何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年07月29日

【実物鉄道】2018年の7月19-23日九州行きのツイートまとめ(1-2日目)

 例によって個人的備忘録です。
 で、1-2年後くらいに読み返すと面白いんですよこれが。
(同じ路線乗って同じとこで写真撮って喜んでたりすることが明らかになって、凹むこともありますけどね)




 久里浜まではバス。
 18きっぷ利用時は浦賀ではなくて久里浜から大船と横須賀線ルート。

 荷物が膨らんだのは夏場で5日間だと着替えが案外膨らむから。冬のほうが荷物は減るかも。
 九州ではプチオフ程度なので、レゴは少なめです。
 地方の乗継はバリアフリーじゃないとこ多いので、カートは問題外ですね。北陸経由だと「慣れてる」ので例外ですけども。関西程度も問題なし。
 でも、体力奪う夏場はやはり……。」




 (大阪港)フェリーターミナル着1626。
 相手が大阪港発17時の船なので、遅れると致命傷です。
 なお、手続き30分前前提にしましたが、これ船の場合は正しいのか。一応30分前に手続きお願いしますとかありましたけども。



 6時の電車で久里浜発。
 横須賀線の久里浜〜鎌倉はいい感じの「おまけ」感ですよね。京急利用しにくい衣笠は一定の利用者がある感じ。



 大船から東海道線。
 流石に逆方向でも混んでるのが東海道線。但し、茅ヶ崎では座れるのでがっつく必要もないのかもですが。



 これはどの時間帯でも同じく。景色が良くなるのも小田原から先ですし。



 ここでどうしても1枚は撮ります。



 沼津乗り換え。211系+313系混結5連だったかしら。211系側に乗車。
 沼津で座れないと最悪静岡まで座れないことありますので、座席争奪はやや必死w
 運転席後ろの2人がけ部分は当たり席ではあるんですが、隣の人が体格太ましいとかなり苦しい感じ。車端部5人がけ狙うほうが良いか……。
 





 出発前というか出発直前にこんなの造ってました。4時間で。徹夜で。
 でも、これは造って正解でした。というか持ってかなかったら大後悔してたと思うのです。




 意外と浜松〜豊橋間は大事。
 ここがロングシート車だと、静岡の疲弊を持ち越しちゃいますので。運用調べて「ハズレ」避けましょうね?



 バスだと浜名湖SAは「折り返し点」なんですよね。




 気がついたら豊橋着。
 豊橋から新快速。快適すぎて記憶があんまりないです。



 結局、豊橋〜米原って大運転。



 意外と注目されてませんが、東海道本線で一番景色の良い区間でありましょうね。一番本数の少ない区間でもありますけど。
 でも、そういうとこって得てして景色は良いんですよ!



 多分、高校生の頃だと(笑)。
 いや、中学生の時の初の一人旅で函館まで行ったとき
かも。乗りつづけることへの快感。これ、悪化します。

 ただ、鉄道ファンで而も乗り鉄でも、長距離長時間乗車だめな人もいるのですよね。



 米原から新快速乗車。再び都会の香り。
 船の食事に備えて今回は食糧は控えめ……のはずでしたが(笑)

 荷物で毎度役立つのは凍結ペットボトル。中身はコーヒー無糖。






 自分が乗ってる新快速は223系。223系の新快速が225系の快速を抜いてる状況です。場所は山崎。



 大阪に無事着。この日は一切の遅延等なし(運を無駄使い)
 環状線で弁天町まで。323系は初乗車。いい車です。終日「雌車」は巫山戯んなと思いますけど。



 弁天町で地下鉄中央線へ。
 乗ったのは近鉄の乗り入れ車の方です。
 
 どうでもいいけど、暑かった。通路の乗り換えがダメージします。



 名門大洋フェリー。1631頃にカウンター着。いや駅から通路歩くのキツい(笑)。

 いや、余裕ではありましたけど。特に急いでとかそういう感じではなく。でもこれが1645頃着だともっと洒落ですまない雰囲気だったんでしょう。

 そして、カウンターから乗船口までまた歩くのでした。夏でなきゃ良いんですけどね。乗ったのは「フェリーきょうと2」。2002年の就航船ですから16年。やや古め? でも今の船として設備に遜色はないですね。いやさっき調べるまでせいぜい5-10年前の船かと(笑)。

 余談ですが、船とか宿って綺麗だと「汚すまい」って思うんですよね。
 その意味で、清掃さんいい仕事されてますよ。



 乗船。荷物を置いてから外デッキへ。
 風があっても、暑い!

 あ、風呂はまっさきに入りました。有り難い。



 名門大洋フェリーの北九州行きは大阪発17時と19時です。

 17時のほうが景色も楽しめて、運賃安いです事前予約3980円! まだ試したことないですが、18きっぷシーズン外で一番安く九州いく手段は、関東→関西が高速バス昼便(渋滞さえしなきゃ16時には大阪着く)+名門大洋フェリーですね。1万円切るぞ、はかた号より安いぞ!
 まぁ18きっぷ時期で、山陽本線が普通とかじゃなければ、関東(神奈川)→小倉は2350円で辿り着けるのですけど。



 山陽本線が長期不通ですので、その回避にフェリーが混んでるかと思うとそんなことは無かったのでした。2等船室で4割ほどの入です。盆とかだと満員かも? ご予約はお早めに?
 あと、船は団体さんが多いですよね。団体と一般は分けてくれるのは(どちらにとっても)有り難いですが。



 夕食バイキングは大洗苫小牧のさんふらわあよりも美味しかったです。
 電波は瀬戸内でも弱いとこ、弱い。






 美味しかった。酒類の売上良さそうでした。
 繁盛してるなら何よりです。









 日本で夜行列車が生き残れなかったのは鉄道の高速化や航空機もありますけど、「安くゆっくり」「少し豪華にゆっくり」みたいな需要をすでにフェリーが担ってるんですよね。そのうえ、昔の内航客船の時代からカウントすれば、こちらのほうが先行者ですし。

 なお、個人的には国内の長距離航路をフェリー(渡船)というのは抵抗があって好きじゃなのです。内航貨客船ですよね。主に貨物で収支を取るモデル。
 ただ、昔ながらの「貨客船」「汽船」では船自体は今様にしても客はつきにくいでしょうから、「フェリー」という用語を定着させて、船の古臭いイメージを脱却した1970年代の戦略は正しかったのでしょう。カタカナの船名もあの頃に増えましたし。
 ただ、そろそろ時代は一周りしてるんじゃないかしら?

 どうでもいいけど、大昔の瀬戸内航路の「くれない丸」が横浜で「ロイヤルウイング」として健在って話聞いたときは驚きましたよ。くれない丸・あいぼり丸・むらさき丸とか就航してた時代の船ですよね。凄い。



 これは2015年の新造船、フェリーおおさかIIかフェリーきたきゅうしゅうIIのどちらかでしょうね。こっちも乗ってみたいです。

 というか、フェリーきょうとIIもそろそろ代替時期なのかも? 次は新造船かしら?






 涼しくなったというのは、気持ち程度……です。
 左右両舷に街の灯りがみえるのは瀬戸内の良さ。







 瀬戸大橋。ベタですが良かったです。
 たまたま列車が通ったのも運が良かった。

 寝たのは24時ころか。枕と毛布あって快適じゃないわけがない。

 でも、明朝は4時おきですが。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆







 下船。山陽本線が生きてたら乗ってなかったと思うので、貴重ではありました。
 山陽本線が生きてたら、小倉に0時過ぎ着で。駅前のネカフェ利用でしょうか。まぁどう考えてもフェリーのほうが疲れないですよね。



 小倉駅前でしろちゃいぬ様と合流。
 「くろかね線」撮影に参ります。






 この辺は別記事に。
 定番撮影地の宮田山トンネルはちょっと山の上なので、徒歩だとキツかったかもです。









 ここも私のリクエストで。
 飽く迄凸型電機、ED601目当てでしたが、高炉そのものが凄いものでした。
 鉄を作るの、こんなに大変でプリミティブな作業だったんだ……。ちょっと感動しました。暑かったけど、こんな日のほうが少しでも当時の「熱さ」に近づけたのかもしれません。

 ところで、
 EF8500入る前のくろがね線の色がわかんないんですよね。ED601って現役時代もこんな明るい色だったのかしら。モノクロ写真をみる限り、茶色のように見えるんですよね。こんなこと気にしてるのは何時かレゴで作りたいから!



 溶銑を運ぶトーピードカーは日本だと構内専用車ですが(当然ですが)、ルクセンブルクのCC3600形電機(凸型電機。BB12000同型)の写真を探してたら、本線を走ってるのがありビックリです。どんな保安策とってたんでしょ?

 安全性もありますけど、重量面で日本だと本線走行はありえない車両なのでしょう。

 そういえば、先に訪問したくろがね線の宮田山トンネルもこんなのが通過してたんでしょうかね? 周辺は住宅地……(苦笑)。事故はなかったんでしょうけども。



 ここがとても辺鄙な場所であり、車で案内してくださり助かったのでした。
 凄く面白いもの、観られて満足です。

 北九州、もとが6つの都市であったこともあって広いところです。










 12時ころに小倉駅で一次解散。
 13時まで駅前のマックで涼む。アイスコーヒー旨い……。

 小倉駅で再集合。電車で博多へ。
 車両が817系で快速(区間快速)なのにロングシートなのはなんだかなぁと思いましたけども。でもしろちゃさんにはそのへんの愚痴話はしない(笑)。

 ここで驚いたのは、北九州と博多の間ってずっと都市が続いてるわけじゃないってことでした。


 博多でとにー様方と合流。入れるレゴシティを暑さに耐えつつ見学。
 それから天神へ。

 さて。
 天神地下街、写真撮るの失念でしたが。
 「真っ黒な内装に、唐草模様」です。

 これ、最高にインパクトありました。なんという中二病趣味満開な商店街なんでしょう。地下街は明るめの照明・色にするっていうセオリーをぶち壊してます。

 こんな中二趣味、ゴシックなものが再評価されてる?最近の改装かなとか思ったら。なんと1976年完成! 当時から「19世紀欧州イメージ」「劇場」ってコンセプトがあったとか。このプラン考えたやつ天才ですし、通した担当者も秀才揃いですよ。すげぇ。
 wikipeによれば「老朽化をかんじさせないというメリットもあった」と。その意味でも長い目で考えてたことがわかるってもの。すげぇ。










 この辺は別記事に。
 17時ころまで居て、18時に博多駅前に再度移動。
 「ぶあいそ」って居酒屋さんの食べ飲み放題コースが凄く安くて美味かった。ちょっと感動です。仕切ってくださったとにー様、感謝。



 そして駅前のネカフェで、やや高級な?とこ転がり込む。
 最初2時間は疲労と酒で潰れ、そのあと起き出していろいろと。なお、混んでたので早めに入れて正解でした。

<続>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]