何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年10月25日

コメント追記!【イベント】磯子フェス2017レポート総合篇。実力の密集と総合力【写真42枚】

 前回記事 鉄道篇です
http://legotrain.seesaa.net/article/454414156.html

 tamotsu様の記事。自動車関連。
http://4widelegocars.blog.fc2.com/blog-entry-910.html



 4幅車の存在感。いつもより狭めの展開なのだそうですが、でも展示の密度で攻めてます。鉄道系の前景として機能。


 同じ島を。今年はミリタリも同居です。割と違和感なく。

 ただ、作品にアクセスしにくい箇所ができたのはやや問題。背面のメンテ通路があと30cm広ければ解消できたので、本質的問題ではありませんが。


 可愛さを持った、システム系ロボ作品。


 tary様の食品系作品は今年も登場。右下のおでんは新作?


 igu様のゴジラ。存在感を示す。
 然し、鉄道系、軍事系とのコラボする余裕なかったのは誠に残念。展示会やオフ会、時間的余裕は必要なのかもしれません。


 tamotsu様の新作ガレージ。というか前面に展示スペース背後にメンテ工場というのはディーラーをイメージしてる感じですよね。
 ライティングの効果は絶大です。社外品が最近安く供給されいているので難度は下がってますし。


 ミリタリより。今年は九州からとにー様の参加が大きかった。右端のスピットファイアはレシプロ造形を変える作品。美しい。
 タチコマもとにー様? 背後のリアルロボは作者分かりませんが……。
 手前のキューベルも素敵。どなただったかしら?


 複数テーブルまたがるとこんな世界も展開します。

 改めて4wlcを。今年も海岸あり。海要素は4wlcのテーマかもしれません。
 借景になってる82系気動車もまた南国の一員に?




 とにー様のクラシックカーたち。4幅に1930年代の車を上手く収める。
 真似して、量産したくなります。1930-50年代前提の鉄道・街のシーンとか憧れるじゃありませんか。


 件のtamotsuガレージ別角度から。光、ヤバい。


 展示室部分。アパレル扱ってるという設定のお洒落空間です。此処に余裕もたせてるのがいいですね。プリントパーツが効果的に!


 カービィカフェはレゴン様作品。クオリティの高いカフェです。
 こちらも照明あればなお良かったよね、との声。

 手前の赤い車、裾の造形が綺麗。キラ星もインパクト大


 超豆茸様のオートバイ作品たち。モンキー、ジョグ、MSR250R。
 タミヤの1/12を思わせる密度。愛車やあこがれの一台をこんなモデルに纏めてみるのは如何……? 


 tamotsu様のビートルはキャルルックにカスタム。車高下げはレゴだと却って大変?
 写真には入ってませんがオーバルウインドウに小さな尾灯で、初期型への改造もされています。




 レゴン様の海賊船は久々の登場。これ、市販の船の船体上に「最大限に盛ってる」作りなんですよね。故に輸送に耐える強度をキープしてる由。

 こうした作品を作りだすために、レゴ社にはまともな海賊船はリリースし続けてほしいものです……。


 igu様の電動作品。触って遊べるコーナーに。
 遊ぶ時間的余裕無いのが、今回の悔恨でした。割とマジで。


 同じく。PF-XLモータが内蔵されてますので、力強く動きそうです。動くニクル作品という文脈で観ること出来ましょうね。


 こちらはPFではなく、スパイロボティクスベース。不人気製品を化けさせる技。

 格好いいけど、キモい。
 キモいけど、格好いい?

 電動ニクルというのはレゴ社本家では殆ど無い製品でしたけども、世にはゾイドという文脈もあります。


 you☆霊様のモザイク作品。キャラわからず、申し訳ない。ただ、物凄いインパクトでした。




 ひらりん様のニクル作品。虚無僧のインパクトは絶大ですよね……。。
 黒白紳士も新境地開くモデル。注目度高かった。


 ひらりん様の隠れ新作。女の子。バルーンパーツがスカートに活用されてます。


 bikkubo様のニクル作品は珍しや。ドラゴン。美しい!




 こちらはフーミン様のニクルたち。王道感!
 いろいろな文脈取り入れており、作風の広さを感じさせます。


 you☆霊様のシステム系ロボ作品。白騎士、懐かしのナイトガンダム! 密度に装飾系パーツの使いこなしが決まってます。


 同じく、you☆霊様のドラゴン作品。下から見上げてください、とのこと。確かに迫力すごい。口からのビームはベタな表現ですが、……良いものです!


 折り鶴!?


 新作の工事現場ロボ。先の細さがありますので、軽量で多用途に対応できる建機なのでしょう。


 you☆霊様か? オリジナルのブリックヘッズ。ポケモンキャラですよね。


 作者不明ですが、アドベンチャータイム。独自の世界観。日本でもNHKで放送してるのですね……海外アニメを意外とサポートしてる印象。


 キャラビルド作品たち。奥のシェーン・フクロウ・ペンギンはフーミン様
 左のデデデ(ドンキのマスコットに非ず!)、カービィがレゴン様か。
 右手の「いそっぴ」はigu様だっけか?

 正直なところ、転倒・転落・大破が怖い作品群だったのですが、幸いにも展示を乗り越えたのでした。


 ミリタリに戻って。ティーガーII等、とにー様?
 斜めにパーツ貼っつけるのも、今時の常識?


 ヘルキャット。密度の濃いフィグサイズのレシプロ。
 ミリタリと鉄道の間に居るのが、bikkubo様の列車砲。この種の大物兵器も近年は並んじゃうようになりましたね。さらりとすごい時代です。




 無人機母艦として再活用される?トムキャットと、その子機として活動する無人機。この作品もまた、複座ジェットの極みでありましょう。この時代の戦闘機も無茶な造形なのが(実物の話)、レゴの秀作を見ると理解できますよね。
 それにしても1x2や2x2のカーブスロープ、飛行機ビルドを激変させちゃいました。見た目だけじゃなくて強度にも貢献。


 とにー様の西鉄路線バス。ノンステになるまえのやや懐かしい形。
 6幅というのは一番王道的なバス・トラックサイズなのかもしれません。
(関山は5幅続けますけども)


 今回は高架下に置かせていただいた、フーミン様のハロウィンハウス。
 イベントなどで、高架下の「分譲」は今後の課題になりますかも。
(高架出せるイベント自体はそれほど多くはないのですが)


 最後に駆けつけてくださった最澄様の新作。mugen氏の1940年代キャディラックのカスタム。車高下げまくる。サンルーフで逃げているのも、この全体造形だからこそ許容されましょう。美しいモデルです。
 

 やはり、時間の不足が残念……。
 レゴイベントも数が増えてくると、じっくり作品を眺める余裕が減ってきます。そのへんは見る側・出す側・撮る側も意識変えてく必要あるのかもしれません。写真を見返して気がつくことも結構あるのですよ。そして取り逃した作品への悔恨も。今回ミリタリ系で取り逃しあったのは申し訳なく、と。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]