何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年09月10日

【作品紹介】ジョージレモン様の三井三池 45噸電機(17号機)。大胆な凸形電機の自走。

 先方の記事:箱レゴ「三池鉄道 17号機」
http://boxlego.blog61.fc2.com/blog-entry-553.html
 内部構造など、詳細こちらも御覧ください。


 9Vという或る意味、ずるい方法に頼らず凸型の電気機関車を自走させるのって、結構難しいことなのです。どうしてもPFやPUの電池boxって大きい(長さ8ポッチ!)ありますから。
 でも、そこに挑まれた作品です。



 作品は17号機と称されていますが、現役の18・19号機も同じ形状です。
 
 凄いのは凸型をPUで実現してしまったこと。キャブ内に電池boxを縦に収容です。この縦位置はジョージレモン作品ではときおり見かける大胆さでありますね。

 キャブ側面は横組みで、タイル側面でさり気なく手すりの表現になっています。
 凸電のアイデンティティたるボンネット。昔のスムースヒンジパーツ使って角度をつけ、その上をタイルで平滑に仕上げ。凝ってます。

 キャブ前面のプリントタイルは示すとおりスイッチです。
 PUのパイロットランプは、そのまま前照灯になるそうです。この配置のメリットでもありますね。

 腰高なのは電機として嬉しいことです。
 端梁の警戒色もグリルタイル表現。汎用性の高い手法です。


 凸電は再現にあたってバランスも崩しやすいのですが、これはデッキとボンネット、キャブのバランスも秀逸でありましょう。


 実に大胆な構成。輸送・メンテ時は3分割が可能です。ケーブルの配置や給電状況も分かりましょう。

 キャブの背はもう2プレート下がられるかもしれませんね。キャブ上部から電池boxのはみ出しを許容できるか否かでもありますが……。

 キャブそのものは6ポッチ長ありますので、電池boxの前後1ポチを隠す方法が見つかれば(例えばボンネットを5幅相当にするとか)、電池box横置きもあり得るかもしれません。
 ただ、縦に置くという発想は捨てがたいです(笑)。この柔軟さは魅力です。


 拙作の20噸機との並びです。

 これが出来てよかった。
 機関車のサイズ差異が気になる?
 

 いや、20噸はそれだけ背も低いですし、45噸はそれなりに大柄なのですよ。

 私鉄や専用線の凸型電機は日本だと35噸-40噸クラスが一般的でしたから。三池の45噸は実際なかなかたくましい印象なのです。
(まぁ新日鉄八幡の60噸凸電なんていうのもおりましたけど。あれも魅力的な機関車ですね)
 

 三井三池鉄道は、大牟田地区の元は炭鉱の専用鉄道。

 現用は1940年代製の45噸機(BB凸型 2両)と、1920年代製造の20噸機(B凸 2両)。
 本線では前者が、構内入換に後者が用いられてます。20噸機はバッテリー車を常に従えており、実質蓄電池機関車になっています。



 今は三井化学の工場と大牟田を結んでいます。
 また、別の場所ですが保存機もまとめて公開されています。

 大牟田付近(仮屋川)でJR貨物との貨物引き渡し。運用される貨車はコキ200形。そして相方のJR貨物機はHD300だったりしますから凄い年の差ですね。
 これが共存しているのも現代的魅力と言えましょう。

 あと、全盛期には旅客営業まで行っていたそうです。1984年廃止。電車改造したような客車使ってた由。
 廃線跡も多いので、その筋のマニアにも堪らない場所です。


 関山の訪問記こちら(2018年)
http://legotrain.seesaa.net/article/460685689.html
(宮浦のヤード 45噸)
http://legotrain.seesaa.net/article/460709434.html
(45噸の走行シーン)
http://legotrain.seesaa.net/article/460728583.html
(20噸の入換シーン等)

 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]