何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年12月26日

【イベント】12月17日 長津田トレインオフレポート その2。「後半はちょっと渋めです?」【写真55枚】

 前回記事:その1。「皆様の作品で賑やかに!」
http://legotrain.seesaa.net/article/455809650.html
 5udon様のレポート
https://5udon.blogspot.jp/2017/12/blog-post.html



 buchi様のバスとバス停。心地よいわびさび。
 東急バスと言うよりは、東急バスと同じカラーリングの地方のバスという雰囲気かしら? 




 5udon様のこどもの国線Y000系。
 内側線は2両編成とかが似合うのです。




 suu様の知波単学園列車……もとい鉄道連隊K2形。
 ツートンカラーのキハ背景が妙に似合います。


 軍用列車曳いてナイスなカーブ。


 鱒寿司様の8620。手前には鱒寿司様の跨線橋。
 あぁ、自前でも跨線橋を造りたくなくなってきました。


 8620、7幅ゆえの好ましいプロポーションなのです。
 さて、6幅の自分用8620と9600は今後の宿題。




 「知波単学園」と「銀河超特急」の並走です。

 ガルパンもドラえもんも共通するのは、皆が幸せな世界ということ。これって大事ですよね。






 igu様のこの列車はおもちゃ箱的楽しさなのです。
 可動部分、だんだん増えてませんか?



 こどもの国線とモノレール。


 新劇場版公開記念。ガルパン列車。SUU様の作品久々。キハ6000は大洗の王道。




 高架が似合う列車です。大洗鹿島線も高架線が続きますし。


 展示エリアより。超豆茸様の221系。意外とレゴ作品に恵まれた題材ですよね。
 個人的には前面側面の窓の小ささがちょっと残念かも。221系はとにかく窓が上下方向にでかい印象ありますから。




 わたるん様のE1MAX 旧塗装。ユニークな題材をユニークな解釈で仕上げてこられたモデル。大胆なスラント形状は正しくMAXですね。
 小さな窓が並んでるのもそれっぽく。前面スカート部分の造形が出来たら、良い方に化けてきそうなモデルだと思います。


 おなじくわたるん様の113系。
 近郊型・急行型の最大公約数的造形が巧くいってます。

 屋根に灰色1プレート盛るとスタイル整って見えてきそうです。

 それにしてもダークグリーンでの湘南色は憧れます。
 実を申すと、国鉄の緑(湘南色など)ってレゴだと普通の緑とダークグリーンの中間くらいですし、国鉄の青(20系や旧型客車や電気機関車)って、普通の青とダークブルーの中間位。でも、レゴ社が新しい色これ以上増やすのは勘弁と思うのでした(笑)。




 bikkubo様のD51がキベルネ様の客車を混ぜて混合列車。
 D51が客車一両に貨車沢山って編成、思わず肥薩線の大畑ループ超えを彷彿させます。ちらりと見えるキハユニも世界に合う。


 大きな、街の駅へ。
 キハ55と蒸機も合うなぁ……。


 FBI様のキハ07と。蒸機と旧型気動車の世界は良いものです。


 街の駅を出て行く姿。
 茶色の客車は混合列車と見立てるのもよいのですが、回送車や配給車(客車ではあったものの運用は貨車扱 1970年代まで存在)と看做すのも面白いかもです。


 ローアングル正義。


 電気機関車も。拙作の青大将は久々に。






 黒貨車の列を追い抜いてく青大将、1950年代のリアルですね。
 真新しい電化設備も、電化の進んでいったあの時代を思わせるのでした。


 架線柱は正義です! 昔から鉄道玩具ではリアルさを演出するために架線柱は重んじられてたこと忘れてはなりません。70年代のプラレールやミニミニレール、またトミックスの基本セットでは架線柱は必須要素だったんですよね。

 子供はめんどくさがって立てないんですけど。
 だからこそ、大人レゴでは架線柱は差別化要素になるのですよ。


 ぬいはちさん(FBI様所有)がいつの間にか駅のシンボルに。三角木馬ゆーなw




 ウチのEF58は2Mのバカパワー機なので、客車2両増しも余裕。
 増結車はスハ43系(鱒寿司様)。「つばめ」「はと」の青大将時代、特別二等車等に茶色の車が混ざることは少なからずあったらしい。意外と淡緑と茶色の混成は様になるものなのですね。


 ヴッパータールモノレール。再び。


 モノレールと、戦車。




 超豆茸様の221系と。




 最後の最後で走った拙作の古典京急(デハ230とクハ140)。出番はないわ大破するわちょっと今回は残念。




 京急大破中の代走はわたるん様のE1系。高架には新幹線!






 8620とEf58。
 

 これも最後の最後で。SUU様のHD300牽引のコンテナ貨物。
 

 列車が行き交っているのです。


 鱒寿司様の8620に青大将客車曳かせてみる。それも特ロと1等展望車のみを。
 
 意外と絵になってます。貴賓のための特別列車的雰囲気ですね。
 確か江若鉄道でDD1351+マイテ+マイテ+スロなんてお召列車の編成(緑一色!)はあったはずです。あれ浜大津までは8620が曳いてたんじゃ? その辺イメージですね。


 最後にこのアングル。
 
 4線同時運行対応+モノレールという楽しさ、賑やかさでした。
 3線まではほかイベントでも多用しておりますけど、4線だと大規模イベント大規模展示並みですね。「トレインオフ」に相応しかったと。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 最後に後悔とか反省とか。

 なし様の7幅8幅作品、前半に出番合ったのですがほとんど撮り逃してしまいました。申し訳ないです。他にもキベルネ様の新型貨車なども撮り損ねております。あぁぁ。

 先にも書きましたが、内側線(高架下の8の字線)はやや運用しにくかった。モノレールが作業エリアを阻害してたのは事実です。

 出番というか線路のシェアリングが適切だっかどうか、再検証の必要はありましょう。やはり「テーマ」「時間割」は決めて於いたほうがよさそうです。
(「オフ会」は「公的展示」に比べて時間的制約が実は大きいので、この辺は寧ろシビアかもしれません)

 あと、テーマごとの並び撮影はもっとやっときたかった。蒸機だけとか出来たはずなので。これは参加各位に申し訳なく思います。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 トレインオフ。勿論「またやりたい」です。場所取りとかおもったより簡単でしたから。重荷が一つ取れた感じなのですよ。

 ただ、年明け2-3月と公的展示が続くので、頻繁に出来ないのが申し訳ない感じ。
 3月の鉄道模型芸術祭があり、それとは別に2月・3月に東京都下で大きめのがあります。(未だ情報公開出来ないのですが、個別は連絡が出来ますから気になる方はメールフォームから連絡ください)

 ただ個人的には「オフ会」と「公的展示」はあまり区別していません(このへんけじめをつけろって意見はあまり好きではないのですよ。「自戒」するのはいいけど人に押し付けるなと)。なので、公的展示でも気軽に作品持って遊びに来てくださいね。

 まぁベルビル持ってきてオフ酒もといお巫山戯できたりするのはオフ会ならではですが(笑)。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]