何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2021年06月29日

【鉄道作品ナロー】鉄道模型は走ってこそ! シェイの改造(2) 阿里山18噸

 海軍の42噸の方は、カーブもせいぜいR40(レゴ標準カーブ)ですからすんなり改良できました。

 問題は阿里山の18噸。こちらはR24(ナロー標準カーブ)を曲がる必要があります。

 そのうえ。
 前回は1気筒に割り切ってしまったシリンダを、実物どおりの2気筒にしたいという欲も湧いてしまう。欲張りです。


 まず、幻の一次改良です。
 呉 海軍のと同様、前部台車へのユニバーサルジョイントの撤去と、前部台車のターンテーブル支持にしたもの。


 これでも、R24は克服できませんでした。

 ひとまず走りはするのですが、2-3回に一度は壊れるような状態です。直線とカーブの切り替えはいわば「緩いS字カーブ」なんですが、それに耐えられない。
 要は、もとより悪化です(2シリンダ化も有りましたし)。


 そこで。

 
 二次改良。さらに、思い切り。

 後部の台車からもユニバーサルジョイントを撤去。
 シリンダの前後スライドも諦め。

 シリンダは後部台車に固定。シリンダごとカーブでは首をふるように。
 しかし、もとから後部台車の首振りは小さめ。これで何とかなってしまうんです。

 シェイ元来のギアドライブの面白さと、2シリンダの動きの楽しさは天秤に掛けちゃった感じです。
 無論、大きくなってしまっても良いとか、通過可能曲線半径が大きくなっても良い……みたいな方向もあるとは思うのですけども。


 シリンダが振れる様子。これが最大です。


 シリンダが振れる様子。裏面。
 前部台車はターンテーブルによる固定です。


 サイドビュウ。シリンダの前端のピンはシャフトペグの改造品です(切っただけ)

 前部台車が空回しになってしまいましたが、2気筒ゆえの動きの面白さとリアルさは得られたので満足です。そして、R24でもS字カーブをクリアしてしまう安定性も。


 バックビュウ。砂箱付けてみました。こっちを前に……も多いはずですよね。


 様にならない側の、サイドビュウ。


 インカーブ走行。


 無論、R24。



 アウトカーブ走行。

 ……まぁ、妥協の産物ですから。


 実際の印象はこんな感じで済んでます。
 ナローでR24で蒸機 ってコト自体が元来無茶ですからね。


 安定して走るシェイ。モータの限界まで気軽に長編成牽けるシェイ。良いものです。
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 鉄道作品ナローゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]