何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年02月23日

【イベント】ボクらのブリック トレイン走行展示1日目 その2(完)【写真55枚 解説有】

 前回記事:
ボクらのブリック トレイン走行展示1日目写真速報版
http://legotrain.seesaa.net/article/456950532.html

 名古屋の方と前後しますが、こちらも並行でレポート記しておきます。
 先週の土曜日2月17日ですが、もう少し前のことに感じられますね。それほど濃厚な日々なのですが……(笑)。

 この日はこんなスケジュールです。
 1000-1130 京王線
 1130-1300 その他 ※此処までが前回記事です
 1300-1430 京王線
 1430-1600 その他
 1600-1700 京王線
 1700-1800 その他
 当然ながら地元の電車が人気なのですが、しかし、その他を希望する向きもあり。車両は動かしっぱなしでは駄目で、やはりこまめな交換は必要です。
(PFであれば電池、9Vであればモータの耐久性から交換も必然ですが)


 東武1720系 DRCは久々の登板です。一時期半壊状態だったんですが(苦笑。
 通常のボギー車で9Vなので、運転しやすい車です。人気はないけど(笑)。東武沿線での催しの話とか無いかしらん。あればいきます。
 



 FBI様のキハ07。重連で。軽やかに。都会の高架上も似合います(元来キハ42000の用途は都会近郊用なのですよ)。


 線路の海を渡ってくがごとく。メインの駅が地上6線の規模ですからかなり大きい。その気になれば上野駅ごっこ出来たかもしれません? 将来の課題です。




 DRCと、mugen様のスペーシア。


 スペーシアも結構前の作品なのですが、全く遜色がありませんよね。
 この方の造形はすごいです。


 再び京王線へ。拙作グリーン車2010系。


 都会的情景もまた似合う電車です。お客様には50年ほど昔の京王線、とか説明してました。でも2010形は京王れーるランドに保存車あるんですよね。

 あと、銚子では現役ですし(驚)。




 超豆茸様の7000系の10連は常に人気でした。
 長さは力と思い知らされます。


 新旧並走。この日のベストショットです。




 2010系は何度も記しましたが、中間のサハ2500形が伝説のスモールT(「t」)。
 昭和初期のダブルルーフの半路面電車を最新型カルダン車のトレーラにでっち上げたという楽しい代物で、1959-68年ころ見られた編成でした。

 今の京王も、先頭車の中間車改造車とか妙な楽しさは残ってますよね。


 グリーン車とグリーン車。
 高尾山号は5udon様作品。

 京王のグリーン車の色はレゴ的にはばっちりな色がなく。でも高尾山号はブライトグリーンで正解でありましょう。




 名車5000系。三木様作品。まったり情景に似合います。


 いや、都会を駆けてく情景もまた似合うのですけど。


 全景。不意にお客様の少ない瞬間がありましたので。




 再びフリーに戻って。わたるん様の113系。
 湘南色をダークグリーン解釈の作品です。オレンジもしまって見えるんですよね。湘南色の緑を普通の緑か濃い緑かは未だに結論が出ず。コスト面でもダークグリーンのコストが年々下がっちゃってますから、安い方!とも言い切れない(笑)。







 わたるん様の名鉄5700系。いまや風前の灯のSR車。
 路面区間が似合うのは言うまでもありません。屋上機器(クーラー)の装備が次の課題でしょうか?


 いよいよお出まし。オリエントP様の583系。走ると皆が静まり返る大物です。


 8両のフル編成。この大きさ。重さですがスムーズに走るのは585系での経験が生かされてる由。


 既に引退久しい車両ですが、でも注目の的です。


 斜めカーブを曲がってく。


 高架上は渋く古典機貨物を。おなじみの6200形。
 このクラスって、実は使いやすいBテンダなのですよ。


 6200形は実物は1964年まで東武で生き延びてますから、都会的な情景で電車と並走しててもむしろ似合うのも有り難い。


 高架の不安定さも、むしろ、味?
 いやもっとしっかり設営しなきゃいけないって反省点ですけど。


 最後の京王線の時間へ。高尾山号。8000系は20年以上前の電車ですが、でも全く古く見えないですよね。今も特急の主力ですし。


 きもちよき、全景。
 フル編成が走れるちょうどよいサイズの展示でした。


 こっちのサイドは郊外のイメージ。


 ローアングルで。7000系と8000系。




 8000系と5000系の平面交差。
 平面交差は組み込むの難しいですけど、見せ場になります。


 広大な駅構内には小田急と京王が並ぶので、お客様から多摩センター?って声が上がります。はい、意識しております(笑)。

 良きライバル路線でもありますよね。
 実際の路線にしても、沿線イメージ的にも。
(小田急は3000形IIという安物通勤車でイメージ下げてしまいましたが……)


 白い電車同士。作者は違うのに、世界観は合致してます。


 ロマンスカー(気分屋様の7000形 LSE)が待機中。
 女子高生たちが電車待ち。おもむろに中二病ちゃんも居たりします(笑)。




 このアングルゆったりしてて好き。


 最後のフリータイム。
 EF58+20系という定番です。


 京王5000系と並走


 キハ07系と。


 適度なタイミングでカマを蒸機に変更。C52と20系では時代は合わないですけども。
 アメロコの曳く固定編成客車もいいものですよ?


 気分屋様の江ノ電も久々です。元 玉電の600形。
 玉電(世田谷線)時代は下高井戸で京王電車と接していたんですよね。余談ですがどちらも1372mm軌間だったので、世田谷線が京王の支線になって京王線と繋がってたら? というifは成立しうるような気がしますがさて?


 江ノ電同士。江ノ電は充実させる計画も一時期あったんですが、やや停滞しちゃいましたね。なんかカンフルは欲しいところなのですが。魅力的な電車と沿線ですから。


 蒸機と蒸機。妙に渋い時間。
 それもC57とかD51じゃなくて、6200とか8200ってところが。

 関山はあんまりメジャー機造る気はないのです(笑)。C53は狙ってますけど。あと8700とかも。


 西武(の古典電機)と江ノ電。路線は接してないのに妙に似合う取り合わせ。
 

 西武の電機は瑞西製で、東武の蒸機は英国製。
 どちらも私鉄払下げで長生きした古典車両でした。






 

 終了後の記念撮影です。

 超豆茸様の駅は適度な大規模になって、線路数的にも余裕ある使い方が出来ました。
 この日は18時に終了。その後の中入りの宴がまた長く(笑)。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]