何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年10月18日

【作品紹介】mazta-k様のJR東日本 E217系電車 4両編成完成。一味違うソリッド感!

s


 以前LDDを紹介した、mazta-k様のJR東 217系が完成しています。
(8月のJAM合わせの完成でしたが紹介遅れて申し訳ないです)

 先方の記事:「E217系総武快速・横須賀線 4両付属編成が完成」

 なお、同題材は超豆茸氏も制作されているので、競作になっています。
(先に断っておけば、表現もコンセプトも、かなり違う作品です)

m

 製造中の様子です。
 LDDどおりなのですが、前面の傾斜はブラックフェイスとスロープの丸みによる表現。おかげで隙間がなく、すっきりシンプル。その雰囲気は、JR東日本のソリッドなイメージの通勤車らしさを感じさせるもの。

 帯の表現は正確なものです。太い帯、車体全体とのバランスも良好。
 ステンレス車の色は新灰か新濃灰か? 2つの流儀があるところですが、新濃灰も90年代以降のフラットなステンレス車の表現には向いておりますね。これは以前の同氏の223系もそうでしたが、この表現はブレておりませんね。銀色というか金属色も結構個性はありますから、題材によって使い分けできるのが理想でありましょう。

m

 車体構体。やはり窓まわり・ドア周りをかっちり組んでいるのが印象的です。太めの帯が全体の印象を落ち着かせてもいましょう。

 側窓は分割線がセンターに来てしまうのがやや惜しい。早く2x2x4パネルのクリア系がほしいところです(クリア以外はリリースされてるのに)。

 クロスシート車はコストかかりますが、1x1ブロックも使うと雰囲気出せますかも? 1-2-1に組むのです。

m

 印象的なヘッドライト点灯機構。
 PF用のLEDではなく、9V時代の白熱灯はこだわりだそうです。E217系は「今時の電車」につい感じがちですが、1992年頃から導入ですから、十分に「昔の電車」でもあり、実物の前照灯は未だLED(HID)化されていないのですよね。こういうこだわり、大事です。

 それにしても反射導光、凝ってる!

m


m

 ズラリ並んだ東海道・横須賀・総武線の面々。思えば通勤型・近郊型が此処まで並ぶのも壮観ですよね。
そして、一人ひとり作り方も、電車の解釈も違ってる。その違いがあるからこその面白さです。

s

 buchi氏の113系はやや懐かしい作品。そのならびもまた感慨深いのです。
 90年代前半の過渡期には共存してたものでしたね。

s

 mugen氏の、251系スーパービュー踊り子も加わって。気分は横浜〜戸塚〜大船の複々線ですね。E217系と
E251系、生まれた時代も共通する電車なのでした。

s

 このカットが一番作品の特徴を捉えることできてますかも。

s

 反対側より。件のライトを点灯させての姿です。
(写真は「s」が関山撮影、「m」は先方記事からの転載となります)

posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]