何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年11月13日

【作品紹介】mizuki様の日本形テンホイラー。ハリポタ蒸機が化けた!?

 2018年製品4代目(だったかな?)のホグワーツ急行75955はその最初の画像出たときから「黒くすりゃ日本形に化けそう」って印象でありました。


 まぁレゴの最近の汽車、概ねその傾向ですけど(笑)。
 有り難いことに明治大正期には日本も英米独から沢山機関車輸入していて、そのへんでできが良いやつ運が良いやつは昭和、それも戦後まで生き延びてたりしてるんですよね。
 故に、おもむろに英国系や米国系であっても、日本形っぽく見せるツボを抑えていたら結構化かすこと、できるんですよ。



 原型の75955です。

 GWRのホール級……に見えるか見えないか微妙な造形なれど、レゴのホグワーツ急行では初めて「大動輪」をそなえ、やっと蒸機らしい姿になったのでした。その意味で存在意義は大きな製品でありました。
 たださ。某ザらス限定なんて詰まんねぇ流通制限掛けやがった恨みは死ぬまで忘れませんが(苦笑)。
 売れるもの、売りにくくしてどうするよ六本木の無能共め!

 それはさておき。
 これ、第一印象でホール級というよりは、8800形っぽいなぁ。でした。
 

 8800形(wikipe)。大正時代に輸入された、当時としては大型の機関車です。
 残念ながらイギリス製ではなく、ドイツはベルリーナ製です。

 詰まった感じというか、缶胴がギリギリまで前方に突き出し、それにつられて煙突がシリンダ中心よりも前進した姿です。重心高めで優雅さよりは力強さ。

 車軸配置は2C形。アメリカ流儀に言えばテンホイラー。日本では同時期の8700形(英)・8850形(独)しか仲間は居ませんが。しかし8700や8850は国産コピーも造られて1960年代まで生き延びた個体もあったのです。

 8800形に関しては戦前で活躍は終わっているのですが、「もしも」があれば。北海道の炭鉱あたりで活躍していたのかも知れません。


 mizuki様は特に大正のテンホイラー3形式に関してご存じなかった様ですが、偶然にしても「それっぽさ」が堪りません。

 いや、必然なのかも知れません。

 外国形の機関車に、如何にもな、見慣れし国鉄蒸機の記号を付加していくと……輸入古典機が日本に馴染んだ姿になるのですよね。
 日本人よりも日本文化に染まっちまった西欧人……なんてネタが浮かんできますが、まさにそんな感じなのです。


 真っ黒にして装飾性を抑え。
 パイピングの追加。そして矩形のナンバープレート。

 重心高めなのも8800らしく。
 惜しいのは端梁回りが半端な印象ってことでしょうか。大正なら未だバッファとねじ式連結器ですからレゴの連結器部品で行けるはずです。あと真空ブレーキの管とかあるとアクセントに。昭和設定だと、自動連結器化されて(ダミーカプラー?)、空気制動化されてる由。まぁ素体が良いと細部にもこだわりたくなるじゃないですか。


 バックビュウ。
 小さいままのテンダも、却って古典機らしいのです。

 キャブ内がちらりと見えるのが嬉しいですね。


 こちらが本命か。デフレクタ付。

 8800形でデフレクタ付は勿論ありませんが、同期の8700形で雄別鉄道払下げのは、デフレクタ付きの姿でありましたね(今の保存機では撤去されておりますが)。

 良い意味で国鉄型らしさ、日本形らしさが増しています。
 デフレクタ設置の初形式はC54形で、遡及改造は8620や9600、C51、C53に及んでいます。なので時代考証は昭和10年代以降ってことになるのでしょう。

 背の低いデフが、とても上品ですし、何処と無くC54形っぽさもあります。
 

 バックビュウ。デフレクタがあると、75955の欠点である缶胴断面形状も目立ちません。


 サイドビュウ。

 よりメジャーな国産機、8620形っぽくも見えるのですよね。先輪1軸のモーガル(1Cの車軸配置)にすると……


 セットの客車牽いて。あの客車もボギー車化できたらよい感じになるかもです。


 mizuki様の代表作?の鉱山ジオラマ「うらぶれ鉱山」と合わせて!

 
 堪らぬ情景です。炭鉱には蒸機、それも古典機が似合う!
 やはり、雄別の8700とか奈井江の8850辺りを彷彿させるのです。嘗ての幹線の急行旅客用機が最後は炭鉱で働く……って姿は、哀れさよりも寧ろ、生き抜く力強さを感じさせてくれたものです。


 バテロコや鉱山用電機たちと並んで。
 1960年代の何処か……という雰囲気に。


 ネタ枠?

 みどりちゃんが電車ではなくて蒸機でも良いのですよね。
 これはこれであり得たケムリクサ。煙を吐くみどりちゃんですよ?


 「走れK100」を思い出したのは私だけでいいです(笑)。
 
 ケムリクサ、蒸機が身近だった(というかSLブームだった)1970年代前半とかに造られてたら、みどりちゃんは蒸機の方があり得たかもしれませんね。
(端島がちょうど打ち捨てられた頃でもありましょうか……)


 そんな妄想を掻き立てられたのでした。


 みどりちゃん並び。スケールが合わないのはご愛嬌で……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆




 蛇足ですが、制作過程の画像も。

 真っ黒にするだけでかなり印象変わるものです。


 パイピング類が少ないと、古典機の輸入当時原型という風情に近づきます。


 これはこれでシンプルな良さがあります。


 デフレクタ付きの検討。


 和風楼閣の駅舎と合わせて。


 mizuki様は本格的な蒸機作品の今後検討されて居るとのことです。
 楽しみに致しましょう。
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]