何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年01月27日

【作品紹介】客車にはインテリアを! mazta-k様の欧州型客車。6幅でも!

 ついつい忘れがちですが……客車や電車にはインテリアを備えるべきなのです。

 レゴトレインがミニフィグ対応になった1980年以降(すなわち灰レール時代から。4.5V/12V)、製品ではインテリアは標準装備なの、忘れてはなりません。


 左がオーストリア国鉄(OeBB)の1等コンパートメント車。
 右が同じくオーストリア国鉄の1等・荷物合造車。

 コンパートメント車では仕切りガラスがちらりと見えます。


 1等コンパートメント。この現行塗色素敵。1等黄帯も映えますし。


 肝心の内部。窓ピッチと座席ピッチを合わせたため、かなりゆったりしたもの。


 1等・荷物合造車。
 荷物扉の表現が80年代のレゴの文脈を守ってて、嬉しくなります。あの世界の正当なる進化系でありましょうか。

 ドアレールの高さを屋根内で調整してるのは巧いです。


 肝心の車内。ええと、mazta-k様いわく「シートピッチの狭い、最低な1等車。限りなく2等車並」とのことです。モデルでも美化はせず(笑)、座席詰め込んでるとか。
 上の写真のように、コンパートメントと一緒に連結らしいので、乗るならコンパートメントの方でしょうね。


 こちらは同じくオーストリア国鉄の、通常の二等車です。
 欧州では向かい合わせの固定ボックスは1・2等とも珍しくないですよね。一方向け固定より狭苦しくないので個人的には好きです。


 オーストリア国鉄の食堂車。

 インテリアが一番映えるのは食堂車です。このシートの出来が秀逸ですね。カーフェンダーを椅子の丸みに見立ててるのです。とてもゆったりした車内に見えます。

 簡素ながら、厨房の表現があるのも嬉しい。コーヒーメーカー?やシンク?が見えます。そして仕切り壁の模様が凄くおしゃれ! レンガブロック、建築以外にも使えるのですね!




 食堂車。外見です。変則的な窓配置は食堂車の万国共通の魅力でしょう。


 さて。こちらはスイス国鉄(SBB)の食堂車です。
 半円のテーブル、そして、変則的なテーブルレイアウトの再現が嬉しいですね。

 厨房は給仕カウンター部分が再現されているので、此処にコックやウエイター置くだけで見栄えがしそうです。

 6幅ではインテリアは映えない……みたいな流れを吹き飛ばす力がありましょう。


 ドイツ鉄道(DBAG)の二等車。スタンダードな良さ味、ですね。

 窓からシートが見えるだけで、旅情誘うってものです。


 同じくドイツ鉄道の1等コンパートメント。仕切りが見えるのが堪りません!


 シートピッチと窓割りの非一致はやむなしと割切、3室並べています。この割切は「あり」でしょうね。仕切りは2x3のパネル使えばフィグ腕はもっと綺麗に収まりそうですが如何でしょうか?


 CD(チェコ国鉄)の1等客車。
 赤い絨毯に黒いシートがとても豪華そうな感じ。モダンな豪華さですね。タウンシートでもユトリ保った配置で十分に1等車らしさを出しています。

 トイレなど省略しうる場所は省略。そのメリハリと割り切りも大事でありましょう。


 外見。おしゃれなカラーリングですよね。
 屋根までダークブルーなのも特徴。隣国オーストリアの赤屋根客車と好対照でありましょう。そして、隣国の車両はときに編成を組んだりするのです。

 ともあれ、忘れてた大事な宿題、思い出さえてくれる作品群なのでした。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]