何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2020年01月13日

【イベント】福井レゴオフ2020 レポート1 本線系 R104とR88の世界!

 福井のツイートまとめ篇こちら。
http://legotrain.seesaa.net/article/473648393.html

 この2-3年のレゴトレインの傾向なんですが、本線系題材と支線系題材がかなりくっきり分かれる感じです。前者のための大型レイアウトで小型車走らせるのは意外と不釣り合いだったりします。



 スペースと卓数に恵まれまくった、今回のプランです。

 北陸本線想定の複線本線部分と、福井鉄道想定の路面区間含む路線。そして京福(えちぜん鉄道)想定の単線です。

 変形させて。メンテ用の通路を確保しています。これがないと運用大変ですから。

 さて1回目は、本線系の題材から参りましょう。R104とR88カーブの世界です。
 


 sato様のEF81の曳くサロンカーなにわ。この日が公式のお披露目です。


 実車も偶に組む5両編成。素晴らしい迫力と気品です。


 8幅フルサイズが様になる空間。EF81も少しづつ手直し繰り返しているようですね。常にベストを。
 トワ釜は専用機ではありませんが、しかしカラーリングは正に「専用」。


 街をバックに。本線駅を通過していきます。


 カマ替え。 お久しぶりのtomy様の、こちらは赤いEF81です。


 同じ81でも、こだわりというか解釈の差異が興味深いですね。車高というかスケールも若干異なります。でも、客車は似合うのです。


 同じくtomy様のDD51ならぬ、DF50形ディーゼル機関車。足回りはC-C車軸配置で、DE50が成功してたら造られたかもしれない機関車です。

 DD51準拠なのですが、傾斜角のついた前面窓とかこのスケールにふさわしい作り込み。さながら「サロンカー出雲」ですね。リアルに走ってくれても良さそうですが(笑)。


 お召! 大サロ(ミハサロ)が何時までも頑張ってる(確か最後のJR所属の14系?)のは一説には御料車兼用だからと言われてますが。

 横を駆け抜けてく、Mugen様のE7/W7。


 お召し列車。何時かリアルも撮りたいものです。


 Mugen様のE7/W7。6幅ショートでも、新幹線は大カーブ走らせたいですよね。
 思いっきり高速で。レゴトレインの最高速でもスケールスピードくらいでしょうか(笑)。


 変わってH5系。
 Mugen様の車両がMugen様の街をバックに。


 複線の内側をゆくのは鱒寿司様のキハ82。


 新旧の北海道特急並びでもありますね。


 速度感、存在感がたまりません。

 そして、真正面から見たときのこの造形も。


 「華」。残り少ない485系、残り少ないお座敷電車です。
 そしてmugen様の作品は、稀にみるダークパープルの列車モデルでもあります。この色を使える数少ない題材でありますよね。


 「国鉄」な雰囲気の構内を。

 架線柱は今回もpgy様のものをお借りしております。ありがとうございます。

 蒸機なお時間。エース様のC11と、鱒寿司様の8620の重連ですね。


 すれ違うのはたるご様の8700。渋い情景になります。


 今回は動力不良のためか、単機での走行となりました。


 電化完成間際の地方幹線のどこかという趣であります。
(20系の特急だけは先にDF50化されてたりしそうな(笑))


 構内の片隅から出発する気動車。FBI様のキハ42000系x3。
 今回のレイアウト、国鉄系の支線も考慮するべきだったという反省点です。まぁもう1銭増えてしまったところで運用しきれるのかも疑問ではあるのですが。難しい。


 さて、再び電化時代へ……。
 



 拙作のEF70の曳く20系は「日本海」か「つるぎ」の雰囲気で。え、カニ22は付いてないって? 気にすんな(暴論)。


 EF70、もちろん普通列車曳かせても様になるのです。茶色の客車は鱒寿司様のお借りしました。似合いすぎます。


 沿線で檄を飛ばしてる金沢鉄道管理局長。じゃなかった、ふとっちょの局長だw
(英国系高級車と思しき愛車も鱒寿司様作)


 同アングル恐縮ですが。

 あぁ今度はyamataiさんから借りてる急行編成曳かせたい……。「きたぐに」辺り想定で!


 北陸な、駅構内。「華」ははるばる直江津回ってやってきたんでしょうか? 485系ですから架線あればどこでもやってこれるんですよね(笑)。

 あとはEF70に475系。そしてキハ40。背後にちょっとキハ82。


 ……やはり、北陸のどこかという雰囲気に!
 支線入ってく気動車というのも欠かせません。駅前からは私鉄が分岐してくんですよ。
 1980年ころだと、特急が485系。急行が475系やキハ58(架線下もあり……)。普通は旧型客車でありました。あとは急行電車使った「快速」か。


 最後の最後、近鉄特急タイム。
 12月の尼崎に次いで、また80000系「ひのとり」と10100系「新ビス」のコラボです。


 10100系の方は何度かR104環境での運転機会もあったのですが、80000系は今回が初めてとのこと。


 やはり、特急6連は飛ばしたくなるものです。


 10400系とキハ82。貫通型同士? よく考えたら名古屋線と関西線の併走区間とかあるんですよね。名伊甲 vs 「南紀」でしょうか?


 作ってよかったエースカー。実物通り、使い勝手の良い特急車です。なお先頭車が3重連になる編成美も魅力?


 新ビスはなかなか6両化計画が手つかずのまま。あとは12000系・12200系もなんとかして1970年ころの特急車揃えるのが夢なのですが。


 実は本線系の方は撮り逃した題材も多かった。撮り切れなかった作品や組合せありましたら申し訳ございません。
 忙しかったのは、支線系に感けてたからなのですが……それは次次回へ。

<次回に続く>
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]