何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年12月07日

【作品紹介】もう一つの583系 hiro様の583系「きたぐに」色2期は7幅的な6幅。

 583系!
 実物の引退の間際に、レゴの作品が実に沢山作られた形式でもあります。

 アイン様の作品は国鉄色ときたぐに2期。
 拙作 国鉄色
 サニー様の きたぐに2期
 そしてしょうたいむ様(オリエントP様)の国鉄色。

 更に、hiro様の新作が製作中とのこと。これが凄い作品です。


 第一報としていただいた画像がこれです。
 一見、「7幅?」かと思わされる密度感とディテール。而してよく見ると6幅。
 6幅でも此処まで出来る見本といえましょう。

 前頭部の解釈は、またもや独自性を持ったものです。これまでの5作品が全て個性を持っているのは(拙作は?ですけど)素晴らしいことであります。

 ライトの位置が「なるほど」!と。
 微妙に内側に寄せてる。これでこの作品の印象が鮮烈になっています。
 貫通扉も後述のギミック故に目立つ。いや目立たせておりますけど、やはりこれくらいの推しはあって良い部分です。

 ドアレール。シンプルですが好ましい表現です。

 きたぐに色(2期)の解釈も上品な感じですね。シックな感じが強調されています。


 そしてインテリア試案。
 
 寝台と座席は可変式。これを6幅に実装しています。ヒンジ系(クリップ系)の充実による不可能の可能化もありますけれども、無論、それ以上のアイディアとセンスと執念を感じるものでしょう。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 もう少し開発が進んだバージョンより。
 クハネ581形の運転台と機器室周り。側通路と斜めになってる部分が表現されているのですね。運転台はなんと貫通用に折りたたみ式です。

 あと、さらっと台車も作り込みが凄い。


 別角度より。貫通路を開放した状態です。
 運転席を可変させて通路にしています。この通路、581/583系では一部のシュプール号で使われたのが唯一でありました。
(285系では対象的に、常時使われ続けていますが)


 機器室内部のMGも!


 デッキの消化器も。


 客室インテリア決定稿?
 6幅ながら、左右にシートを再現。無論着席は若干無理はありますけども、でもアイディアとしては秀逸でありましょう。


 こちらは代わって車端側。洗面所付近。2連の洗面台が再現されています。


 外見。ドアレールが貫通扉開放時にドアレールとして機能しているのが興味深いです。それにしても、バランスの良い顔! すっきり……ではないのですけども、でもゴチャッともしていません。その辺も含めて好バランスなのでしょう。




 サイドビュウ。
 全長は44ポッチ。しかし、6幅フルスケールだと起こってしまう、「痩せて見える」印象はなく、とてもバランスよく見えます。というより、長さゆえの格好良さが鮮烈です。
 そして寝台小窓。きたぐに2期渡道では目立つますから大事ですね。
 ミニフィグがちらりちらりと見えるのも、生きている車両としての重要さを感じます(インテリア、ちゃんと作らないと←自戒)。

 屋上機器も精細度高いです。
 設計思想が、明らかに7-8幅の大型モデルの流れです。






 貫通扉は一部パーツ差し替えでありながら、開閉が可能。
 貫通路はミニフィグが通る事のできる寸法があります。
 この開放状態、何れはシュプール号での485系との混結を意識されてとのこととか。

 スカートとジャンパ栓にも注目ですね。両栓であったがゆえの賑やかなジャンパも特徴でした。ここが凄く格好良かったのです。強調気味の表現は正義でしょう。


 夜行走行をイメージした画像。
 比較的最近まで、「きたぐに」が走ってたこと、思い出されます。

 現状でクハネ581の完成のようですが、このクオリティのモハネも楽しみですね。とくに2挺パンタに低屋根のモハネ582! 大陸スタイルのモハネ583やサロ581もまた楽しみであります。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紹介ありがとうございます。
現在モハネ582にも着手しました。
寝台は、3段化もできるようになりました。
ただ、資材不足でなかなか進みません。芸術祭には間に合うと思います。
これからもよろしくお願いします。
Posted by hiro at 2017年12月09日 09:41
◆hiro様
 紹介遅れてhしまったことお詫びいたします。

 モハネ582、楽しみですね!
 寝台は2段でも大変なのに、3段? これも気になるところです。
 来年の池袋、楽しみにしております。

 営業恐縮ですが、資材は鉄道車両向け大量買いならカンザンブリックご検討ください。灰色や白は入手しやすいですし、鉄道車両に使える部品なら当方大得意です。


Posted by sekiyama at 2017年12月13日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]