何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年12月31日

【作品紹介】bikkubo様のアーキテック・トレイン「移動北極基地」。テーマの昇華と纏まり!

 少し前のCityに在った「アーキテック(北極)」テーマ。
 地味に好ましいセットの多いシリーズでありました。

 そのテーマを見事に採り入れ昇華したのがbikkubo様の意外な新作「アーキテック・トレイン」です。



 前面のヘリ用一体部品の使用は薬師山氏の作品に通じますが、また違った処理です。より近代的な雰囲気に。1970年代なデザインが1980年代のリファインされたような風情でしょうか。整った姿であるのは言うまでもありません。一体部品を使いつつ、リッチな造形とも言えましょうか。或る意味「分かってる、通のビルド」です。

 流線型でありながら連結器付きは嬉しいですね!
 

 1-2号車。
 1号車側面の白ラインななめ処理が巧いです。
 

 1号車車内。各種装備を備えた機材室。

 カンジキや無線機、そして各自のカップ。皆がコーヒー飲んでるのはレゴシティのお約束ですよね(紅茶なのかな?)。




 2号車車内。わんわんわんわん。北極で共になる犬舎です。この数量を集めたのも凄いと思うのですが。側面ドアもスライド開閉です。


 3号車。これが編成中の要でしょう。

 無人ヘリの格納・発着ステーション。この車両のみ8幅。屋根は開閉。プラットフォームは上下可能。
 ヘリのブレードも格納可能形状であるのが分かりましょう。


 ヘリが居ない状態です。内寸を最大に確保しようとする構造がよくわかりますね。


 ヘリの格納状態です。見事な「収まり」方。


 外形。かまぼこ形の素敵な基地車。
 用途・性格こそ違いますが、RT23ミサイルランチャー(列車搭載型)のような雰囲気が堪りません。

 サイドのラインやポッチ出しも良い感じ。
 そしてアウトリガも備えています。


 アウトリガ展開状態。床下機器の作り込みもいい感じ。


 4号車。この車もまた機材車。シャッター状の扉が開くと中には整備された機材が。このビジュアル的な魅せ方は巧いのです。

 床下機器のギアなどは可動ギミックのごとく存在感。ダミーとのことですが、ダミーには惜しい存在感なのですよね。

 そして、屋根は3号車に向けて傾斜形状で揃っています。




 5号車。レーダー・通信車。

 パネルなどの選択も大事ですね。

 なお、各車にはきちんと「ARCTIC1-5」のステッカーが貼られてる由。


 さて、この編成が鉄道車両的に興味深いのは、一見動力車入りのDMU(ディーゼルカー編成)に見せつつ、実は専用機関車に牽かれる編成であることでしょう。

 専用ディーゼル機関車。既存の何処かの車両に見えないデザインでありつつ、きちんとディーゼル機関車としてありえる形状になっている。好ましい自由形です。

 凸型で低めのボンネットは日本製か、はたまた欧州系でしょうか。

 勿論、極地任務に必要なたくさんのライト群も。

 なお、PF動力系をこのサイズに収めているのも興味深いです。後位のボンネットに収まってるみたいですね。


 編成で。簡略化して製品になってくれたらなぁ……というデザインです。


 通常の鉄道車両と並んでても様になるバランスです。
 
 極地に鉄道? というと違和感ありそうに思えますけど、ノルウェー国鉄の北部であったり、ロシア鉄道の辺境地など、この種の列車の活躍できる、産業開拓の最前線はありそうなのですよね。余談ですが、ロシアには列車搭載のミサイルもありましたが、消防用の列車というのも存在しています。
 
 そんなわけで大量の高側無蓋車やら、濃緑の客車などとかと合わせる機会があればと思うのです。
 
posted by 関山 at 23:40| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]