何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2021年07月08日

【作品紹介】sakurai様の宇部興産ダブルストレーラー(いすゞ)。究極の道路と、究極の自動車。



 宇部興産専用道路は1972年から使用される、日本最長の「私道」。

 セメント工場間を結ぶ、30kmに及ぶ4車線の道路と、そこに運用されるダブルストレーラーは有名な存在です。
 法規制の対象外ですからとにかく大きい。全長30m。120噸。
 トレーラーはホッパ形でセメントクリンカを輸送するもの。

 10年ほどで更新されるトラクター・トレーラーの車種は歴代で多種に渡ります。
 現行車種ではケンワースのボンネット、キャブオーバーではボルボ、スカニア。国産車ではいすゞも使われています。


 sakurai様の作品は、いすゞの再現のようです。


 6分割のグリルが鮮烈な印象です。直線的なラインと曲線の組み合わせで、巧く今のトラックの顔にたどり着いているのですね。


 そして、皆を驚かせたのは「宇部ブルー」の再現でありましょう。
 レゴのミデイアムアズールは近年供給も増えてきたといえ、このサイズの大型作品に使われるとインパクト十分です。


 ロゴ表現も素晴らしい。6幅車のサイズに収まってしまうのですね。


 トレーラーは、前半分がセミトレーラー。
 そこにフルトレーラーを増結したもの。

 作品では、エアシリンダなどの装置。積込口。歩み板といったディテールがすべて宇部ブルーで揃っています。

 ホッパ側面の丸みは割愛されておりますけども(そうでもしないとロゴが困難に)、1x4プレートの補強でそれらしく見せ、平板さを逃れているのですね。


 トラクター・トレーラー・トレーラーのケーブル類の連結も印象的です。


 アップで。
 タイヤは余り見かけない部品ですが、この題材にはベストチョイスでありましょう。

 11209を50945の上に重ねているのでしょうか?


 トレーラー同士の連結部。


 トラクターとの連結部。今のトラックらしい排気筒が精密です。回転灯は穴あき丸プレートに差し込みで、サイズ感出しています。


 トレーラーは二台ともセミトレーラ仕様にも出来るようですね。
 左は回送風景の再現か。


 エヴァンゲリオンを背景に。

 宇部の名物であります。庵野監督の描かれる大規模な輸送作戦……の原点のひとつなのかも知れないですね。


 野外撮影写真は、宇部興産専用道路の「宇部大橋」を意識されてのチョイス。

 力強さの引き立つ、いい情景です。
 

 宇部興産専用道路の自動車は、「同じ役目を果たす」専用鉄道の機関車や貨車と同等の魅力を感じさせられるのです。
 いや。より先鋭的な……!

 嘗てのトリプルトレーラーとか、また現行車種でもボンネットのケンワース、いろいろな切り口で楽しめそうな題材でありましょうね。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]