何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年10月16日

【実物鉄道】2018年10月北海道行。1日目。旭川→稚内(宗谷岬)稚内→旭川。北の果てへ。

 前回記事
【実物鉄道】2018年10月北海道行。0日目。浦賀羽田→千歳 夕張 美唄で旭川。石炭の跡をたどる旅?
http://legotrain.seesaa.net/article/462217474.html


 訪道はかれこれ8回目なのですが(内4回は函館のみ)、実は行動最北端は名寄までです。1995年。深名線の廃止の日に深川〜名寄を往復したのでした。

 なので名寄から先というか、宗谷本線自体が初乗車です。

 これまで避けてたのは深い意味はなく、大きく変わることも急に廃止になることもない……位のこと。それより優先順位の高いモノいくらでもありましたから。

 無論、北の果てへのあこがれは当然ありました。3往復(昼行x2 夜行x1)もあった14系の客車急行にはドキドキしたものですし、再気動車化後もキハ400・キハ480のカオスな編成に惹かれたのです。しかし、283系の導入でやや興味は薄れてしまいましたし、夜行も廃止。どうしたものかと思っておりましたが。

 さて。
 繰り返しますが、普通列車で行くことの意義を最近見出しつつあり。その流れで宗谷本線は難しいかと思いきや、時刻表調べると旭川早朝発6時3分発で、深夜23時40分着でなら、稚内に滞在6時間で往復できるじゃありませんか!
 俄然、行きたく・乗りたくなってしまいました。

 3日間の乗り放題。1日目にはまず稚内への往復です。




 誰も歩いてない旭川。
 旭川は道北道東へのベースキャンプとして実に有用です。札幌よりも行動可能エリアが広がりますよ。



 昨晩もつぶやきましたけど、銀河鉄道999的な未来感がただようのです。
 然し、木部が多いのでとてもあたたかい。

 ここに付く前にセコマで買い物。半日分の酒と食糧を。



 所要時間6時間という普通列車です。
 なお、乗り通しの方は2-3名程度でしょうか。






 暫くは旭川市街を走ります。
 旭川、大きな街なのを実感。そりゃ昔は郊外電車だって成立したのも分かりますよね。



 名寄までの区間も見どころ多い。
 塩狩峠はやはり景色良し。気動車はゆっくり登ってく。

 そして、前面展望は特急では楽しめない。これは普通の特権ですね。
(今も宗谷本線に183系の特急って残ってたかしらん?)



 沿線最大の町。名寄。ここに入る寸前で、キマロキ編成の保存されてる公園の前を通ります。知ってれば車窓からでも撮影・見学できる由です。

 で、ここで後ろのキハ40切り離し。キハ54単行になります。



 車掌車駅が意外と健在なのに驚きました。



 美深もそこそこ大きめの駅。



 運転台越しといえ、後部展望も座って楽しめるのですね。



 このカメラの特性は使い方次第では「あり」ですかね?



 この作画は楽しかったです。窓サイズも心なしか黄金比に近いような?



 良い意味で内地的ですね。綺麗で、優しい。



 北海道ならでは、になってきます。



 美深〜幌延が一番空いてきますね。



 この辺のコスト勘定がわかりませんね。
 プレハブは簡易なものでは保たないのかも知れず、それなら車掌車は意外と頑丈なのかも知れません。



 これは美味しかった。翌日翌々日も購入です。



 まとまった長時間停車は少ないです。交換待ちもミニマムな感じ。



 幌延〜稚内間は地域交流そこそこあるのでしょう。



 デビウ30余年。機関や台車は交換してますのでまだ大丈夫でしょう。車内はインテリアがやや劣化感ありますので、ここらを更新したら快適な車になるでしょうね。化粧板張替えだけでも。

 ところで最近785系廃車にしてますから、その座席とかに交換できないものかしら。



 途中で天気崩れました。この日はずっと晴れたり雨だったりの振幅激しく。



 稚内駅とか稚内埠頭とかでいろいろ撮影してたのでした。
 


 特急3往復。普通は3.5往復。
 20時11分の最終幌延行は、幌延着後に南稚内へ回送されるんだとか



 稚内駅は地域センターと、お土産物屋+食堂、バス事務所、バス待合室、コンビニ(セコマ)が融合してる施設。そこには映画館もあります。おそらく日本最北。



 さて、13時過ぎのバスで宗谷岬へ向かいます。

 利用者は地元と観光客が半々くらいですね。平日でも宗谷岬までだと輸送力不足の懸念ありますが、休日だとどんなものなのでしょう。
 所要40分なので詰め込んで良いような所要時間ではありませんし。



 岬と行っても大きく張り出しているわけではなく、地形的には軽く張り出す程度なのお思ってたより地味?の理由かもです。



 暴論ですが。
 でもなぁ南鳥島と沖ノ鳥島の見学会くらいはやってくれてもいいじゃん抽選でいいからさ。ついでに硫黄島も。とか思うのですが。



 前後しますが、宗谷岬に付いたときに撮影。
 バスは少し前の写真だと長距離用トップドア車ですね。ワンステ路線車での運用は無理があるような気がします。

 滞在は40分ほど……。



 退屈。景色は海沿いで良いはずなのですが、天気が崩れてしまって。
 バスの窓が曇ってしまい、とても視界悪く。なので宗谷本線の方のツイートと。






 景色のラスボス。
 抜海駅と南稚内駅の間です。






 16-18時は駅構内で暇つぶし。記事書いてたりしたら時間は過ぎるものです。














































 旭川には予定通り?2340着です。
 でも特急「宗谷」はこのまま札幌まで走り続ける。みなさん、お疲れ様です……。

 旭川では勝手知ったる昨日と同じ「宿」へ。0時前に入り、6時間パック選択。

 稚内駅での待ち時間や、キハ54の車内で書いた記事を上げちゃいました。













 寝ること出来たのは1時半過ぎ。
 翌朝も4時半起きですから、仮眠のレベルです。起きられるのか?
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]