何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2020年06月20日

【ナローゲージ作品】三重交通の不揃いな客車たち。木造ダブルルーフと鋼製ツルツル屋根。

 前回記事 デ61形電気機関車
http://legotrain.seesaa.net/article/475893395.html



 さて。お供の三重交通の客車も2両造ってます。思いっきり古いやつと思いっきり新しいやつ。
(新しいと言っても1960年代基準ですよ)


 先ずは古いの。サニ421形。1914年製の北勢鉄道の客車が松坂線に転じたもの。

 木造ダブルルーフ。そして優雅な弧を描いた妻面を持つ古典客車でした。1964年に廃線により廃車。
 北勢線に残った車も居た由ですが。こちらも1964年までに全廃ですが。

 
 荷物室持つ客車です。ドア間の窓は7個を4個に縮めてます。
 ちっちゃいけどボギー車。いっちょ前の格好してるんですよね。

 その分、制作も手間取りパーツ消費も大きく頭抱えましたけど(笑)。1x1ブロック並べることでの木造表現行ってます。

 台車はアーチバー。床下のトラス棒も忘れずに。


 優雅な妻面。丸みが出せました。

 足回りと車体のバランスも(アンバランスも)良好です。この危うさがナローの味。


 新しい方はサ361形です。

 1954年に三重交通三重線(→湯の山線)に導入された付随車(客車?)。
 当時の電車らしく丸っこい車体にHゴムのバス窓という姿です。でもシルヘッダはのこるという暫定的な。
 ナニワ工機製ですが、ほんとあの時代のあのメーカーの電車に似てたんですよ。

 さて、付随車ながら乗務員扉がありました。将来の制御車(ク)改造を見込んだものだったそうです。
 
 三重線の改軌後は北勢線および内部・八王子線に転属し。近鉄時代を経て2020年現在、製造された8両中の7両が健在という。大きく姿こそ変わって、また制御車になったり完全な中間車になったり……ですけども。


 Hゴム窓の表現はとりあえず断念。でもリベンジ計画中です。
 まぁ、あのツルツル感が表現できてればいいかなと(笑)。

 台車は(あの時代なりの)新型台車です。


 妻面は2枚窓なんですが、やや無理あり。素直に2x2の窓並べときゃよかったかしら(笑)。


 北勢線であり得たんかしら? デ61形(62号)に引かれるアンバランスな姿。古い機関車と新しい客車ですね。



 そして、もっと古い客車。楽しい軽便世界。
 つるつる張り上げ屋根とダブルルーフの好対照です。


 こんな不揃い編成。でも不揃いだから絵になるんですよ! 色も揃ってます。

 伝統は衰えず。
 今の北勢線や内部・八王子線も新旧混結の上で、色は揃えた電車が走ってるんですよねぇ。


 話を1960年代前半に戻しましょう。

 三重交通時代のツートンカラーは趣味の良いものでした。他にも志摩線(1067mm軌間)の電車や神都線の路面電車もこの色でした。尤も、濃緑とクリームのツートンカラーは奈良電鉄他 関西私鉄では数社でみられたものでしたけども。

 今も、三岐の200形連接車がこのツートンカラーに復元されておりますよね。半ば名物になっていますが。

 さて、こうなると次に狙うべき題材は……(笑)。過去に6幅で造ろうとした題材のリベンジいなりましょう。
 尤も、通常のボギー電車群にも惹かれているのですけどね。四角いの丸いの色々いましたから。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 鉄道作品ナローゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。