何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年10月08日

【作品紹介】lime様のJR北海道 733系。今度はスッキリ? いや、大胆にして精細!


 前評判と違い、乗ってみると意外と上質で悪くない電車が733系です。

 ただ、なんで721系の全転換クロスから全ロングシートという脳が短絡してるのか? という極端な接客設備への思想は疑問はありますが。
(1両の半分や、編成の半分で設備を分けるような思想が出てこないのは疑問でありますね。その意味で最近のJR東はかなりまともになりましたが)

 愚痴話はともかく。731・733・735系は作品としては過去に幾つか上がっておりますね。その、決定版になりますでしょうか。


 Lime様の作品は鉄道車両も自動車も……かなりトリッキーと言うか大胆な組み方をされてきました。今回も、同じく……ですね(笑)。

 車体断面形状の再現に妥協がありません。
 最近は6幅でもカーブスロープ等で車体断面形状の再現を目指す流れはありますが、lime様のは帯の途中で絞りを入れています。そして、ドアの凹みも両立しています。

 そこから醸し出される、質感!
 模型的に相当なディフォルメがされているのですが、実物の強調方向なので、質感に繋がっちゃてるのですね。


 複雑な前頭部ですが、かなりの立体感ある表現です。ポチスロやブラケットの駆使はともかく、前面窓下のヒンジで支えられたポチスロは尋常には思いつかない形状でしょう。
 下部ライトケースが横組みになってて、挟み込まれてるのも印象的です。

 スカートも複雑な形状なのですね。


 車体断面の支持方法が分かります。
 なお、今回はかなり強度への配慮もあるとのことです。

 ドア窓は支持方法がひと目ではわかりませんね。

 側窓は2x5のブロック横組でしょうか? すっきり美しい。


 交流電車のアイデンティティたるパンタと碍子。
 ブライトグリーンのΦ1プレートが近年は出回りだして、ようやく使えるようになってきました。一番碍子らしい色ですよね。

 パンタは摺板に、チェーンリンク使ってます。トレインファンの定形表現以上……に満ちたモデルでもありましょう。


 pf機器系が収まってます。見た目無理している割に(笑)、電池交換への配慮があるのは嬉しいですね。車内には上下逆転組のプレート裏面が見えてて、やや剣呑な気配はありますけれども(笑)。

 でも、過去作よりは強度への配慮はありそうです。
 その上で、造形への妥協がない!


 721系電車と。こちらも衝撃的作品でありましたね。

 両者勝るとも劣らず? いや、今度の733系のほうがすっきり感があり、全体の質は向上しているのが分かりますよ。


 何れ、721系もアップデートなるか……?

 それにしても、札幌でまたトレインオフとかあれば711系もって駆けつけたいものですねぇ。この作品に見合うものになるかどうかはわかりませんけども。


 この新作、或る大学学祭で展示されたそうです。

 静止展示への割り切りですが、おかげでミニマムな資材ながらリアルな情景が造られています。高架・築堤になってるのは折りたたみコンテナですが、一部を開放することで陸橋になるスグレモノ(ちょっと欲しいです)。


 立体交差です。
 都市部の、而して内地よりは土地に余裕がある雰囲気が伝わってきます。

 自動車もlime様の作品。ハスラーやジムニー、かっこいい。


 フレキシ使った、緩やかなカーブがいいですね。キハ40も良い取り合わせでしょう。
 
 架線柱や信号機があれば、小ジオラマとして更にかっこよくなりそう。道路には青看とかも。この展示はいろいろ示唆してくれますね。
 
 閑話休題。
 733系も今後の活躍、願っております。
(ただ、旅行で乗るなら721系のほうが良いですね。やっぱり(笑))
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]