何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年09月11日

【イベント】続:ノースブリック2017 写真速報版。【写真91枚。怒涛編】

 コメント追記予定です。
 なお鉄分濃いめはご容赦ください。


















<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

【イベント】ノースブリック2017 写真速報版。濃いよ深いよ北の沼は……。【写真27枚】

 この規模が「1年に1度」は開けるという札幌は凄い。
 総合オフとして、小気味よい規模・バランス感で楽しませて頂きました。

 いや、twipraで参加8名とかになってるので、「ささやかながら濃い催し」くらいかなとか思ってましたが(飽く迄「ついで」なのでこれでOK!)、十分に「中規模で濃い催し」でしたから。思えば昔のミリオフとかこんな雰囲気だったかな……みたいな(2000年代の、他にレゴオフとか全然なかった時代です)。あぁこの雰囲気が堪りませんし、新しい世代を造ってく!
 21時まで会場取ってたこともあり、心地よい疲労でした。
(それだけに簡易レポで先ずはご容赦をば。コメントあとで追記します。後半レポもあります!)

 あとノースブリック、ベテラン層と若手の接点になってるのも印象的でありましたね。

 今回の参加御各位。また主催カインツ様に感謝申し上げます。
「北日本総合旅行、この時期にしてよかったよ!」と。 




















<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

【イベント】京都市交通局イベント「電車・バスファン感謝祭」まとめ(2017年9月2日)

 こちらは意図されたのかツイート数が膨大で(笑)。嬉しい悲鳴です。また拾いやすいように考慮してくださった薬師山様に感謝です。
 概ね、どんな状況だったか伝わってくるという。

 レイアウトは「斜め」を採り入れているので、見た目が新鮮です。平板さがなくなり良くなったと思うのです。体験運転もブリックライブでのノウハウを取り入れた感じなのでしょうか。












<<まだまだ続きあります!>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】ツイートまとめ。札幌市電フェスティバル(2017/9/2)/来週9月9-10札幌行きます

 すいません。ユウユウさんのツイートしか拾えず。
(他に情報あれば追記します。求む提供!)

 それでも藤田様の作品の凄さ。またmastubara様の240形の凄さが伝わってきます。










 来年もあれば、作品出したいです。
 今年はちょっと無理でしたけど。

 札幌といえば、9月9日のオフ会。「ノースブリック」は参加します。
 翌10日は、交通資料館で古い市電やら、地下鉄の怪しげな試作車群を拝んでこようと思ってます。幸いにも2年間のメンテ休館に入ってしまう直前ですので良いタイミングでした。そのインプットを、巧くアウトプット出来ればと……。

 しかし北海道に行きは18と青函フェリーって無謀だw
 帰りは苫小牧→大洗のフェリーってまともなルートですけども(費用面ではスカイマークのほうが安いとか云っちゃいけない)
 遅い夏休み、楽しんできます。
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

【イベント】富山のワクワク鉄道フェスティバル 速報版4日目 低速流しに挑戦?【写真35枚・コメあり】

 本日28日月曜日の展示終え、富山大和さんでのほぼ1週間も、残すところあと1日となりました。
 大変に楽しく快適な出張展示ですが、これがかなったのも各方面のご協力と御尽力、そしてお客様の力によります。

 有料催事であるのも幸いして、触られるようなことも少ないのはほっとしております。明日1日(18時まで)で終わりですが、無事終わりますように……。

 さて。
 実は1週間の連続展示は初めてであったりします。
 本年3月の北九州は5日間(+設営)でありましたし、以前(2014年 8月)梅田阪急百貨店さんでの展示は7日間であったものの、実際はあいだの3日を丹波氏他に委ねて最初と最後の2日づつのみの参加であったりしましたから。
 何処まで長期が出来るか? これは大きな課題となりそうです。問題はともかく、まずは4日目の速報版行きましょう!

 前回記事(3日目の速報版)此方です。
http://legotrain.seesaa.net/article/453032459.html 



 高架線はやはり新幹線が安定ポジション? E7とE4が大活躍。


 国鉄色な並び。これも相当なバリエーションが発生しますよね。
 そして「凝ったコンテナを積載した」コキの車列は良いアクセントになっています。


 3-4日目は、嵯峨様提供でカメラカーの動画を流しました。
 5000円以下のwifi小型カメラは素晴らしい高画質。手ぶれ補正もあるようで自然な絵が流されててびっくり。大変に好評でした。


 ちょうど高架下区間を通過中です。


 斜めで高速横切りの、緊張感。


 たまには、全景。線路だらけに見えますが、線路の密度は大事なのです。線路そのものと留置されている車両もまた見せ場になりますので。


 これまた全景。


 対称的な?山上線の風情。初秋を感じさせる黒部のトロッコ。




 一部手抜きはありますけども、3段の立体展示。立体走行は今回が初の試みなのです。
 「山」の部分もガチでレゴで作るとか(お金よりも手間が怖いですね)、布を使った簡易表現でも「トンネル」とか将来課題としてありえるか。

 なお、二重高架を「山」の周りに巡らすと、恰もスノーシェッド・ロックシェッドに見える? 迫力ある景観になりました


 嵯峨様の路面電車、デ7000形は低車高への配慮があるのが嬉しい。
(背後の国鉄特急電車と比べるべし)
 近年の低床式でなくとも、路面電車の床面は結構低めであり、それが故の「チンチン電車」のスタイルが作られてるわけなんですよね。この文脈は大事ですよ。


 ruokuchakuma様の「キラリ」は地元のランドマーク、大好評。
 こうしたランドマークをミニフィグスケールで表現<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

【イベント】富山のワクワク鉄道フェスティバル 速報版3日目 別アングルより【写真36 枚・コメあり】

 昨日は更新できなかったため(嵯峨氏と美味しいもの食って旨い酒呑んできたため!)昨日土曜日の速報ルポとなります。

 前回記事此方です。
http://legotrain.seesaa.net/article/452982348.html

 展示3日目 8月26日(土)は初めての週末。お客様もドンと増えてくる。
 レゴトレインのインパクトはそれなりに大きいようです。
 めったに見られるものじゃないんですよ……と思わずアピールしたくなります。

 ただ、富山は嵯峨様・ryokuchakuma様のホーム故に、何らかの展示などの機会は他年に比べて圧倒的に多いのですけども。
 そして「新幹線からトロッコまで。その上路面電車に中規模郊外電車まで! 専用線や貨物輸送もそれなりに盛ん」って鉄道王国な土地柄です。

 その意味では、展示プランは立てやすく。そして反応も良好♪ となるのでした。
 展示のモチベーションは刺激されるってものです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 流石に3日目となると、重複する題材重複するカットは撮影出来てなかったりします。初のものは積極的に記録しておりますけども。


 taizoon様のパノラマクロ+hiro様の485系の組み合わせ。
 前者はかなり久々の登板ですが、今も通じる傑作です。無論富山の象徴「雷鳥」。

 窓幅広いのは1両だけ居たサハ改造の異端車だとか。


 新幹線が一番人気は言うまでもありません。無論、E7/W7系です
 斜めにスピーディに横切ってく。


 駅前路面。駅前広場。
 実際の富山ほど複雑な配線じゃありませんけども(あれは傑作ですね!)

 現実のほうが素敵な駅前です。
 車両はryokuchakuma様の9000形。セントラムも人気の一つ。


 山の上のトロッコ線。スケール違いですが、特に違和感なし?
 電機は嵯峨様のED19?)。本日はヘッドライト組み込み改造でますます魅力をあげます。

 山上の小ループは恰も「パイク(極小レイアウト)」の如し。
 何らかのマイクロカーブ使えば更にパイクらしく?


 嵯峨様の演出される、入れ替え光景。
 本線をゆくのは2軸車ばかりの関電専用列車。ジェフリーの2軸電機が入れ替えするのは旅客列車用のボギー客車。




 駅前をゆく、化成品を積んだ貨物列車。これもまた北陸らしい光景?
 いや流石に貨物列車が路上ゆく区間はありませんが、でもこうした輸送が盛んだったのは事実です。
 機関車は嵯峨様がつい先日入手されたという、古い9Vの機関車。


 新幹線と、0番線で待機する「べるもんた」(隼様作)
 ダークグリーンに、クリームの窓枠のインパクトはなおも。


 山へ続くS字カーブをくねってく、「特急」と「普通」。
 後者はtaizoon様のアンパンマン列車もとい「食パンマン列車」419系で、これも久々の登板となりました。


 駅の反対側の0番線は専用線へ続く引き上げ線設定。
 現在の専用線にはコキが似合いますね。コキは<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

【イベント】富山のワクワク鉄道フェスティバル 速報版2日目 新規車両多数!【写真40枚・コメあり】

 前回記事此方です。
http://legotrain.seesaa.net/article/452958539.html#more

 展示2日目8月25日(金)もなかなか順調でした。
 地元の濃いめの鉄道ファンの方々とお話できたのも僥倖でありました。ありがとうございます。好きな地鉄車両の形式や車番とか……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 今日から出した車両も多数です。
 hiro様の485系は「雷鳥」仕様。懐かしきスタンダード。
 流れてくコンテナ車群はSUU様の作品。物量と個性と、細かい工作。


 S字って嫌われ者ですが(笑)、この山麓のS字はなかなかのものでしょう?

 コキを引っ張らせたのはクロック様のEF66です。パワーもバランスも最高のマッチングでした。ついでに単3パワーも見せつける! スタミナが違うのですよ。


 485形のほか、エース君の683系も。「雷鳥」の新旧です。


 おなじみ拙作。Ef58と20系。
 時間と気力に余裕あればご当地ってことでEF70辺り用意したかったのですが叶わず。直流機でご容赦を。


 山麓の3線並走。


 本日登場はもう一つ。2015年JAM向け合作の「トワイライトエクスプレス」。意外とみなさん客車を保管しており、編成が揃ったのでした。
(この日は未だスシ25は欠ですが)

 懐かしい、伝説が蘇ります。


 富山の良いとこ、ぎゅっと望遠圧縮!
 全景ぼかしは使える手かも?(濫用注意)

 (簡易ながら)高低差ある今回のレイアウトならでは?


 地鉄電車と北陸新幹線の交差。


 hiro様の485系の他に、taizoon様のパノラマクロも久々に見参。美しい作品です。
(走りは明日の記事をお楽しみに)

 鉄道車両でも前景ぼかしは<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:49| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

【イベント】富山のワクワク鉄道フェスティバル 速報版1日目 富山の鉄道特集【写真36枚・コメあり】

 出先故に速報版で失礼致します(但しコメあり)。
 なお、28日火曜日まで開催中です。

 いきなり余談ですが、1日目からいきなりメンツが集まっていつもの「サイゼなう」出来たのは有難かったです。一人で名物美味いもの喰うよりは皆で(お馴染みというかメニュー半制覇な)サイゼのほうが楽しいよ!


 山の上の黒部峡谷鉄道。
 中腹をゆく地鉄本線宇奈月温泉行。


 地鉄は拙作。前から14792+14781+181+14753。
 車番特定モデルです(笑)。時代も1980年代の特定モデル(苦笑)。旧型車も交えたカオスな特急編成。

 なお、地元のお客さんには「だいこん」って言われてました。


 キハ82は信越本線特急「白鳥」でもあり、高山本線特急「ひだ」でもあります。富山には縁が深いのですね。
(日本中どこでも使えるだろ! ってツッコミはご遠慮くださいw)


 万葉線。富山の電車ほどウケが良くなく、富山と高岡の距離を痛感?


 ryokusyakuma様のE4新幹線。上越筋の花形。


 同じく。背景の「キラリ」は富山市の施設。美術館と図書館など。
 これは大変に好評でありました。地元建物は強いのですね。


 立体感のある駅前をゆく。樹木に架線柱の重要さ。
 欲を申せば信号機とかも居るんですよね。反省猛省。


 黒部峡谷鉄道の動力車は嵯峨様のED19と、拙作のEB5。
 小さなEBの曳く関西電力専用列車。あそこはガチな産業鉄道なのですよ。


 E4が斜めの高架を横切ってく。ここは見せ場になってる……はず?


 全景。簡易ながら立体部が見どころ?
 そして奥に市街地。


 全景。市街地側より<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

【イベント】ワクワク鉄道フェスティバル 設営ほぼ完了! いろいろな試み


 8月24日(木)〜8月29日(火)です。10-19時。
 入場料700円ですが、我々の他に「あの」プラレールのぺたぞう氏も参加しております! (というか設営でお会いして驚きましたよ……) なお我々の参加主体は嵯峨様率いる「くろてつの会」となります。
(但し関山は全日参加です)


 おさらいの意味で配置図。
 面積、北九州ブリックライブや立川ららぽーとより一回り大きいのですよ!
 あちらが4線同時対応でしたが、今度は5線運行対応(あのJAMでさえ8線同時ですからね)。右手の独立小規模ループは?


 初の試み、簡易高低差。
 理想を申せばブロック製ですがコストや労力を考えると不可能ではないものの難しい。でも、富山の鉄道といえば黒部峡谷鉄道のトロッコ電車じゃないですか!

 自作のちゃぶ台にフェルト被せるというこの表現、意外と「使える」と確信。
(いやまぁお客様から「この山はレゴじゃない!」ってお叱り受けるリスクはありますけども)

 そして高架。路面。複線。


 高架は斜めに駅構内を横切ってく。斜めは大事です。退屈しなくなる!
(高架の設営は難度上がりますけど)

 あの「東横イン」(ルビー氏作)が小さく見えます?
 全線で9V対応は半ば関山の趣味ですが(笑)、長期間催事で信頼性高いのはやはり9Vなのです。


 真横から。建築密度を高めてくださったのはmugen氏の組み換えモジュール作品。市販品にはない魅力。


 左手に見える前衛的な建築は地元富山の「ガラス博物館(キラリ)」だそうです。
 大柄なので、設置中はつい大柄な某アイドルの話題で盛り上がってハピハピw

 冗談はともかく、地元のryokuchakuma氏の力作。設営中もよく声がかかる作品でした。こういうのって大事ですよね。


 ryokuchakuma様による富山の電車たち。E7/W7新幹線。521系電車。地鉄市内線9000形セントラム。地鉄7000形は嵯峨様作品。これには声を上げざるを得ませんでした。

 本番では地鉄鉄道線電車(14790他)と、万葉線も姿を見せますよ。
 北陸本線は475系急行 583系寝台、EF81のトワイライトエクスプレス、485系特急に、683系特急。そして419系も!


 中央の駅舎には拙作の「宝塚ホテル」を一時転用しています。
 ホールの位置関係は鉄道駅舎に転用できそうな作りと思っておりましたので想定内。

 なお、本日富山で新幹線(3年ぶり。北陸は初)降りて路面電車乗り換えで思ったのは「次は、高架駅! 路面電車クロスの」。課題が増えました(笑)。
(でも明日からはこのプランで6日間頑張ります)




 山の上の鉄道。黒部峡谷鉄道。
 適切な表現かどうかは未だ自信がありません。試みの一つです。

 スケールの違うナロー線を高度的に切り離して設置してみるってこと。
 人気の観光路線の再現であること。何らかの評価につながればよいのですが……。

 繰り返しますが、明日から29日火曜日までです。
 皆様のお越しをお待ちしております。
 
posted by 関山 at 23:09| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

【イベント】夏イベントツイート纏め続き(京都電車王国/静岡ブリックライブ)

 今年の夏は或る意味、特異点なのかもしれません。
 長期継続(5-7日間)の催事が複数「並行」し「連続する」ってことは過去にありませんでした。
 静岡が終わったブリックライブは京都に移って続きます(明日17日より)。

 私の方では、今週末18金→20日の「国際鉄道模型コンベンション」があり、その直後8月24水-29火と富山(富山大和)での展示があります。

 レゴ的に、オーバーヒート寸前の夏なのでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆



<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

【イベント】イベントツイート纏め(2017年8月12-13日)静岡ブリックライブ・京都電車王国・水戸オフ・九州ブリック・横浜ミリレゴオフ

 お盆の土日は各種展示会やオフ会が大集中!
 これだけの並行運営ができるようなったというのは、今のこの世界が「大きくなった」ことを感じさせられます。10年前には考えられなかったのですよ。

 ただ、当方多忙にて、ツイートまとめでレポートの代わりとさせていただきます。それも飽く迄拾えた範囲ですので、気になる方は投稿者やタグなどから自力でのTwitter検索お願いします。

 横浜のミリタリオフは関山も出ているので、こちらは普通に記事にしたくもあるのですが……。装甲列車分がすごく濃厚でした!

 なお今週末にはJAM(国際鉄道模型コンベンション)があるのは言うまでもありません。
 8月18-20日(設営17日)です。
 また、引き続き8月24-29日は富山(富山大和)でのレゴトレイン展示があります。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 ブリックライブ静岡の様子です









<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

【初日の様子の追記有り!】【イベント】わくわく電車王国2017 in みやこめっせ(8/11-8/20)の模様


 エース君から設営日の写真頂きましたので、そちら中心に纏めてみました。

 イベント公式こちら。
http://www.miyakomesse.jp/event/2017/08/-2017-in.php 

 入場大人600円3歳以上400円。 8月11日から8月20日(日)迄です。



 展示全景です。
 平安神宮やロームシアター、動物園が見せ所です。


 画像は設営終了後の試運転中の模様です。公式ではありませんので注意!


 留置線。


 右手の大きな建物が「みやこめっせ(京都市勧業館)」です。
 建築模型として相当なクオリティ。


 岡崎公園の野球場も。


 動物園。和テイストなのが京都らしい。


 平安神宮 大鳥居。実物は高さ24mもある大きな鳥居です。
 展示のシンボルになっていますね。


 平安神宮を眺む、このアングルが見せ所でしょう。


 <11日追加> k.mastubara様の鞍馬駅ジオラマも登場です。
 以前の作品より、大幅にディテールアップされています。
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

【イベント】「東大阪ドリーム21」の様子(ツイートまとめ)8/6-8/20

 現場に居るわけではないので、関連ツイートまとめ致します。



 基本情報は此方。8月6日から20日までですので、絶賛開催中です。
 メインは阪大レゴ部さんですので、どんなものが出ているか、そちらも楽しみなのです。
















 以上。設営日まとめです。
 予想通り?エースくんファミリーによる近鉄祭り!となりました。このエリアは大軌開業以来の「近鉄のご膝下」ですから大正解でしょう。






 こちらは初日の様子。
 運転は可能な展示ですが、展示運転は常時・連日ではないので注意が必要とのことです。ただ、近鉄電車のコレクションは動いていなくても魅力はありましょう。
 
 なお、関西ではこの他、京都みやこめっせの「わくわく電車王国 2017」で関西LT会が稼動展示を行う模様。こちらは8月11日〜8月20日までです。
http://www.miyakomesse.jp/event/2017/08/-2017-in.php
 
posted by 関山 at 23:56| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

【イベント】7月9日 糸魚川ジオパルでの展示(嵯峨様)。体験運転。キハ52! 小規模ながらも満足度高し?

 先週の日曜日、糸魚川での展示について嵯峨様から写真をいただきました。


 集まった車両たち。たっぷりの留置スペース
 ryokutyakuma氏・たるご氏・そして拙作。
 糸魚川に縁のある題材が揃いました。キハ110は……居ても可笑しくななさそう。
 あと四季島はそのうちやってきそうですよね。


 展示全景。会議テーブル4本もあると、それなりの長さのエンドレスと、2列車同時運行が可能になります。スペースファクターの高いプランでしょう。

 本線は475系の急行「立山」。
 並走する大糸線のキハ52。なかなかに1970年代的情景ではありませんか。


 別のタイミングに。今度は「四季島」が華になってます。


 展示札。シンプルながらわかりやすい。走行中の表示も良いですね。


 こうした展示場の配慮は嬉しい!


 今回担当の嵯峨様のキハ52。地元車輌ですし、会場糸魚川ジオパルの「顔」でもあります。


 そのキハ52でもって体験運転も実施。トラブルの多いPFではなく、確実に制御できる(止まる!)dumi様の自作無線システムを使用です。




 体験運転の様子。
 体験運転は難しいのですけど(マンパワー的に)実現された嵯峨様は凄い。

 大規模な展示ではありませんが、密度と、お客様の満足を充実させた好ましい催しであったようです。そして、やはり車輌が地元で揃ってるのは嬉しいことですね。
(北陸は充実度・充足度高い地域ではありますが)






 最後に、この会場ならではのお楽しみです。
 実物キハ52 156が外で出る日で良かった!

 この車や仲間たちが21世紀に入ってからも現役であったという奇跡。
(あ、ミャンマーやフィリピンでは現役なのでしょうか?)

 そして、実物に印象で負けてない、嵯峨様の作品の良さも再認識なのです。あの作品、やはりオーラが「キハ52」なのですよね(1エンジンのキハ20ではなくて)。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

【イベント】阪大レゴ部様の「レゴアイランド」(下)。「幻の観光特急」【JBF2017】

 前回記事
http://legotrain.seesaa.net/article/451188697.html


 ところで。
 海で遊んでて、こうして列車を眺められる場所って素敵ですよね。


 二つの塔。ベタですけどポストカードにしたくなります。




 疾走力走。実を申すとカーブの連続に、やや特殊な足回り(側スカートが長め)なCHS2はギリギリでした。でも、列車を走らせているとお客様の反応がぜんぜん違う。

 阪大レゴ部さん各部員さんからも好意的な言葉いただけ、感謝しております……!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆




 さて、次に用意したのは「幻の近鉄特急」
 1952年ころの試案で、ハイデッカー展望車。構想のみで実現はしませんでしたが、10000形以降のビスタカーはこれの変種ですし、50000系「しまかぜ」は数十年開けての実現とも言えましょう。

 露骨に日本形?ではないので、きっと似合うはずと踏んで。




 あぁ。この雰囲気に似合います。架空のTEEといったところでしょうか。
 はたまた、ダークブルーのカラーリングはワゴンリの残滓か?
 作ってきてよかった。持ってきてよかった……。




 アドリア海な雰囲気にもしっくり来るのですね。

 実は欧州でもこの種の展望車が流行った時代があり、同じく1950年代にフランスのx4200とか作られてます。前面展望という意味ではイタリア国鉄はパイオニアでしたし(ETR300・ETR250)。尤も、欧州ではこの種の車両はあとが続きませんでしたけど。
(その意味で、ハイデッカーや前面展望の観光列車の伝統を守り通せているのは、寧ろ日本の私鉄の方なのでしょう)




 この列車の展望席から見える景色は、さぞかし絶景でありましょう。
 また、中間車のソファからの眺めも、一つの風景画の如く見えるに違いありません。


 此方の列車、全長が控えめなこと。また足回りは何ら特殊なこと行ってないのが幸いし、安定走行を実現。それゆえ、11日の13-16時ころ、電池切れるまでのロングランを乗り切ったのでありました。


 最後に、阪大レゴ部さんの車両。
 これはこれで味のある、欧州ゲテモノ感のある気動車(ゲテモノというのは褒め言葉ですので誤解されないでくださいね!)。
 第一印象は「ぶさいく?」でも、付き合ってるうちに「ぶさかわ?」に変わってくような、ある種の欧州車(シトロエンのami6とか)のような雰囲気があります。また、何にも似てないというオリジナルティも好評価なのです。

 最後に繰り返しますが、阪大レゴ部の皆様の寛大なご処置に感謝致します。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

【イベント】阪大レゴ部様の「レゴアイランド」(上)。「東からの使者」【JBF2017】




 以前記事にした阪大レゴ部さんの超絶力作「レゴアイランド」
 南欧風の本格シーナリー・そして地形表現もあるトレインレイアウトです。

 JBF2017にも出展されているとのことで、ここで列車を走らせてみたいという夢が叶う? 幸いにも阪大レゴ部さんの快諾を頂けました(誠に、ありがとうございます!)。

 なお、前回記事を久々に確認しましたら、細部が微妙にアップデートされているのですね。ミニフィグが増えて凄く賑やかになってる!
 そんな、最高の舞台に6月11日 日曜の午後以降、拙作を出演させていただいたのでした。


 この素晴らしい舞台に、ガチな日本形は無論似合いません。
 というか自分の美意識が許しません。

 理想を申せばフランス形やイタリア形、スペイン形なのでありましょう。ただ、すっと出てくる作品がない(過去作あっても半壊とか、古すぎて納得できないとか)。

 ここで引っ張りだすは、同じ欧州でも「東側」です。

 チェコ共和国はシュコダ製のchs2形電気機関車(ロシア籍)。客車は共産趣味で揃える。
 
 意外と似合う……と思ったのですが、次善の策と言えば事前の策ですね。
 こうしてみると、地中海でもイタリア半島より東側でしょう? 或いは黒海沿いの風景か?
 
 さて。冷戦時代であっても、列車は東西を直通していました。
 東側の車両を西側の事業者が購入することもありましたし、西側の車両もその性能から東側に結構輸出されていました。鉄道は大陸の東西をがっちり繋ぎ続ける。欧の東西の壁はそれほど高いものではなかったのです。


 丘の上の教会と、トンネル。
 このトンネルは車両限界シビアです。幸いにも拙作はこぶりなので、パンタ外すだけで入線が可能でしたが。


 大崩海岸を思わせる海上橋。教会の丘の「物量」がひしひしと感じられます。


 此方の橋は石造アーチ橋。「ポルコロッソ」もやってきました。


 海に面した高架駅。ビーチに直結徒歩0分!
 

 全景。いちょう祭では観られなかった建物も幾つか見えますね。
 

 2つの塔を眺めながら。

 列車の最後尾は食堂車。
 こんな素敵なところに降車するのは叶わずとも、でもこの景色眺めながらの食事も魅力的なのです(ボルシチと黒パンとバルチカ!)。


 色彩感覚に、ぐっと惹きつけられます。
 地味なトーンの駅、色数抑えた教会。
 それに対して、右手に見える民家群がとても鮮やかな色使い。

 すべてがすべて地味な色使いにすると、リアルかもしれませんが華やぎがないでしょう。かといって、その反対もありえません。

 部員共同作と伺ってますが、集合知で良いバランスになったのではないでしょうか。


 此方側のターンも見逃せません。

 本線列車が走るにしては急カーブなのは……。
 私鉄買収線区で、もとは軽便規格。そこを強引に本線規格に格上げしたので急カーブとか残ったまま。大規模改良を行う予定はあるも、なかなか進まず……(南欧とか中欧東欧にはありそうな事由で)って勝手なストーリィ思いつきましたよ。




 建物の大きさとか角度、絶妙なバランスです。地形の立体感も。


 教会側の<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

【イベント】ジャパンブリックフェスト2017 1日目写真速報版【写真35枚】

 ジャパンブリックフェスト2017 1日目のトレインブースの写真のみ速報お届けいたします。
(文章まで書く気力ありませんのでご容赦をば。後日解説追記版お出しします)

 この日は、ほとんど他展示観に行けませんでした。
 明日は、折見てじっくり見学致しませんと!



 拙作。153系新快速と阪急P-6。


 とにかく、密度の濃い展示です。
 今まで見られぬ方向性となりました。


 駅は留置スペース兼ねる。
 

 エース君パパ様の近鉄50000系「しまかぜ」。






 幻の近鉄特急(1952年試案)と、そのはるか後世の実現版。「しまかぜ」。夢の並び!<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

【イベント】ジャパンブリックフェスト2017 トレインブース設営完了篇

 今年は大変に手際よく、18時ころには概ね完成しておりました。
 これまでになく、建物分の多いレイアウトです。

 現地更新写真速報篇としてお送りします。


 京町家(かべ様作)と、宝塚ホテル旧館


 ポートタワー(mugen様作)から全景を見る。ハルカスはエース君パパ様。


 mugen様のモジュールビルは神戸イメージした配置。エース君の六甲ライナーに薬師山様の阪急バスも似合う。


 駅の背後には宝塚ホテル旧館(関山作)。
 手前には京阪電車ですが、阪急電車との合わせを是非ともやってみたい


 美留町様のレストラン菊水と京町家の合わせ


 かべ様の京町家。


 六甲ライナーと、マイクロスケールのマンション群
 スケールの違いはありますけども、意外と違和感がないものです。「グランシャトー」は美留町様の新作。


 菊水から宝塚ホテルを眺む。


 異人館はかべ様の新作! 小さめに要約するのは難しいのです。傑作と言って良いでしょうし、今回の主役でもありましょう。


 立体感ある町並みの素晴らしさ。


 まだ車両がいなくても、この雰囲気です。
 実際にうごいだしたら……いい情景が各所で繰り広げられることでありましょう。あぁ本番が楽しみすぎるのです。


 広大な車両展示エリア。その1


 広大な車両展示エリア。その2

 なお、ほか展示でも鉄分濃厚なものはたくさん。大きなミリタリ卓、薬師山様の個人卓、etc。

 去年の2倍近い規模になってしまったJBFの2017。本番が大いに楽しみなのでした。

 全体にボリューム特濃。日本の(いや東アジアの)アマチュアビルドの凄いとこ概ね集結!
 土日やっていますので、ぜひお越しくださいませ!

< 公式 >
http://japanbrickfest.klug-jp.com/

posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

【イベント】いばらき立命館day(2017)レポート速報版「阪急無双!(だけじゃないよ)」【写真26枚】


 阪急電鉄さんのブースとコラボ。
 良い雰囲気のディスプレイ。

 あぁ「電車館」(かつて宝塚ファミリーランドにあった)復活しないかしら!


========================


 昨日のレポートの速報版お届けします。

 お客様、特に地域の親子連れ多々! の賑やかな催しでした。
 隣では阪急電鉄さん、大阪モノレールの記念撮影ブースあり。

 一番の人気は、予想通りに阪急電車。会場はどちからというとJR圏なのですが阪急のほうが人気あり。持ってきてよかった!
 バランス取りの?JR題材はエース君や薬師山様の持ち込みがあり助けられた感じです。


 エース君の「快速」。221系+223系。
 並走する阪急6300系は薬師山様。そして1300系はあおつき様新作。


 大阪モノレール、むろんひだか式。
 あべのハルカスはエース君パパ様の新作。最大のインパクト。
 Nゲージのビルも良き遠景に。


 ひだか様いわく。従姉妹とのことです(笑)。
 皆様よろしく。


 やはり、ビルが良い効果。


 三木様の新作。阪急4050形救援車。6300系に連結待機。


 遂に見参。P-6の貴賓車組み込みの5連。
 光明丹屋根の5連は…いいものですね。


 左は子供が歓喜する方の1000系(1300系)。碧月様作。
 右は子供がドン引きする方の1000系(1010形)。拙作。

 でもまぁ、この並びで来て満足でした。


 これは大人気!
 阪急電車現役最新車同士の併走です。
 9000系列と1000系列は、はっきりと好みが割れてそれがまたおもしろいですね。


 南茨木駅は<<続きを読む>>
posted by 関山 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

【イベント】池袋 第2回鉄道模型芸術祭レポート(3)2日目 名鉄無双?/違うからこそ面白い!【写真84枚】

 前回記事こちら
「池袋 第2回鉄道模型芸術祭レポート1日目(1)シンプルプランでゆったり!」
http://legotrain.seesaa.net/article/449194306.html
「池袋 第2回鉄道模型芸術祭レポート1日目(2)広さは力?/夜のファンタジィ」
http://legotrain.seesaa.net/article/449835886.html


 池袋に北九州、立川と3つのイベントの記事を並行で書くことになってしまいました(お陰様で立川は「完結」)
 まとめてみると、其々に良さがあるのに気が付かされます。違ってるからこそ、面白い♪

 立川の記事まとめたあとで池袋の写真を見ると「広いなー、広さは力!」って思いましたけど、その後で改めて立川の画像見直すと「立体最高、高架最高!」と。
 で、そのあとで北九州を見直すと、大型作品の入線がないが故の「トリッキー」なプランの良さも再認識できちゃうと。

 共通するのは、どれも楽しんで笑顔で臨みたいってこと。
 それが最大のサービスにもモチベにもなりますから。(その意味だと、過度に肉体疲労を伴うスケジューリングは避けたほうが良いのかもしれません)

 次は来週21日の茨木です。立命館大の産学地元イベント。
 その次は6月上旬のJBF。
 この辺は仕切りではなく半ば「お客様」なので、また新鮮な気持ちで楽しめるかと。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆





 例によって、開場前の時間は記念撮影タイム。
 
 dyson様の名鉄旧型をずらっと並べる。
 左から3400(関山) 5000(dyson) 3900(dyson) 850(dyson) 510(関山)。

 3400だけがやや時代違いますが、1980年代までの「日常的風景」って感じで。


 支線の分岐駅では4列車が個性的に並ぶシーンもありました。
(パノラマでも交じると完璧かしら?)
 

 新岐阜駅地上ホームでは600V線(美濃町線)の電車も本線(各務原線)の横に並んでましたね。昔の名鉄はそれこそ「架空鉄道」以上に何でもありでした。

 社長が趣味で?電車走らせてた……というエピソードはその最たるもんでしょうか(笑)。それ故の「パノラマカー」であり、「北アルプス」だったのでしょう。
 まぁ、旧型車がやたら残ったのはその反動かもしれませんけども。
 然し、電鉄経営の理想主義を通そうとした歴史は忘れてはならないものです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 2日目も、運行開始。
 駅前路面線はバルーンループとクロッシングのマニアック配線。




 駅前をゆく510+520。
 桜の木は二日目からの追加です。


 貨物駅脇の小情景。
 ボンネットバスと、英国製の古典蒸機。
 その奥に見えるのは瑞西製の古典電機。

 関山の、趣味丸出しですね。


 本線系。西鉄1300形が露払い。頑張って屋根の黄色ラインも再現して正解でした。




 軽く私鉄特集。近鉄2200系の特急。
 2227形-2600号(貴賓車格下げ)-2303号(展望車)というおいしいとこ取りの編成。
 2227形はもう1両増備して4連化したいですがなかなか制作の時間が取れず。




 名鉄3400系も本線へ。


 850系との流線型同士の共演。
 





 西武E52(元国鉄ED13)の貨物列車。
 自作動力機故のトラブルは完全に克服しきれないものの、少しづつの改良を行ってる由。存在感ある、お気に入りの一両なのです。


 EF10 24号機の牽く20系。関門間のわずか1駅の組み合わせでしたが、デッキ付旧型電機の牽くブルートレインは<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする