何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年10月04日

【作品紹介】ぬぬつき様のBタンクロコ。明治の香り?

 ぬぬつき様はミリタリメイン。小柄な戦車作品などが印象的です。実際問題、戦車は小さく造る方が難しい題材でありますからね。

 その方の、小型蒸機作品です。モデルはA3形……即ち、鉄道創業時の5種類10両あった機関車の中の一つ、ですね。
 A3形は1901年に台湾向けに転用されましたが、うち1両が保存されてる由です。


 A3形。台湾譲渡後の姿のようですね。

 何れの機関車ももはや「文化財級」故に難しいでしょうけども、A1=150形(大宮)、A2=110形(青梅)、A6=160形(犬山)、A4=120形(加悦)と、このA3(台湾)を一同に会させたら凄い状況になることでしょうね。遠からぬ鉄道150周年に実現しないものかしら?


 もちろん動力なしです。この大きさですから。
 足回りは固定ロッドです。この動輪系だと何らかの妥協は必要ですよね。

 程よく創業時の小型機関車に収まっています。金色のアクセントもまた効いていましょう。キャブ屋根が7幅なのもバランス良いのです。

 惜しいのが2点で、スチームドームが省略されてしまってることと、ボイラ中心がやや高すぎかなということ。後者を落とすと(少しランボードにのめり込むくらいに)、缶を細く魅せることができます。

 端梁のディテールが良い感じですね。バッファは丸タイルのほうが良さそうですが。

 キャブは明治期の機関車ならもっと開放的な方が良いかも知れません。丸窓は良い感じです。


 バックビュウ。
 背面にも窓が欲しいところですね。手すりや赤標識円盤が嬉しい。
 炭水車は補助的なものでしょうか。寧ろ無蓋貨車に改造したほうが運用の幅は広くなるかも知れません。タンク蒸機に補助炭水車……は無いわけではないのですけども。


 多少気になるところも残る作品なのですが、然し、運用情景は魅力的です。

 農村をゆく「陸蒸気」。
 鉄道創業時の風情、感じさせてくれるじゃありませんか。

 線路脇の勾配標も魅力的です。ジオラマには必須でしょうね。


 街をゆく。
 低めの石組み高架が如何にもな古典的港湾情景でありましょう。

 機関車としては未熟なところ無いわけではないのですが、魅せ方とかディテールとか魅力はいっぱいです。改良で化けてくる作品だと思いますので、今後に期待しております。 
posted by 関山 at 22:58| Comment(1) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。ご紹介いただき光栄です。
はじめての蒸気機関車の製作でしたが、ご指摘いただいた通り色々と課題の残る作品となりました。
スチームドームや炭水車などは完全に自分の知識不足が原因ですので、研究をしたうえで修正していきます。
ボイラーの高さは製作時に見栄えを考慮して1プレート高くしたという経緯があります。今後は実際の機関車を参考にして下げるか否か検討したいと思います。
今後とも何かアドバイスをいただくことがあるかと思いますが、その時はどうぞ宜しくお願いいたします!
Posted by ぬぬつき at 2018年10月09日 02:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]