何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年03月08日

【イベント告知】第4回 池袋鉄道模型芸術祭 2019年 3月23-24日/参加細則

 公式告知こちらです。
http://www.geigeki.jp/performance/20190323ae/

2019年03月23日 (土) 〜2019年03月24日 (日)

 会場:東京芸術劇場(池袋駅前)
ギャラリー1・2 アトリエイースト・ウエスト

 チケット料金
500円(保護者同伴の小学生以下は無料)
 ※レゴの展示エリア(地下1階ののコンコース部分)は無料エリアとなりますが、できればチケットの購入をお願いいたします。




 今年もレゴの展示を行います。
 昨年に引き続き、モジュールレイアウト出展。レゴでも出来る本格シーナリー!
 なにが凄いかと言うと「去年の使いまわし、ほぼ、無し」。

 確か、「使い回せば楽だよね」って考えは有ったはずなのですが、気がついたらほぼ全てが新作ですよ。

 レイアウト部分内はゆったり2線。その外側に1線の3線体制です。

 レイアウトのテーマは1960年代の蒸機末期の日本形……という雰囲気となります(但し電化区間)。
 無論、厳密にはこだわりませんし、外国形などもOKです。大きさの上限は なし氏の作品が基準とお考えくださいませ……。



 

 SUU氏担当部。駅。


 さて、今年も車両の持ち込み歓迎いたします。

・最大8幅程度。6-8両くらいまで(原則です)。
 PF・9V共に可能です。
 ただし、JAMほど置き場が広くありません。ご配慮お願いします。

・Powered Up(PU)及びS-BRICKも可能ですが、大規模会場につきブルートゥースの断線が起こる可能性ございます。

・レイアウトの雰囲気は日本形ですが、外国形OKです。

・原則として、標準カーブ(R40)通過可能であることが必要です。
 ただし、最外側線(シーナリー外)はR56にいたします。

・送付は原則不可です。お手数ですが持参願います。

・持ち込み希望の方は3月19日(火)までに、メールフォームで連絡お願いします。
 当日飛び込みでは対応できないこともありますので、ご注意ください。
(既に連絡くださった方や、上記モジュールで参加の方は連絡不要です。またTwitter @houmeisya 宛のDMでも構いません)





 また、運転の細則です。

・【PFの4ch】は転車台に使うため今回は「使用不可」です。
 事前に他chに切替お願いします。

・PF使用時は、必ず使用チャンネルをホワイトボードに記入してください。

・走行していない車両は必ず電源を切ってください。
(毎回、何らかのトラブル……転落大破が起こっております)

・走らせていない車両は、箱にしまってテーブル下に収納してください。
 収納ケースはある程度は用意いたします(数に限りはございます)

・1人1列車30分を目安にお願いします。



 転車台部分の細則です。

・全長72ポッチまで(レール4本分)

・転車台は給水・給炭線への入れ替えやカマ変えには使用可。

・ただし、車両置いてひたすらメリーゴーランド状態は不可。載せたら最大2周まで。

・留置してよいのは蒸気機関車と内燃機関車。気動車です。
 電車や電気機関車、蓄電池車の留置不可です。

・煩雑な車両入替はご遠慮ください(3時間基準です)

・扇形庫は1人1線までです。



 更に細則は以下ご覧ください。

 電機は不可。多分。
 あと原子力機関車も多分NG?(広義の蒸気機関車と言い張る手はありますが)

 該当作ないようで、しゅん様のが……???



 割と大事な注意です。






 これも重要ですね。10幅以上の該当作がどれほどあるのか分かりませんけども(笑)。

 博物館ではなく機関区です。
 これはコンセプトとして重要なことでありましょう!
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]