何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年12月24日

【作品紹介】BUCHI様の、スモールスケール・ナローゲージの可能性。二段がさね!

 ナローゲージとその動力化は様々な可能性があります。
 ◆ラージスケールで通常レール。ナローの泉様の方向性。
 →スケールが独自になってしまうのが欠点。ラージスケールの迫力は利点でもあります

 ◆通常スケールで通常レール。SUU様の鉄道連隊K2や、嵯峨様・拙作の黒部峡谷鉄道など。
 →通常スケールといってもややオーバースケール。但し8幅世界観なら整合性良し。
 制作はしやすく動力の問題も無いのは利点。


 ◆通常スケールでナローレール。エース君他の近鉄特殊狭軌線モデル。
 →理想ですが、大柄の車両しか作れません。また信頼性の高い動力系の自作が困難。

 一方で、動力を外部に持たせてナローゲージを自走させる試みも行われてきました。buchi様も2014年頃、上下2階建てでナローゲージ自走をテストされたことがあります。

 今回は、その改良版です。


 システム概要です。
 ナローレールを二段重ね。下段に動力車を走らせて、上段は磁石で繋がってる車両を走らせるというものです。小規模なパイクを前提にされています。

 地面こそスケルトンですが、小さなシーナリーおいてあげるだけで十分に雰囲気が出せるものですね。地面はそれこそ脳内補完ですよ。
 無論、将来の作り込みにも期待なのです。


 力走。車両は沼尻鉄道のガソ101がモデルです。凄く良い雰囲気じゃありませんか。






 より詳細に。
 
 下層動力部はまさに実用本位。自作動力……は避けて、PFトレインモーターを使用してギアドライブでナロー台車を動かすアイディアです。これなら動力系の信頼性も高めることできましょう。モーターの真上に、磁石が2個。車体側には磁石が1個です。

 今回の大きな改良点は、磁石を「吸引」ではなく、「反発」のポジションにしていることだとか。
 吸引だと磁界を外れると上層下層の結びつきがなくなってしまいますが、反発だとレールに乗ってる以上は上層下層は反発しあい、結局は結びつきが強く得られるとのこと。

 それによって、牽引運転も可能になったようです。
 より実用性が高まった感じですね。機関車+客貨車、なども可能になったということですから。


 もう一両の動力車。こちらは片ボギーの単端式。井笠鉄道あたりにいそうな雰囲気ですよね。
 
 この外部動力のナロー。車両形状が完全に自由です。どんな小型車両でも「自走」させることができてしまいます。
 何より、6幅の鉄道車両に対して程よいサイズでもあり。

 無論、軽便でも比較的大型車体の近鉄や台鐵やかつての鮮鉄のようなケースもありますが、このシステムで可能になるのは鉱山用や工事用や森林鉄道や簡易軌道のような、通常の軽便よりも更に小さな動力車(いや馬とか手押しとか!)が使われてたような事例でしょう。

 あと、インフラについて。
 BUCHI様としては、円周の路線以外はいまのところ考えられてないとのことですが、直線なども加えたプランも気になるところではあります。



 動画。楽しいですよ!




 もう一つおまけ。buchi様の電動ポンプ。防水は考えてない?漢な仕様とのこと(笑)。用途としては水車小屋を造り。このポンプで給水して実際に動かすことだとか。
 1980年代なかばに河合商会のプラモデルでそうしたものがあったこと思いだしました。
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]