何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年10月19日

【実物鉄道】2018年10月北海道行。3日目オマケ。南千歳駅→千歳空港徒歩。スカイマークの深夜便。羽田空港の早朝3時……。

 この旅行のせいではないと思うのですが、10月22日ころから体調壊し(咳とか呼吸器系)ぎりぎりのラインで運行していたので(カンブリ業務のみがぎりぎり)、つい更新が空いてしまいました。
 更新日と日付がおもいっきりずれていますが(13日ずれ)、どうかご容赦をば。

 10月の13-18日の北海道編の締めです。
 最後の帰りまで、大冒険です。大冒険しなくても良いのにw


前回記事
2018年10月北海道行。0日目。浦賀羽田→千歳 夕張 美唄で旭川。石炭の跡をたどる旅?
http://legotrain.seesaa.net/article/462217474.html

2018年10月北海道行。1日目。旭川→稚内(宗谷岬)稚内→旭川。北の果てへ。
http://legotrain.seesaa.net/article/462272727.html

2018年10月北海道行。2日目。旭川→富良野経由→代行バス→新得。帯広釧路根室で釧路。「狩勝峠」は代行バスのほうがいいんじゃね?
http://legotrain.seesaa.net/article/462291140.html

2018年10月北海道行。3日目。釧路から釧網線経由網走。石北本線経由で旭川へ。今日も海辺と峠越え。常紋伝説を偲ぶ。
http://legotrain.seesaa.net/article/462302252.html















 飛行機に間に合うかどうかというシビアな状況ですからね。その意味でプレッシャーだってデカい。道間違えたら最後です。リカバリが出来ない!

 なので急ぎ足になるんですが、心肺への負荷がデカい。息ゼイゼイごほごほ。






 カウンターについたところで「間もなくスカイマーク070便の搭乗手続き締め切ります」なんてアナウンスが有ったので、ほんとにギリギリだったのでした。























 この辺のツイートを、国内線ターミナルの外の路上で座りこみながら315-400頃に垂れ流してました。意外と落ち着けるところがない。これはきつかった。

 なお、もう少し歩けばファミマがあるらしいのですが、そこまででも遠いです。
 国際線ターミナルも凄く遠いですし。

 スカイマークさん。国際線ターミナルまでは送ってくれませんかえ?
 というか羽田空港さん、本気で国内線深夜便やりたいなら、1-5時利用可能な「夜間待合室」作って欲しいです。
 狭くてもいいです。空調とベンチと屋根と壁とトイレと飲料自販機があれば、それで良いので。

 というか深夜も国際線ターミナルへの送迎があれば解決するのですよね。


 まぁ妄想垂れ流してもしかたないので、次は南千歳→千歳空港はタクシー。羽田では温泉施設(高いけど! 但し送迎あり)で時間つぶしですかねぇ。スカイマークの深夜便そのものはとても便利ですよ。道内の交通事情考えると、深夜ギリギリまで引っ張れるメリットは大きいです。
 









 クロスシートじゃなきゃ嫌だ。銀1000の普通久里浜行脚下。次の特急久里浜行は1500。20分待ってやっと600形IIIががが。

 浦賀帰着は730頃でした。
 風呂入って飯食って呑んて、あとは一日死んでました(苦笑)。


 あとは反省?編です。
今回の北海道行の目的にして成果は「過去の情報(蒸機とか炭鉱とかローカル線とか)」をより身近にするための「現地確認」なのよね。 そりゃ過去は手に入れられないけど、今の残るものを観て感じておけば、先人の記録をより「身近な」モノとして理解しやすくなる。行っておく価値ってある!

通ってみるまで「常紋信号場の伝説」は身近に感じられなかったもんなぁ。 美唄の4110が走った路を僅かでも歩けたこと。 宗谷本線のC55だって、キハ54で追体験出来たし。 夕張支線や室蘭本線の広大な構内跡には石炭全盛期をなんとか偲ぶこと出来た。

そして、「今の」JR北海道の頑張りを感じることが出来たのも大きい。最大級に合理化してる経営も現場も頑張ってる。 で、新しい綺麗な駅とか観てて嬉しくなる。 また、減便しまくったとは言うけど、それでも諸外国の事思えば「列車本数は多い」のよ。


普通列車だけで意外と、どこでも行ける! もちろん、普通列車じゃないと見えないもの感じられないものもとても多い。これは狙い通り。 無論、特急じゃなきゃ見えないものも多い筈。 地元の普通の人は、ちょっとした距離は特急乗っちゃうからw。


普通と快速のみの花咲線や釧網線を別としたら、普通列車に起点から終点まで乗るやつが(況してや、その先で普通同士の乗り継ぎするやつが)「自分しか居ない」パターン多かった。東海道線とかとは事情が違うぞw

いかにも旅人な、この人は終点まで乗るのかな? という雰囲気の人も途中で降りてくし。


まぁこの辺は青春18きっぷのトップシーズンの休日だと事情は違うのかもしれないけど。 あと関山は目ざとく「このスジこの列車この車両この区間は空いてるだろ」と予想たてるの得意かつ東海道筋で鍛えた椅子取りゲームの腕があるのでw「行ったら混んでた座れなかった」とか言われても困るぞ(笑)


 

 さて。あとはツイートしなかった秘蔵写真編ですよ!
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]