何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年01月02日

【作品紹介】sato様のEF64 1000番代 JR貨物更新機。一味違う「8幅フルスケール」は好バランス。

 国鉄最後の新造電機であったEF64 1000代(1980〜)。同じ題材を なし氏が同様に8幅で作られておりますが、解釈の差異が興味深いです。
 勿論どちらも8幅フルスケールゆえの迫力とリアル感に富んだ作品です。

 なし氏のが東(高崎)の仕様なら、sato様のは西の仕様のようです。


 前面。
 車体角の微妙な丸みも再現されています。8幅ならではの表現ですよね。真四角ではないスマートさ、流動性を感じさせます
 
 ジャンパ栓やその照明灯などのディテールも賑やか。これもこのスケールだと無理なく収まるんだなぁと。ドアの出っ張りも見逃せません。またよく見ると前面の上下左右のベクトルを微妙に混ぜたモザイクなのも分かりましょう。

 ヘッドライトも点灯です。


 側面。全長は42ポッチ。

 JRFロゴの表現が嬉しい。きちっと斜体になっています。それでもJRFに見えます。3幅分横組みで微妙にできる隙間を、白線との間の塗り分けに処理しているのですね。

 特徴的な窓やルーバーの配置もそつなくまとめられております。なお、写真右方の1個分の窓は左方の3連窓とはサイズ変えてバランスを取っています。

 黄色い乗務員扉は良いアクセントですね。
 
 屋根上も見逃せません。直流電機にしては賑やかなかまぼこ型の機器函を前後ともリアルに再現です。交差式のパンタグラフはやや誇張気味なサイズですが、これがまたかっこいい。

 足回りは通常の車輪にディテールを盛る作り方です。6幅でも可能ですが、効果が大きいのはやはりラージスケールでありましょう。前後台車・中間台車でバネ周りが作り分けされています。動力は通常のPFトレインモーターで、現状1M。2M化可能とのこと。

 実物は引退始まっている機種ですが、それだけに今後はよりファンの注目を集める機関車となりましょう。
 この作品も広範な活躍、期待したいものです。
(なし氏の同題材との並びや重連は拝見したいですね……!)
 
posted by 関山 at 11:51| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]