何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年09月29日

【イベント】9月7日 高松レゴオフ1(鉄道篇)。琴電!ことでん!レトロ電車!(他)【写真48枚】

 2019年9月7日に四国初?のレゴオフ会がmizuki様の主催で催されました。

 行くまでの過程は、こちらで既にまとめております。
 例によって18きっぷですよ。地方オフ参加の強い味方です。
(結局、自分は新幹線乗る金あっても18きっぷ使っちまいそうな気がしますね)

【実物鉄道】2019年9月6-8日「高松オフ」「宇治オフ」ダブル訪問記(上)
http://legotrain.seesaa.net/article/471030827.html


 で、その2週間前に熊本往復。
 翌日には宇治オフ。まぁここは順路的に廻れるので好都合でありましたが。

 で、さらにその翌週には函館行が控えてたのでした。毎週アウェイだった熱き日々でした。



 先ずは鉄道篇です。


 荒い写真ですが、全景です。

 会議テーブル約4卓に複線です。
 外側線は通過できる待避線有り。
 内側線は内方分岐の側線x2です。

 駅舎は2014年の梅田展示で使った小型駅舎を、高松及び宇治用に復活させたものを持ってきた由です。


 先ずは地元電車。琴電(高松琴平電鉄)から。20形と1000形。


 近鉄は明日の宇治向けですが、ここでお披露目(笑)。
 近鉄も琴電も標準軌なので共存問題なしです?


 mizuki様のケムリクサフィグたちと。
 ここでは奈良電1200形にみどりちゃん電車の代役してもらいました。


 琴電レトロ電車勢揃い。左から5000形 3000形 1000形。
 高架上にいるのはmizuki様の流線型気動車です。


 このお城もmizuki様の作品。

 あたかも堀端をゆく琴電の定番シーンのような情景に。

 ところで、どこかで見たような怪盗の一味が(笑)。これもmizuki様です。実に1stの後期(大隅ルパンじゃなくて、宮崎・高畑ルパン)な雰囲気出てるじゃありませんか? え、ルパンが赤ジャケおかしいって?

 パイロット版では赤ジャケだったんですよ。1stも。


 側線には蒸機も待機中です。


 城下町の小さな私鉄駅。という風情です。


 流線型の気動車と、小さな蒸機(これはぬぬつき様)が凄く似合うのですね。


 気動車、出発。
 妖しげな流線型が堪りません。


 mizuki様の鉄橋ジオラマ。琴電沿線にもこんな情景があるので大盛りあがり!


 前が1000形。後ろが20形。
 どちらも現役のレトロ電車です。

 1000形は窓隅の丸みが特徴の優雅な電車。
 20形はもと近鉄(大鉄)の電車で、昔は(琴電時代も)窓上にアーチ型の装飾が残っておりました。今は喪われてますが……。


 電車見上げるアングル、良いものです。


 こちらは3000形と5000形。


 茶色1色の3000形は21世紀に入ってから丸窓を復元したもの。
 5000形は1950-60年代のツートンカラーです。どちらも昭和初期の電車の数少ない生き残り。


 小さなお城をバックに。夢か幻のような故郷の情景。


 思えば。
 2000年ころまでの琴電といえば、この種の電車が日常で現役であったのでした。

 ただし、本線の琴平線では旧型車の運行はほぼなく、基本的に志度線長尾線用で有りましたけども。


 況してや、戦前車だけの4連なんて1980年代以降、ほぼ皆無でした。

 戦前車の4連は寧ろ最近……ここ10年ほどは毎年5月5日に魅せてくれる4連の印象が強いです。
 しかし、これも何時まで続くことか……。
 何らかの良き流れが起こってくれること願っているのですが。






 惜しむ意味で、レトロ電車の4連を。
 今年4月、6月と連続で訪問、撮影、乗車の機会得られたことは良かったと思います。

 しかしなんとか延命できないものか。
 



 気を取り直して古い駅を。
 地方私鉄風で造ってるので、この情景に似合うのです。




 構内に電車が勢揃い。


 良い。




 猫耳巫女やゴスロリメイド風が普通に居るので(笑)、飽くまで現代の情景でありましょう(笑)。これに近い情景が観られる今も良い時代なのです。



 どかーん! ミリ文脈でのジオラマ活用です。一大事、鉄橋爆破!


 大事ではなかった模様。ぬぬつき様の軍用列車。


 奈良電+近鉄も走行させます。この3連はあり得なかったのですが(笑)、まぁ模型的には楽しい原型と改造後の混結です。


 近鉄680系として。


 余談ですが、近鉄680系は志摩線での廃車後、琴電への譲渡話があったらしい……。
 流石にクロスシート撤去ロングシート化でしょうけども、あのスタイルで琴電塗装になってたら意外と似合ってた? 


 それより前に琴電入りした京急600形の1070形が(辛うじて)現役ですので、この話が実現してたら案外現役で……。




 近鉄時代の塗装復元して、お堀端走ってたらとか妄想するのですよ(笑)。


 軍港バックに? 京急的情景。


 kubow様のディーゼル機関車。

 以前記事にしたときからいろいろ修正・改良されておりますね。

 ボンネットを高くして英国のclass06 class07風に。キャブ窓も整いました。連結器も通常装備で使い勝手も良く……。


 PUのシステムを生かした傑作小型機関車です。
 ああ、製品にもこんな雰囲気の機関車が有ればいいのになぁ。




 ぬぬつき様の軍用列車走行。kubow様のディーゼル機関車を使います。





 フラットカーの積み荷が良い感じでありました。


 無論、mizuki様の気動車も似合います。


 拙作の汽車も。ナミナス・ウィルソンの400形。PU小型蒸機の可能性に挑戦した作で8月末の熊本オフでお披露目したものです。


 無論、鉄橋ジオラマでも撮らせてもらいました。


 ベイヤー・ピーコックの5500形。こっちは8月頭のミリオフ向けですから、8月は蒸機2両も新造したんですね自分。


 同アングルばかりで恐縮……。

 電車牽いてるのは、客車代用です(笑)。


 蒸機と、miziki様の気動車と。


 鉄道以外篇……ミリタリ篇に続きます。
 


 追記。琴電の動画です。


posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]