何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年04月07日

【イベント】2018年4月1日 宇奈月セレネ鉄道フェア(上)。山とかトンネルとか。【写真32枚】

 早くも1週間経ってしまいましたが、4月1日に催された宇奈月セレネ鉄道フェアの模様です。富山はこうした催しに縁が深く、こちらも恒例化しています。

 北陸新幹線が出来てから、在来線寸断で却って遠くなってしまった(苦笑)富山ですが、大回りしてでも参加してよかった!
 何しろここは鉄道密度の濃いところですから。
 あと、気がついたら富山には毎年お邪魔してますよ(2016年は砺波。2017年は富山大和と)。でもセレネは初めてなのでした。



 2017年はpgy167氏の参加があり、山の展示が特徴でした。
 流石に今年は無理でしたけれども、板やフェルトで造った山は、昨年8月末の富山大和以来に再登場です。

 この程度でも、立体地形の効果は大きいのですよ。


 本線は複線です。富山にも電化の光? 外側線と山上線はなんと9V化です。

 メインの駅は主に内側線が使用。5線もある大規模。
 見て分かる通り、フェルトは可能な限り敷き込みました。架線柱も関山私物用意しています。

 跨線橋とホームはryokuchakuma氏。ミニマムな資材ながら趣味よく。

 駅舎はMugen氏です。





 山上線は主に黒部峡谷鉄道に見立てて。
 ED14の曳く旅客列車。
 
 駅舎に転用されることも多い某ホテルは、今回こそはホテルとしての仕様です。高原リゾート風味? まぁ宝塚も宇奈月も温泉は出ますけども。
(あと阪急2800系はもうちょっとのところで、地鉄に来るはずだったんですよね?)


 この面からですとホテルと言うよりは発電施設に見えなくもなく?
 黒部峡谷鉄道沿線は意外と「鉄筋コンクリートの大型建築。それも年季の入った近代建築」が多いのですよ。尽く発電関係ですが。なお、発電関係は意外とおしゃれな建物が多いのですよね。お城みたいなのさえ。


 ともかく、山上に大きな建屋持ってきたのは正解でした。


 ryokuchakuma氏のあいの風とやま鉄道の413系。特殊塗装です。


 今年も大盛況でした。宇奈月というやや奥まった場所なのですけど、お客様はどこもいっぱいの賑わう催しです。

 担当の嵯峨氏は、他に模型や「手漕ぎトロッコ」など到るところで大忙し! お疲れ様でした。


 リクエストの入った非地元車両の500系(mugen氏)。永遠の人気者ですね。

 交流電化区間らしい架線柱(自前)は今後の課題です。


 西の新幹線同士。500系とW7系。
 w7系が関西入りするころには500系は順当にいけば引退してるはずですけども……。

 今回はトンネルもありです。
 急カーブを隠したのは正解でもありましたし、フェルト掛けただけの山はメンテも平易でした。トンネルポータルはもう少し作り込みの余地があるかもしれませんが。


 山から見下ろす。


 サブの駅構内は本線含5線。ただ、これでもやや留置能力不足気味でした。それだけ車両面で賑やかではあったのです。


 北陸・上越新幹線が揃います。

 ryokuchakuma氏の7幅新幹線は程よいバランス。そしてE4はなおも存在感大きな作品です。


 Mugen氏の485系「華」。最後に西エリアに入線とかないかしら……。この種の電車に「飽きるほどの長距離」乗ってみたいんですよね。




 富山の顔たち。
 レッドアロー(アルプスエキスプレス)は富山に来て久しい。
 根っからの地鉄。14780形。
 国鉄475系は地鉄にも1982年まで乗り入れていましたし、並走したり立体交差したり……は3年前まで見られたのです。


 山上は車両変えて。
 L形電機EB5の曳く混合列車。ナベトロはなし氏。ナベトロは黒部峡谷鉄道には居ませんでしたけど「何故か似合う」のですよね。


 トンネルポータルはやはり、絵になるシーンです。
 急行電車がやってくる。


 このアングルも、見せ所?
 屋根なしであっても跨線橋は見栄えがします。


 隼氏のトワイライトエクスプレス。もはや懐かしい作品。
 合わせるカマがなく、今回は色合いの似てる?青大将EF58牽引。似合ってますか?


 この雰囲気も良い。簡素でもトンネルの効果は大きいですね。トンネルの際の駅ってシチュエーションは北陸筋だと多々思い出されるところです。


 普通列車がやってきました。


 ryokuchakuma氏のあいの風とやま鉄道521系は現在4両編成。


 トワイライトエクスプレスとすれ違い。
 返す返すも、強引な廃止が惜しまれる列車でしたね……。
(超高級観光列車は個人的には大嫌いなのです)


 トワイラの牽引機。これまた時代も線区も合いませんけどED46(ED92)。


 EF81に見立てるのは無理がありますけども(笑)、エキゾチックなフォルムが、エキゾチックな客車に何故か似合うのでした。


 山上線。思い切ってmugen氏の「レトラム」を。




 シュトゥットガルトの電車は、以外や「山岳路面電車」として絵になったのです。
 欧州によくある、登山電車と路面電車の合いの子のような雰囲気なのですよね。


 自動車もmugen氏作品。世界観揃います。

<続>
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]