何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年06月09日

【イベント】ジャパンブリックフェスト1日目 Lゲージ推進機構篇 速報版【写真31枚】【解説追記】

 少人数での短時間(前日17-20 及び 当日朝820-930)はかなり苦しかったため、当日前半の写真が無いことはご容赦を。

 また、他の見学もjt-lugさん位しか行けず。
 但し記録は残しておりますので、追って別記事で紹介いたします。

 そんなわけで、自ブースの1日めの記録です。
 
 明日 10日 日曜日は10-16時に展示しております。
無事終了いたしました。


【解説追記しました】

 クリスタルとアーチの高架駅。軒先には「鴉」のガーゴイル。

 2015年の最初のJBF向けに制作したものですが、今回本線組込み用に3ブロックの嵩上げを行った由。

 デコラティブな姿ですが、日本形との調和は意識。

 今回苦戦したのは「天蓋」の輸送と再組み立てでした。開場してから2時間ほど屋根なしの姿であったのは申し訳なく。
(制作の「実演」は悪くはなかったみたいですが、怪我の功名です)


 新作であるとこの、阪神赤胴車。1日目は阪神メインの運転。


 前2両が3561形。後ろ2両が3501形です。ややマニアックな?特定形式モデルと。
 それでも、普通の方で「前2両は元クロスシート車ですか」と声かけてくれた方が居て嬉しかったのです。


 阪神電車と、dyson様の名鉄デキ351。私鉄凸型電機の存在感よ!


 高架上はたるご様のavelia(次世代のアセラ・エクスプレス。欧州生まれのアメリカ型)。下をゆくのは やまこ様の智頭急行7000系。


 やまこ様の智頭急行7000系は車体傾斜を効かせて。




 アセラと併用軌道上の凸電貨物。後者が恰もインタアーバンの電機の如く。


 全景。プラン図で狙った通りの小型レイアウトの理想が叶った感です。

 尤も、小型と言っても1200mm X 4600mm。
 高架含めての3線ですから、多くの公的展示(一例として昨2017年3月のブリックライブや、今年2-3月の調布)などの展開スペースと大差はありません。

 スケールの揃った街並みと或る程度の立体感が今回の目標でした。
 完全ではありませんが。

 なお、建物提供のMugen様(やはりモジュールビルは一番美しい! 個人的にはガチで現在日本リアル系は苦手なのです……)。
 それを開梱設置してくださったKazuki様。
 高架を作ってくださったFBI様・マーフィー様。
 ミニフィグ配置のFBI様!
 樹木を整備設置してくださったyamatai様に感謝です。

 この面積の設置は、やはり3人は必要という教訓でした。


 東西の「振り子式」同士の並走です。


 智頭急行7000系は初お披露目の頃に比べ、随所が改良されているのが分かります。
 レンガブロック裏面利用のリブ表現など。


 二重高架の下部分を駆け抜けてく。


 名鉄デキが、通常軌道から併用軌道に入ってくシーン。
 構内には入れ替え中の貨車も。

 大昔の、都市近郊の貨物輸送のイメージなのです。


 街なかを堂々と横切ってく凸電の貨物列車は若松市交通局か?


 平面交差渡って急カーブを。
 
 dyson様作品は今回はデキ351形のみでしたけども、名鉄で埋めて名古屋にしても楽しかったでしょうね。何時か機会ありますように。


 高架上のavelia


 やはり、欧日並走。
 aveliaは2019年試作予定で、HOT7000系は20年前の列車ですが、それほど年式差異が見えないのですね(笑)。




 そして、「古さを感じさせない車両」の最右翼? エース君の近鉄21000系もやってきました。


 奥の赤胴車の時代には叶いませんでしたけど、阪神と近鉄をつなぐ構想は大昔からあったのです。


 今回は、真正面からではなく横からの視界も意識しています。


 今回新作の一つ。阪神国道線 71形電車。大きな窓で「金魚鉢」とか言われた電車。今ならさしずめ水槽電車・アクアリウム電車?

 アーチな高架と、宝塚ホテルをバックに行く姿は「阪神間モダニズム」という言葉を具現化したような光景に。

 存在感の大きな電車です。
 ゆえに単車でも、「物足りなさ」は皆無でした。
(71形の連結運転も1940年代まではあったらしいのですが……)


 国道線電車が、鉄道線の高架と立体交差。
 今回は無理でしたけども、神戸で同種の展示行うなら今度はオリーヴグリーンの神戸市電辺りを狙いたいと思ってます。




 yamatai様の阪急9000系電車。これも今回目立って運用された車両です。
 地元のフラッグシップにして、身近な電車でもありますものね。


 阪神の鉄道線と軌道線の並走です。

 全体テーマは
「阪神間モダニズム」であり、
「昭和プチレトロ」でもあり。

 その辺を推せたのは、独自出展ならではと。
(……我儘に付き合ってくださった方々に感謝です)


 ガチレトロ。

 「よんだぶるえるしー」戦前版。
 C52形・モハ52形・トヨダAA形乗用車。



 1日目の締めに行ったのは阪神電車並びです。

 並行する6本の線路使って。左から薬師山様青胴車。1線開けて3501形。隣が7801形辺りイメージの?薬師山様の赤胴車。国道線71形。そして拙作新作の851形です。


 大型車と、併用軌道用電車と、本線用小型車。


 3501形と7801形(?)。右下に851形。


 851形を先頭にした小型車4連急行爆走。

<まだまだ続きます!>
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]