何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年02月27日

【実物鉄道】浦賀〜名古屋〜仙台〜浦賀 5泊6日の行程(ツイまとめ)

 2月18日(月)から、2月24日(日)までの、名古屋の「火曜レゴオフ」と仙台の「仙台レゴオフ」掛け持ちの旅行記的ツイートまとめです。

 備忘録ですが、あとからツッコミとか入れてますので宜しければ。



 でっち上げてたのがED54でした。
 鉄道模型界隈では難度が弩S級のED54も、レゴなら6時間で完成します。

 そんなわけで、旅たちの前は常に戦場です。



 バスが来ないわけ無いんですが、不安になります。
 浦賀から横浜方面の終電は23時過ぎ。これに間に合わないと。






 電車乗って一息ですね。



 で、名古屋行きのバスは0:25 YCAT発。

 ウィラーのボーテ。3780円だったと思います。3列。
 自分のバス選択の基準は「禁酒車」(多いんだ新免事業者に。公共交通機関としての自覚が足りねぇだろ!)は避けること。その意味で大手のウィラーとVIPは偉い。JR系や私鉄系並の襟持ちですよ?

 この時間のバスで晩飯は無いだろと思うんですが(自分も最初は避けたかった)、昼間がドタバタですからやっと一息。まぁ横浜地点で既に消灯後とは思いませんでしたけども。



 海老名ではトイレ行くのみ。流石に。



 名古屋程度なら夜行4列でも耐えられる……でしたが、流石にもう無理ですね。



 降車時に
撮影です。



 ささしまライブ着なので、駅までに有るでか目のマックはバス客で早朝から繁盛です。ここのマック意外と設備良いので、有りかも。もうちょっと高いもの注文しろよ自分。



 きたさんの荷物大変。
 会場入りは9時ジャスト。

 荷物入れて。
 机並べて。
 机の上に基礎板並べて線路敷いて……が11時ころ。でも設営完了?は12時過ぎです。時間掛かってるようで、でもこの規模が3時間余、というのは異様なスピードなのです。



 ご用意のお弁当が美味しい! これで一日がんばれます。オフ会はカロリー消費激しく。



 で、いきなり夕食会に飛びます。18-19時くらいですね。

 再度会場に戻り、20時位に1日目解散です。
 Mugen様の車で、宿泊先の三木様自宅へGoです。いや、結構遠い道でお手数おかけしてしまいMugen様には申し訳なく。



 三木宅についたら、私の持ってきた部品で485系「宴」の最終仕上げです。やっと色が綺麗に揃いました。美しい。

 翌朝は三木様の御出勤(お仕事でオフ会出れず。激しく申し訳ない!)に併せて、再びMugen様の車で。三木様の作品も持っていきます。行きは車だから楽々ですが、帰りは私が電車で……(苦笑)。

 なお、この日は私が三木宅にスマホを置き忘れるというミス。
 いろいろ不便でした。Mugen様が運転とか道に慣れてたので、スマホナビなしでも会場着できたのは助かりましたが。



 2日目は、1日目よりもずっとまったりした時間が流れます。この中で昼食。これも美味しかったのですよ。



 沢山の差し入れ。ありがとうございます。
(いつも手ぶらで食べるだけの人は要反省です。私とか)

 16時には展示終了。18時には散会となりました。
 18時過ぎに会場出て、再び宿泊先の三木宅へ。

 さて此処で問題。スマホが無いと1時間の電車が割と退屈(苦笑)。
 近鉄は幸いにも型式忘れましたがLC車に当たりました。夕方(夜)はクロスシートモードなのですね。ただ、座り心地はやや硬めでしたが。

 20時過ぎに三木様と合流。部屋呑みでオフ会報告会へと。昨晩に続き濃厚な時間となりました。で、翌朝も出勤に併せて、こちらも出動。



 駅では、良いもの見られました。






 電車は1本目が昨日乗ったLC(ロングモード)だったので見送り、次が5200系。この電車は快適で名古屋線急行が好きになるってもんです。シートピッチは京急2100形よりも広いですしねぇ。でも嫁は2100形ですよ?

 で、名古屋で今日は朝から夕方までひつまぶしじゃなくて暇つぶし。
 荷物が非常識に大きいので(コインロッカー不可!)、何処か出かける気にもなれません。結局……。



 ここで8時間、粘りました。オープン席ですが1400円位。他地域思えば安いですよね名古屋のネカフェ。まぁ仕事とか片付けましたので。遊んでる場合じゃねぇと(笑)。

 15時過ぎにあおなみ線乗ってフェリーターミナルへ向かいます。



 憧れの太平洋フェリー「きそ」。今回の目玉ですね。



 ターミナルはいろいろ場末感ですが(そもそもお客も少ないですし)、ここのwifiの仕様が紙です。いや神です。
 壁にIDとパスワードの紙が貼ってあって、ご自由にという太っ腹。

 訳のわかんない認証とか登録を要されるクソwifiが意外と多いので、このシンプルさは有り難いのですよねぇ。

 いよいよ乗船。



 良い船です。公室の床が絨毯敷きなのは軽く驚き。

 「きそ」が南太平洋、「いしかり」が地中海というテーマのインテリアプラン。
 場違いなとか事前情報では思ってましたけど、でも寒い冬に乗ってみると納得なのですね。



 天窓はマジで今の旅客船にどれだけあるものなのでしょうか? クルーズ客船とかだとありそうですが。
 なお、「きそ」の大きさになると船室にキャンバー角が付いているのが分かります。氷川丸ほどわかりやすい角度ではないですが、中心線から舷側に向けて微妙に下がってるんですよ。



 空いてるので、寝台はかなり良い条件で振られてたんだと思います。
 とはいえ、混んでるときだと最低限のプライバシー確保できる寝台は有り難いのでしょうね。
 三食付きセットでB寝台は10100円。2等大部屋は同条件で9000円なので、多分寝台が特です。S寝台だと流石にお高く、1等はちょっともったいないかな……になりますが。






 で、出発前にお目当ての食事へ。19時出港ですがレストランは18時から。



……どれだけ食べたのかとかは言わねぇ約束ですよ。開店から閉店まで粘る感じ。
 船上ということ考えたら大満足でした。



 この区間なら9割方電波はいる感じです。
 仙台苫小牧は分かりませんが。












 いろいろと妄想。
 世界的に見ると、アメリカやロシアや中国など内陸部が広いところは内航海運がありえませんから、寝台列車が生き延びやすいのかもしれません。日本は内航海運があるから鉄道の貨物や長距離旅客(夜行・寝台)は不利な条件ではあるんでしょう。



 全体に空いてる区間なんですが、お風呂だけは常に誰かいる感じ。利用率高いのは納得です。



 翌日に撮影し直し。
 「きそ」の湯。素晴らしい。なお就航からもう10余年経ってるんですが、老朽化感が皆無なのも素晴らしいのです。



 だらだらっと、公室のソファで過ごします。これは他の船乗ったときも同じくですが。深夜眠くなって、寝台に入る感じです。



 朝起きたら、後ろをすごい勢いで走ってく船がありました。貨物船(Roro船)? 正体は後ほど。



 日本酒1合は適量ってもんです。その後はゆっくり朝寝し直す(笑)。



 朝寝したらもう昼食の時間に。

 この生活リズム、昔の長距離客船的で悪くないもんです。食事が楽しみってことで、まぁ確実に太りそうですけど。



 メニュウの写真ですね。ビールが欲しくなる(笑)。呑みゃよかったです。






 昼食後、PC広げて名古屋での写真整理。
 そしたら放送があって、「いしかり」との離合ありと。これは見ごたえありました。



 2泊3日コースも何時か乗ってみたいものです。
 マークはアイヌの鉢巻した鹿ですよね。ここは北海道への航路らしい部分です。

 航路のメインは仙台〜苫小牧ですから、もっとお客も乗ってくるのでしょう。



 朝に追い抜いてった船。
 あちらも名古屋→仙台→苫小牧航路(但し一般貨物ではなくて、完成車輸送がメインらしい?)。
 この区間の需要が多いってことですね。






 隼様の作品は既にギミック有り、でした。

 バスで1時間弱。500円ほどで仙台駅へ。



 仙台でプニコフ様・ルビー様に合流。
 ルビー様はご用事とのことで、その間はプニコフ氏と「ドクターペッパーがドリンクバーにあるファミレス」のガストへ。

 なおミートドリアはサイゼリヤより100円高い分、100円分の味がしました。
 ガスト、最近は頑張ってる感ですね。

 で、ここからいろいろ飛びます。

 ルビー様に再合流。バスでルビー様宅へ向かうこと。

 バス停から坂が多くて難儀したこと(笑)。
 ルビー様宅で爆眠させてもらったものの、家主は作品の修理や整備されてたこと(ご苦労様でした)。
 翌朝はBUCHI氏に連絡取り、資材輸送で協力お願いできたこと。

 で、仙台レゴオフへ。
 9時頃会場入り。11時半まで設営。

 1600撤収開始。17時前に撤収完了。



 で、飲み会です。とにー様が良い店見つけてくださり、安くて美味しく。名幹事ですね。



 終了後は、昨日と同じガストでバスまでの時間つぶし。
 マジで半分眠かったので、快適な椅子で助かりました。



 仙台発23:59のバスで帰宅。
 3列で5980円とかしますが、新幹線だと10000円コース。流石に無理です(笑)。



 変わった車?ではありました。かなり楽な使い方させてもらいましたけど。A列で満席だったらかなり息苦しかったかも。
 なお、トイレ広い分開放休憩なし。有っても外に出る気力無かったとは思いますが。

 定時に新宿そして渋谷着。東横線→京急線で帰宅です。



 以上と。

 実に濃厚な5泊6日であったのでした。

 名古屋→仙台のフェリー移動は正解でしたね。夜行バスx4になってたら、いくら間に帰宅できると言え流石に苦しかったと思います。普通の旅行で昼もだらだらーなら別にいいのですが、オフ会的な催しだと昼も全精力体力使い切りますからね。

 それにしても太平洋フェリー、また乗りたいですねぇ。
 内装の違う「いしかり」。設備の違う新鋭「きたかみ」(C寝台気になる!)。仙台〜苫小牧を狙いたいものです。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。