何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年03月24日

【イベント】第3回池袋鉄道模型芸術祭 レポート1 (1日目の1)「今は山中、今は浜……」

 写真をざっと眺めて思うのは、よくあるイベントレポ写真とは何かが既に違う。
 今回の掲載分は1日目(3月24日)の、10−11時30分頃の様子ですが、この序盤だけでいきなり濃厚ですから……。


 bikkubo氏セクションにおける、awazo氏のEF10。
 雪景色で、上越線的ムード。EF16を思わせて。


 別角度。洞門より。


 awazo氏セクションと、bikkubo氏のD51。


 同セクションにて、SUU氏のEH800。EH800は調布での展示後、初の走行披露です。長大貨物列車曳いて……。


 FBI氏セクションでの、kai氏の225系。
 
 可動橋(跳開橋)渡る姿は、嘗ての桜島線に225系が乗り入れたかのようにみえます。


 同じく。


 キベルネ氏セクションでの、D51。王道的シーンをローアンで。




 町並み(SUU氏・群馬板倉氏・5udon氏)をバックに。更にプラレールタワーも借景に。

 調整用の「花畑セクション」。行き交うJRWの列車はkai氏作。


 キベルネセクションにて。


 JR西日本の試験車編成。kai氏の新作です。


 関山作のセクションの、「動くストラクチャ」としての独立電鉄線なのです。
 
 古い京急が似合うように造りました(笑)。
 正直手抜き度は高いのですが、でも造って参加してなかったら大後悔してたことでしょう……。参加すること云々のあの言葉の重みよ!


 

 セクションは、最外線に於いても「背景」になるように意識。

 D51の曳く旧型客車(客車はキベルネ氏)と、古典京浜(デハ230-クハ140−デハ230)は時代も雰囲気も合うもの。


 坑門?入り口は意匠に頑張りましたよ?
 それよりも高架で横切るダイナミズム。まぁ何時もの高架橋なのですが。


 FBI氏の軍港バックに。


 5udon氏のJR東 E233系湘南新宿ライン。新作にして池袋の地元題材の一つ。人気者でした。


 二階グリーン車2両組み込みです。


 awazo氏セクションにて。


 キベルネ氏セクションにて。3列車ならぶ。


 街の、重層感!

 立体的で、深みがあるのでした。


 思えばD51も人気者でした


 awazoセクションの裏手より。車両は関山作の80系。
 クモユニ81は久々の登板です。弱みであった前面構造強化の大改修済ませてます。


 海を渡る様子を裏手側から。

 海と山と街、すべてがバランスよく。恰も
「♪今は山中、今は浜。今は鉄橋渡るとぞ……」


 awazo氏セクションの駅正面。品良き和風です。
 バスの年代も合わせて、1980年代前半の時代考証ですね。80系はギリギリあり、でしょうか(笑)。サロやクモユニは可笑しいですがw


 雪山の中を征く。pgy167氏の山岳セクションを背景に。そしてbikkubo氏のセクションを前景に。

 クハ86は変形車の86015。有名な、ゲテモノ(笑)。
 
<続く。まだ大量に、続く>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]