何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年01月21日

【鉄道作品日本型】最古参の電車は「大型車」! 阪堺電軌161形の改修(全長2ポッチ延長)。

 先の記事
http://legotrain.seesaa.net/article/455922458.html

 「現役最古参」の電車、阪堺電気軌道の161形電車は路面電車にしては大柄であり(それゆえ長く愛用されたのですね)、全長は14mもあります。

 これを通常の電車(32ポッチ=20M)のスケールに嵌めると22ポッチになってしまうのですが、先の落成時には20ポッチで作ってしまいました。


 悪くはないけど、ややちんちくりんな感じは否めず。


 あまり意味は無いのですが、実物との並び(→訪問記)。
 やっぱり、ちょっと短いかな? って感じがします。



 2ポッチ延長しちゃいました。全長22ポッチに。


 ドア間を1ポチづつ。これによって全体に余裕が産まれます。
 中央ドアの戸袋窓部分を2プレート分から3プレート=1ブロック分になり印象が整う。
 また実物の側窓が6個並びではなく3+3の並びになってるのも、真ん中の窓柱を太くすることで2+2で再現することも叶う。

 ついでに台車も修正。9Vの数少ない難点である銀色の車輪が目立つ問題の是正してます。


 2ポッチの延長で、実物の「大型感」が感じられるようになりました。
 足回りの関係での2軸アレンジゆえ、あまり長すぎると違和感もありましょうからこれが限界でしょうね。


 屋根上はベンチレータが一組増えました。
 阪堺161形やその辺りの電車、屋根上はいっちょ前に高速電車的なのが素敵です。ひし形のパンタや屋根上のヘッドライトなど……。

 ともあれ、路面電車も作り方の公式がやっと見えてきた感じですね。
 先に作った京都市電や嵐電も修正したいところですし、2軸アレンジ全長20-22ポッチはいろいろ可能性は広そうです。動力系は9Vモータをワンタッチ脱着ですからコスト的な問題も無いでしょう、たぶん(笑)。全国各地か、はたまた全世界か?
 
 まぁその前に、阪堺電車でもう1つ作ってみたい形式もあります。乞うご期待です。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]