何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年04月09日

【イベント】4月1日 セレネ鉄道フェア(下)。新幹線と碓氷峠と北陸の電車!【写真32枚】

 前回記事
 2018年4月1日 宇奈月セレネ鉄道フェア(上)。山とかトンネルとか。
http://legotrain.seesaa.net/article/458693946.html





 さて、今回のレイアウトのキモはポイント2箇所の電動化と色灯信号機。
 ここはryokuchakuma氏が、s-brick plusで実現。スマホ操作を行っていました。

 お客様の入るエリアにあるポイントは操作に行くのも大変なので、電動化メリットは多大でした。使い方として「あり」でしょう。

 色灯の信号機のインパクトが大きいのは言うまでもありません。


 それとなく、新幹線中心に。ryockuchakuma氏のE4。少し前の作品ですけど、如何にもなマックス感は衰えません。そろそろ2編成併結とかの夢も見たいような?


 Mugen氏のW7。今思っても、難しい題材をものにされたのですよね。
 北陸の催しは多いので、活躍機会も多い。


 改めて全景。
 線路と車両と道路のみのシンプルさではありますけど、密度で圧してます?
 
 机のままではなくて緑布を敷くのは大事。
 フェルトより安くて薄い腰布用のナイロンも十分に使えます。質感はフェルトのほうが上ですが。
 パンチカーペットは高価かつ輸送保管が不便なので、よほどのことがなければ使うべきではないのでしょう(自腹では駄目ですね)

 車両数を考えると3線は欲しい。
 しかし、4線だと殆どの場合運行管理が煩雑になります。




 E7/W7同士が並びます。ryokuchakuma氏のはこまめな改良を重ねており、最初期バージョンとは別作品ですね。今後もアップデートされるのか?
 少なくとも、前面脇の微小な凹みの表現をしてきたとき、一線を飛び越えたと。


 新幹線並び。大宮以北の顔たちです。




 同じく撮影タイム。
 東海道山陽筋とも、はたまた大宮で接続する東北・北海道筋とも別の世界ですね。


 ローアンも決まってます!

 高めの大地に大きめの建物置くのもまた、アリですね……。
 建物は贅沢言わず、市販品や市販品カスタムでもあると良いと思うのです。


 山上線は地鉄に見立てて。
 宇奈月や立山では、結構な高地を走る電車です。


 地元のベテランファンの方々に、14790形(14770形)が好評で嬉しかったのです。

 雷鳥色の電車は、聖典たる「私鉄の車両 富山地方鉄道(保育社 1986)」出て以来の私の大好物……。ただ、4両造ったところで増備が止まってしまってますが。

 富山での展示は少なくないので、増車の余地はあるのですが。
(というより、皆様、参戦されませんか?)


 山上線では3連がぎりぎり。


 地鉄と北陸本線の立体交差。


 「白鳥」と「かがやき」。
 東京富山を8時間以上掛けてた大昔と、2時間半で結んでしまう今日。


 最後の1時間ほど、お客様も減ってきて。ここでは趣味に走らせていただきました(笑)。
 ED42+ED41+キハ82の特急「白鳥」。碓氷峠超えて北陸と東京を結んでた列車で、今の「かがやき」の遠いルーツです。

 それにしても、わたるん氏の113系が嬉しい。


 これもまた、地元のベテランモデラーさんにご披露でき、また好評でありました。持っていってよかったです。

 特に、ED41がマニアックとお褒めに預かりました(笑)。
 ED40とEC40も課題になってしまいました。




 古典電機と新幹線。今の碓氷峠は「気がついたら通り過ぎてた」という場所ですね。まぁここが新幹線(長野行新幹線)になってもう20余年ですが。未だに信じがたし。


 この並びの碓氷峠というと1963年から1997年(2015年)と無茶苦茶飛んでますが、ぜひその間のEF63時代も欲しくなりますね(笑)。どなたかの挑戦をお待ちしております。
 あと、新幹線のE2-0代も。あれも早くも過去の存在に……。




 もうちょっと、趣味に走らせてください(笑)。


 山上線はレッドアローもといアルプスエキスプレスに。
 
 西武も特急車新造車予定してるようですけど、ニューレッドアローも地鉄に入るのでしょうか? 




 終了間際の全景。
 こちらは16時までの催しでしたが、割と終了間際はお客様も少なくなってくる印象でした。東京とそこは違う感じですね。
 10−16時という開場時間はちょうど良い感じです。


 こうしてみると、結構な線路数です。
 そして車両も相応に集まりました。富山パワー凄い。




 それも、地元中心です。
 嵯峨氏とryokuchakuma氏の2頭体制は強いですね。


 拙作の、少し昔の地鉄電車に活躍の場が出来たのは嬉しいことです。

 久々に「浦賀船渠」入りしていますので、改修など行う予定ですよ。


 今回の立体地形のレイアウトも大成功であったでしょう。
 次はトンネルポータルをより強化したらより良くなりそうです。


 締めは、北陸の電車並び。






 黒部峡谷鉄道も加えて!


 規模の割に、密度の濃いものに。富山まで出向いて良かった!と思わせる催しでした。喜んでいただける遠征って、良いものです。

 また富山訪問出来る機会、楽しみにしておりますよ!
(食べ物も酒も美味しいのですから! 今回は鱒寿司と銀盤はありつけずw)
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]