何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年06月11日

【イベント】ジャパンブリックフェスト2日目 Lゲージ推進機構篇「戦前情景」と「阪急無双」【写真35枚+動画】

前回記事
ジャパンブリックフェスト1日目 Lゲージ推進機構篇 【解説追記済】
http://legotrain.seesaa.net/article/459900508.html

続 ジャパンブリックフェスト1日目 Lゲージ推進機構篇「昔の神戸のイメージで……阪神電車分多め」
http://legotrain.seesaa.net/article/459949703.html

 混乱の中、それでも未だ夕方にJT-LUGさんを見に行く余裕はあった前日でしたが。

 いよいよ2日目突入。
 朝は8時半には会場入り(茶色の電車で!)、今日こそは余裕の体制で?迎えるのです。
 整備も殆ど無いので、先ずはのんびり撮影タイムと。




 先ずは、急電を2本並べます。
 初代のモハ52。
 新快速として急電を復活させ、今につなぐ存在である153系ブルーライナー。


 お次は「戦前縛り」。
 
 「阪神間モダニズム」って言葉を象徴するような車両たち。
 モハ52の他、阪神851に、阪神71。


 この角度の流電、いいものです。
 阪神は801形を先頭に。
 自動車はトヨダAA形。

 ミニスカ茶ポニテの女子高生だけが2010年代からのタイムトラベラーさんですね(笑)。



 その流れで。C52とモハ52の並びです。

 C52原型(8200)とモハ52は時代はやや合わないのですが。
 C53を用意したいところです。

 Mugen様の組み換えモジュールビルの塔屋が鮮烈に街の顔になっています。


 阪神851も加えて。

 こんな渋縛り、独立出展じゃなきゃ無理だったでしょう……。
(ミリタリだって、WWII以前縛りって難しいとか聞いてますからね!) 撮影中、外国からのお客さんに
「おーるどとれいんず。びぃふぉあ わーるどうぉー つー」とか説明してます。


 





 そんなわけで趣味に走りまくった開場前です。








 流電が神戸の街を流してく光景。

 さて。開場後は一気に方向を変えます。


 今度は阪急一色に。


 先ずは高架上の9000系列並び。
 左が拙作の9300系(2014年制作。2017年大規模改修)。右がyamatai様の9000系。




 地上をゆくのは初代の方の1000系。1010形


 全線阪急体制です。

 9300系と2800系。京都線特急車同士の並走。


 2800系は2014年制作。そろそろ手を入れる頃合いかも。


 尤も側面の2連窓とか手の入れようがありませんが。
 このフォーマットで通常の3ドア通勤形も手がけてみたい。2100系か、5200系あたりか……。


 9000系と9300系。随所の仕様を揃えつつ、「メーカー」毎の仕様差異があるんですよ?
 9000系のほうが素直な側面なのですが、妻面に転落防止幌表現があるのが細かいのです。


 三宮?駅に入線する9000系と、待機する1010形。
 時代は40年位違うでしょうか。


 阪急系の宝塚ホテルをバックに。

 宝塚ホテルは昨年のJBF合わせで造ったものの、巧く活用して貰えませんでした。
 その後は各地を転戦運用して時に駅本屋などへの見立てもおこなってきましたが。

 1年ぶりに阪急圏に還ってきて、今度こそは阪急電車と、あの王国を造り出す。
 1年越しに、夢が叶った感じです。


 アーチ屋根の三宮駅へ。
 三宮の駅ビルは将来課題ですね。何時かは作りたいです。


 うしがえる様の新作。1000系IIもやってきました。
 1000系Iと1000系IIの並びです。


 宝塚ホテル本館を横目にゆく。高架なので宝塚南口の雰囲気?
 今津線に1000系……何時入るかしらん。その前にホテルが移転建て替えなのでしょうけども。


 阪急といえば平面交差。今回は簡素なものですが。
 2014年に阪急うめだ本店で行ったダイヤモンドクロッシングはまた行ってみたいものです。


 全景。阪急がやっぱり似合う?
 電車の幼時の刷り込みが阪急電車と、153系が新快速だった時代の国鉄(大阪鉄道管理局)でした。その思いは強いのかもと。

 レイアウトの規模自体は、凄く適切なものでした。
 これ以上大きいと大変ですし、小さいとやりたいことが出来ない感じ。


 三宮?に出入りする1000系II。
 将来、増結用の2連口が造られたら、リアルに見られる光景でしょうか?

 そういえば今回は、4+2とかの編成を組むのを失念しておりました。


 さて、締めは阪急並びです。

 左から1010形、1000系II、9300系、2800系
 920形は今回お休み。あと、普通の?6000-7000系列はそろそろ欲しいですねぇ。8000系もまた個性あって楽しい。


 阪急は平面に線路並びまくる十三〜梅田はありますが、立体に線路が並ぶ駅はありません。でもまぁ雰囲気ということで。
 

 更に奥の線路も使って。9000系も追加です。


 5線も並ぶと梅田の華やかさに近づけるかしら?


 動画も撮ってます。
















 さて。
 阪急には京阪や近鉄のような著名な電車の歌はないのですけど、阪急無双のBGMに「世界はひとつ」は如何? 宝塚ファミリーランドの「大人形館」テーマ曲であり、1970年代の古き良き阪急を想起させられるのですよ……! 私にとって懐かしき思い出の国なのです。
https://www.youtube.com/watch?v=CK_lDQw58kA

<続 次は外国形です>
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
冒頭に関西LT会さん(JT-LUGさん)とありますが、関西LT会とJT-LUGは別モノなので、JT-LUGに訂正をお願いします。よろしくお願いします。
Posted by mazta-k(マツタケ所長) at 2018年06月14日 12:12
◆mazta-k様
 了解しました。修正しておきます。
Posted by sekiyama at 2018年06月14日 13:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]