何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年10月25日

【作品紹介】ふたつのA4パシフィック その2 三木様の作品から「流麗なる銀」nnnwnnn

 前回記事
ふたつのA4パシフィック その1 鱒寿司様の作品から「躍動の緑」
http://legotrain.seesaa.net/article/462514466.html
ふたつのA4パシフィック その1.5 鱒寿司様のプルマン客車
http://legotrain.seesaa.net/article/462514703.html



 「シルバージュビリー」なる流線型列車は意外と日本語の資料がありません。A4パシフィックの曳く華麗な流線型列車でありましたのに。断片的な伝説しか出てこない。

 というか、戦前の外国形客車に関しては資料が根源的に少ないんですよね。この辺の事情は英独米どこも共通してる感があります。鉄道模型のカタログや紹介が有力資料になるなんて本末転倒さえも。
 残念ながら、wikipedia(英語)の記述もあっさりしたものです……。
https://en.wikipedia.org/wiki/Silver_Jubilee_(train)
 
 1935年から、ロンドン〜ニューカッスル間をむすんだ列車。客車は7両編成で部分連接車。華やかな銀色塗装でした。
 なお、英国では第二次大戦の影響で1939年にはほぼすべての特急列車が運行停止されています。連合国、そして戦勝国に於いても戦時の影響は多大なものであったのでした。

 僅か4年のみ活躍した客車に関しては、その後の資料などがありません。
 戦時輸送下でもありますので廃車されたりはしないでしょう? 戦後は国有化前の雑型車のような扱いになったのでしょうか? 謎が多いです。
 




 西側の且つ鉄道趣味大国においてさえもミステリアスな列車自体は兎も角。資料少ない中でよく作られたと思うのが三木様の作品です。
 機関車に客車7両、フル編成です。


 先ずは肝心のA4から。
 さきにも触れましたが、多くの方が手がけられてきた題材です。それを最もスマートで流麗に仕上げてこられました。
 それもほぼ6幅に納めています。キャブやテンダも6幅です。

 動輪回りのカバーは流石にプレート2枚分の張り出しですが、観てわかるよう、違和感なく抑えられています。メインロッドの省略サイドロッドのみなのは動輪カバー考えたら致し方ないことでありましょう。動輪はBBB-XLではなく、純正大動輪です。動輪の小ささよりも寧ろ、全体を引き締める印象に繋がってる感はありますね。

 いつも申すことですが、英国機は、小さいのですから。


 流線型の造形が良い意味でカーブスロープに依っており、とても美しい。コストや技法面で無理を感じさせないのも安心感につながっておりましょう。

 ベストバランスのA4と言えるかも知れません。
 メインロッドの取り付けとか、動輪回りのカバーなしなどの考えてみたくなりますが、これはこれで完成されているので、変形にはまた別のセンスも必要とはされるでしょうが。


 いきなりの比較です。
 先の鱒寿司氏作品と。方向性がちょっぴり異なるのですよね。でも、どちらもA4ですし、各々の良さがあるのは言うまでもなく。

 そして、並べても違和感がありません。




 鱒寿司氏作品との大きな違いは内部エンジンドライブ。
 三木氏のGt-3ガスタービンと同じく、Mモータx2を縦置きです。この配置は画期的かつ合理的ですね。なお、電池boxが前方に置かれています。電池がウエイトとして機能しています。
 受光ユニットもキャブ手前に置かれており、テンダに跨る配線無しで1両完結しているのは取扱い上有利でありましょう。

 気がかりなのはサイドロッドの構成で、テクニック軸だとどうしても前後方向に緩みが生じて、大きな走行抵抗になりうることでしょうか。テクニックアームへの変更が良いと思うのですが如何でしょうか……?
 また、各動輪は内部でギア連動させて(つまりロッドには動力伝達の機能は負わせず)、第三動輪から擬似的にメインロッド出してロッドの抵抗をキャンセルする思想もありえますが。


 8月のJAMでの活躍シーンです。


 サイドビュウ。実に滑らか!


 「古風な汽船」に、腕木信号が似合うのは英国型のいいところです。


 小気味よく快走です。


 そして、A4同士のすれ違い。


 Gt-3との重連です。


 Dr.ペイ氏作品も交えて。A4の3並びも実現。






 それぞれの良さがあります。
 ディテールの精細さを取るか、全体のバランスを取るか。
 その意味で「世界一有名な蒸気機関車」A4は個性の顕れる題材なのかも知れません。


 こちらはDr.ペイ氏の撮影です。
 この並びを観てしまうと、……LMSのコロネーション作りたい(え?)



 客車も観てまいりましょう。最後尾の仕上げ。


 先に申したよう資料の少ない客車ですが。7両編成で3等荷物車・3等車・3等車・厨房車・1等車・1等車・1等荷物車。で良いのでしょうか?
 英国では戦前から既に鉄道は事実上の2等級になっていた模様です。
(但し、1等3等共にプルマンがあるので、4等級とも言えますが)

 先ずは3等荷物車。
 隣の3等車と連接です。
 
 銀の車体に金の縁取りだったのでしょうか。独特の配色。而して美しい。レゴ的には縁取りの組が大事になってますね。


 編成の真ん中の、右から1等車・厨房車・3等車。
 連接車は2+3+2の分割で、これは偶然でしょうが戦後のETR300(FS)や10000形(近鉄)と同じですね。


 右から1等車と、1等荷物車。

 1等と3等の区別は窓幅でつけられているのですね。



 シルバージュビリーとしての「揃い」も良いのですが、HSTの中間車(MkII客車?)を曳いて。こんな保存運転もありそうですよね。意外と似合います。

 英国型ブームはこんな大物まで生んでしまいました。
 さて、次はどんな題材、生まれてくることでしょうか?

 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]