何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年08月16日

【鉄道作品日本形】貝島炭鉱コッペル。最小の?PF自走タンク機(2018年作品)




 そもそも、最小の定義が難しいです。
(魔改造の有無とか、社外品何処まで使ったか。或いはリモコンなどでの制御の有無……)

 また、ジョージレモン氏がその後に九州鉄道(大分交通)のクラウスで記録更新されてますので、まぁ造った去年の今ごろの「最小」ですね(苦笑)

 言うまでもなく、鉄道模型では小さく作るのは難しい。
 BタンクやCタンクは割とチャレンジブルな題材なのです。

 自分がこの題材選定したのは、そのちょっと前にyamatai氏がC12をPF自作動力自走で制作されてたから(笑)。対抗心メラメラ(笑)。
 C12は国鉄のCとかDとかの形式名の蒸機としては最小クラスで、重量50トン全長11350mm。この自走は驚異的なことでした。
 対して、日本に輸入されたものとして最大級とか言われた貝島炭鉱コッペル(31・32号機)は44トンで全長は10m程度。
 
 これなら、出来るんじゃないか? 対抗しうるんじゃないか!
 なにより小型機としてのスタイル保ったままでっかくなったコッペル、可愛らしいじゃありませんか。


 さて貝島炭鉱コッペルは1925年製。既に国産機が当たり前になってた時代で輸入蒸機としてもかなり末期。それだけドイツ車への信頼が篤かったのでしょうが。
 九州の貝島炭鉱で終始働き、1976年の閉山まで頑張りました。動態保存目的ではない、日本で最後の現役蒸気機関車の一つでもあります(東洋活性白土や鉄原コークスが1982年迄「現役」蒸機使ってたりしますので、ここも定義はブレます)。
 貝島ではコッペル2両とアルコ(アメリカ製)2両を使っており、どちらも静態保存機があります。いつか拝みに行きたいものです。



 1C1のタンク機をミニマムサイズ?に押し込みました。かつスタイルも拘りです。

 動輪はBBBミドル。Mモータによる自作動力。Mモータは第1動輪から先輪に掛けた位置上に。電池BOXは第2第3動輪上においてます。受光ユニットは少しトリッキーな置き方を。


 サイドビュウ。機器配置わかりやすいですよね?
 全長は22ポッチに抑えています。ギリギリです。

 貝島とか夕張のコッペルの特徴だった煙突やシリンダの位置を再現。丸みの強いキャブもなんとか。少しでも小さく小柄に見せるように頑張りました。

 メインロッドは簡易表現です。動作するものこのスペースに収める自信ありません(笑)。


 バックビュウ……。
 PF受光機が丸見えいろいろ割り切りました。お蔭でチャンネル切替ラクラクですが。でもバック運転は諦めですね。

 上下逆に搭載した受光効率の悪さは言うまでも有りません。ギリギリ実用にはなりますが。


 正面から。なかなか良い雰囲気と思うのですが。
 下がった位置の煙室扉はこの機関車の特徴でした。


 非公式側。空制機ゆえのディテールでモータを隠す。

 製作時はモータに3x4パネルの覆いを付けたのですが、パネルの裾とMモータの裾が微妙に接触しておりモータの浮き上がりトラブルの原因になってましたので、パネルは撤去してしまいました。


 サイドビュウ。やっぱりこのサイズの機関車って良いもんですね。


 上から見ると。
 苦渋の決断が上下逆転の受光ユニットで、キャブを1プレート高くしたらなんとか隠せるんですが、1プレートキャブを高くしたら全体のスタイルが激しく壊れます。

 ここは全体のバランスを取りました。

 キャブ前の安全弁はPFのメインスイッチです。




 動力系。サイドタンク外してギアが外れやすい部分に平易にアクセス出来るようにしています。ギア比は24:16で少し増速しています。こうしないとこの空間に収まらないのです(苦笑)。ほんとは16:24で低速にしたいのですが。大きなギアのために主台枠ぶった切るのはイヤですからね。

 また、大変なのは電池交換。キャブとか受光ユニットを外さないとなりません。


 反対側から。ぶっとくめんどうなPFケーブルはモータ上の空間から、サイドタンクを2x2パネルで作った内側を通してキャブ周りに通しています。


 裏。動力系は平凡。
 真ん中のバルーンギアで動力を落とし込まれ、第3動輪に伝達。
 第3動輪から第1動輪へはロッドのみで伝達です。第2動輪はダミー。

 なお、BBBミドルのフランジレスのカットを第2動輪で行っています。
 4110造ったときはカッターで悪戦苦闘したものですが、今回はニッパーでバリバリ切ったら楽でした。どうせ見えないとこなので見栄えは気にしない……!

 左手の従輪は最初はダミー車輪使ってましたが、どうしても引っ掛けるので小径車輪に置き換え、平凡なボールジョイント接続ですがトラブル皆無。

 そして、右手の先輪。こっちが曲者?


 1x4バーを使い、バーがテクニック穴の中を極めて自由度が高く上下動するようにして、カーブをクリアするようにしました。
 この作りですが、ポイントの割り込み以外はトラブル無くクリアします。


 この辺り、モータをギリギリまで下げているので1プレートの寸法余裕もない苦しさ。


 最初の製作が去年(2018年)の10月頃です。でも、トラブル多かった。
 その後に改良重ね、落ち着いたのが2019年の春くらい。落ち着いたとこで記事に認める次第。
 
 苦戦した電池交換も経て、今は落ち着き、時折引っ張り出して遊んでます。とくにストレスもなく実用になってるんですよ。

 今後の野望ですが。
 Eタンク機4110形の自走は狙いたいですね。現在手持ちの4110はユーレイ前提ですが、より大柄な4110なら動力仕込めそうな……。

 また、トレインモータや車輪の魔改造前提で「これまで無理だった」題材の自走は叶うかもしれません。
 なにより、PUも受光ユニット不要という意味で小型化には有利なシステムチェンジではありますし。

 希望に満ちた、この世界ではありますよ。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]