何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年10月20日

【実物鉄道】北海道での野外撮影集1 宗谷本線篇。天塩川に沿って。

 2018年10月の、北海道行のまとめはここから
http://legotrain.seesaa.net/article/462482867.html

 他の野外撮影はこちら
【実物鉄道】美唄鉄道2号機(4110同型機)に対面。大きいなぁ……!
http://legotrain.seesaa.net/article/462217525.html


 「1日目」10月15日の旭川から稚内への往復。
 名寄を過ぎると、宗谷本線の普通列車は……空いてきます。
 こうした撮影するチャンスとなります。


 天塩川沿いの区間がずっと続きます。程よく紅葉も始まる10月の半ばです。
 窓枠に置いたキハ54。走らせてみたくなりました。


 iphone8のカメラは独特の画像処理をするのか、不思議な色が乗りますね。
 嫌いじゃないです。
(しかし世界で一番多くの人が使ってるカメラじゃないだろうか?)




 北海道形気動車の窓枠、独特の「額縁」感があります。


 自撮り(笑)。




 天塩川を眺める。
 普通列車の速度が程よいのですよね。


 快走!




 程よい、午前の落ち着きです。


 キハ56、宗谷本線に復活です!

 2両編成にして。嘗ての急行「礼文」をイメージ。
 キハ54が所定でしたけど、増結や予備ではキハ56も使われてたことでしょう……。

 それにしてもキハ58系列、もう現役なのは九州のキハ71形(ゆふいんの森中間車)だけなのですよね。車体も機関も原型ではないですし。稼働率は高く、かつ稼いでる車なのが幸いですが。

 一方で、北のキハ27・キハ56・キハ53 500は概して引退早かったですね。






 北へ、最果てへぐんぐん進んでいく。


 キハ54の車内にて。紅葉バックに。


 一般型気動車に特急型用のリクライニングシートを備え、且つ出入り台付近のロングシート拡張したという、他にはない車両。


 乗っていた列車は幌延で長時間停車です。
 
 ホームの反対側に回り、「実物」との並び撮影を敢行。無論、時間的余裕はたっぷりあるのですが。

 なお、天気は晴れたり曇ったり雨降ったり。変化にとんだ一日ではありました(笑)。


 

 再び「自撮り」です。

 キハ54 500代は1986年のデビウ当時から好きな車でした。
 虚飾廃した合理性? いや汽車らしいカッコよさのあるスタイルだからだと思うのです。30余年の貫禄も加わり、ますます魅力を増してきたように思えます。


 幌延から稚内に向けて、また少しはお客さんも増えてきました。
 地域輸送として役立っているのは、やはり嬉しいことです。

 
<続>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]