何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年08月07日

【作品紹介】mazta-k様の欧州系客車(ナイトジェット他) 2階建寝台車ほか。

 作品数多いので、レポートしきれていないかも知れません。
 2019年の8月7日地点で拾い切れた情報からです。

 目玉は、ユーロナイト→ナイトジェットの白眉、2階建ての個室寝台車です。この車はmazta-k様も実際に乗られてお気に召されたとか。

 二階構造の寝台車は欧州では少数派ですよね(歴史的にはワゴンリのP形、またT2形が思い出せれるところですが)。
 シティナイトライン→ユーロナイトからのこの車も一時期は運用離れていたとも伝え聞きますが、現在は運用復帰してるようです。



 先ずは理想形の、LDDから。
 左が通路側、右が寝台側です。


 ナイトジェットの編成状態です。

 クシェット中心の編成に、真ん中の3両が個室寝台車。前後の標準OeBBカラーが座席車でしょうか。そして1両だけぽつんと瑞西国鉄の客車がぶら下がる。


 二階寝台車の実制作。ほぼ完成でしょうか。

 なお、トレインプレート車と裾が揃うように台車上のタイル張りによる裾下げあり。欧州車だと大事ですよね。


 65度スロープによる潔い屋根の処理がカッコいいですね。灰色のドア、赤いグリルも良いアクセントです。通路は最近流行りの?0ポッチ表現。窓の裏にパネル立ててしまう割り切りですが、6幅だと殊の外違和感皆無です。


 寝台側。重厚でボリューム感たっぷり。
 上屋根は45度なれど、上面が平滑になるようなパーツ選択です。

 天窓は0.5プレート分をブラケットで表現出来ています。二階窓も66度に角度つけて綺麗にツライチに。隙間もポチスロ埋め。なかなか凝った作品です。


 これは製作中の模様。


 なんとインテリア付き。個室寝台、ミニフィグが乗れます。こういう要素って大事なのですよね。
 2階の1等寝台個室。サンライズデラックスよりも快適なんだとか?


 ナイトジェットのクシェットその1。理想の窓サイズ作るための苦心が伺えます。3x3の窓にダークブルー、早く登場してほしいものです。現状でも違和感はないですが。
 トイレ窓の飛行機小窓が良い雰囲気出してますね。

 やや惜しいのはドアとドアステップ表現がズレていることでしょうか。バッファとの位置関係で調整難しいのはわかりますが、なんとも惜しい。


 ナイトジェットのクシェットその2 丸屋根のよりクラシックなタイプでしょうか?
 窓サッシの表現が巧いです。中桟表現は日本の電車にも応用できそうですし。中桟はポッチ出さないようにタイルにしてるのも好ましく。


 クシェットその2 完成。丸屋根が可愛い。そして貼り下げた床下と床下機器が、古き良きヨーロッパの雰囲気をなのですよ。


 別の夜行列車の構想でしょうか。
 東欧の客車中心の編成のようです。中欧・東欧はこの種のごちゃまぜ編成も多いみたいですね。


 こちらはポーランド国鉄の食堂車。灰色に白帯。不思議な塗り分けです。


 そのとなりは2等車。


 これもポーランドの客車のようです。
 この窓割りは寝台車か食堂車か?


 東欧客車群。左上はチェコ国鉄の客車のようです。


 チェコ国鉄の寝台車。ダークブルーが綺麗ですね! 全体にすっきり美しい作風です。側窓は1975−1979年の旧トレイン窓使用ですが、やや違和感あります。3幅の窓に揃えた表現の方が全体の均整取れると思うのですが……。

 旧トレイン窓自体はルックスも良い部品ですから、これだけ使ってUハンザ辺りを造ったら凄く良い雰囲気になると思うのですが、如何でしょうか?

(余談。関山の脳内で欧州鉄道は1970-80年代で進化止まってます(笑)。CIWLが終わってTENが始まったあたり)


 同形の寝台車。左がチェコ国鉄車。右がドイツ鉄道から墺太利国鉄に転属して、ドイツ鉄道標準色からナイトジェットカラーになった車でしょうか。

 纏めて整理してみました。
 まだ拾いきれてない画像・情報もあると思いますので、後日別記事にでも。

 現代の欧州夜行列車も、また良いものですよね。
 シティナイトラインの軽薄なカラーリングとかがあまり好きじゃなかったのですが、ナイトジェットになってダークブルーにアクセントラインという、重厚で古典的にして、そして現代的でもある風情が復活したのって、喜ばしいことだと思うのです。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(1) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介いただいていたのに気づくのが遅くなってしまいました。
ご紹介ありがとうございます。

2階建寝台車を現地で見ると、なかなかインパクトがありました。チャンスがあれば一度は乗ってみるべきです。でも平屋も捨てがたいです。水回りはどうしても新しい平屋客車の方が綺麗ですね。
内装はもっと凝って作りたかったのですが、天窓の表現のため空間が相当制限されますので簡易内装となっております。

旧トレイン窓のある平屋客車、客室側は幅の狭い窓が大半を占めており、今回試しに入れてみたわけです。ですから3幅表現の窓とはモノが違います。旧CNL塗装では2幅透明ブリック/プレートを重ね表現してます。旧CNL塗装の仕様に戻すかもしれませんが、しばらく様子見で。
まだ落成して間もないですから、今後少し手を加えていくかもしれません。

ドアステップがずれているとありますが、他のDBやÖBBなどの客車でも同じ構造で作っています。厳密にはドアステップのつもりで作ったわけではありません。正直なところ足回りはこだわって作っていませんが、NJに関しては黒にしてみてもいいかもしれませんね。

カラフルな混結客車はベルリンから三方向に向かう列車、NJ456/457の再現です。
(ポーランド・ハンガリー・オーストリア)
Posted by マツタケ所長(mazta-k) at 2019年09月04日 12:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]