、灰色は新灰ではなく旧灰ですが。昔の部品ですから。下手に注目されて入手困難になる前に入手したほうが宜しいですよ?

 まぁ同種の部品が新金型でリリースの可能性も否定できませんが。
posted by 関山 at 09:48| Comment(1) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

【レゴ製品】「851341 エルフプレイマット」に思う。

 道路基礎板(もう37年の歴史と伝統)に相当するものとして、各種のプレイマットは欲しいとか過去に何度か記したことがあります。
 砂漠であったり海であったり草原であったり、或いは街の石畳であったり。
 製品の魅力を引き出す、遊びが楽しくなるものとして。

 しかし……これはちょっと。コレジャナイ?


 アメリカでは14.99ドルで市販されてるという「エルフ(elves)」のプレイマット。
画像はbricksetより)

 世界観は表現できてて悪くないんですが、情報量が多すぎ。
 樹木や地形のたぐいがあんまりにも描かれすぎていると、ちょっと醒めてしまう。

 ただ、これはそうしたものはレゴで立体的に作るべきという大人げないAFOL的思想なのであって、「元来の対象」に向けては、樹木や地形は作るのムリですから(親がAFOLという恵まれた環境じゃないと)印刷してあるのは悪くないのかも知れません。

 実際にelvesの各製品並べたら楽しそうだし似合うことでしょう。おなじミニドール世界観のディズニープリンセスやFriendsも相互乗り入れできちゃうかもしれませんし。Friendsのキャンピングカーあたりは似合っちゃいそうなんですよね(笑)。

 Cityのお花見マットとして使えるかどうかは……やや微妙。
 ただチーマやニンジャゴーの連中が敵味方忘れ、お花見に興ずる様子には使えちゃいそうな気がするんですが如何?

 なんであれ。「世界観の補完アイテム」としてプレイマットの充実は望ましいことでしょう。
 また、今回は販促品ではなく有償の市販品となりましたが、「欲しい人が手に入れやすい」と言う意味ではレゴストアなどの専売であっても有償の方が望ましいとは思います(販促品は手に入れるのが案外難しい)。

 でも、古典的テーマ……Cityなど向けは情報量少なめでお願いしたいとは思いますが。


 パッケージ画像。及び裏面。2枚あれば2面繋げる仕様なのですね。
 裏面は情報量控え目なので、こっちのほうが遊びやすい?
 

 
posted by 関山 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

【レゴ製品】レトロな風合いの新クリエイター家系? #40154

 情報及び写真はbricksetより


 少し前の「#31009 コテージ」の流れを汲む小さな家のセット。
 マンサード屋根に、二階に広いベランダ?持つのが造形上の特徴です。
 また、屋根修理にきた大工さんと住民と思しき女性のやり取りが面白いですね。屋根壊しちゃダメでしょ(笑)。

 玄関の石畳処理は丸タイルでずいぶん優しい感じに。丸タイルもコスト下がりましたから広範に使える手法です。

 注目すべきは配色のレトロ感
 1970年代のレゴを思わせる青い壁に赤い屋根に白い窓枠。壁の一部は黄色。
 最近のクリエイターハウス群も随分レトロに寄りつつ、しかし屋根が濃青や濃赤と今風に妥協?してはいますので、この品の思い切りは潔いですね。中間色好きな方も居ますから賛否両論ではありますが、これはこれで有りじゃないかと思うのです。

 なにより、今の部品でここまでレトロ感出せていることを評価したいと。一方で先に触れた石畳の処理やら煙突の処理は良い意味で今のレゴでもあると。

 1970年代と2010年代の融合した、シンプルながら、まとまりの良いセットです。
 
 但し、この品はカテゴリはクリエイターではありません。無論Cityなどでも無い<<続きを読む>>
posted by 関山 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

【レゴ製品】スピードチャンピオン最初のレビュウ(bricksetより)

 2015年の新シリーズの一つスピードチャンピオン。6幅のリアルな車モデルでフィグ乗りというのはコレまでに有りそうで無かった新コンセプト。4幅への転用も可能か……? 新部品の多用で注目されてもいます。

 元記事はこちら。写真多々です。
http://brickset.com/article/14259/review-75909-mclaren-p1
 
 気になる部分のみ写真引用、解説しています。
(コメントは関山の感想です。先方の翻訳では無いので注意)

 最低限のステッカーのみ貼った作例。ホイルベース間の黒2x2タイルの上の斜め線のみ。
 他はタイルなしですが、意外と車の形状が成立してるのが分かります。
 なお、ミニフィグもマクラーレン仕様。

 ボディカラーは黄色ではなく、ブライトオレンジとのこと。悪い色ではないのですが汎用性が……? ただ最近採用が増えてるのも事実です。数年後には「普通の色」になってるかも?

 箱の裏。
 右下に実車画像ありますが、それほど見劣りしない。昔の(10年くらい前の)でかいフェラーリでも実写と比べて「何じゃコレ」だったのに、6幅でこのクオリティは良い。
 ピットっぽい遊びはお約束でしょうね。

 新部品。その1。
 注目の新カーフェンダー。残念ながら独立形状ではありませんでした……。
 4幅車に使えないわけでは無いですが、オーバーフェンダーと車体色を変えるのは不可能です。

 右上の新型キャノピーはプリント入。ここはステッカーにしてくれよ! という声が多そう。あの会社はプリントにして欲しいところをステッカーで済ませ、ステッカーにして欲しいとこをわざわざプリントにしてくれるような気が(苦笑)。まぁそのうち無地も出るでしょう(笑)。
 とはいえ、プリントも使いようという感じはします。4幅車に使うにしろ、立てて電車などの前頭部に使うにしろ?  良い部品です。出し惜しみせずガンガン採用して欲しいですね!

 新部品。その2。
 ホイルはこのサイズにして本体と外部装飾が分離ですので、車好きの心をわかってるといいますか。カラバリや種類が増えたら組み合わせが楽しめそう?
 右上のは手抜き部品と見るべきか。いや1x2プレート2枚と2x2プレート2枚で代用できない所に使われるべきなのでしょう……(笑)。
 
 見たところ、悪くはないシリーズです。
 組み立てるモデルカー(ミニカー)としての存在意義は有りそうに思えます……。マニアの作りこんだ作品ではなく、「製品」のクオリティでかつこの大きさでこのクオリティは十分頑張ってると言えるんじゃないでしょうか?
 
posted by 関山 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

【レゴ製品】新シリーズ「エルフ」(Elves)のプロモ動画。ちょっとバタ臭い?


 肝心の製品デザイン(現物)は割とプリキュアライクなのに(日本のアニメ的)、プロモ動画は如何せんバタ臭さが抜けず。「古いアメリカン」という感じ。ここでちょっと半端な印象は否めず。
 いや世界対応考える中でぎりぎりのラインなんでしょうが。
 ただ、ミニフィグのシンプルさって元来は世界対応なんですよね(笑)。古き良きヨーロピアン。「レゴムービー」はその意味で世界に受け入れられる作品でした。

 で、ミニフィグじゃなくてミニドール系(Friends、ディズニープリンセス、Elves)ですが、少し前まで「ぶっちぐみ」に連載されてらしいFriendsの漫画は良い意味でアジアンテイストにローカライズされた絵柄でした。まぁ日本の漫画家が描いてる以上当然ですが。

 Elvesに話し戻すと、アジア市場取る気なら、このプロモはちょっとなぁと思う次第で……。まぁ露骨にプリキュアみたいなのもレゴ社のテイストとしてヘンな気もしますが。どっかに落とし所はあると思うのですが。
(注:東アジア〜東南アジア諸国では日本的コンテンツが影響力あるものということ前提に話進めてます。中国では昨今は遂に魔法少女アニメが造られてることも含めて)
 

posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

【レゴ製品】2015年後半Friends。ホテルにガールズバンド。8幅バス。

 bricksetより。

 Friendsは或る意味「街シリーズ」の後継作的な要素あり……それに惹かれます。ゆえに個別画像ありの別枠紹介。


 小規模セット。ローラースケートがさらりと入ってるとこに注目。あれは接続部品として優秀らしいのですがこれまで供給が良くはなかったですから。IラブHLCの絵葉書はプリントでしょうか?


 これもローラー推しです。スポーツ推しは巧く行かなかったイメージ有るんですが。


 気になるグランドホテル。Friendsにしては落ち着いた配色。モジュールビル的精細感は求めちゃいけませんけど、そこそこ頑張ってると思えます。後面開放の建物として、街シリーズの伝統も守ってもいます。昔なら2個買って背中合わせにくっつける使い方も想定された……かも?

 画像初出時にも触れましたがアーチにはめられる円月窓は良い新部品。手すりはelvesで使われてる新意匠フェンスでも良いと思いますがあれは敢えてelves専用にしてるのか?

 建物の右端はエレベーターでしょうか?
 装飾(シールかしら?)の入った硝子も使い回しできそう。

 インテリアも期待できそうです(ベーカリーにグランドピアノ)。Friendsは原則建物を完成させてからインテリアを取り付ける手順なんで、その意味でも組み立て楽しめるのかも知れません。あと6幅タクシーの上品さも惹かれるところ。 要期待です。



 サブテーマ ポップスター。日本だと幸いにも「アイカツ」(その昔は「きらレボ」)みたいな流れがありますが、世界的にもそんな風潮有るのかしら。去年のアドベンチャー路線よりは売れやすいように思いますがはて。
 #41104は折りたたみのできる楽屋。青髪やピンク髪。elvesとは違った意味で日本的アニメキャラの再現に役立ちそうか。少し前までピンク髪はほとんど選択肢ありませんでしたのに。


 ステージ。レゴの衿持として?ぎりぎり下品にならない色加減とか計算してるなぁと思います……。同種テーマのメガブロックバービーは凄かったなぁと。


 8幅バス! バスファンは要注目?
 フロントの造形が素晴らしい。下半部分への丸みのラインは今風のバスに見えますから。トランスライトブルーのヘッドライトは1x2カーブスロープ? カブスロ系はコレまで頑固なまでにクリア系リリースされませんでしたからコレは画期的。4幅車や6幅電車にも使えそう。
 
 バスそのものはテレスコープ形。この種の特装車では横方向に広がるものは実在しますから違和感なくかつ楽しいギミックでしょう。インテリアへのアクセス手段としても興味深い。
 8幅はさすがに……とは思わなくも無いですが、造形ギミックなどは6幅への「エクスポート」もできそうに思えます。

 そのほか、ポップスターではない方でプライベートジェットの画像も出ているようです。
 Cityの6幅飛行機でFriends的カラー。陸海空と万全な防衛体制のFriends(女児向けなのに……)。ここから「軌(鉄道車両」に発展しないのがレゴ社の残念なとこではありますが、鉄道車両は確かに女児向け玩具としては一線超えちゃってるかも(苦笑)。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

【レゴ製品】NYのトイフェアより。2015年後半新製品情報リンク

 情報が多すぎるため、リンクと短評にとどめます。ご容赦を。

 ただ、トレインや建物系は新規情報がありません。。#60098が出品されてないようなのです。
 路面電車に貨物列車(60098)が出るというだけで十分と考えるか、未だなにか欲しいと考えるか難しいところですが。

 やっぱり、版権物で何か鉄道出てくるのは欲しいですね。恐竜は貨物列車でも襲って欲しいし、地下鉄ジャックも大歓迎(笑)。ヒーローが解決してくれるなら(笑)。
 Creator枠で対象年齢8歳くらいで単品の機関車や客貨車がほしいというのはいつもの主張です。


◆The Brickfanより
 More LEGO Set Images From New York Toy Fair 2015
 Cityスペースポート、DC、ジュラシックワールド、チーマ、マインクラフト、ミクセル、ニンジャゴー、SCOOBY-DOO、sw、ウルトラエージェントの情報がうまく要約されています。此処見りゃ十分か?

 LEGO Jurassic World Box Art Images
 ジュラシックワールドの詳細。箱画像。
 既に触れましたが、レゴ社の恐竜テーマの中では過去で一番マシな出来です。メカ(自動車)の出来が秀逸で手抜き感が無いのが理由でしょうか。#75917 Raptor Rampage の移動指令車?のテールドアにはトレインドア白の左右が含まれてるのは注目か(笑)。

 New York Toy Fair 2015 Set Images
 アーキテクチャー、バイオニクル、City、Creator、DC、マーベル、ニンジャゴー、swの情報です。


 ニンジャゴーはエアー術が明らかになってます。空に飛んでけ。
 スピナーにチーマのスピードーズもそうなんですが、駄菓子屋玩具的センスをレゴ社が再発掘してるのは興味深い。当たるかどうかは不明ですが。



 Cityスペースポート。シャトル大小は悪い感じはしません。新型カーブパネルの効果は絶大。あの部品にクリアをリリースしてかつての#10002(レイルロードクラブカー)的な客車単品やれと思うのは自分だけではありますまい(笑)。
 冗談は兎も角、小型シャトルは欧州や日本がかつて構想してたそれを思わせます(Hopeとか)。

 個人的にはR-7ロケットとかソユーズ宇宙船のような方向が嬉しいのですが(現実の、宇宙に行く唯一の手段。あとは中華系)製品としてはダメなんでしょうね。

◆◇◆◇◆◇◆


◆bricksetより
 こちらは箱画像の纏めが多いです。

マインクラフトとCity(シティスクエア)
路面電車入りのシティスクエアは特に新情報なし。あと60098貨物列車の情報も皆無です。

City、sw、マーベル、ウルトラエージェント、ELVES(エルフ)
ここは情報量が多いのでおすすめ。

テクニックとバイオニクル
テクニックは消防飛行機(レシプロ単発機)のみ。

クリエイター
昨日記事にした小さめの家。緑の車。濃青のステルス機。

ニンジャゴー
ニンジャゴーの一般新製品は概ねセンス良い感じです。デザインに良い意味での慣れが。アニメは日本でもテレビ東京ので地上波放送決まったようで、再び盛り上げるのか?

スーパーヒーローズDC
スーパーヒーローズは予想外に息が長くなった印象。swに次ぐ定番ポジを得た?

Scooby Doo
前にも触れましたけど、ハンナ・バーベラとミニフィグは違和感否めず。



 ウルトラエージェントの文字通りの旗艦。海上本部。艦橋部分がカッコいい。シャッターからミサイルも良い感じ。海は恵まれてきました。この勢いでレール上の移動本部も出してください……。


 やっぱり練習機が良い。フィグ乗りのジェット機ここまでかっこよくなるとは。空は恵まれてきました。


 エルフの大物。スカイキャッスル。
 魔法少女的文化はアメリカには無いものの(いや、奥様は魔女とかそーいう古代は兎も角)、中国やフランスでは認知されてるみたいで。
 前にも触れましたがアジア市場を攻める気なのかなぁと思うのがこのシリーズ。

◆◇◆◇◆◇◆


 最後に、今回のNYのショウではディズニープリンセスにパイレーツの新製品情報は出ていません。
 もうちょっと頑張れるテーマだと思うのですが。

 あと、Friendsは情報量多いので別記事にします。速報リンク(brickset)
 

 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

【レゴ製品】Nyトイフェアの新出画像。ビルダブルSWフィグはガリドー? 意外と良い感じのジュラシック/他

 画像あげてくときりがないこと、トレイン系街系建物系の新規情報が殆どないのでリンクに短評に留めさせていただきます。気になる方は先方記事御覧ください。


 brickset記事
 SWは新機軸としてビルダブルフィグの導入。ダースベーダーは巧いと思うのですが、ルークは限りなく嘗ての黒歴史ガリドーを思わせる。キャラに寄る差異が目立ちそうな企画では有りましょう……。グリーバス将軍辺りは向いていそうですが。


brickset記事
 新テーマ。ジュラシックワールド(ジュラシックパーク)は過去のレゴ社の同種テーマよりはずっと出来の良い印象です。これなら有りという感じ。欲しくなるかというとちょっと違いますけど。殆どの商品の画像出てますのでリンク先を。


 少ない情報ですがクリエイター。
 brickset記事


 家セットは同じ建物に対して季節表現というわけではなく、これまでどおりの3つの組換パターンという感じで、それぞれに季節が紐付けという感じでしょうか。
 536ピースですから価格も推し量れる?
 ガチに建物作るセットではないですが、雰囲気は第一印象よりは好ましい?

 ライトブリックは継続です。


 トレイン#60098の追加情報は今のところ見つかっていません。

 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

【レゴ製品】42040 消防飛行艇はレトロなレシプロ!

 情報源promo bricksより(カツマタ様ご教示感謝です)

 2015年夏のテクニックで唯一画像が出てこなかった「42040 Fire Plane(消防飛行艇)」。どんな製品かと思ってたら良い意味で予想とは違っていました。

 ちなみに予想してたのは中型か大型の双発ターボプロップ。ちょっと前にもあったような感じです。
 ですが。


 水平対向エンジンを持つレシプロの単発機。それもやや古風な造形。
 高翼を支える支柱周り、すごくテクニックと相性がよさそう。可愛いし、そして格好良い。

 この雰囲気は今までのテクニックの飛行機モデルに有りそうで無かった、斬新なものじゃないでしょうか。

 テクニックである以上、当然気になるのはギミック。
 プロペラとエンジン。エレベータに方向舵は予想できるところですが、前後共にそれら以外の可動ギミックがありそうに思えます。それも消防機ならではのギミックが……?
 

posted by 関山 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

【レゴ製品】City「Deep Sea Explorers」の全種画像

 2015年 夏のCityのサブテーマ「Deep Sea Explorers」
 おなじみbricksetが情報をまとめてくださっています。画像もbricksetより。


 #60090 Deep Sea Scuba Scooter
 代わり映えがしないデザインはちょっと残念。

 #60091: Deep Sea Starter Set
 こちらは無人探査艇のデザインが面白い。サメ入り(帰ったらフカヒレパーティ?)

 #60092: Deep Sea Submarine
 この製品から有人機に。キャノピーの大きさは非現実的ですが、玩具としてはリアルとの良い落とし所と思えます。実在しそうなメカとしての魅力があります。タンクとかパイピングの精密さにも。

 #60093: Deep Sea Helicopter
 ヘリ+有人機セット。ヘリは第一報でも触れましたが、タンデムロータの大型ヘリとしては(過去)一番雰囲気が良いモデルではないでしょうか。ダークブルーなので米海軍機っぽさもありますよね? 輸送ヘリ好きには人気が出そうで、軍用に救難に民間輸送にいろいろ改造できそう。
 
 潜水艇がもうちょっと#60092とは形状変えて欲しかったとは思いますが……。

 #60095: Deep Sea Exploration Vessel
 深海探査と言うよりは寧ろサルベージの雰囲気でなんか真面目で好感です。
 専用の特殊船型の金型起こした母船が堪りません。簡素な籠がぶら下がってますが、他セットの潜水艇を組み合わせることを狙ってもいるのでしょう。
 沈没した貨物船というストラクチャーもユニークです。

 このセットの遊び方が直ぐに思いつかなかったのですが。なにしろ風呂だと沈没船の部品はたちまちガチにロストしそうです。
 落とし所で大きなタライ? 15cm位に水orお湯を張るくらいなら箱写真通りに遊べるかしら……? ただ、これまでのレゴの船系の箱には必ず記載の「floating!」とかの表示はないのですが。
 

 余談ですが#60094が空いてます。トイザらス限定か? はたまた西友(ウォルマート)限定か?
 地上基地的なものが欲しいような気もするので、そのために空いてるのかも?
 

 
posted by 関山 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】「75901 Mystery Plane Adventures」と「75903 Haunted Lighthouse」

 やや旧聞ですが。

 先のニュルンベルクのトイフェアで、「Scooby Doo」(弱虫クルッパー)の製品画像が2点出てきています。情報源は「Hoth bricks」


 「75901 Mystery Plane Adventures」


 「75903 Haunted Lighthouse」
 
 先に第一印象として上げた「ハンナ・バーベラのキャラとミニフィグの妙な相性の悪さ」は当然変わりませんが(苦笑)、レゴ独自のホラーテーマと思うと悪い感じはしません。
 
 #75901はポップなカラーリングの飛行機が良い意味でマンガ的。
 #75902は渋いカラーリングの灯台に注目か? 先のモンスターファイターズに無かった中規模な建物・ジオラマ系セットというのに注目されましょう。土台の作り方はLOTRの遺産という感じもします(笑)。
 
 問題は日本での扱い。版権物ではなく、Studio→Monsterfightersにつながるホラーテーマの系譜で評価されること願っています。ホラーになら一定の需要ありますから。
 

 
posted by 関山 at 17:11| Comment(1) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

【レゴ製品】マイクロフィグに版権プリント? マイクロスケールのでっかい製品 76042

 最初は「また版権系の10000代か。そんなのよりトレイン出せよトレイン!」

 と思い、ノーチェックでしたこの品は。



 画像及び情報はeurobricksより。
(リンク先に公式情報・公式動画・更に大量の画像あり)

 しかし、後から出てくる情報を知ると、かなり画期的な品と判明。


 ちょっと変なミニフィグ。


 そんなミニフィグ?たちが飛行甲板で作業中。でも、妙にパーツがでかい。何じゃこりゃ。

 プリントされているのは、一部のminifiguresに含まれていたミニフィグ用の「トロフィー」。
 つまり、マイクロサイズのミニフィグ!


 やはりスケール感がつかめない。でも何か凄い事やってることは判明する画像。

 極めて小さなスケールのモデルに向いているようですが、しかし製品は2996ピースでUS価格350ドルという「超絶大物」。小さいのか大きいのかわからない!
 でも、このスケールが画期的であることは事実でしょう。

 大規模プラント、超大型コンテナ船、街……今まで難しかった題材がレゴで自然にできるようになる、ということですから。


 これもまたスケール感掴みがたし。Sf的な、或いは今様の発令室の再現であるのは分かりますが。
 モニターに使われてるのは1x1タイル。これがクリップで固定されている(別名根性ドメ)。


 それから。
 冷静に考えてみるとアングルドデッキを持つ空母をレゴ社が製品化って言うのは或る意味物凄い冒険ですよね。少し前に話題になった夏新製品クリエイターのステルス機(F35……に見えるらしい)位の冒険でしょうか(笑)。

 このスケールがこの製品・テーマのみにだけにとどまるのか。
 或いは、これを皮切りに今後は各ジャンルに広まっていくのか……?

 いろいろな意味でチャレンジング。気になる製品です。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする