何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年08月10日

【鉄道作品日本形】181系特急電車。yamatai氏の案で大改良。

 思えば151系を造ったのはもう4年前、2015年です。

 前頭部試作のみで記事書いて放置ですが、そのあと4両編成……クロ151+モロ151+モハシ150+クハ151を造ったのでした。
 以後2015-2017年頃に各地イベントで運用しまくっています。


 2015年。前頭部試作。


 2015年。磯子催事より。クロ151。


 2017年。立川立飛催事より。クハ151。
 他にもいろいろ。


 さて。造った当初は十分スマートに思え、自己満足感も高かったこの151系。
 しかし。yamatai氏による改良案をみると流石に古臭くなります。

http://legotrain.seesaa.net/article/451739682.html
 こちらに記事にまとめておりますが。


 拙作では諦めてしまった前頭部の逆テーパをこの提案では再現してるんですよ。
 また乗務員扉窓も省略されていません。
 
 なお、この改良案をベースに「20系」を三木様が2018年に制作されています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 さて。
 JAMの「上野駅」に合わせて151系を181系に改装することになりました。当然前頭部はyamatai氏の改良案に揃えるのです。




 クハ181。こんな感じに。
 1両はクハ151からの大改造。もう1両は新造。


 やはり前頭部の逆テーパは必要ですね。素材ゆえの角張った感じが一気に緩和されます。yamatai案との違いはポチスロ+タイルを1x2のカブスロに変えたことですが。

 また、ボンネット赤帯部分はウエッジプレート使うとコストが嵩むこと(2x4ウエッジプレートのタンは高額部品ですw)、それ以上にウエッジ特有の「穴」がえらく気になるので普通のプレートの斜め付けにしちゃいました。赤帯の部分真ん中に3794入れるだけで真上のカーブウエッジの穴に嵌り固定できるのです。

 運転台窓回りは元の関山仕様です。


 スカートのタイフォンは余興ですね(笑)。何れかはどちらかをクハ180に改造しようかと思います。尤も実際に連結できる仕様にしようとすると(EF63は製作済!)いろいろ大変なのですが。


 クハ181。全長。時間不足で床下機器や台車は簡易仕様です。
 乗務員扉部分と斜め塗り分けはyamatai氏仕様で成功しました。

 ところで。AU12クーラーって作者ごとに何故か個性が出る部品ですが、ここは関山仕様固持。あの形状は絶対に逆スロープだろって、逆スロが出た1978年地点で確信してたんだもん!


 ともあれ。綺麗な電車ですよね。前頭部の修正だけで全体の印象は大きく変わった!

 余談ですが、クハ181なら50番台ってゲテモノもありなんかしら?
 クロ151(クロハ181)からの改造車ですが、全長が50cm位短かったとか。レゴなら1ポッチ短くして、トイレ部分で吸収するのがありですかね?


 今回新作。食堂車サシ181。これも151系からの改造車あり、181系としての新造車あり。インテリアも造ったら楽しそうではあります。前者のV形の仕切りか、後者の山イメージ道標形か……?

 窓配置は食堂車のお約束、インパクト有るものです。画像は通路側。


 こちらは食堂側。

 上越特急といえば食堂車は上野聚楽が担当してたそうです。しかし、1978年の食堂車廃止で業者も一時撤退に……。上越の食堂車はせめて1982年の廃止まで粘ってほしかったですね。


 モロ181。これは既存のモロ151を小整備しただけ。
 時代考証は1969年以降としてグリーンマーク表示に。
(余談:グリーンマーク無しでモハ181 200番台という手もあります)


 それにしても、2パンタのモハって格好良いものですよね。
 あたかも電気機関車のような存在感です。

 彼女の通る道は、EF64やEF16、そしてEF63という山男たちの道でもありました。


 最後に。モハ180形。今回の新造車ですが、普通の普通車です。シンプルな良さ味?

 但し、一箇所だけネタを仕込んでます。分かりますか?


 ……クーラの配置がイレギュラーなモハ180 50番代です。ビュッフェ車モハシ180形の改造で車体をほぼ作り直してるのですが、然し屋根上だけはモハシ時代のまま。

 ネタとして造ったわけではなくて、単に今回休車のモハシ150から屋根板借用したのが真相ですね。何れ普通のモハ180に直すとは思いますけども。

 今回は181系の5連を作りました(うち3両が既存作の改造や修理)。
 上越・信越特急なら5連でもなんとか形になるような気がします。EF63との連結は何れ実現したいテーマです(食堂車が嘘ですが気にしない)。

 しかし、何れ151系への復元改造はありますかも? その折にはクロ151ももちろん復活。モハシ組み込みの7連くらいか(クロ・モロ・モロ・サシ・モハシ・モハ・クハ)。

 ……諦めちゃいないですよ!
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]