何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2020年06月04日

【作品紹介】レゴ5udon様のキハ391。ガスタービン試作車。

 先方の記事:
 https://5udon.blogspot.com/2020/04/391.html

 キハ391形は1972年に1ユニットが試作されたガスタービン動車。キハ07 901に次ぐ日本で2番目の、そして最初の本格的試作車です。

 然し、試作した直後にオイルショックです。騒音などの問題もありました。
 そのうえ、1980年代は電化も進めていましたし、「従来の」ディーゼルエンジンも飛躍的な性能向上が進んでいたのでした。
 居場所ないよ?

 とはいえ、この辺りの事情は後知恵です。
 当時は小型軽量で大出力の未来のエンジンと期待されており、連接車ユニット形以外にも、穏健堅実な単車タイプ、はたまた電車の制御車(クハ455形)にガスタービン発電機搭載して非電化区間への直通、同目的の単独版ターボ電源車などあらゆる可能性が模索されていたのでした。
 研究は1980年頃までは続いてたとか。

 試作車のキハ391は1975年ころまでは山陰?などで試作していたようですが、その後は鉄道技術研究所に取り込まれ。1977年ころまではエンジン動かすこともあったと言われています。その後も保管され1986年に除籍。大宮に移動して保管。
 保存されるかと思われてましたが、2015年に解体されてしまいました。残すほどの意義もなかったといえばそれまでですが。

 なお、同時代・同種の試作車としては1970年のクモハ591形も知られます。振り子式の3車体の連接車というのも共通します。こちらは1971年には早くもボギー車x2に改造され、1979年には廃車解体。しかし、381系等の礎となり成功作ではありました。
 
 ガスタービン車の余談です。
 キハ391のような機械式直結ではなく、電気式にすることでガスタービンの高速・定速度の運転での低燃費メリットを得ることは出来ます。世界的には1990年代以降も試作検討が続けられています。スジの悪い技術ではない?
 豊富に天然ガス産出するロシアではガスタービン機関車は使用継続されておりますし。
 何よりも、「空の乗りもの」ではほぼ例外なくガスタービンは最高のものであり、レシプロ機関の方が少数派になって久しいのですから。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 前置きが長くなってしまいました。
 この題材は2006年、awazo氏が手掛けております。


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=175692
 もう14年も前の作品ですね。小ブログも始めた頃で紹介記事があります(笑)。古く見えるかと思いきや、当時としてのベストが尽くされた作品なのですよ。振り返りも無駄ではありますまい。

http://legotrain.seesaa.net/article/101713957.html


◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 そして、全く違うコンセプトで生まれたのが5udon様作品。

 すらりと絞り込まれたボディは実物同様の、徹底した低重心化です。車輪上の1プレートを省くことで実現しているのですね。車体裾は1幅タイルの横張構造。サイドスカートが絞られているのが鮮烈ですね。

 窓サイズも上下を控えめの寸法に。横組だと5プレート分になってしまうところを4プレート高に押さえてます。これが如何にもな試作車感を醸し出す。


 前頭部の丸みが美しい。ここは7段分の完全横組で構成されています。前面窓はブラックアウト処理ですが、曲面ガラス感を優先されたのですね。
 
 テールライト・タイフォンケージングの1x2の丸プレート巧く使っています。蛍光オレンジのバー?差してるのも効果的ですし。

 帯の斜めの切れ上がりは1/4円タイル。特急マークも同様。新パーツの使いこなしで魅せる前頭部でしょう。

 幌枠は凹表現です。車体自体は7幅で、半ポッチの間隙を幌枠に見立てるデザインです。


 内部。小さなファイアの部品ですね。

 また先頭台車と車体の隙間のないことも注目です。


 編成全体。3両の連接車。ツルンツルン、何も載っていない屋上がまさしく391。7幅なのも相対的に車体を低く見せる効果がありそうなのですね。


 サイドビュウ。7幅フルスケールと言ってよいのでしょう。





 中間車。床上エンジンで片通路式。よって左右側面が違う形状でした。
 連接車ですが、前後車体が完全に中間車体に凭れ掛かる作りですので、一般の車とはまるで動作が違います。

 この形状になったのは、当時まだ振り子式で床下推進軸の気動車が作れなかったからなのでしょう。この車の台車は振り子式ではありませんでした。よって幌はかなり撓んだはず?

 余談。591系も391系も、3両分1ユニットで1両の扱いです。
 私鉄の連接車は車体数が両数になりますから(例えば小田急3100等は11両分)、ダブスタというかなんというか。流石にJR化後のやつは私鉄と同じルールですが。


 屋根上。PF機器が収まっています。


 連結部分。ボールジョイントで接続されています。


 先頭車の床下。
 特殊な作りが分かりますね。床面高めにして、車体裾部分を張り下げる構造です。そして先頭車の台車は振り子式を再現するための、車体傾斜機能が備わっています。


 台車アップ。

 台車の旋回でラックギア通してセンターピンが回転。その回転力で車体を傾斜させる……? 傾斜で回転させる方式よりは確実でしょうか?


 傾斜してる様子です。


 程よく傾いてますね。


 S字もクリアします。


 実物どおりの低重心を実現している振り子式車両は傾斜してても安心感があります。



 動画こちらです。

 さてさて、キハ07 901も三木氏の作品がありますから、並ぶ機会とかあるといいなと思うのでした。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。