何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年08月29日

【作品紹介】TN-FACOTRY様のDE10 妥協なき、6幅。

 引き続き。DE10です。こんどはベテラン、TN-FACTORY様。


 JAMで函館駅の構内にこっそりと。而して強烈な存在感を放つ。
 6幅の、妥協なきDE10です。

 ここからだけでいろいろなものが読み取れます。
 リアルなフロントエプロン。精細な前面手すり。
 折妻角度のついたボンネット先端部。

 ボンネット幅自体は4幅ですが、グリル部分は肉増しがあり、痩せて見える懸念はありません。


 サイドフォルム。

 キャブの上窄まりを絶妙な角度で。合わせて、キャブ前端の折妻も割愛されていません。なにより印象的なのは、キャブとボンネットの接合部でしょう。実物は一度凹んでからキャブに接しているのですが、ここを再現された作品は初めてでしょう。

 キャブ側面のディテールも楽しいですね。
 多くの人が驚いていたのはサイドルーバーのヒンジに依る表現でしょう。網目感と立体感!

 このフォルムは9Vでないと実現困難なのは事実です……? いやボンネットを幅広にしてPUを埋め込むのも不可能じゃないか? いろいろ考えさせられます。

 そして、リアルな足回り。2軸側をモータ、3軸側をダミー。露出した車輪とブレーキロッドはDE10・DE11・DE15の三姉妹、あとDD20やDD54のアイデンティティでありましょう。
 なお、褒めっぱなしも何なので申すと、ちょっと腰高感はあるかもしれません。足回りを1プレート下げることが出来たら、更に良くなりそう。

 ともあれ、「盗める」表現は多いモデルでありましょう。


 14系客車(隼氏)を曳いて、急行「天北」を再現です。1985-1988年の3年間、「宗谷」「天北」が異例の客車急行で運行されており、天北線内はDE10の牽引でした。

 DE10というと特急「あけぼの」の牽引もあり、「万能型」として意外と華やかなシチュエーションも多いのですよね。その意味でも、広く楽しめる題材です。

 「一家に一両」。コダワリを魅せる価値がありましょう。
 無論超絶ディテールが正解じゃありません。ディテールの引き算であったり、使いやすさのための割り切りも正解たり得ますよ。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
諸事情でPN無しにて失礼いたします。
確かボンネット端部のキャブ接続部はiL氏の8幅DE10でも再現されていたと記憶しております。
間違っていましたらゴメンなさい。
Posted by 名無し at 2018年09月03日 17:50
◆ななし様
 IL氏の8幅DE10、失念しておりました。
 ただ、6幅であの表現を取り入れたのはやはり画期的だと思います。ラージスターケールの技法がさらっと取り入れられるのは凄いことかと。
Posted by sekiyama at 2018年09月05日 02:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]