何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年11月21日

【作品紹介】エース君のC55 流線型! 無理なき美しきストリームロコ。(LDD)

 現状LDDです。実制作予定はパーツの都合で難しいとのこと(現在のC57とC62を維持されたいとのことで。それは納得!)。
 でも、皆の参考になりそうですので記事にする次第です。

 C55形は1935年から製造された旅客列車用蒸気機関車で62両が製造されたもの。うち1936年製の20-40の21両は流線型で製造されました。
 本線特急用というよりは亜幹線急行用のC55を流線型にしたのは不明ですが、でも21両(C53 43も含めて22両)の流線型蒸機が存在して、線路を選ばぬこのクラスであったこともあって全国各地で活躍したのは愉快な話です。
 スタイルでの賛否は割れますが、やはり格好の良いものでした。
 ただ使い勝手では最悪だったようです。この辺は世界各国の流線型蒸機に共通の問題でありますけども。

 戦後1950年ころに流線型カバーを完全撤去で標準型になりましたが、一部キャブ屋根などに面影を残す「流改形」に。これはこれでファンも多い形態ですよね。


 7幅で、公式大動輪使用。エンジンドライブです。
 LDDで此処まで図を引かれるというのも見事なものですね。

 というか、嘗てはレゴ的に不可能と思われた題材の一つでも有りますし。でもまぁLNER A4とかコロネーションが作られてる昨今の流れ的に必然かもしれません?

 カーブスロープ・ブロック中心のかっちりした造形で、流線型と、低部デフレクタを構成しています。丸いラインが美しい。
 上部デフレクタはここだけポッチだしで、良いアクセントになっていましょう。煙室扉の丸は割愛ですが、この題材だと気になりません。煙室扉ハンドルは最初期の埋込み型ですね。

 全体に、実制作上の無理も無さそうです。


 斜め上から。7幅ゆえの缶胴とランボードのバランスです。
 キャブ妻窓は割愛ですが、表現しようとしたらウェッジプレートなどで表面ポッチになってしまうので致し方ないですね。


 サイドビュウ。動輪周りは若干余裕ありますので、BBB-XL化も可能かもしれません?
 動輪上部はL形パネル逆転で避けています。拙作のドイツ連邦鉄道10形(DB BR10)と同じやり方です。
 流線型カバー故に、サイドロッドのみでメインロッドは省略です。こればかりは正しい割り切りでしょう。

 現状で気になるのは炭水車のスカートが割愛されていること。何らかの表現があるとより美しくなるでしょうか。あと、キャブ窓と炭水車窓は飛行機窓のほうがアクセントになりそうです。キャブ手すりもキャブ周りの単調さを補う意味であるといいかもと思いました。


 L形のサイドカバーの取り付け方法 クリップでの上下逆転です。ただ、左右を一体にしておけばはめ込むだけでこの手の逆転分は保持できたりしますが。

 エンジンドライブゆえのモータ位置もわかります。


 バックビュウ。テンダの後ろ側もユニークな姿なのでした。屋根の薄さが再現できてたり、或いは屋根開閉も再現できてると更に良いですかも?

 こんな機関車の後ろに続くのは……流線型とは程遠い丸屋根のスハ32やオハ35……は未だ良い方でダブルルーフ車木造車雑形車。それはそれで楽しい姿であったでしょう。涎じゅるり……。

 無論、時代考証にとらわれずに楽しんでも良い機関車だと思います。
 動態保存機が残ってたらさぞかし人気者になったことでしょうし。


 このアングルいいですよね。

 何年前かの不可能が可能になってしまうこの界隈です。
 きっと、実制作がなされるものと信じています。
(関山が造っちゃうのもありと言えば有りですけども(笑))
 
posted by 関山 at 23:30| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]