何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年10月23日

【レゴ製品】次期 Collectible Minifigures Series 15 (71011) 「Official」?リスト


<イメージ画像は元記事より>

 情報源はTheBrickFanで、さらにその元はamazon.frだそうな。
Vis des aventures passionnantes avec la Série 15 des figurines LEGOR à collectionner. Rencontre la Reine, le responsable du contrôle des animaux, le voleur de bijoux, la femme tribale, la danseuse, le guerrier volant, le faune, le chevalier effrayant, le champion de lutte, l’homme en costume de requin, l’homme maladroit, le lutteur de kendo, l’astronaute, le robot laser, le concierge et le fermier.

Queen 女王
Head of Animal Control 動物管理
Jewel Thief 宝石泥棒
Tribal Woman 部族の女性
Dancer ダンサー
Flying Warrior ステアリングホイールの戦士
Wildlife/Satyr 野生動物
Scary Knight 怖い騎士
Wrestling Champion レスリングのチャンピオン
Costume Shark Guy 衣装サメの男
Awkward Man 男性の頭を満たします厄介な
Kendo Fighter/Wrestler 剣道レスラー
Astronaut 宇宙飛行士
Laser Robot レーザーロボット
Concierge コンシェルジュ
Farmer 農家

 上の仏文をそのまま英訳/和訳(google)したもの。以下コメント。
 
 女王は意外と少ないのでちょっと期待です。
 動物管理……はニュアンスが分かりません。飼育なのか家畜なのか? 後者なら地味に人気の農民系ですが。
 宝石泥棒(古いSFしか思いつかないw)
 トライバルウーマン。この名称だとレゴ社の傾向的にネイティヴ・アメリカン? 意外とネイティヴ・アメリカンの女性は出てないですよね。
 ダンサーは幅広すぎですよね。イメージわかず。
 Flying Warriorってなんぞ?
 Wildlife/Satyrもイメージ湧きません。野生ですけど。
 Scary Knight 怖い騎士 なるほど。怖いんですね。
 Wrestling Championはそのまんま。レスラーも久々。
 きぐるみ枠は、今回はサメ。
 Awkward Man これも不明。
 剣道は普通の地味めな和服を得られる可能性がありますが過度な期待はしないほうがいいか(笑)。
 宇宙飛行士は別系統期待。ソ連・ロシア系のデザインとかいいんだけどなぁ。
 Laser Robot……ロボメカ枠。
 コンシェルジュは「ホテルの」って意味かしら?
 農民はデザイン次第ですが、あっても困らなさそう。


 意味がわからないほどマイナーか、或いはダンサー位に幅が広すぎるのでどんなシロモノ来るかわからないのも混じってる。正直、予想つかないシリーズです。

 ただ、一つの幸いを申せば、シンプソンズなどのイレギュラーでは無く「レギュラーシリーズ」が続いてくれたことのような気も。
 あとは肝心の女の子率(苦笑)。こればっかは過度な期待できなさそう。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

【レゴ製品】2016年新製品画像沢山(ほぼ全ジャンルCity Creator DC DisneyPrincess Friends Junior MARVEL Mixels NexoKnights Ninjago Seasonal SpeedChampions SW Technic)

 The Brick Fanより

 ほぼ全ジャンル、余りにまとめて大量に出てるので吟味しきれません。
 気になるものだけ画像引用します。気になる方は元記事参照ください。

 なお、先に断っておけば今年も相変わらず「鉄道成分皆無」です。
 ほんと何とかならないのかなぁ。アクションテーマに注ぐ経営資源の一部でも単品の客貨車に注いでくれよと……。


 Creator、31045。小さな船。City海底探査のミニ版でもあり?


 Creator、31046。コンセプトが違うといえ、Cityやスピードチャンピオンとの落差は許容レベルに収まってない気がします。Creatorこそ精細感は求められるのに。悪い意味で保守反動を感じますが。


 Creator、31050。タイニーモジュール……小さなお店シリーズも定着してきました。ハンバーガーショップ。これは有り♪ 欲しい。

 ……ただ、もうちょっと色気が欲しいかも。






 ディズニープリンセスは「アナ雪」押し! アイスキャッスル?は古典的なディズニー的御伽世界をうまく再現できたデザインではないでしょうか。ちょっと惹かれます。

 なお、新キャラ追加はないみたいです(白雪さんは最終兵器?)
 あと、Friendsのパーティシリーズは……イマイチなので言及する気にならず。Friendsは割と希望の砦なのになぁ(苦笑)。

 Elvesは前に文字情報出た気がするんですが、今回画像なしです。
 シリーズ継続だとは思いますがさて。


 スピードチャンピオンも継続。今年はジャガー、アウディ、マスタング、カマロ。
 75873のアウディですが、ドア後ろに注目! 2x2のウェッジプレート!
 これ、さり気なくビルドを変える部品かもしれません。


 マッスルカーセット? 75874。


 ホットロッド! 75875。来年のスピチャンはアメリカ市場もちょっと意識してますね。思えば、2015年製品は欧州市場向けでしたから。

 速くてカッコいい自動車の模型……というジャンルは堅いと思いますので頑張って欲しい。できりゃコンパクト系(BMWミニやFIAT 500のチューンモデル)やレトロ系(昔のフェラーリやポルシェ)、そして日本車(GT-RやLF、NSX!)も何時かはと。

 あと、速くてカッコいい電車の模型も堅いんですよ元来はさぁ(苦笑)。
 日独仏の高速列車の競い合い。パワーの米露! 伝統と変態の英国w
 まぁあの会社に何云っても無駄か。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 
 なお、毎年のことですが、「漏れ」「サプライズ」はあります。いや、ある筈。
 もうちょっと希望も持つことにしましょう……。Creator建物系はもう一つくらいありそうな気がします(希望的観測)。
 

 
posted by 関山 at 19:18| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】10251 新作モジュールビルは「Brick bank」久々の角地。

 画像及び情報はThe Brick Fanより

 2016年1月発売。2380ピース。価格は169.99ドル/149.99ユーロ。

 ちなみに前作#10246探偵事務所は2262ピースで159.99ドル/149.99ユーロでした。
 日本国内価格に悪影響が出ませんように。

 発売は例年通りなら、日本でも2−3月には期待できそうか?

 構成は「銀行」+(何故か)「コインランドリー」。
 ただし2階部分は全て銀行に使われてる由。

 建物の様式自体は……銀行の古典的イメージってなんでこうもまた洋の東西を変えないものなのかと思いたくもなります(笑)。銀行は西洋由来だからだって? いや日本の財閥系銀行は鎖国時代に起源ありますからね。

 目を引くのはFriendsやElvesの新パーツが「予想通り」にモジュールビルに流入してきたこと。アーチ形の窓。デコラティヴな飾りフェンス(黒!)。
 また、サンドグリーンの窓枠もインパクト大。ただ2x3サイズのみなので鉄道車両には転用しにくいかも知れません。あぁ2x2も入っていればなぁ……(苦笑)。

 銀行の外壁がインゴット部品なのは洒落が効いてていい感じ。軍事クラスタのレゴラーいわく「リアクティブアーマーに使いたい!」とのこと。蓋し納得。


 1階インテリア。
 窓口と金庫室。右手に同居してるランドリー。探偵事務所同様、二棟に見えて分離できない作りです(次はペットショップ以来の「2in1」お願いしたい? 気が早いか)。

 カウンターのセキュリティガラスにドアガラスを立ててるのが面白いです。
 また窓口の床に注目、ネクソナイツ盾紋章に使われてる五角形タイルが早くも床に使われています。外のベンチ、アールヌーボな装飾。


 2階インテリア。大きな吹き抜けは古典的銀行建築の趣。ここは大きな天窓で明るく。
 事務室と支店長(頭取?)室。ランドリーの真上が支店長室になっているのですね。


 支店長室
 スタンプにクリップ付き丸タイル部品が使われています。
 吹き抜けには大きなシャンデリア。
 ミニフィグはすべてにっこり顔。


 ランドリー外壁。ここも良い雰囲気です。二棟に見せるデザインは十分成功してますね。


 近年製品との並び。スケール感もデザインラインもバランスの良い感じ。
 隣の「雑居ビル(ビリヤード場と理髪店と探偵事務所)」より立派なのは銀行たる襟持ち(笑)。

 
 価格は気になりますが、6幅の車などの余計なものが含まれていないこと(笑)、また最新パーツを使いこなしてること、色彩的に潰しが効くことなどメリットは大きい。

 先の角地モジュールは(好き嫌いが極端に別れた印象の)パレスシネマでしたが、この銀行は皆に好まれそうなデザインでもあり。人気になりそうです。

 あとは人気に応じた入荷と流通を……(いうだけ無駄か。はぁ)
 
posted by 関山 at 18:25| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

【レゴ製品】NEXO KNIGHTの詳細情報

 コレ、コメントしにくいんでリンクにとどめます。

  LEGO Nexo Knights Officially Revealed at New York Comic Con 2015(The Brick FANより) 画像多々あり。

 メカ忍者 アニマル戦士に次ぐ、メカ騎士ってコンセプト自体は間違ってないとおもうのです。子供に売れる受けるということ考えたら。
 また、レゴムービー以降の「クロスオーバー容認というか寧ろ推奨」な流れにも沿っていましょう。


 でも、パーツの大味感やらカラフルな色使いで「コレじゃない」感が強い。
 4-5年前のお城シリーズのように、色合いがもっと渋めだったら第一印象も、評価も変わってくるとおもうのですけど。


 あと、エンブレムなどでの過去のお城シリーズへのオマージュは「お城」ファンの逆鱗に触れるんじゃないか……そこはハイリスキーにも見え……。


 男児向けアクションテーマは「悪い意味で子供に媚びてる」題材でも有り、麻薬かもしれません。麻薬というか合法的な至近で嗜好品か(酒や煙草のような)。
 経営資源を余り集中せず、ほどほどにしといて欲しい気もするのですが。

 とはいいつつ、最初「最低最悪」とか称したニンジャゴーやチーマも、慣れてくると悪くない……とか思っちゃったりもしています。
 このブログでも後日「ネクソナイツも良いねー」とか記しちゃうのかも知れません。
 
 あと前からの主張、男児向けアクションテーマでは「陸海空の乗り物」は定番なのに、何故か「軌」だけは無視される理不尽。
 ニンジャゴーでも騎士ゴーもといネクソナイツでも「線路の上に載ってる」アイテムを出す気はないのでしょうかねぇ。
 
 レゴ社のモニター対象の子供って、絶対に「鉄道が身近じゃない国や地域」から選出してるに違いありません(偏見)。
 
 
posted by 関山 at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

【レゴ製品】新テーマ「Nexo Knight」に思う

 bricksetより。
http://brickset.com/article/16921/first-unwatermarked-nexo-knights-image

 来年1月から展開される新シリーズ。ネクソンナイツ、ネクソナイツって読めばいいのかしら。

 重要なのは欧州では1979年から始まる(日本では1984年から)「お城シリーズ」の文脈ではなく「レジェンドオブチーマ」の後継としての、男児向けアクションテーマの一つとしてのリリースということでしょうか。
(とはいえ、現状でクラシックな「お城」は休止中なわけですが)

 或いは、ニンジャゴーの「騎士版」と考えても良いのかも。

 評価には困るシリーズですが、最近のレゴは「第一印象は最悪だけど、後で見直すと案外良い感じ」が少なくないので、これはこれでいいじゃん……と考えとくことにしましょう。

 で、噂によると、お城でキャタピラ装備とかもあるとか、ややスチームパンク的雰囲気も入ってくるのか。
 となると、今度こそ、男児向けアクションテーマにトレインシステム導入を期待していいのかしら?
 いや、この方面ではまったく期待出来ないんですよねぇあの会社には(苦笑)。


 チーマもニンジャゴーもウルトラエージェントも、あんなに陸海空の乗り物系メカ展開しやがるのに、「軌」だけはガン無視でしたからねぇ……。

 まぁこの辺は鉄道網から既に隔絶されてるビルンで開発してて、その上「人生で一度も列車に乗ったことがない人」が人口の過半数で高速鉄道作る計画がいつまでも実現しないあの「某大国」をメインのマーケティングしやがる連中に言っても無駄でしょうけども……。せめて「たった10年で世界最大の高速鉄道網築き上げた国」をマーケットとして意識すると変わって来るんじゃないかって期待はあるのですが(苦笑)。
 
 まぁ一番の望みを申すなら、クリエイターカテゴリでの単品の機関車や客貨車のリリースなんですけどね。あの会社全体からしてみれば僅かな経営リソースを割くだけだと思うのですが。
 


  
posted by 関山 at 22:02| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

【レゴ製品】クリスマスからみのセット3種。2つは安牌? 1つは……

 うち2つは「商品」ですので、シリーズ展開に従って日本でもクリブリ・レゴストアには入ってくるでしょう。

 情報源thebrickfanより

 先の「感謝祭」セットのインスト背表紙らしい。このシリーズはバレンタイン→イースター→ハロウイン→感謝祭→クリスマスx2 という展開になりました。ハロウインまでは日本にも入っているので、よほどのことがなければ?

 個人的には……右の、欲しい(笑)。
 犬は喜び庭駆け回り、猫は暖炉前で丸くなる……?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 もう一つは99ドル以上購入での「配布品」。
 なんで日本のレゴストアは相変わらず対象外なんですかねぇ巫山戯るな。
(それ以前にshop@homeが未だに無いこと、恨んでますよ!)

 40139 Gingerbread House.
 こちらの写真及び情報はBricksetより。
 
 フィグスケールではないので、個人的には「どうしても欲しい」ってわけではないですけども。
 
posted by 関山 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

【レゴ製品】続くか? ゴーストバスターズ。「Firehouse Headquarters (75827) 」の噂

 HQの企画はcuusoo(Lego Idea)で棄却しといて、何を今更……っていうのは意地の悪い見方かしら。

 「The Brick FAN」の以下記事によると、2016年1月に「Firehouse Headquarters (75827) 」が商品化されるらしい。なお、画像はイメージで製品とは無関係でしょう。しかし……。



 この情報が奇っ怪なのは
「LEGO Ghostbusters Firehouse Headquarters (75827) on January 1, 2016. The set will be over 4,600 pieces and retail at $350」
 と妙に具体的なこと。というか型番まで決まってるわけですし。
 パーツ数や価格的には、過去のcuusoo提案同等の立派なものが考えられるのですが。

 飽くまで噂です。ただ、「DIMENSIONS」でもゴーストバスターズは推しコンテンツ……の模様(bricksetより)

 そう考えると信ぴょう性もあるのかしら?
 
 

 
posted by 関山 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

【レゴ製品】10249 ウィンタートイショップ。間違い探しレベルの「復刻」!


 今年のウインターシリーズは「トイショップ」。
 チラチラと見えていた画像や情報から、2009年の「#10199 Winter Toy Shop」の復刻かな……という雰囲気はしていましたが。

 公式発表されました(The Brick Fanより。リンク先に詳細写真あり)。
 見事に、復刻モデルでした。


 ぱっと目につく相違点ですが、ミニフィグの幾つかが変更。
 玩具も種類が増えてる(トラックやヘリ、ロケットなど)。テディはパーツで組んでいたものから、テディの部品に。
 建物は変更無いように見え、リースの変更は目立つところ。
 全体に「劣化」はなく「改良」なのは好感です。


<参考。#10199>

 さて、復刻。悪いことではないと思います。#10199は手に入れられなかった方も少なくはなかったのですし。復刻・再販を意固地にしないような経営方針よりはファンの希望に素直になって欲しい気もしますし。

 ただ、10199はそれほど昔の製品でもないので違和感は少ないのですが、これが10年以上前のものになるとプロダクツとして無理が出てくることでしょう(売れなきゃ意味が無い。マニア以外にも)。
 個人的には、10年以上前の品は「純粋な復刻」よりも繰り返される「sw系の同テーマリメイク」のように、今の部品と技術・技法でのリメイクのほうが望ましいかなと思っています。

 さぁ。サンタフェにカフェコーナーを今の基準でリメイクするんだレゴ社!
 カーブスロープフル武装でスマートになったアメリカン・ディーゼル、インテリアも備わったカファコーナー、オリジナルを持ってる人の物欲も刺激しまくるはずですから。

 
posted by 関山 at 14:02| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

【レゴ製品】トイザらスのブリックオクトーバー製品 画像あり

 The Brick Fanより
http://www.thebrickfan.com/lego-toys-r-us-bricktober-2015-official-images/
 リンク先には別バージョン画像もあります。

 10月の各週に、75ドルの購入でもらえるとのこと。
 日本での今年の展開などは未だ情報がありません。

 Bricktober Hotel (40141)


 Bricktober Train Station (40142)




 Bricktober Bakery (40143)



 Bricktober Toys R Us Store (40144)


 規格は昨年と同じ。昨年のセットも持っている方には朗報!

 「ホテル」は建物自体は装飾少なめのシンプル・モダンな感じ。
 ただし、造園はこってます。
 送迎リムジンと、何故か小型機

 「駅」はややクラシック系。こんなトレインステーションが普通のスケールでほしい……ですね。
 注目はミニ列車。少し懐かしい#7938風ではありませんか。車輪はローラースケート使用で理想的な1幅ミニトレインになっています。
(ローラースケートの黒、普通のセットで普通に供給されてほしい……)

 「ベーカリー」他の建物と合わせるとスケール違うよ……!
 パン屋というよりはパン工場。製パンメーカー本社! という雰囲気でしょうか。本社+工場+小売が全部あるような(笑)。しかし、建物自体の出来は秀逸です。

 「トイザらス」。うーん。良くも悪くもトイザらス大型店舗(笑)。
 出来は良い……のかな? この種の建築への好き嫌いが割れそうです。でも4種類根性で集めようとすると外せないのもお約束です(苦笑)。
 1幅のトイザらストラックは面白いですね。

 日本で展開されなければ諦める(苦笑)。
 日本で展開されたら……体力的にも財力的にもかなり迷うところです。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

【レゴ製品】今年もトイザらスのブリックオクトーバー ミニモジュールタウン!?

 JAMのレポートとか、先日の旅行のレポートとかが先送りで申し訳ないです。
 レポートは作業量的に「重い」のです……。

 そんなわけで「軽い」情報をば。

 情報源はbrickset
 40141: Bricktober Hotel
http://brickset.com/sets/40141-1/Bricktober-Hotel
 40142: Bricktober Train Station
http://brickset.com/sets/40142-1/Bricktober-Train-Station
 40143: Bricktober Bakery
http://brickset.com/sets/40143-1/Bricktober-Bakery
 40144: Bricktober Toys R Us Store
http://brickset.com/sets/40144-1/Bricktober-Toys-R-Us-Store
 文字だけ情報です。リンク先に画像などはありませんので悪しからず。

 昨年同様のミニモジュールタウンが継続です!。


 画像は昨年のものですが、今年も同じスタイルだと思われるのですが……さて?
 「トレインステーション」は1幅のマイクロスケールトレインにも期待しちゃっていいんですよね???

 幸いにも、昨年はトイザらスのブリックオクトーバーは日本でも展開されました。
 割引クーポンなども充実し、商品在庫も豊富な時期でありましたので大いに盛り上がったものです(自分も頑張って全種入手した由。もったいなくて開けられない罠ですけども)。

 さて……。
 今年も日本で行われるかどうか注目です。
 10月には購入資金多めにキープしといたほうがよいかもしれません。

 自分も気になったまま未だ購入に至ってないFriendsやElvesとかあるので、キャンペーン行われてかつその時期に在庫ありますように(苦笑)。普段買わないようなものをネタ購入するのも有りって言えば有りなんですけども。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 遅い知らせで恐縮ですが。シェルレゴも日本で展開してるようです(9月1日より。すべてのスタンドではないので注意!)。ハイオクの給油で購入できるというシステムゆえ、車なしの人には辛いシステムですがコレばかりは世界共通ルールですので已む無し。展開してくれたという事実が嬉しい。
 なお、セット自体はbricklinkでオランダのセラーから購入するのが速道でしょうか(無論、カンブリ扱い可能です)。

 ところで。
 鉄道会社コラボで、ICカードにxxxx円以上チャージしたらトレインセットが購入できるみたいなキャンペーンやってくれませんかねぇ(笑)。
posted by 関山 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

【レゴ製品】最近の新製品の話題。swなど駆け足で

 京都えいでんとか、JAMとか、秋田青森行で忙しかった8月の間……。
 おなじみのTheBrickFanから拾った情報を駆け足でリンクしておきます。半ば備忘録。コメントは最小限でご容赦を。あと久々に毒も吐きます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 swは情報解禁されたらしい。
LEGO Star Wars: The Force Awakens Poe’s X-Wing Fighter (75102) Officially Revealed

 このサイズのX-WINGとしてはかってなく「丸く」なった印象です。ファンの作品が進化してる以上、公式も負けてない感じ。良き追いかけっこ。
 ミニフィグのプリントも更に細かくなってる感じ。カスタムメーカー顔負け?

Two More LEGO Star Wars: The Force Awakens Sets Officially Revealed

  First Order Transporter (75103) 。
 丸みとポッチのバランスが絶妙。ガチなブロック玩具感も両立してるのが好ましい。
 サイドの丸みは大型カーブスロープ。これJuniorとかのシリーズでスロープに使われてた部品でこんな使い方ありますとは。

 車屋根4x6の新灰も良い使われ方してます。というか安定供給嬉しい。


  Kylo Ren’s Command Shuttle 75104。
 こっちはちょっとゴツい造形な気がします。プレートの塊(ただしウェッジ系だから使いにくい)。翼は伸縮ギミック有り。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


LEGO Minecraft 2016 Set Details

 地味に部品力が高いマインクラフトの2016年新製品文字だけ情報

More LEGO 2016 Super Heroes Set Info

 スーパーヒーローズの新製品情報。かなりたくさん種類出るみたい。

 なんというか、この辺への力の入れ方のわずかでも「トレインに分けてくれ!」と言いたくなります。いや別にマインクラフトやアメコミヒーロー嫌いってわけじゃないですけど、商品展開偏り過ぎちゃ居ないかい最近さぁ。

 なんか、2000年代前半の暗黒期的飢餓感飽食の中で味わされてる感じがしなくもなく。

 というか、この1-2年はレゴ社自体の製品供給能力が需要に追いついてない……とか言われてるので、中国工場稼働までは製品種類数をむしろ絞り、安定供給優先したほうが安全だと思うんですが。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 
LEGO Dimensions Midway Arcade Level Pack (71235) Details Released

 ミッドウェイのアーケード。「ディフェンダー」しかネタわかんないよ(笑)。小さな車の出来はよく、ゲーマーと思しきフィグも良い感じでは有りますが。
 レトロアーゲードゲーム。ナムコとかセガとか贅沢は言わないので、せめてATARIだったらなぁ。ミッドウェイよりは未だ日本でも馴染みがありますし。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


LEGO Space Micro-Scale Space Cruiser (11910) Review 

 ガチなクラシックスペースの宇宙船(#928 1979年 日本では「大型宇宙船」)……のマイクロスケール復刻版。ディテールがミニマムに再現され、かつ後部貨物室の開閉ギミック迄再現されてる! 当時知ってる自分から見ても納得できる「復刻」です。ちょっと、ほしい。


 どんな供給形態かと思ったら(どうせ手に入りにくいんだろう……)、おなじみDKブックスの本のおまけという扱い。書籍なら供給もある程度安定・かつ海外輸入もし易いので入手も不可能じゃないかもしれません。

 元記事には詳細写真もあります

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


LEGO Seasonal Trick or Treat (40122) Review

 バレンタイン。イースターと続くこの「ヴィネット」シリーズのハロウィン版。
 正直申すと、やや期待はずれ。
 シーンの切り取り方が平板な感じ、魅力に乏しい。

 さらに残念なのは女の子のミニフィグ。上半身は随分前のお姫様の使い回し……。魔女の帽子とはチグハグですよコレ。仮装衣装を揃えてもらえなかったかわいそうな感じが悪い意味でリアルティ?
 魔女帽子もできれば髪の毛付きの最近のやつを奢って欲しかった。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆


LEGO Seasonal Thanksgiving Feast (40123) Set Image Found
 こちらは「感謝祭」セット。アメリカローカルな催しですが(歴史的に)、毎年感謝祭セットも日本に入ってくるので今回も大丈夫でしょう。


 こっちはセンス良いです。中年夫婦も良い感じ。
 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 例年ですと、そろそろ2016年製品の画像なども出回りだす時期ですが。

 最近はレゴ社に関しても情報統制煩くなってますが(記事の削除要請とかしてるらしい。あーあ遂にイビルサイドに堕ちたか)、下手にファンサイドへの情報規制を行うことが、「新製品への期待を削ぐ」ことにつながってることは自覚されて欲しいですねぇ(苦笑)。無秩序で良いとは言いませんけど、管理された情報しかないのでは情報追いかける気力も萎えます。「どーでもいいや」って思われたらオシマイですよ?

 あと「新製品が買えない・入手できない」事例も最近は多い(限定商品とかではなく、通常品でも)。
 ライン数・商品種類数を絞ってでも、安定供給に力入れてほしいもの。
 買えない……から興味なくなる事例も多いと思うのです。
 

 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品じゃないけど】気になる大型ブロック「EverBlock」の可能性

 クリブリの店舗インテリアとして、大型レゴブロックが使われているのを見た方も多いでしょう。サイズは1ポッチあたり7cmほどで、2x4で14x28cmくらいのアレです。

 無論、市販してない。
 bricklinkでも扱ってない(はず)

 価格はちょっと想像できない。業務用什器系の価格はえてして高価ですから。というかそれ以前に公式ショップ用以外には「門外不出」感がありますが。個人に売ってくれないのは致し方無いとしても、業務用・法人用には販売あっても良さそうな気がするのですが。

 
 でも、アレ……に近いものが入手できるようになるかもしれません。


「家をつくるのも夢じゃない:「大型LEGOブロック」が販売開始」
http://wired.jp/2015/09/01/everblock-life-size-lego/

 タイトルはちょっとNGですね。これじゃレゴ社が件の大型ブロックを市販してくれるの? と勘違いしちゃうじゃないですか。
 正確には「EverBlock」という非公式品です。


 サイズは公式の大型ブロックに近いか。
 ポッチ辺り7.5cmであり、2x4だと15x30cmになる模様です。
 レゴと大きく違うのは高さ方向にも同寸法なこと。

 重量は2x4で900gもあるとのこと。価格とか送料はちょっとすごい金額になりそうですが、ここは玩具というよりは「什器用資材」や「建材」と考えたほうが良いのでしょう。

 それでも「建材」として屋内での仕切りなどをフレキシブルにつくる……のはとてもおもしろそうです。

 記事の方では、プレハブ、家を建てる方向への可能性も言及しています。
 さすがに耐候性とか考えると本格的な建築資材にするのはキツそうですが(そこをなんとかしようとすると本物のコンクリート「ブロック」やレンガを使うのと大差なくなるでしょう)、屋内でのパーティションなどには便利そうな気がします。
 そのうえ、組み立ても楽しい?

 個人でほしいとは思いませんが(笑。どこに作品おけと?)、これを扱ってインテリアなどつくる仕事があったら(アルバイト程度に)働いてみたい……と思ってしまったのでした。日本に代理店ないのかなぁ(笑)。
 ……ちなみにカンザンブリックで代行するのは無理です。田舎に倉庫がいるよ! 運ぶのに車がいるよ! 輸入が航空便じゃ無理で要船便だよ! 建材か家具の輸入業者じゃないと無理ですね多分。でも、そういう会社が代理店になって扱ったら面白そう。

 最後に。
このブロックを作成するのは、思ったより難しい。小さなブロックであれば、組み合わせたときの全体像をつかみやすいが、大型だとそれが難しくなる。「誰もが安定性に不安を感じ始めます」とローザン氏は言う。高さ7cm強の壁が倒れても大したことはないが、4.5mの壁が倒れるのは困るというわけだ。

この問題を解決するカギは、LEGOから学ぶことだ。そして、レンガを積むときのように、ブロックを互い違いに重ねて、下の2個のブロックの合わせ目に上のブロックを重ねるようにすればいい。
 そんなわけで組み方に関しては、レゴ(やその他ブロック玩具全般)での経験が生かせそうですよ? このブログの読者諸兄にはむしろ朗報ですね。
 あと、1個900gのブロックを組んだりバラしたり……は脳だけではなく、「体の運動」にもなりますね。肉体労働と言っちゃいけない(笑)。
 

 http://www.everblocksystems.com/
 「EverBlock」公式。作例……もとい「施工例」などが凄いです。
 
posted by 関山 at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

【レゴ製品】2016年の噂/「新テーマ」。cityにフェリー。elves継続。クリエイター建物は湖畔ロッジにコーナーデリ?

 TheBrickfanの、2016年製品のより。
http://www.thebrickfan.com/possible-lego-2016-set-list/

 Friendsだけは故あって別記事にしたので、他について。
 なおリストの引用は最小にとどめているので、気になる方は元記事参照願います。

★BIGBANG
 リスト省略(商品名などなし)。新カテゴリ。男児向けの新アクションテーマ。うわさ話はこちら
h
 ニンジャゴー・チーマに次ぐ三本目の柱とか、「スペースナイト」とか「スチームパンク風」とか云われてます。なにか新しいことをはじめる気のようです。宇宙+ファンタジーは有りそうでなかった切り口かも?

★City
LEGO City Fire ATV
LEGO City Tire Escape
Fire Starter Set
LEGO City Rally Car
LEGO City Race Boat  
LEGO City Prison Starter Set
LEGO City 4 X4 Off Roader
LEGO City Ambulance Plane
LEGO City Van & Caravan
LEGO City Garbage Truck
LEGO City Fire Ladder Truck
LEGO City Police Pursuit
LEGO City Ferry
Fire Response Unit
LEGO City Police Patrol Boat
LEGO City Fire Boat
LEGO City Prison Island
LEGO City Fire Station
 2016年は警察と消防の刷新です。そろそろ古くなってきてるので必然でしょう。
 その他車系。ラリーカーやゴミ収集車など。
 興味深いのは「LEGO City Ferry」。貨物船はいくつか製品がありますが、自動車積める船というのは実はかなり珍しい題材です。

★Creator
LEGO Creator Const Vehicles
LEGO Creator Desert Racer
LEGO Creator Chopper Trans
LEGO Creator Park Animals
LEGO Creator Ocean Explorer
LEGO Creator Fast Car
LEGO Creator Propel Plane
LEGO Creator Lakeside Lodge
LEGO Creator Corner Deli
 相変わらず自動車と飛行機系。鉄道車両をこのカテゴリで出す気はないんかい……。
 「Ocean Explorer」船……だとすると、これはえらく久々なような。
 建物系は「Lakeside Lodge」と「Corner Deli」。小屋系とお店系も定着してきた感がありますね。これは嬉しい傾向です。別荘村も作れますし、クリエイター集めてるだけで商店街も作れちゃいそうです。

★DC Comics Super Heroes
★Marvel Super Heroes
★Ninjago
★バイオニクル

 いずれもリスト省略。継続です。

★Disney Princess
 継続。但し1品のみ。elvesと競合する部分もあり、今後どうなるのか?

★Elves
LEGO Elves Emily Jones
LEGO Elves Water Dragon Adventure
LEGO Elves School of Dragons
LEGO Elves The Starlight Inn
LEGO Elves Fire Dragon’s Lava Cave
LEGO Elves Secret Market
 どうなるのかな? 今年限りかな……? と思ってたらガチ展開です。
 ドラゴン……の文字が踊ってますが、女児向けでどういう風に扱ってくるか興味津々ですね。ニンジャゴー2015年のドラゴンの出来の良さは話題になっていますが、あの路線で可愛く……?
 「Inn」や「Market」もどうなってくるか。まぁ炎の妖精がパン屋やってる世界観ですからその延長線上かしら。Friendsとは巧く住み分けできてる感じもします。

★Friends
 別記事を参照ください。
 多分、糠喜びだと思いますけど(笑)。

★TECHNIC
LEGO Display Team Jet
LEGO Technic 2016 Std 2
Getaway Racer
LEGO Technic Car Std 4

 ちょっと製品の性格が読めません。

 なおスピードチャンピオンはどうなるのか不明です。売れ筋ではありますから未だ頑張るとおもいますが。あとこの種のリークリスト以外のサプライズが出てくるのは毎度のお約束です。
 ですので、未だ諦めるのは早い……?
 
posted by 関山 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

【レゴ製品】Collectible Minifigures Series 14: Monsters (71010) のリーフレット画像。「ハズレ無し」!

 TheBrickFanより
 既にリーク画像がかなり出てましたが、それでもまとまって全部が見られるのは有難いです。

1. Werewolf
2. Zombie Pirate
3. Crazy Scientist
4. Wacky Witch
5. Plant Monster
6. Fly Monster
7. Spectre
8. Zombie Cheerleader
9. Tiger Woman
10. Gargoyle
11. Skeleton Guy
12. Monster Rocker
13. Zombie Businessman
14. Banshee
15. Square Foot/Bigfoot
16. Spider Lady
 概ねリーク通り予想どおり。9月発売でハロウィン合わせ。
 モンスターそのものと言うよりは、ハロウイン仮装がテーマ……のようです(骸骨が骸骨ままでないところに注目!)。

 女の子比率が高めなのが嬉しい! 思えばシリーズ13は最悪でしたよねぇ。
 魔女帽子(黒髪付き)やネコ耳(虎耳)、ツインテールの利用価値は非常に高そうです。

 あとはアソート比率の問題? とはいえ、全体でハズレのないラインナップ。
 各フィギュアにそれぞれ「良いところ」がある。モンスターの世界は平等なのです? これまでは露骨な「ハズレアイテム」があったりしましたけど今回は皆無ですよね? どれも新金型とか複雑な塗装とか手が込んでる。

 そもそも、歴代のホラー系ミニフィグは後で高騰するイメージあり(苦笑)。
 「箱買い」して損は無さそうな感じでもありますが。あとは十分な供給されることを願うのみです。品薄はみんなの敵だ!
 
posted by 関山 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

【レゴ製品】70751 Temple of Airjitzu。ここまでやられると逆に欲しい?

 情報源 The Brick Fan
「LEGO Ninjago Temple of Airjitzu (70751) Officially Revealed」
 レゴ社の日本と中国の混交。もう気にならなくなってきました。
 というのも「東アジアへの認識・知識不足でそうなった」と言うよりは、愉快犯的意味での確信犯でやってるのが判るようになって来ましたので。幸いにも日本にも「中華街」はあります。横浜在住の自分には身近! 
 まぁ元々の「ニンジャゴー」自体なんでもあり、ですものねぇ。

 時代とか技術レベルの考証は多分無粋なんでしょう。
 テーマパーク的に考えると寧ろ「そんなもんか」と思えてきたり。竜宮城風の小田急江ノ島駅には最新型のステンレスカーが似合うってものです。真ん中の塔のような建物に横を新幹線やICEが走ってるのが現代の中国ですし。
 嫌味とか皮肉抜きに「キッチュ」としての味を放っているように思えます。また、意図的にそうした情景を創りだすのも「リアル」では無いかと。


 左手に刀鍛冶。右手は食品マーケット。真ん中が……寺院ってことでいいのかしら。
 三位一体の配置は練られた感じで、悪く見えません。配色も三原色ですし(光の方の)。
 塔の根本の岩とか階段の表現は「LotR」の影響を感じます。
 右手のコウモリ翼のグライダー?は往年のレゴニンジャを思わせますかね?


 箱裏面。各建物は後面開放です。ベースプレートは無いのでレイアウトフリー。


 食品マーケット裏面。建物としちゃ簡素ですが、床面のLタイルがまじめに中華っぽい。鶏は食材ですねこの状況だと。屋根はシャッター部品の転用です。


 刀鍛冶。枯葉とかの侘び寂びを少しは意識した配色。箱絵の花火とは季節感違う! とか突っ込みたくもなりますけどもw ところで炉のところに新灰の車ドア使ってますね!


 塔の内部。妙に生活感があるというか。1階の扉がスライドガラス戸で龍のマーク入ってるので中華料理屋にしか見えないw
 

 塔の基部には幻灯機(影絵)ギミックあり。カタカタ回ってるのをスクリーンに投射。素朴だけど味があります? 光源はライトブリック。


 おなじみ公式動画。インテリアとか地味に見せ所が多いです(笑)。塔のガラス窓2x2は金色の中華風縁取り入りなんですが、アレはプリントかしら……?

 9月1日以降発売とのこと。
 199.99ドル(税別)/199.99ユーロ(税込)。日本では幾らになるか。例によって流通限定でしょうが、どれくらい入ってくるか読みにくい品では有りましょう。比較的息の長いモジュールビルと違って「短期生産」の可能性もあります。

 それにしてもAFOLよりは元来の子供対象の「ニンジャゴー」で14歳以上対象とは。
 ニンジャゴーも世代を重ねかけてる……って事かと思いかけましたが、あれって2011年からでしたよね?
 あの頃10歳が今は14歳……ってことで良いのかしら? 

 意図は不明瞭ですが、ハイティーン以上をつなぎとめる施策というか「親子で楽しむ」ことを意識してるのか。前向きに意欲的と評しておきたいです。公式動画見ると「頑張ってる!」のは分かりますから。
 
posted by 関山 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

【追記有】【イベント】10/31 第11回えいでんまつりにレゴトレイン出品有り(かう゛ぇ様企画)

 先にことわっておけばタイミングが問題。
 ですので、自分が参加できるかどうか不明(おそらく不可)ですが……。
 でも、作品送るくらいはしたい! 成功願っております。


 詳細やコメント等はこちらにお願いします。
 レゴの家 SIDE B 「第11回えいでんまつり参加者募集!」


 企画の具体的なところは未定だそうですが、既にかう゛ぇ様には京町家シリーズありますので、その中をゆく叡電作品各種……というだけで十分見せ場になることでしょう。建物が更に拡張、シーナリーも展開……となると、「小さな舞台に密度の濃い展示」という、あまり行われて来なかったタイプの展示になる可能性もあります(去年の梅田がそんな感じかしら。一応)。入線も小型電車に限定(というか叡山電車に限定!?)というのも画期的な試みになるでしょう。

 なにせ、叡電だけで既に役者は揃ってるのですから!

 さて。ここで気になりますのは告知画像の車輌たち。
 デオ720形はエースくんパパ様の。デオ800形はエースくんの作品でどちらも新作ですね。いきなり完成度。高! デオ900「きらら」はmazta-k氏作品。
 画像にはありませんが、薬師山氏のデオ300、デオ900(赤)も当然出動でしょうか。

 で、気になるのは電動貨車デト1001。これはどなたの作品? エースくん?? 特殊な題材を特徴掴まれてる。
 
 ともあれ、「特定事業者の電車だけでイベントを成立させる」という面白い流れ。
 これが可能になる現在のレゴトレイン界隈はやはり「凄い!」と申せましょう。

 さて、叡電作りたくなって来ました。それもおもいっきり古いのを(笑)。
 
◆◇◆◇◆◇◆


<追記>
 こちらの記事に配置案など出てきています。具体的に話が進んでくると魅力もましてくる……!
 
 レゴの家 SIDE B「えいでんまつり レイアウト」

必要最低限入れてみました。
元田中の踏切がメインということで考えています。
道路幅は24ポッチくらいになるかな、と思います。
大通りにはバスを配置できると面白そうです。

 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

【レゴ製品】型番不詳。スーパーマンvsバットマン版のバットモービル。新キャノピー

 情報及び画像はTheBrickFanより。画像はwsjより。


 306ピースで30ドルとか。一般販売か何らかの限定かは不明。

 それより注目すべきはわざわざ型を起こしてる新型のキャノピー
 鉄道用にも使えるかも、と思いましたが裾が長く伸びてるので(余計なことしやがって!)、そういう使用は難しそうな気がします。白バージョンがあれば100系新幹線に使えるかとも思いましたが。

 というか、この部分は誰がどう見ても「B-2爆撃機を作ってくれ!」っていう風に見えるですが(笑)。
 製品のある(笑)F35、F117、F19(イタレリ笑)、F19(モノグラム笑)、B-2とステルス軍団を揃えるのも未来的で面白いかも知れません。ビルンは絶対に認めないでしょうけど、前世代のステルス機の造形とレゴって妙に相性良さそうなんですよね。
 
posted by 関山 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

【レゴ製品】「10248 フェラーリF40」とレゴフェラーリの歴史



 既に旧聞ですが(笑)。昨日に突如発表されました。

 情報源Brickset。文章(英語)多めで写真は少ないです……。

 情報源:The brick fan こっちのほうが写真多め。お勧め。

 発売は7月15−31日に先行。8月1日に世界のレゴストア及びs@hでという流れ。まぁ最近は時差は少ないので日本にも遠からず入ってくるでしょう。
 価格は89.99ドル/89.99ユーロ。前者は税別後者は税込だと思います。日本での価格は……過渡な期待は避けときましょう。ミニクーパー程度でお願いしたいですが。
 1158ピース。


 公式動画

 正直フェラーリという車は寧ろ嫌いなんですが(笑。エンジン音は醜いと思うし)、この動画は凄い。思わず欲しくなります。無論本物じゃなくて89.99ドルのレゴの方が(笑)。
 それだけ、レゴビルドとしてのクオリティが凄い。リトラクタブルライトにドア・フロント・エンジンルーム。開閉しそうな箇所はすべて開閉。エンジンも作りこみ。物欲刺激します。

 ホイール及びフロントガラス(台形!)に新パーツ起こしてるのは動画でもアピールされてますね。気合入ってる! 一方でBピラーがプリント表現というのは画竜点睛を欠くきらいはありますが。

 一言で申せば「やっと満足の行くフェラーリが製品で出た!」って感じでしょうか。


◆◇◆◇◆◇◆


 さて、ここで遠からぬ過去を振り返ってみましょう。

 2005年。#8652 Enzo Ferrari 1:17
 http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?S=8652-1

 真四角。可動箇所なし! 大きめのモデルでは有りましたが……大味感は否めず。
 何より許せないのはヘッドライトがプリント表現。ちゃんとパーツで表現してよ……!
 悪い意味でレゴらしさが残るモデルでした。2箱かって2箱とも部品とり。
 で、これがもう10年前というのが感慨深いです。


 2006年。#8671 Ferrari 430 Spider 1:17
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?S=8671-1

 真四角じゃなくなり少しは丸みを帯びてきました。オープン故にインテリアの作りも頑張っています。
 ……が、ヘッドライト他車体の重要ディテールが「全てシール」というのはなんともかんとも。無論可動箇所ゼロ。これも購入素組→即バラして部品に。
 ちなみに電車作るのに赤はいくらあっても困らないのです。鉄道車両でよく使われる色ですから。ですのでレゴ社がフェラーリ版権所得は有難かったりします(苦笑)。


 2007年。#8143 Ferrari F430 Challenge
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?S=8143-1

 やっとエンジンルームは開閉するようになりました大進歩。でもシール依存は全然変わりません。シールなしでの姿は実にのっぺらー。特徴的だったのは黄色い差し替え用ボディが付属したこと。Bピラーの表現とか頑張ってはいますけども。でもシールで萎え萎え。
 購入迷いましたが……流石に見送りました(苦笑)。赤の特殊はそろそろ余ってたので。


 2008年。#8156 Ferrari FXX 1:17
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?S=8156-1

 これはちょっと別格! 悪口言うよりは寧ろ再評価したい。
 これまで自分がぶちまけてたような不満は世界中から上がってたのでしょう。ヘッドライトが車体ディテールのシール表現は全面廃止! そしてサイズの割に大味な感じの原因であった可動箇所の少なさも大是正。フロント・ドア・エンジンルーム全て開閉!
 3年間で何があった……と思わせるのに十分。なにより626パーツでこの機能を表現した構成が凄い。今度の#10248の半分程度ですから。
 ただ「Recers Ferrari」末期の品であり流通量が少なく、店頭から消えるのは早かったなぁと記憶します。購入迷う間もなく消えてった印象でした。
 
◆◇◆◇◆◇◆


 10年前は酷かったんだよ……。って話をするつもりでしたが、#8156 FXXなんていうオーパーツ見つけちゃいました(いや、思い出しちゃいました)。ドア開くし、ライトもシールじゃない!
 ましてや当時のRecersはあくまで一般向け商品であり、今の10000代的ポジションではありませんでした。

 無論、細かく見れば今度の#10248の方が秀でた箇所は多いでしょう。でも、10000代というポジションとか、7年間のパーツ進化とか考えると「当然」な進化にも思えてきます。

 とはいえ。
 #8156がそのまま復刻されたところで「微妙に古い」印象は否めないでしょう。それよりは素直に新製品を喜びたいもの。オーパーツ発掘したとこで#10248への物欲が萎えるわけではありませんよ?
 
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

【レゴ製品】これは欲しい……コミコン限定のクラシックスーパーマン(の自動車)

 画像及び情報源はTheBrickFan

 サンディエゴのコミック・コンの限定アイテム。会場販売で39.99ドルとのこと。

 この種のアイテムには通常食指向きませんが……「これは、欲しい(かも)」
 言うまでもなく、1930年代な流線型乗用車が堪りません。6幅でフェンダー部分に1幅づつ使ってキャビン4幅。この規格だと自動車は優雅に無理なく作れるのですね。また、屋根の4x6車屋根の緑というこの限定セット固有部品も罪な存在でしょう。他セットに入ってくること願いたいものです。


 パッケージ。上の写真ではブライトグリーンに見えますが、箱写真では通常緑っぽい。


 これがこのシーンの元になったスーパーマン初登場の「Action Comics #1 」だとか。1938年とあります。

 これを再現しようとするセンス、好きです。

 自動車目当てで買うような(買えるような)品ではありませんが。でも、車屋根の問題を除けば(白・新灰・赤・黄色で作るなど)、自動車の造形自体は何とかなりそうに思えます。まぁ強引に5幅や4幅に押し込もうとか考えようとすると地獄になりそうですが(苦笑)。
 
posted by 関山 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

【レゴ製品】信憑性不明なMinifiures Series14(71010)のリスト

 情報源はTheBrickFan。その大元はチェコのサイトと云われてるのですがソースがないよ……。
 eurobricksの当該フォーラムこちら
Mad Scientist
○ The Fly
Crazy Witch
○ Gargoyle
Rocker Monster
Lady Vampire/Spider Lady
○ Grim Reaper
○ Specter/Ghost/Phantom/Spirit
Skeleton Guy/Skeleton
○ Bigfoot
Tiger Woman
Werewolf
Zombie Pirate Captain
Zombie Cheerleader
Zombie Businessman
Plant Monster/Man-eating Plant
 リスト転載しておきます。○が下記の画像リークになかった新情報。

 以前の噂通り、ホラーテーマです。おそらくはハロウィン合わせですね。
 で、11種類に関しては1月に「画像入り情報」出てきたのを覚えている方も居るでしょう。

弊ブログ記事:【レゴ製品】#71010 minifigures series14はホラーテーマ。ネコ娘 ゴス魔女 ゾンビチア 女郎蜘蛛?

 なんと「CONFIDENTIAL」も入ってない画像リーク(入ってたら入ってたらでマズイですけど)。これを裏付けてはいる?
 一応、あの画像リークが正しいなら久々に箱買いしてもよさそうな好シリーズにはなりましょうが。
 シリーズ13は「ハズレ」でしたし、その次はシンプソンズ第二弾でしたから。猫耳にツインテはそれだけで嬉しいです。

posted by 関山 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする