何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2021年01月20日

【作品紹介】緑茶クマ様のE7/W7のリニューアルと、ニューレッドアロー

 福井オフでの撮影分からの抜粋です。


 北陸新幹線。E7/W7系。たしか、初出は実物のデビュウ前でありましたね。
 その後、こまめに改修繰り返すことで常に新鮮な姿になっております。レゴトレインのあるべき姿を体現したコンセプトでもあります

 緑茶クマ様の新幹線作品は7幅という、在来線6幅に対するスケール感を顕しています。この思想は大いに賛同するところであります。とはいえ、いろいろな制約から関山作の新幹線は6幅ですが……(笑)。

 特に大きなポイントは、前面の「頬」の凹みを再現していることでありましょう。

 今回の久々のお披露目では、帯部分をダークオレンジ化。
 この色が実車の赤銅色に近いのに驚き。また1x2カーブスロープによる細部のリフレッシュが実に効果的!


 5両編成ですが、1Mで軽快に走ります。
 軽量化は意識されてるとのことです。それでも旧作の荒削りな部分は殆どありません。(ただ、客ドアは飛行機窓化してほしいとは思いますが……)

 スカートの覆いが綺麗ですね。台車旋回部の隙間も「最小化」しています。


 Mugen氏作品との比較です。
 再現の要点が違うのがわかりますね。良し悪しではなく、どちらも美しい! のですよ。
 




 同じく緑茶クマ様のニューレッドアロー。
 西武の電車……でありましたが、既に池袋線特急からは引退済。新宿線特急でのみ活躍中です。そして、多くの予想通りに地鉄への譲渡が為されました。

 旧レッドアローを置き換えるのか、それとも?
 また、地鉄での塗色も気になるところですね。おそらくは西武時代の姿を維持するのでありましょうけど。

 作品は、灰色ベースのシックな塗装を再現しています。
 窓まわりの塗り分けの斜めも妥協せず、スロープ合わせ。

 塗色違いではありますが、ぬぬつき氏のニューレッドアロー(クラシック)とは造形で良い対照を魅せておりますね。


 前面造形。斜めに丸いヘッドライトがつく形状の再現です。サイドで前面窓の処理にパネル使ってるのが大変に細やかです。
(ぬぬつき氏は7幅なので、ここは有利ですね?)

 ヘッドライト、丸タイルでレンズ入れると印象変わってきそうです。
 或いは、「ヘッドライトブロック」から「1x1テクニックブロック」にすることでの表情の変化か。少しずつでも改良の楽しみありそうです。


 レッドアロー同士の並びです。
 右端が拙作の旧レッドアロー。これも思えば緑茶クマ様作品がヒントになって生まれたのでした。

 おまけ収録。過去の変遷です。






posted by 関山 at 02:41| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]