何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年03月24日

【雑談】関山式パーツ調達について

 普通に日本でできる調達方法の範囲で。

●部品単位で買うときは、「極力多めに」
 例えば、客車を最終的に4両作るつもり、でも当面作れるのは2両だけ。というときは最初に4両分か5両分の資材を確保しちゃいます。
 で、実際には3両目作ったあたりで力尽きたりするわけですが(苦笑)、その頃には残った資材は次のアイディアの中での再活用が決まっていたりするんですね。「自分がよく使う部品」というのは把握できてますので、無駄は少ないはず。

●定番部品は、100〜200単位で大量確保とストック
 黒のプレートやプレート亜種系(レール付きやらクリップ、ハンドル付きやら)は100-200単位で買いだめします。意外と早く消化するものです(笑)。黒なのはツブシが効くのと、一番安いことが多いからですが。
(あと、鉄道車両だと案外多い「赤」もストック多めにしてます)
 他、クリア1×2ブロックやクリア1×2プレート、ヘッドライトブロック各種も手許に大量にないと不安になります(笑)。

 トレイン車輪や連結器、9VやPowerFunctionのような電気系も同様です。

●部品買いは「現行」のうちに
 国内調達・海外調達(bricklink)ともに、現行のセットに入っている部品は入手しやすく(在庫が多く)、かつ価格も含めです。しかし、その部品の入っている特定のセットが絶版になると、部品の相場もまた跳ね上がってしまいます。
 使いそうなものは現行のうちに(余計に)確保、が基本です。

●いつか、使うだろう
 これはレゴに関しては有効です。数に関して迷ったときは「多め」で間違いはありません。多めにしたほうが多くの場合は単価は下がりますし。

●セットで栄養の偏りをなくそう。
 好きなものばかり食べてると栄養かたよるように、パーツ買いばかりだと、どうしても手持ちのパーツ傾向が「偏り」ます。プレートばかりで何故かブロックがないとか(笑)。
 また、セットに入っている意外な部品が「意外と後で役立つ」こととか、偶然の出会いの部品がとてつもないアイディアを引き出すことだってあります。
 時にはセット買いも大事です。なるべく偏りないジャンルの……(自戒)。


 と、自分ならではの「安く上げる」方法を記してみました。
(「カンザンブリック」での調達も、この流れでの「調達」です。この援用でお客様の分も「安く上げる」ことは容易くなります)
 なにより、ストックが或る程度あるといつでも思い立った時にビルド開始でき、ストレスも溜まりません。

 まぁ。ストックを持っているのは「置き場所」と「整理の手間」というデメリットもあります(ちなみに管理人は「断捨離」という言葉が割と嫌いです)。なにより、絶対にレゴは飽きない、ずっと続けるという根拠のない自信も要求されますし(苦笑)。あと、ストックというと格好良いですが、悪く言えば「在庫」ですからね(笑)。
 必要な分だけをスマートに少量づつ、というのもスタイルとしてありだとは思うのです。


 蛇足。
 管理人は食品とかもこの流れの買いだめ多いです(笑)。肉とか安いときは買いだめして小分けにして冷凍、とか。
 近所に食品ディスカウントとか業務スーパーとかコスコト無いのはちょいと痛いですが、あったらあったで冷凍庫買い足ししないと持たないんだろうなぁ。
posted by 関山 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

【雑談】宇宙海賊ってレゴのテーマにどうよ?

 放送・配信中のアニメ「モーレツ宇宙海賊」の溜まってた分を消化してます。
 一見萌え系に媚びてるように見え、まじめに宇宙モノ、ハードSFしているのに驚かされてます。女の子が宇宙にいくまでの時間・準備がえらく丁寧なんですよね。主人公以下、みんなひたすら前向き積極的な登場人物たちも心地よい。
 もちろんプロジェクタ大画面での鑑賞。
 あ、でも主題歌とEDだけは汚点と思いますけど(せめて声優さんにしろよな)。
 今度、原作「ミニスカ宇宙海賊」も読んでみよう……。

 設定は20年くらい前の竹本泉のマンガ「レディ・タンポポ」(1992年。単行本「ちまりまわるつ」収録)や、10年ちょい前のアニメ「宇宙海賊ミトの大冒険」(1999年)に似てるよなぁとは思ったり。
 無論「遺産としての海賊船を私掠船免状や乗員ごと引き継ぐ」なんて設定は「ありがちなもの」であり、それを独自に昇華させ、先行作への敬意は示しているのでしょう。
(憶測ですけど「ミニスカ」の原作者、笹本祐一氏は竹本泉は読まれていそうな気がします。レディ・タンポポは短編2本じゃ確かに物足りないものでしたから)


(おもいっきり脇道ですが、「ちまりま」「よのなかのまほう」は竹本作品の中でも一番好きうじゃうじゃ)

 とにもかくにも、それだけ宇宙海賊ってテーマは人気があるのでしょう。「宇宙の海は俺の海」な、あの古典的作品も含めて(注:管理人は直撃世代であるがゆえに、あんまり松本作品は好きじゃないのですが。その辺の話は999も含めて長くなるので別の機会に)。

 さて、前置きがメインになっちゃってますが。
 レゴの宇宙シリーズに「宇宙海賊」ってサブテーマは未だに無いですよね。宇宙警察なら三代もありますのに。
 一方で「南海」(海賊)というのもレゴの伝統的テーマとして「街」「宇宙」「お城」に続くものとして定着はしています。じゃ、その辺を融合させて。

 あまりに安易、レゴで「宇宙海賊」(Space Pirates)って無理なのかしら?
 まぁ最近は他テーマよりも冷遇されている感の否めない「宇宙」「南海」の両ファンから怒られかねない発想かもしれませんけど……。

 この発想があちらで出てこないのは、日本人が思ってるほど「宇宙の海は俺の海」な頬傷のある宇宙海賊の話もあちらでは知られていないからかもしれません。
 ただ「カウボーイビバップ」(これはあっちでも人気だったはず)みたいなのも含めて、宇宙と海賊(私掠船や武装商船)って相性はいいはずなんですよね。きちんと作って販路間違えなければ(=日本でも売れよ!)世界的に盛り上がりそうな気もするのですが。どんなものでしょ。

 あぁ、でも主人公が女の子っていうのはレゴ社的にはありえないんだろうな(爆)。無論Friendsは却下で!
 それから、宇宙船はちゃんとハードSF的考証に耐えるやつでお願いしたいです。少し前のスペポリみたいなのならギリOK!
 いや、こんな雑文記す気になったのも「モーレツ」観てて、レゴ宇宙シリーズを強烈に思い出しちゃったからなのですから。
 
posted by 関山 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

【雑談】「映画 けいおん!」今さらながら観てきました(ネタバレなし)

 すごく久々にアニメの話です。

 12月初旬開始というファーストディ1000円を狙うと観難いスケジュールだったのですが(当該日が「1月1日」しか無い)、なんとか2月1日でも池袋や新宿では上映してたので今さらながら観てきた由。

 ちなみに19時過ぎとかからの回はレイトショー割引1200円で観られる館(品川等)もあるので1000円の日に拘ったのは割と愚かでした(苦笑)。あぁもっと早くいけばよかった。というか素直に前売り買っとけよって話ですね。

 普通の感想記しても面白く無いので、レゴ的な感想。
 ロンドンタクシーを4幅で作りたくなりました。車内は「向かい合わせのシート」も再現で!
 ルートマスター(ロンドンバス)を5幅?で作りたくなりました。劇中で利用はされてませんけど。
 豊郷小旧校舎は……さすがに無理。でも誰か作らないかな?
 肝心の軽音部員は……アニメキャラはやっぱりFriendsのミニドールじゃなくてミニフィグじゃないと無理ですよ! あぁけいおんがこのまま国際的な作品になって以下略。人類が火星に行く位には無茶な話してる気がしますが気にするな(自爆)。現実的にはどこまで既存品で見立て出来るかですよね。
(Statue系作られる方は尊敬します。自分にはできない世界ですから)

 環境的な感想。
 上映2ヶ月目ですからさすがに小屋は小さいです。でも、小さくても映画館の画質・音響って未だ家庭用機器とは天地の開きがあるんですね。まぁ安物プロジェクタと映画館じゃそもそも比較になりませんけど。没入感も別物ですし。DVDとかブルレイ買って部屋で観てもあのインパクトはないんだろうなぁ。

 肝心の内容について。
 ライブシーン多々サービス精神満点。ライブシーン多過ぎで感激するべき場所分散されすぎてるなぁと思ったほど。でも、出し惜しみよりはずっといいです。
 なにより、京都アニメーションの仕事(動き・背景美術etc)は劇場作品に十分耐えます! 「キャラクターが動いてるだけで満足」「キャラクターがそこにいるだけで満足」を実現しちゃってるのは凄いことかと。
 一方、上映中何度も爆笑したくなったのに劇場ゆえ声上げられないのは割とストレスたまりました(笑)。それくらい元来4コマで笑いもある作品なんだということを再確認と。
 あと、初海外旅行の緊張みたいなのは「なるほど」「あるある」って感じ。
 ただ、一つ惜しいのは「卒業寸前の、妙に虚しく切ない気持ち」みたいなのが、TV第二期程は感じられなかったこと。これはTV版で既に出しきってしまったからかもしれません。


 で、雑談ついで。
 相変わらずbrickshelf落ちっぱなしです。あとEurobricks辺りが微妙に情報日照り……。今日は手抜き更新ですいません。明日はちゃんと更新します。
 

posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

【雑談】NYトイショウって何時だったかしら?

 今日はペットショップのamazon.co.jp扱い開始くらいしか(手軽に更新できる)ネタがなかったのですが……。

 大ネタというと。
 毎年1月か2月にニューヨークで玩具見本市があって、「前年のうちにリテールカタログからリークされて画像が出まわったりしたけど、あれこれあって画像削除されちゃったセット」とか「しかし、幸いにもリークを逃れてたセット」が公式に発表されたリスののですけど。後者はもちろん、前者は公に話題にできる楽しさがあるものです。

http://legotrain.seesaa.net/article/186608848.html
 去年は2月18日に記事にしてました。あぁ、まだしばらく先なんですねぇ。
 今年は「ロード・オブ・ザ・リング」「MonsterFighters」「Friends夏製品(リゾート)」「City(病院とか鉱山とか)」辺りが目玉になるんでしょうか。「ニンジャゴー」も新製品出るはずですよね。

 それにしても、新シリーズ「WorldTrains」(今適当につけた企画名(笑)。具体的になんにも考えてない)なんてやってくれませんかね(笑)。
 Friendsで女児向けで新市場拓く次は、タカラトミーの独占市場への挑戦ですよ! あっちが欧米型とかに本気になる前に市場を占領しちゃえ(笑)。
 

posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

【雑談】この発想はなかった! gif動画での組み立てアニメ emerald様のエメラルドナイト組み立てgif

 いや、brickshelfにjpgだけではなく、gifが上げられることを失念しておりました。
(bmpも上げられたとおもうんですが、非常識に重くなるので勘弁願いたいところです……)

 で、gifなら簡単なアニメーションもできる由で、それならこんな企画も成立しちゃうのですね。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=492141



 勿論、炭水車に客車版もあり!
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5312727
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5312728

 いろいろ、応用の余地はありそうです。
 製品レビュウは勿論、自作でも特殊な技法を使っているところや、動きで見せる作品を紹介するのに使えましょうし。また、こまどりアニメも勿論。

 なにより、動画ほどシビアに撮影環境を用意しなくて済むこと、普通にbrickshelfに上げ、見てもらいやすいというのはメリットでしょうね。
 
◆◇◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆◇◆


 USでは絶版(S@Hから商品ページも消滅!)になってしまった#10194エメラルドナイト。
 日本特有のタイムラグのおかけで未だ12980円の「通常価格」でamazon.co.jp扱いありです。
 しかし、絶版品消えるスピードは加速掛かります(風車村は瞬殺でした……)。気になる向き、複数欲しい向きは今のうちに! このセットに関してだけは「買わないと後悔」します。何より後継の10000番代の蒸機の話がでてくる前というのがキツい……。

 レゴ社さん、本気で後継製品考えてるんでしょうねぇ。#7750の二の舞は勘弁願いたいものです。悲しいかな、製品の供給は連続してくれないと、ファンの興味関心も連続してくれないのですよ……。
 
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

写真追記!【雑談】昨晩の更新が遅れたのは

 運転会合わせで久々に新作の電車編成モノ作ってるからです(この前発表した京急各種は去年の作品)。
 お題は「5車体連接で日本型」……実はン年前に同じ題材がレゴで作られたりもしています(笑)。偉大な先代に敬意払いつつ、自分なりの解釈での制作ですよ?

 で、この種のビルドは「構想に妄想1年、でも、形にするのに2日」だったりするのですね。資材が集まってて、技術的な部分がクリア出来てしまうと、あとは早い! 勢い乗って眠気が飛ぶのもありますけど。

 取り敢えず2日で形はできました。インテリアも簡素にはついてる。
 あとはディテールとか細かい詰めなおしとか。まぁ、これが却って時間掛かるのもお約束だったりしますが。
 ビルドの勢いが乗るのって、いいものです。
 
<追記>


 takashi様、正解おめでとうございます(笑)。

 普段製作途中の写真は面倒なので(※)上げないのですが、今回は特別、と。
 さて、屋上機器とかこれから作りませんと。

※:決して秘密主義ではないです。ほんとにめんどくさいだけ……。
posted by 関山 at 07:14| Comment(11) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

【雑談】国内玩具メーカー各社の印象


 モボ様のブログ「Freemode」を拝読しているうちに、エポック社とかシルバニアファミリーのことが気になってこんな雑記をしたくなりました。
 飽くまで個人的な印象ですよ、企業情報とかまで調べたわけじゃないですし。だから【雑談】です。順番も「思いついた順」といういい加減さ。
 あと、それぞれのメーカーのファンの方、お手柔らかに願います(笑)。


・エポック社:昔は各種ゲーム盤のイメージ(野球盤が筆頭)。その流れでゲームの会社というイメージが強く、ボードシミュレーション全盛期は主力メーカーではありましたね(この世界の重鎮:鈴木銀一郎氏を擁していたのも大きかった)。SLG→RPG(TRPG)という流れについてゆけず、この分野は尻窄みになっちゃいましたが。
 あとはテレビゲーム黎明期を支えたメーカーの一つ。カセットビジョンにスーパーカセットビジョン。前者は1980−82年の国内オンリーワン。後者はファミコンにセガ(SG1000やMarkIII)相手にそこそこ健闘。この辺は秋葉原で今も流通するくらいにはファンもいます。
 一方で、1983年ころからのシルバニアファミリーがこの会社を支える骨になった印象はあります。定番を持っているのは強いのでしょうね。品質は模倣品?メイプルタウンより高いと見受けられるのですが。
 このメーカーの製品はどのジャンルも、どこか筋の通った印象があって好きです。


・バンダイ:系列も含めて今も昔もキャラクターもの(版権系・古い言葉なら「マスコミ玩具」)の覇者。よくよく考えてみると、日曜の朝の三番組(戦隊〜ライダー〜プリキュア)はスーパーバンダイアワーでもあります。普通にメジャーな国内キャラクターは必ずバンダイがスポンサー(と独占版権)のイメージありますね。これはバンダイが独占と云うよりは競合他社がやる気ないからだと思うんですが。
 逆に云えばキャラクターもの以外はあんまり強いイメージがありません。ただ、社内に或る程度リアルスケールモデルを指向するスタッフがおり、そこから大人の超合金的なプロダクツが生まれるのかなぁとは思うのですが。
 ちなみに模型部門は静岡本拠。その意味ではタミヤにハセガワにアオシマと「静岡仲間」という印象があります。
 余談ですが、この会社のゲーム機は失敗の歴史でもあります。光速船(Vectrex)・アルカディア・インテリビジョン・RX78。……ファミコンやスーファミ時代のブランク空けて、ピピンアットマークにプレイディアにワンダースワン。何一つ商業的にも作品的にも成功しちゃいません(GCE社からの輸入品のVectrexだけは名機ですけど、バンダイの功績じゃないですしねぇ)。


・トミー(タカラトミー/トミーテック):トミカとプラレールの二枚の鉄板。お陰で他ジャンルに手を出すときになんか余裕のある印象があります。
 その余裕ゆえの詰めの甘さか、キャラクター系は伝統的に弱い印象があります。1970年代から現在に至るまで、何度も何度もチャレンジしつつ引っ込めてる感じ。でも、そこで無茶しないのがトミーの良いところって気がします。
(その意味ではバンダイの対極にあるんでしょう)
 トミカとプラレール(あと、TOMIX!)という「システム玩具」を柱にしてる辺り、どこかレゴ的な雰囲気を感じるのは私だけでしょうか?


・タカラ(タカラトミー):リカちゃん・ジェニー(バービー)の会社という印象しかない。あとはボードゲーム各種か(人生ゲームは鉄板)。あ、GIジョー⇒変身サイボーグ⇒ミクロマンもあった。いや、もっといろいろやってるはずなんですけど。ここも昔はアニメのスポンサードで変形ロボとか出してたみたいですね。
 ところで、リカちゃんをシステム玩具として評価する文脈ってないのかしら?


・セガトイズ:ヨネザワ時代の、どこか泥臭い印象が微妙に残ってますよねぇ。アンパンマン抑えてるので安泰でしょうが……。1990年代後半だったと思うんですが、ヨネザワ時代からの古い木製玩具(所謂「ひらがな積み木」)の継続生産品に「SEGA」ロゴが非常に浮いていたのが印象的でした(笑)。


・任天堂:実はいろいろやってました。あのブロック玩具が有名なところですが、他にもエポック的なゲーム盤とか。ラブテスターに光線銃とかもありましたよね。
 余談ですが、ファミコン出たときに当時の子供は(少なくとも自分の周囲は)「任天堂は鉄板だろ、他はダメ」と既に見切ってた印象があったんです。ゲームウォッチでの「信頼感」は既に焼き付いてましたから。時空列的にはハドソンやナムコの参入前だったと思います(この2社がファミコンの圧勝を決めたようなもんですが)。
 今から見るとあの時代はメーカーとか流通の大人の方こそ無駄に大騒ぎしてた印象がありましたねぇ(アタリとか、以下略)。あ、でもセガは頑張ったと思います。


 取り敢えず盛業中で印象に残ってるのは(というか資料とか見ずに書けるのは)これくらい。河田はダイヤブロック語る際に出てくるので除外と。模型系も除外。
 それから、潰れたとこも記すと際限ありません。タカトク・ツクダ・野村トーイ・アサヒ玩具etc。

 最後に蛇足。
 この玩具王国なガラパゴス日本で健闘してきた舶来品「LEGO」ってやっぱり偉大なんですね……。


 
posted by 関山 at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

【雑談】600000アクセス。ありがとうございます。


 10月15日中に達成しておりました。
 Ninjaが数える限りでは1日1000前後アクセスを頂いております。10万件には100日で達するということですね。

 情報スピードに関してはナンバーワンではありませんけど(苦笑)、そのかわり「ツッコミ」「文章ネタ」で頑張る方針です。
 あと、できる限り、1日2回更新は努力します。

 【レゴトレインの歴史】は1980年篇に偉く手間取りましたが、以後は灰レール時代は2回残すのみ。まぁ9V時代も書くこと多そうなのでゆっくりペースになってしまいそうですが。

 【brickshelfより】は今年2月分くらいまで追いつきました。夢はリアルタイム(せいぜい1週間遅れ)の棚紹介なんですけどね。Flickr編もそろそろ再開か?

 微妙に「買っても組まない病」気味なので、最近は【購入レビュウ】少なめで申し訳ないです。買っても組まない病の原因の一つに「組んだものを置く・飾る場所がない」というのがあるんですが、最近ちょこちょこ片付けてなんとかスペース捻出。これで消防署もペットショップもダイアゴン横丁もいける……かも。

 事実上の広告たる【価格情報】は現在3回に1回以下になるように意識はしています……それでも多すぎでしたらごめんなさい。でも、「良いものを、良い価格で売る」お手伝いはできてる自負はあります。
 その意味で、割高なものは紹介しないようにしてますし、イマイチなものも貼らないように(パーツ取りとかで例外あり)。まぁ貼っても実際に売れませんけど(笑)。対して、良いものでかつ価格が適切なものは「大きく、動く」ことが体感できているのですね。
 そんなわけで、#10223「城門と馬上槍試合」に、精細感のある2012年Cityとか、噂のFriendsは気になるところ。後者はamazon.co.jp扱いありますように。#10223はキリン屋(ボッタ)に独占されませんように、と。
 あぁ、その前に#10218の独占解禁も楽しみですけど。

 ちょっと残念なのは鉄道系書籍のクリックが凄く少ないこと……。最近だと「私鉄の本」に、身近な隣国といえ「海外鉄道本」じゃ動きにくいか……。
 ちなみにクーラーボックスの話を書いた時、クーラーボックスは売れましたが(ありがとうございます)、「走るクーラーボックス」冷蔵車の本はカスリもせず(笑)。
 本といえば……ラノベやSF貼っても、もっと動かなさそう(笑)。
 まぁ、この辺は半ばネタで続けます。

 【雑談】アニメネタ、やっぱり必要ですか? 先日の運転会で、「夏アニメの総括は?」とか聞かれちゃいました。需要があるなら書きますけど……。実は秋アニメで妙にお勧めなのが1本あったり(世間的にはノーマークな大穴……だと思いたい。ニコニコ配信あり)。
 
 最後に。
 拙作にはダメだし・ツッコミ含めてコメントがあると、やっぱり嬉しいです。


◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆


 そんな訳で、以下広告。



 #10199クリスマスセット(おもちゃ屋)は現在37%offまで落ちてきました。7899円で即納。
 #10216ウインタービレッジベーカリーは36%offを維持。6760円。ボリューム感はややないものの、このシリーズでは一番低価格・お手軽という見方もできましょう。

 さて。
 #10222ウインターポストオフィスは発売まで2週間を切りました。直前には予約締め切られる可能性があり、その後相場高止まりになりますかも(アン王女の復讐号とかウニモグとか)。お早めに?

 直前に予約もできなくなりそうなのは#10220ワーゲンマイクロバスも同じく。あぁ早く(個人的に)欲しい!
posted by 関山 at 14:59| Comment(13) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

【雑談】夏の旅は冷蔵車を増結しよう(笑)

 管理人は長年の経験上、旅行(18きっぷや高速バスでのバカ長距離旅行)の際は大量の食料と飲料を持参してます。
 現地調達はリスクが高く(ヘタに乗り継ぎの便が良すぎると買い物できない!)、割高なのイヤですから(コンビニや駅売店の定価を割高と思う経済感覚もどうかと思う……)。
 で、どうせ紙袋やスーパー袋で荷物増えるなら、夏は軽量なクーラーボックスを使ったほうがいいでしょう、と。個人的には「レム車増結」とか云ってますが(馬鹿)。

  
  


 今の売れ筋を調べて驚きました。銀色の車体に黒い屋根というのは外見が戦前〜戦後直ぐまでの冷蔵車そっくり(写真はアリイのNゲージ レ5000)。

 ただ、こーいう簡易型のは、実物なら有蓋車兼用の「レム車」(レム1とかレム400とか)ですね。「レ」(レ12000とか)や「レサ」(レサ1とかレサ5000)は本格的なハードタイプになるのかしら?
 取り敢えず、前者は軽量かつ廉価というメリットありますし、「片道輸送」になる心配もありません。潰せますし、場合によってはおみやげとかの収容にも使えましょう。

 氷はコンビニやスーパーで補充できます(合わせてコーヒーなど非炭酸の飲み物を凍らせておくと効果的)。この種の簡易なものでも「車内」なら16時間くらいなら持ちます。要は始発で出かけても、終電近くまで持つってことですね。その間、どのタイミングでも冷えた物呑めたり、或いは前日に買い込んだ半額惣菜を傷まずに持ち歩けるメリットは計り知れません(後者に関しては品質保証はしませんけど。管理人はこの辺は割とバリゲードです)。

 取り扱いの注意ですが、やっぱりレムやレと同じで密閉度を確保すること……というより家の冷蔵庫と同じで蓋は手早く開けしめすること。蓋が開けっ放しだと氷溶けるの速いですよ。
 
  
 以上、参考文献(をい)。でもまぁ、純粋にこのシリーズの中でも最高傑作です。
 意外と誤解されがちなのですが、日本の冷蔵車のほぼ99%は氷やドライアイスで冷やすだけの「クーラーボックス」だったのです(技術面よりも、積荷と輸送距離の関係で、それで十分だった)。
 冷凍機付きの「走る冷蔵庫」はアメリカ軍向けと一部の試作車だけでした。


posted by 関山 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

【雑談】500000アクセス感謝


 「Legoゲージ推進機構〜レゴトレインブログ」(旧:「関山鉄道社報」)は累計50万アクセスを迎えました。
 皆様の購読、そしてご支援に感謝致します。
 
 長らく300〜400前後であったアクセスも、2010年3月からの「ほぼ毎日更新化」により800〜1000前後で安定するようになってきました。他のメジャーな趣味ジャンル(ゲームやアニメ、鉄道など)のブログに比べれば多くはない数値ですが、それでもカウントが増えるのは嬉しいものです。今後もご購読お願い申し上げます。

 また、今年2月末からのamazon.co.jpのアフィリエイトもそこそこの収入になっております。レゴの場合は単価が低くないため、「購入により支援」はとても助かるもの。【価格情報】という広告的な更新は正直申し訳ないと思っているのですが、なるべくその種のエントリが連続しないよう通常記事も頑張らないといけませんね。
(レゴ以外の購入も、リンクをたどって頂けますと助かります……! 特に家電やPCパーツなどは(笑)。amazon.co.jpが最安値のことも少なくないんですよ?)

 広告、営業といいますとカンザンブリック。こちらは、まだ軌道に載せている途中です。実は近日大きくテコ入れは考えているところだったりもするのですが。
 現状、幸いにも平均購入単価は高く取っていただいております。それは裏返して云えば「敷居の高さ」に他ならずと。気軽に使っていただけるような方向も検討中です。
 パーツ購入、絶版品購入の第二候補位にはなれますよう……。

 4年余になる定例運転会は「レゴファンが定期的に集まれる場所」に飢えていたことから始めたものですが、無事に回数も重ね、参加者数もいい感じで落ち着いてきました。幸いにも最近はトレイン以外のジャンルの方も参加して下さるようになり、ジャンル間交流会の性格も現れてきました。これはずっと続けていきたいですね。
 ただ、かつてのEJLTC例会のような大規模イベントなどはちと手に余るため(資金・手数)、要望に応えられないのですが……。でも、何時かは。
 
 そんなわけで、ブログ初めて以来、解決したこともあれば……未だまだの課題もあります。
 今後もご愛顧、そしてご支援のほどを。



posted by 関山 at 02:39| Comment(10) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

【雑談】中野に行ってきました。ここはレゴが似合う? そして何時もの妄想。

 昨日、中野(ブロードウェイ)に行ってきました。
 ちょうど10年前、荻窪に住んでいた頃は日常で訪れる場所でした。ガチャのシングルやセット売り。或いは濃ゆいサブカル系の書籍、普通にマンガの古本やマニアックなCD、そして当時は投げ売りだったLDソフトを買いあさり、最後にまちおかで菓子・食品をまとめ買いというコース。まぁ日常化していると覗くお店なども概ね決まってましたね。

 ですが、「中央線沿線」を離れてみると訪問の機会に乏しい。で、気がついたらほぼ8年ぶり。
 昨日の再訪、濃度がさらに増してて驚きました。4階は昔は倉庫か事務所ばかりでお店は少なかったのに、今はずいぶん賑やかになっています。あの4階でそれですから、1〜3階に関しては何を況やと。数時間掛けて歩きまわり、えらい運動量になりました(笑)。 

 で、中野と秋葉原の違いというと。
 秋葉原にはレゴの「居場所」は殆ど無いのですが(ヨドバシのおもちゃ売り場とか除くと)、中野には絶版品などを扱っているお店が何店かあり(まぁプレイモービルのほうがメインだったりしますが。あれはあれで惹かれる世界)、またMinifigures(ガチャフィグ)のベンダーもシングル売りも充実しています。秋葉原のガチャ屋さんにはあんまりMinifigures置いてませんもんねぇ。

 おそらくですが、中野には「輸入雑貨、輸入玩具系」の文脈があるんだろうな、と思います。
 海外のフィギュアとかプレイモービルとか、その流れでレゴにも居場所が与えられているじゃないかと。もちろん、小さな居場所ですけど。

 そんなわけで、中野ブロードウェイに狭くてもいいので、マニアックな「アンオフィシャル」レゴショップがあったら楽しいだろうなぁ……と思うのでした。並行輸入品と通常仕入れ品が両方並んでて、小さくとも街とか城のジオラマがあって、あとユーザーが余剰のパーツやらセットやら、もちろん作品も販売のできるレゴ専門のレンタルショウケースもあって、と。
(こういうなんでもありは、オフィシャルショップには出来ませんからね)

 勿論、自分が具体的に何かできるわけではありませんから妄想のレベルです(出資は絶対に無理。ただ労力の方の提供ならなんとか?)。正直、場所代とかニーズとか考えるとまだまだ現実的に思えないのですよねぇ。
 レゴという玩具は日本でも知らない人は多分いない、メジャーなもの。
 でも、アンオフィシャルにサブカル文脈でのリアル専門店を考えると、まだまだ敷居が高い。

 ここのギャップ埋めもいろいろな意味での課題なんだろうなぁと思うのです。
posted by 関山 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

【雑談】近況報告(製作中のものとか)

 たまには。

 現在、転車台(ターンテーブル)つくっています。
 以前のSUU様のとはまた違ったシステムで。電動で廻るところまでは出来ましたが、扇形庫までは無理かも(置き場所と消費パーツの膨大さから)。あの作品の偉大さを再認識させられたり……。

 あと、先日記事にした%64448(X形補強の柱部品)の赤いのが大量に(!)手元に届いたので、当然これ使った題材にも掛かる予定でし。
 まぁ……何が出来るか大体想像できますよね?

 そんなわけで、これらのお披露目運転会も6月に考えているところです。まだ詳細発表できる状態ではありませんが……。もう少しお待ちください。


<おまけ>
 アニメは「TIGER & BUNNY」「花咲くいろは」が期待したとおりで、やっぱり面白い・毎週楽しみ。
 「あの花」も西武4000形電車の良さに気がつかされますね(観てるとこそこかよ!)。西武も作りたい形式あって設計は固まってるんですが……。

 「日常」。はじめは京アニ力の無駄使いと思いましたが、まぁ悪くないのかな……? でも107系を作りたいとは思いません(笑)。

 この機会に紹介。suu様の作品。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=473202
 ミニフィグによる見立てはやっぱり楽しい。

 「アスタロッテのおもちゃ」。平凡な緩いファンタジー作品かと思いきや、意外と丁寧で驚かされる。こういうのって1シーズンに1本は欲しいんですよねぇ。
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

【雑談】peeronも便利! 「qty」ソートでセットの意外な魅力に気づく?(オチ付)

 レゴのパーツリストとしては今でこそbricklinkの方が定番になってしまいましたが、自分がレゴに戻ってきた頃(2003年)はpeeronと勢力拮抗していたような気がします。

 いつの間にか勢力が完全に逆転してしまいましたが。
 そういえば、英語圏の情報源というかBBSとしても、LUGNETからeurobricksにメインが移っていった印象がありますね。まぁ飽くまで「印象」レベルですけど。

 それはさておき。
 peeronにはできてbricklinkにはできない?のは、
「qty順のソート。あるセットの中で、どの部品が一番沢山入っているか調べること」
 即ち、部品取り目的であるセットを買おうかどうか検討する際には「peeron」の方が便利ということになります(但し、情報が遅いのが難点)。

http://www.peeron.com/cgi-bin/invcgis/inv/sets/21005-1?PagerSortDir=r&PagerSortCol=Qty
 これは「#20005 落水荘」のパーツリストを「qty」順にソートし、セット内で数が多いパーツ順に並べたところ。
 パーツ取り目的での購入がお得かどうか難しいセットですが、タン色のプレート系がほしい人には有利なのは分かります。

http://www.peeron.com/cgi-bin/invcgis/inv/sets/10197-1?PagerSortDir=f&PagerSortCol=Qty
 こちらはイマイチ地味な存在の「#10197 消防署」。
 ダークタンのプレート1×1やら1×2がたくさん入ってて、この辺の特殊色が好きな方にはたまらない構成であることが分かりましょう。
 ダークレッドのブロックも使いやすい1×2や1×6中心で、やはり使い回しは良さそうですよ?
 あとも意外とクセがないのも分かりましょうか? 新灰色の1幅のブロックを要らないと思う方は、少ないと思いますし(笑)。


 でも、微妙に売れてないのがなんとも(苦笑)。
 アフィ貼るとわかるのですが、#10211の方が圧倒的にクリックは多いです(お買い上げありがとうございます)。

==================================
 さて、この記事にはオチが。
 念のためしらべてみたら、bricklinkでもソートは可能でした。今まで気が付きませんでした(とほほ)。

http://www.bricklink.com/catalogItemInv.asp?itemType=S&itemNo=10219&itemSeq=1&bt=0&sortBy=3&sortAsc=D
 画面左上の「Sort Items By:」のあたりをいじり回せば、qty(量)でもカテゴリでも色でもソートできちゃんですね。すいませんbricklink。奥が深いぞbricklink。

 記事……ボツにするのも悔しいのでそのままにしておきます。
 まぁ、身近すぎるものにこそ機能の落とし穴はあるってことで。
posted by 関山 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

【雑談】ルパン三世新TVシリーズらしいです

 すいません。またアニメ話で。でも割と大きいニュースですから。
 情報源は以下など。

http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-1723.html
 第4シリーズとか云われるのでしょうかね?

 個人的には「過去」は声優も制作も全て切り捨てたほうがいいと思います。どう考えても過去作との接点がないところにつくらせないと、どう考えても駄作しかできないと思うんですよ。

 だから、冗談で云われる京アニでもシャフトでもいい。ヤマカンは……ちょっと勘弁。
 声優も極端な話、不二子は平野綾でも花澤香菜でもいいんじゃないでしょうか?
(1シリーズの宮咲駿が描いた[萌]不二子見ると峰不二子への固定概念が吹き飛ぶんですよマジで。だったら今様の萌え不二子でもいいと思うんですが)


 適当な画像が見つからなかったので、第一シリーズ後期OPより。最後のモーターハンググライダーで空飛んでるカットが宮崎駿による[萌]不二子。

 もっとも、更に個人的な希望としては第1シリーズ大隅路線をサンライズかマッドハウス辺りでお願いしたいのですが。後者なら片渕須直監督で。
(でも、それだとカウボーイビバップやブラックラグーンの劣化とか云われちゃうのかな?)

 あ、ギャグ路線に徹してナベシンでもいいですけど(笑)。ついでに浦沢義雄脚本で。もう一度ポップコーンで宇宙に行っちゃってもいい。


 で、いっそのこと、迷い猫方式で毎回監督と制作会社変えるのもルパンならアリのような気もします。きっと伝説になるんでしょう。

 それくらい、解釈とか好みとかが視聴者によって全然違う作品なんですから!

 ……まぁお金出す側は納得しないでしょうが。そこがビックタイトルゆえの不幸。
 今の深夜アニメの面白さはそこらの「自由」さにあるような気がしてます。
(まぁルパンでも第2シリーズくらいに「長期・定番」になれば回毎に冒険できる余地も生まれるのですけど)
 ルパン、過剰な期待はせず生暖く見守りますか……。

posted by 関山 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

【雑談】プロジェクターのススメ

 また、「まどか☆マギカ」絡みで恐縮。
 今回の関東での放送は既にネット配信済の10話から。実は10話はもう何度も繰り返しPCとiPhoneのモニターでなら観ているのですが、今度はプロジェクターの大画面(多分70吋位)で観ました。

 ああ、別の作品だなと。情報量がぜんぜん違う! それに没入感も別物。

 そういえば3話か8話だったと思うのですが、友人と部屋真っ暗にしてプロジェクター鑑賞したとき、友人が「怖い、帰りたくない(やや誇張)」とか言いやがったのも思い出しました。
 ちなみにその友人は管理人と大学同期……(笑)。いやまぁそれほどインパクトがあるってことで。


 そんなわけで、良い作品には大画面のオススメです。意外と高いものじゃないですよ!
 まぁ自分が最初の(1998年。液晶簡易)と2代目(2001年。液晶)買ったときは凄く高かったですが(2代目はボーナス全部ぶち込んだなぁ)。

amazon.co.jpで見るとこんな感じ

 狙いどころはビジネス用(会議・プレゼン用)の3−5万円クラス。ウチのも(3代目 2008年DLP)それ。邪魔にもならないし、なにより、飽いたら仕舞っとくで諦めも付く価格ですから。とはいえ、本棚最上段などへの「擬似天吊り」での常置がお薦めですが。
 部屋は真っ暗が理想ですが、いまどきのこのクラスは昼間でもカーテン閉めときゃ取り敢えず使えます(会議室で使えなきゃいけないのですから)。スクリーンは白い壁があれば十分。
 音声は小さくても安物でもいいので5.1chシステムがあれば理想。まぁヘッドホンでも大丈夫ですが(密閉型の没入感もありますし)。


 要は、このクラス。HDMI入力なしはちょっと不便ですが、PC用のD-SUB15ピン経由のコンポーネント入力は対応。飽くまでPCに接続するのが本領なので、PCベースで録画などしている方にも。

 それより安い超小型も最近は多いのですが、おもちゃとしては魅力的……という感じでしょうか。いや、実際に凄く面白そうなんですが、じっくり映像楽しむ機械じゃないですよね。
 あと、ホームシアター用の数十万円する機器。元来AV用、映画用といえばこのクラスじゃなきゃいけないのですが。さすがにこのクラスは軽くおすすめできないです。それでも何時かは欲しい(笑)。


 ちなみにアニメ(に限らずドラマとかでも)のすべてが「プロジェクターの大画面で観れば別の作品に見える」わけじゃありませんのでご注意を! それなりの作品じゃないと大画面映えはしません(笑)。
 大画面映えするかしないか、というのも映像評価の一基準にしていいのかもと思う由。
(無論小さな画面を前提につくっているコンテンツもあるのも承知の上で)
posted by 関山 at 10:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

【雑談】また、アニメの話。「魔法少女まどか☆マギカ」11話及び最終回

 先日の#10-12話一挙放送を観ました。
 え、感想ですって? ソード・ワールドリプレイの頃から大好きなSF作家さん山本弘氏が上げてくださった感想とほぼ同意見ですよえぇ。自分の言葉で語らなきゃと思いつつも、ベテランの作家さんに感想文で敵う訳ないなぁと圧倒されちゃいましたから。
(余談ですが、自分もハマりかけてる「TIGER&BUNNY」「花咲くいろは」も絶賛されてるのは嬉しかったり。ここはファン冥利に尽きます)

 集合知的な意味で言うと「やらおん!」の感想まとめも良かったです。壮絶に膨大な情報から整理してまとめるのも凄い仕事なんですよね。


 と、自分の感想は投げ出したところで。
 前者はともかく後者でも何故か触れられていなかったのは「これ、殉教者の物語」って感想でしょうか。しかも生半可なものではなく、ブッダやキリストレベルの。
 で、それを萌え+燃えという全く説教臭くない文脈で行ってしまった。それが凄い。

 あの終わりがハッピーエンドかどうかは分かりません。が、虚淵氏が脚本家・作家という不安定な職を天職にして生涯を戦っていくように、ほむら「達」もまた生涯戦っていくのでしょう。強い人や、それに憧れるものに対して「護られる生き方」を強要するのはそれこそ無理がある。
(その意味で、さやかが幸せそうに消えていったのは印象的でした)
 自分は作家の虚淵氏にも、戦士のほむらにも憧れるのです。そして、殉教者まどかにも。
 だから、ハッピーエンドなのだと思います。



 山本氏では一番好き。今度の地球移動作戦の文庫版も楽しみですが。


 お約束として貼っておきますね。事前レビュウが凄い「熱い」ことになってます……。
 近年のアニメはゲームハード(略してゲハ)のように「売上競争」というメタバトルもまた楽しみになっているのですよね。お金払って参加(=購入)したらもっと楽しめるのかも(笑)。
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

【雑談】久々にアニメの話を(2011年春編)。王道にして革命。

 久々です。
 TVアニメの話は正直しにくいんですよね。始まる前や始まったばかりで未だ殆ど話が進んでいない状態だと情報量が少ないので、語りにくいというか勘違いしてしまいそう。
 かといって、話が進みすぎてからだと「今さら紹介しても」になってしまう。
(気になってもDVDレンタルされるまで見る機会がないという問題は、公式配信の普及で気にならなくなっておりますが)

 いっそ放送完了して半年くらいたって、話題になりにくくなってから「掘り起こす」方が意義があるのかもしれませんが。

 一見テンプレ萌えアニメに見せかけ、実は毎回監督に制作会社が違うという或る意味実験作「迷い猫オーバーラン!」
 ガイナックスの良い意味での誰得カートゥーン「パンティ&ストッキング」
 本気で萌とギャグの両立目指してた「探偵オペラミルキィホームズ」。いや意外と萌とギャグって相性が良くなくって成功作は少ないんですよ!

 で、「迷い猫」「ミルキィ」は或る程度観ないと凄さに気がつかないんですよね。そのへんの究極は逆再生アニメ「桃華月憚」か。
 需要あるなら、ここらの記事書いてみたいものですが。

 閑話休題。2011年春作品は未だまだ全部の作品が始まったわけではありませんが、既にいくつか注目作があるわけでして。
 取り敢えず掴みが良く、「王道だけど革命的」と思った2本を取り上げます。


●「花咲くいろは」
http://www.hanasakuiroha.jp/

(第1話は東京・関西での放送は終わっていますが、4月9日からニコニコでの公式配信あり)

 外見萌えアニメ。まぁ岸田メルの絵柄をきっちり動かしているだけで凄いのですが。メル絵を当時の流行作品もどきにしてしまった某作品の印象が未だに残っていると嘘のよう。
 背景とか動きとかも一級です。PA本気出しすぎ。確実に「Angel Beats! 」の時よりいい仕事。

 しかし、ストーリィ・キャラクタの作り方は限りなくアニメというよりドラマ(NHK朝の連ドラ)的です。

 飽くまで、現実的。
 人間も、醜い部分も描いている。でも、悪人ってわけじゃない。


 アニメって原則的に人間関係って現実ほどには「後を引かない」ものだと思うんですよ。これは子供向けから深夜までのほとんどの作品で。多分1980年代以降はほぼ例外なく。
 でも、この作品の人間関係は違うと感じました。えらく、なまなましい。

 で、1話に関してはいくつか人間関係的に「強烈なシーン」(※)ありますので、心臓の悪い方というかメンタルの弱い方は気をつけたほうがいいかも知れません。管理人は現代っ子(死語)なので正直堪えました(笑)。
 でも、あまりの作画の良さとか動きの良さ、そして主人公の頑張りに見続けてしまうと思います。彼女の自己ツッコミには共感度高いんですよね。
 まぁ、毎週堪えるマゾ的な作品なのでしょうけど。

 で、どこかから拾った感想が的確なので、貼っておきます。
さっそく「ニートにはきついだろww」とかいう奴がなんにんかいるけどさ
リーマンにこそきついだろ、これは
どうしてアニメにまで「仕事の厳しさ」を説教されなきゃならんのか
明日は月曜日だというのに……


 ※)人が死んだりとかじゃないです(笑)。単に「叱られる」だけなのに強烈にキツい本気でキツい。なまじリアルだからかも知れません。


●TIGER&BUNNY

http://www.tigerandbunny.net/
(公式配信では未だ1話観られるです。またBS11での放送は今週土曜深夜から)

 まさか、「広告」「企業ロゴ」がここまで格好良く、世界をリアルに見せるとは!
 コンテンツ内広告(アニメに限らずゲームでも)そのものは古い手法であり、また、すべての作品で使える手ではありませんが、連続のTVアニメシリーズでやってしまったのは凄い。
 OPでの「SOFTBANK」「Pepsi」「牛角」etcが輝いて見えるのは印象的でした。

 そして、演出・世界観・キャラクター全てが心地良い。
 いや、アメリカンな近未来(無論ブレードランナー以来の古いものも混じった近未来)でショーアップで、そして渋いおっさん主人公で……というのはお約束的フォーマットなんですけど(あ、でも最近の日本のアニメだと少ないですね)。
 で、そのお約束とヒーローが活躍する世界っていうのが最高にマッチング。絵柄も「日本のアニメ」の文脈ですから(桂正和。ベストマッチ!)、アメリカンなもの苦手でも大丈夫、と(笑)。

 会社とかとの良い意味での世知辛さも味です。といっても先の「いろは」ほどエグくはなくてアニメ的というかアメリカン(笑)ですから、その辺は欝要素というより一種のギャグになってると思うのですが。

 ちなみに保存時にCMまで切る気になれませんでした(例のペプシのアニメCM以外も)。スポンサー企業もまた番組の一部ってことを鮮烈に感じさせます。それに成功させた?としたら凄いのかも知れません。
posted by 関山 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

【雑談】マースクトレインとMe-modelsを待ちながら

 #10219マークストレインのShop@homeでの発注がなかなか解禁されません。(例えば)東部標準時で4/1の0:00とか分かりやすければいいのですが。
(以前、#10193だったかの時に馬鹿正直に発売予定日待っていて売り切れ→バックオーダーという罠にはまり、数ヶ月手に入れられなかったことが)

 さて。
 何箱か確保でき、価格目安が出せるようになりましたらカンザンブリックの扱いに関して告知致します。一応、初回分に関しては¥17000前後を想定しておりますが……。国際送料が全く「読めない」ので価格目安も出せない状況で申し訳ないと。
 また、「品切れなし」のカンブリですが、新製品の初期需要には満足にお応えできない可能性もありますこと、ご承知下さい。
(ただし、「待てば確実に手に入る」製品でもありますが)
 楽しみにされている方、もう暫くのお待ちを!

 もう一点。
 カスタムキットメーカーMe-modelsさんの新製品(トレイン関係と云われます)が、3月末発表と告知されたまま動きがありません。今か今かと待っているのですが……。
http://www.me-models.com/store/index.php
posted by 関山 at 20:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

【雑談】やっぱりデジイチ!

 写真を撮るのに液晶画面を眺める違和感というのは未だに克服しきれません。
 あと、昔はニコン使ってたので「絞り優先オート」で撮影するクセも。
 そうなるとカメラの選択肢はデジイチ一択になります。レンズ交換式も含む高級コンパクト機はどうも食指が向きません。いや道具としては魅力的だと思いますけどね。でも自分が使うかどうかというと別ということで。


 デジイチのメリットを他にも記しておきます。

・重い。その分、手ぶれは減らせる(え、ミラーショック? うーむ)。
・大きいぶん電池が持つ。コンパクトカメラは意外と電池持たないですよ。
・頑丈。割と手荒に扱っても壊れない……ような気がします。
・マクロモードが或る意味標準(笑)。キットレンズでもまぁそこそこ写ります。
・絞り優先撮影がしやすい。被写体深度をシビアに気にせざるを得ないブツ撮りにはこれがないと。
・エントリ機でもAPSサイズCCD。CCDの大きさは画質にシビアに影響します。
・連写できる。逆にコンパクトカメラ(1万円クラスの)が未だに1枚1枚に処理時間がかかるのに驚きました。
・安い。銀塩時代からの感覚として。


 ちなみにレンズ交換はあんまり魅力と思ってません。軽く使う分にはキットレンズで十分ですから。


 デメリットも記しておきます。

・デカい、重い。言うまでもないですね。旅先での軽い記録(食事とか)撮っとくのが面倒。
・威圧感、特に海外で。日本のエントリクラス機ママでもらくらく♪でも、アメリカ人にとってはプロの道具に見えてしまうらしい(笑)。フルサイズ機はもはや兵器なんでしょうか。


 そんなわけで、欲しいのがこれ。型落ちですが。
(現用機が5年前購入のコニカミノルタ。既にメーカーから死滅……に限界みえてますので機械寿命的に)


 ないと不便なボディ内手ブレ補正! 
 専用電池ではなくて単三で駆動できる!!
 カラーも白や赤なら威圧感控えめ?

 それにしても今時はこのクラスでも(しかも型落ちなのに)ライブビューとか動画撮影とかできるんですね……。
posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

【雑談】以後、アフィリエイト貼ります。

 今まで貼ってなかった理由は
「そんなに儲かりそうじゃない」
「めんどくさい」
「審査というものがあり、堕ちるのイヤ(へこむ。本気で)」

 位の物で、別にアフィリエイトそのものに嫌悪とかあったわけじゃありません。あと、レゴ分野に関しては既にamazon.co.jpのレゴ価格情報で先行しているものもあるため、ウチが今更……と思っていたのも事実です。
 が、「現在準備中」の別プロジェクト(大変にお待たせしてます)のことも考えればアフィ程度の利益でもバカにはできないでしょうし(自分で店出すこと考えると100円って大金です!)、また面倒くさがってる場合でもない。ましてや他ブログの価格情報に遠慮している場合でもありません。それよりは「レゴトレインのブログなのに、製品売ってるところにリンクもない」方が不親切ですよね???
 審査は……通りました。まぁウチの更新頻度とかコンテンツ蓄積量なら落とされても凹む前に文句言えますが(笑)。


 そんなわけで、以下いきなりお薦め貼っておきます。
 話題のこれ! 価格表示はマケプレの¥16800ですが、Amazon.co.jpでは「2〜4週間待ち」で¥14,031にて未だオーダー受け付けています。買い逃した方はお早めに! 絶版後はプレミア必至。

 定番の新・カーゴトレイン。この価格なら買ってもよいかと。
 ちなみに#7938超特急列車は相変わらずの品薄で非道な値がついてます。日本への再入荷が遅れているだけだと思いますので、そのうち適切価格に戻るでしょう(トレインセットの商品寿命は長い)。その際にはお知らせしましょう。

 直線レール8本とフレキシブルレール16個(直線4本相当)のセット。さりげなく内外価格差が殆どありませんのでamazon.co.jpでの購入お薦め。直線レールはジオラマ用・撮影用・飾り用にも重宝します。
(とか思ったらあっという間に売り切れています。需要が多いのか仕入れが少ないのか?)


 レゴジャパンの価格が外道なため、あんまりレゴジャパン経由の購入は推奨したくないのですが。でも、今のところ海外から調達しても送料とかで¥4000近くになってしまうんですね……しかも複数購入の試算で。困ったものです。

 さて。ちょっと調子に乗ったところで。
 当ブログのテーマは「レゴと鉄道」ですから、鉄道関係書籍の紹介をも考えています。

 レゴトレインにレゴから入った方には、ビルドやコレクションの為に鉄道の知識を得たいと云う方も多いと思われます。で、鉄道関連書籍というのは膨大な数が日々出版されているのですが、しかし内容は玉石混交。質の差は大変に激しく、実は選ぶのが難しい……。
 道しるべは必要ってことです。

 とりあえず、過去にお勧めしたものを再掲しておきます。この辺の本は私も何度も何度も読みなおしてます。濃さは保証。

 劇濃。鉄道コンテナに関してここまでマニアックな書籍は他にありません。RMライブラリは正直玉石混交ですが、貨車系はどれをとっても濃いです。「冷蔵車」「車を運ぶ貨車」もお薦め。

 製造されなかったプランだけの車輌というのは得てして雑誌(むろん鉄道趣味雑誌)のコラムとかで小出しに紹介されるにとどまってて纏まった資料がありませんでした。これはそうした情報を集めただけで貴重。しかも、「どう考えてもこれ初公開だろ!」という題材も多々掲載。
 幻に終わったがゆえの無茶なアイディアも自由形ビルドへの大きな参考になるでしょう。

 で、この本のもうひとつの価値はさりげなく「国鉄車両発達略史」でもあること。幻の題材を扱いがゆえに、その背景としての正史もダイジェストで記されています。ネット(wikipedia)などの情報も併用できるのであれば、初心者の入門書にもなりましょう?
(兵器に詳しくないのに「幻の超兵器」みたいな本って手に取りたくなりませんか?)


 資料性とかの点で賛否は分かれる一冊のようですが、個人的にはお薦め。1930年代の流線型車両に関して、世界的に広く扱った日本語書籍は他にないからです。また、各国の高速列車網の成り立ちについても概説があり、ここも基礎知識として役立ちます。
 正確・詳細な史料ではありませんが、それを欲するようになるためのポータルとしての価値はある一冊です。


posted by 関山 at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。