何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年01月23日

【作品紹介】製作中ですが……ルビー様のキハ110系「秋田リレー」仕様。美しい色とボディ。

 幻の特急型気動車です。
 秋田新幹線……もとい田沢湖線の標準軌化・高速化の際には1996年3月から1997年3月までの1年間、全面運休が余儀なくされました。
 その間の、秋田への都市間輸送を確保したのは、北上線経由の北上〜秋田間の気動車特急「秋田リレー」号。

 車両は新製のキハ110系にリクライニングシートを備えた300番台。キハ110系には既に急行仕様車もありますが、こちらは1年間の暫定仕様ですから、後に通常仕様車に改造することが前提になったいました。したがって、窓割などはノーマルのキハ110系同様。

 都市間輸送故に3-4連を組むも、転用も考慮して編成には両運転台車まで含まれる。両運転台の有料特急用新造車が90年代末に生まれると誰が予想したでしょうか?
(昨今の観光列車などで特急扱いのは別枠で……)

 1年後には予定通り、「秋田新幹線」に移行。異例の気動車特急は姿を消しました。
 キハ110系の300番台は車内を通常仕様(固定セミクロス)に改めて、新潟・長野地区などに転じています。
 せっかくのリクライニングシートは? 一説には217系のグリーン車新造に充てられたと。車体も座席も、綺麗に再利用されたのですね。



 キハ110系自体凝ったデザインであり(ローカル線用にはもったいない!くらいの)、LEGO化は難しいのです。その上、300番台は竿燈色ともいわれた独特の中間色です。難易度は高い。

 そこをうまく再現した前頭部です。

 車体幅は6幅+プレート2枚分(約7幅未満)。同じくルビー様の701系と同じ寸法でもあります。5udon氏もJR系で採用してますね。

 キモになっているのは、2017年新パーツのΦ2の1/4丸タイル(27295)でありましょう。このミディアムラベンダーが存在するからこそ、この題材が可能になったと?
(残念ながら、キハ110系標準車を再現できそうなオリーブグリーンが現状ありません)

 無論、他の部分もキハ110系らしい造形を極めています。角ばってて、微妙な丸みもある。前面車体裾の逆テーパも嬉しいところ。パネル使った0.5プレート単位の調整がやたらに入ってるのも精密感を高めています。

 電気系も含む大きめの連結器も良い感じ。


 全身。現状で車体のみの落成です。
 全長は44ポッチのフルスケール。個人的好みから申せば、36ポッチくらいのほうがバランス良さげに見えるのですが……。

 ミディアムラベンダーのタイルorプレートを貼った屋根肩と車体裾が如何にもなキハ110系のボディです。そしてマゼンタの帯とドア周りが美しい。
 車体側面は凝った作りであり、マゼンタ帯の真下はタイル表面組。帯部分は順組。窓まわりは横組とベクトルが何度も入れ替わってます。

 完成が待たれるモデルです。
 理想を申せば、両運キハ110+片運転台キハ111-キハ112なんて編成を見せてくれたら嬉しいのですが。特急らしからぬ編成こそが魅力でありましたから。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]