何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年07月16日

【実物鉄道?】JBF2018 旅行記篇【完璧に雑談余録】

ツイート発掘するより、写真元に新たに文章起こすほうが楽なので(苦笑)、通常レポです。需要があるかどうかわからん備忘録ですが。

関連記事
ジャパンブリックフェスト1日目 Lゲージ推進機構篇 【解説追記済】
http://legotrain.seesaa.net/article/459900508.html

続 ジャパンブリックフェスト1日目 Lゲージ推進機構篇「昔の神戸のイメージで……阪神電車分多め」
http://legotrain.seesaa.net/article/459949703.html

ジャパンブリックフェスト2日目 Lゲージ推進機構篇「戦前情景」「阪急無双」
http://legotrain.seesaa.net/article/459969762.html

続:ジャパンブリックフェスト2日目 Lゲージ推進機構篇「英国のお時間」
http://legotrain.seesaa.net/article/460385658.html

5回目:ジャパンブリックフェスト2日目 Lゲージ推進機構篇「国鉄系」/ひだか様の動画有
http://legotrain.seesaa.net/article/460477147.html

6回目:ジャパンブリックフェスト1日目 JT-LUGの展示も拝見!
http://legotrain.seesaa.net/article/460504979.html

7回目:ジャパンブリックフェスト2018 その他作品見学篇(ミリタリ4wlc萌え系に海洋都市)
http://legotrain.seesaa.net/article/460550009.html


 実はその1週間前、親族不幸で(故に喪中です今年は)、急ぎで関西(宝塚)に往復する用事がありました。その際は行きは飛行機、帰りはバスです。

 行きの飛行機は前から検討はしてたスカイマークの羽田→神戸線。
 10800円位。いくら新幹線のマニアックな予約や会員制度を使っても、この価格で「のぞみ」に2日前で取ることはできますまい。

 帰りは……金曜の夜の関西発は一番高いんですよね。
 選択の余地なくノーマルドリーム号1択になる感。JR系は繁忙期の上乗せが未だ少ないですから。
 今思えばサンライズのノビノビも検討しときゃ良かったかも。


 そういうイレギュラーはさておき。

 今度も何時もの「昼特急」です。
 2015年以来、毎年同じバスに乗って、毎年同じ席(1Aか1C)に座ってますね(笑)。

 違うのは住んでた場所で、井土ヶ谷より浦賀は遠い遠い……。
 バスの出発地も代々木の仮ターミナルからバスタ新宿に移って久しくと。


 浦賀発5時59分。

 飛行機の楽さは分かってるのですが。この荷物は持って乗れませんから!
 いやバスでもかなりギリギリですが。

 エアロキングの場合は、1階の車椅子スペースに置くのを黙認してもらえ助かりました。帰りのウィラーは空いてたので余裕で預かりOKでしたけども。
 理想は荷物の規制の緩い鉄道なのですけどね……。


 7時半には新宿着。
 浦賀から新宿なんて大回りもいいとこなんですけど、横浜昼特急の時間が悪くて使えません。あれもう少し横浜発が速いと良いのになぁ。


 バスには余裕持って乗り込み。
 大橋ジャンクションのぐるぐるももう見飽きてきた感。それでも写真は撮るのです。

 なお1C。後ろの2Cの人が足くんでてリクライニングできない。大好きなクレイドル車、それも「744-3999」なのですが、
 多少強めに「倒しますよ!」で、後は力を込めて。はぁ……。


 そんなことはあってしかし、この道は楽しい。
 3線並走のように見える御殿場手前の下り線の左右ルート区間。

 ……以前のレポ読むと同じ場所で写真撮ってますね。


 おなじみ御殿場で休憩。デカい売店。コンビニ。好きな休憩地です。


 さて、このバスは2年前の同じ時も乗ったのと同じ車。744-3999。
 カーテンでわかると思いますが。


 ただ1台のレア車。赤内装車なのでした。
 元レディースドリーム専用車と言われる車ですが、今は昼特急メインのようです。

 ところで。
 同じシートであっても内装色が赤系だと豪華に見えるんですよね(他のキングは青系内装)。
 その意味で大好きな車です。狙って乗れる車ではないですから運の世界です。

 ただ。
 2年前の印象よりもかなり「ヘタってる・傷んでる」印象です。
 経年考えれば当たり前の話です。

 エアロキングそのものがかなり無理して使ってる車ですから、そろそろ引退時なのかも知れません。
 
 夜行便でなら置換えの「グラン」は乗車してますが、新車には新車の良さがありますし、平屋ゆえの上下方向のゆったり感もメリットです。

 そんなこと思ってたら、輸入車ダブルデッカーを最近導入してるとか。構造的に3列シートにはできないそうなので昼特急・ノーマルドリームへの導入は無さそうです。

 来年。どうなることやら。


 さらっと映り込むカーテンが赤だと、違う景色にも見えてきます?

 如何にも「ターンパイク」という雰囲気の御殿場の料金所。


 海。快適なバスならあの静岡県だって狭く感じるのです(笑)。


 興津の辺。ここ、2年前も同じアングルで(略。


 浜名湖で休憩。やはり同じアングルで。男子トイレからです。


 ここでサプライズ!

 どっかで見たような、宇都宮ナンバーの初心者マーク付のノート。
 どっかで見た車です。

 いや日産ノートは一番売れてる車ですし、紺なんてよくある色ですし、宇都宮にも沢山登録されてるでしょう多分。しかし。


 確定。プリキュアのお面を車内に常備されてる方はあの知り合いしか思いつかず。

 同じくJBFに向かうkimron氏のノートだったのでした。
 なお先方一行は食事中で接触できず。

 でもツイートとかの応酬は面白かったのです。


 そんな事してたら名古屋を通り過ぎ、伊勢湾岸へ。
 
 どうでもいいけど初昼特急利用が2003年の暮でした。このときはエアロキングも未だ新車で、そんなことよりも伊勢湾岸道ではなくて未だ名神経由だったなぁと。15年も愛用してますこの路線。


 中京では人気ナンバーワンの遊園地。ナガシマスパーランドとその関連ホテルですね。ここの人気はなんとなくわかります。


 こちらは人気があるんだか無いんだかわかんないレゴランドです。
 2018年になってやたらジェットコースターを推してるんですから、ここがレゴランドで間違いありません! 間違いじゃないぞ。

 ……取り敢えず、再入場くらいは認めてほしいですケチ。


 新名神入って。完成してる道に見えて、なぜか工事中箇所が多い。まだ強化するのでしょうか。


 空を飛ぶような区間が続きます。
 かと言って新東名のような退屈さのない道ですよね。


 京都に15時半着。ここから新快速で神戸目指します。
 バスは大阪まで行くんですが、新快速のほうが圧倒的に速いので。

 会場には17時前に着。
 設営できるのが20時まで。たった3時間。忙しい……。






 なんとか通電させて試運転に漕ぎ着けることは出来ました。
 お手伝いしてくださった方々に大感謝です。あと一人足りなかったら苦しかった……。逆に言えばもうひとり居たらもう少し楽だったかも。

 設営そのものを15時位から初めることができたら楽なのですけどね。
 新幹線……。高いし楽しくないなぁ。ちょっと嫌なのです。かと言って前日の夜行バスで乗り付けるのも大仰ですし。しかしスカイマークでは荷物が運べない。
 あぁ困ったものです。




 お隣のモノレール。ひだか氏。よくみるとレイアウト年々巨大化されておりませんか?


 食事の都合で第三会場にも寄る。shigezo氏の展示など。




 ミリ卓。明朝のラストスパートに備える感じ。しかし完成後は見事でした。


 4WLC。ここは完璧な設営で、羨望です。
 ミニフィグまで並べる余裕です。その上電飾まで。




 JT-LUG。試運転中でした。ここも翌朝のラストスパートで完成させた模様です。


 JT-LUGのこのエリアはほぼ完成。


 20時半に会場辞して、皆で(主に4幅車とミリタリの)、マーフィー氏お薦めのアメリカンダイナーへ。




 お洒落すぎで、ビビります(笑)。


 ハンバーガー。一番大きいやつ。でも、これで確か1000円位。
 むちゃくちゃ量とボリュームのある、本物のアメリカンスタイルですね。

 でも、味は日本的な精細さのあるもので。早い話が美味しい。また行きたいですよ。ただ、電車だとややアクセス不便なのが難ですが。


 隣のお皿も美味しそうに見えるお約束。ハンバーグとライスですが、ライスの量も凶悪なんじゃ……?

 その後解散。
 23時半ころまでに「宿舎」に戻ります。快適でありました。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 1日目。早めに出かけて早めに入る。
 8時に会場ついたら未だ入れない。8時20分、大急ぎで設営開始。

 10時までになんとか形を整えました。ただ、高架駅の屋根だけは間に合わず。これが完成したのが12時過ぎ。

 で、やっと完成一息と思ったら……。
 新作の阪神小型車が高架から地面に転落3両も。死にたかったです。死ぬ気で30分ほどで復元しましたけれども(苦笑)。

 お客様何人かと「鉄」の方の話もできました。

 あと15時半ころにJT-LUGの方から人的支援を頂けました。DYSONさん、サニーさん、あとやまこさん。おまかせして1530-1630くらいに第二会場の方を視察に行けた由です。


 17時展示終了。18時までは身内のみ展示。

 その後は、公式のVIPパーティは今年は外させていただいて(申し訳ない……)、関西の協力者のみなさんと食事に。


 会場からの夕日が綺麗だったのでした。


 最近はてっきりおなじみの「しゃぶ葉」なう。

 面白いようなペースで肉がどんどんなくなる。鍋物は人数多いと麻薬性があります。

 そのあとvipパーティ組と合流。再び「宿舎」へ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 さて、2日目です。
 この日は阪急電車で会場へ。

 10時までもあれこれ忙しく。
 10時からも、更に忙しく。この辺はすでにレポで記したとおりです。

 17時展示終了。
 撤収19時まで。2時間でかなりの苦戦。でも皆様のおかげで片付きました。


 帰りは……雨。


 定番のサイゼリヤではなく、もう一つの定番の「王将」へ。
 全品フルサイズのチャーハン餃子ラーメンという凶悪なセットがあるんですが、この日は朝から殆ど食事してないので、実に助かりました……。

 さくら夙川からJRで高槻へ移動。30分ほどの余裕です。


 高槻→川崎は、今度が3回目の利用になるウィラーの「ニュープレミアム」。

 ウィラーの大阪のターミナルはお世辞にも便利な場所ではないのですが(初見殺し! あと荷物多いと死ぬ)、この便は有り難くも高槻駅始発。ここは便利です。

 で、高槻駅地点で乗客一人(笑)。
 ここは思いっきり車内撮影チャンスです。


 トイレ無しで1-2配置(1-1-1ではなく)というマニアックなレギュレーションが微妙な非人気になってるんでしょうか。上手く探せばウィラーの3列の中では一番安くなることが多いです。最安値ではありませんけど、「車内での飲酒はご遠慮ください」な事業者のバスは避けたいのですよ自分は。その意味でウィラーとJRと私鉄系は無粋じゃないので好きなのです。あとVIP辺りも(どれも、「高め」ですよね)。


 脚が伸ばせる! 本気で伸ばせる。なぜかレッグレストはあれどフットレストがないので、後置きの対応です。

 如いて難をつけるなら、ウィラーは座席希望ができない。
 今回は全体が空いてたにもかかわらずB列。草津過ぎて誰も乗ってこないので勝手にA列に移動しましたけど、でもB列は冷房居る季節だと暑くてちょっと辛いのです。

 乗車率そのものですが、京都からまとまったインバウンドの利用がありました。
 いい車で、かつ高槻〜川崎というのは便利ですので、なんとか廃止せずに踏みとどまってほしい路線ではあります。


 京都過ぎて草津までの間。京阪と並走。


 休憩地は甲南。ここ、売店が21時終了という使えないPAです……。
 なので、事前買い出しが大事です。

 順調に川崎着。
 雨の中傘ささずに移動はやや限界……。


 浦賀行ですが、「普通」じゃねこまたぎ。
 その次は「特急 浦賀行」ですから。それも2100形です。

 睡眠の続きをまったりと。気がついたら堀之内。


 堀之内では特急三崎口行と接続。あのホームに2100形が2本並ぶのですね。

 そのまま、浦賀へ……。7時前の着です。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 JBF合わせの6月の関西往復も今度で4回目ですが、なんだかんだで移動も楽しんでます(正直言えば、新幹線は乗って全然楽しくないので苦手なのです)


 来年の同じ時期、バス事情はどうなってるか気になるところですね。昼特急でエアロキング最前列はもう無理かもしれません。完全引退はないにしても本数は減らされそうですし。まぁグラン昼特急も楽しみといえば楽しみですけども。

 あと、帰りのニュープレミアムも、いつまで走ってるか? 同じウィラーでは一度コクーン使ったことはあり、快適ではあったんですが、新宿着だと不便なんですよね。

 この辺、良い方向に、変わりますように……と。
 予算が許せば帰りはそれこそ「サンライズ」も有りかもしれませんし。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]