何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年10月11日

【イベント】所沢ブリックフェスティバル(2) 鉄道以外。まとまりとバランス良き展示会。【写真63枚】

 前回記事此方「所沢ブリックフェスティバル(1) 鉄道編。何時もと違うのが、面白い♪」
http://legotrain.seesaa.net/article/454079671.html

 広い会場故の、ゆとり。
 まとまりが良いというか、まったり感のある催しでした。浦賀から所沢……と言うのは二の足を踏んでしまいそうな距離ではあるのですけど(笑)、それを乗り越える価値があったと思います。
 
 なお、主催サイド(StarBrick37様)のレポートが上がっております。
https://t.co/pdKS53zMmx
 tamotsu様の 自動車関連のレポートはこちらです。
http://4widelegocars.blog.fc2.com/blog-entry-903.html
 フーミン様のレポート此方。
https://t.co/BwAtUtSjkL

 先ずは、ハイライトから。

 「宇宙ショーへ、ようこそ」
 マック&シュンカナ様のクラシックスペースのコレクション。並べ方が良く、ショウ的演出になっておりました。

 レゴ宇宙シリーズ的未来感においてのファンイベントと言うか商談会というか。こんな感じになりそう。でもやはり「レトロなファンミーティング」なのでしょうね。皆さんはレトロな宇宙服をわざわざ着用したりして(笑)、


 「航空ショーへ ようこそ」
 shigezo様の航空機作品群。目玉はセンチュリーシリーズの並び。高精細の懐かしジェットがきれいに並べられてる。
 そして、エアショーやってるレシプロ機。


 「カーショウへ、ようこそ」
 おなじみ、tamotsu様の4幅車の展開です。パーティホテルの「Light and Sound」の演出が堪りません。そして、ミニフィグ・ミニドールの展開も。前日準備されたそうで、その手間がわかりましょう。




 「ロボットオフに ようこそ?」
 同日にさいたま新都心で、埼玉ロボットオフがありました。故にロボ分メカ分は今回は薄いかなぁと思いきや、結構な高密度・高精細の作品が美しくディスプレイされていたのでした。
 ロボレゴラー・ニクラーの皆さんはどっちに行くか迷われたことでしょう?


 「ショッピングモールにようこそ?」
 マック&シュンカナ様のもう一つの展開が、「10x10x10」のヴィネット群。
 多くがお店や生活、仕事をテーマにしていますので、こうして固まってみると恰も大型モールのごとし。


 機械生物の世界へ、ようこそ。
 二階堂様の作品は初めて現物拝見しましたが、細かくリアルで。生体とも機械とも付かない独特の魅力。両方の良いとこ取り? 「メカモ」(知ってるかな?)とも「ゾイド」とも違うんですよね。独特の世界観なのです。


 ボードゲームカフェにようこそ。
 ペイ様の展示は「遊べる」もの。レーダー作戦ゲーム大人気で、ずっと座標を読み上げる声が絶えませんでした(自分も遊びたかったよ……!)


 かわいい? 世界にようこそ。
 さちこ様のドラゴン。問答無用の可愛さ。積分的造形とスロープ造形の融合は独特の「さちこ」節が炸裂してますね。そして、可愛い!

 この子が、この日の看板役を勤め上げたのでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 さて、詳細篇入ります。


 1979年。当時の子どもたちのあこがれのセットでした。
 その箱は限りなく大きく高価に見えたのでした……。

 今の目で見ると、意外と小柄なのに驚きます。
 大人気なくなたちゃいましたね。自分たちが。


 宇宙船よりも「指令センター」に憧れてた当時の自分。ややひねくれ?
 このセットは買ってもらいました。夢中で遊びました。


 マック&シュンカナ様のコレクション。これは未だ一部だそうです……。

 bricklinkだとクラスペはかなり高額なので、ため息漏れ、涎が垂れる。
 ただ、自分はマメじゃないのでコレクター無理。居るべきところに落ち着いていることと、コレクションを管理・展示されていることに感謝なのです。




 憧れの情景。概ね1979-1980年代なかばくらいお製品のようです。


 問題作? 当時は不人気で売れなかったとか??
 
 ただ、さちこさんがやたら褒めてました(笑)。
 今の目で見ると可愛い? のかもしれません。


 恐竜型メカも問題作? 初代ゾイドが出てきた頃で、その辺を意識してたという仮説を提唱しときましょうw。ゾイドファンに怒られそうですけどw


 代わって、こちらはさいとう様の宇宙戦艦ミニモデル。
 小さいけど密度感が凄い。細密な、恰も金属製の模型のようですね。

 ロストワックスじゃなくて、ABSなのですけど。
 でもABSはロストに迫れる?


 同じく。宇宙空母。
 フライトデッキの白線表現に度肝抜かれましたよ。0.5プレート分です。

 垂れポッチを挟んでるみたいですね。




 shigezo様のF106A USAFのマーキングがサイド・翼とともに素晴らしい。
 キャノピーも良い造形です。

 カーブスロープの拡充は、やはり飛行機を変えています。


 レシプロ。後方銃座のある飛行機(前方に機銃がないよ?)。密閉でかつ固定脚という。ゲテモノ臭がたまりません。そして、レゴの飛行機をこの大きさに纏めてるのが、またすごいと。
(飛行機は小さく造る方が難しいと思うのです)


 こちらも後方銃座ですが、前方にも機銃があって一安心?
 やはり、ミニマムなサイズにまとめ上げた複座機です。


 F106? 派手なカラーリングが堪りません。
 ロービジも嫌いじゃないですけど、昔のジェットは華やかですね。


 機種わからなくて恐縮。でも、美しい マーキングも魅力。


 新作ではありませんけど、ドラケン格好いい。色も良いんですよね。


 ドラゴンつながり。さちこ様のドラゴン、別角度。
 公式系大型モデルとかと「明らかに違う」センスが、さちこ女史の持ち味なのでありましょう。こうしたプロビルダーの個性って大事だと思うのです。


 可愛い動物系。フーミンさんの作品の並びます。


 フーミン様で以外なのは、ニクル作品の方向性の違いですね。
 左のメカ。色も形も重厚。右のアヌビスさん可愛い! 最近はアヌビスモチーフのキャラクターも多いので、メジャーな猫神様になってきましたね。よきかな。


 同じくフーミン様。右のは不気味だけど迫力と、蟲の持つ要素を感じさせられます。


 ロボ分、濃厚なのでした。


 いっくん様作の、小さめのシステム系ロボたち。


 

 同じ素体をベースにバリエーション展開。
 小さな作品は「見せ方」が難しいのですが、システマチックな背景を用意することで、「魅せて」いるのが印象的。


 そして、tan様(たぬあき様)の作品。
 先ずはシステム系フィグ乗り。世界観が出来てくるんですよね。




 システム系大型。球体(数年前のスター・ウォーズのあれ)使ったモデルはインパクト抜群でした。ヘリの前頭部を上下逆転も面白いです


 此方は同じくtan様のニクル系。




 バイオニクルって、露骨に個性が出るジャンルかもしれません。
 そして、この数年来ので国内作品のレベルアップも凄いと。


 圧巻! 作品もさることながら、展示方法も素晴らしかったのでした。






 虎吉様のPF+ニューマチックの建機。解体作業とかに使う、くちばし状に挟む機材でしょうか?
 モーター5個実装です。走行用も含めたら7個?
 モーターのうち1個は空気圧縮用。


 自分は遊ぶこともゆっくり撮影もできませんしたが、RCカーたち(ラジオではなく、リモートという意味でRC)。
 子どもたちには大人気だったようです。

 レゴのRCカーも小さく・速く、そしてカッコよくなってる。この進化が最近は加速してる感あります。シャーシや電気系周り、ミニマムに造る方向が出来上がりつつあるような。


 マック&シュンカナ様の、10x10x10ヴィネットたち。
 100均のケースに飾ってるそうですが、ケースあると見栄えもレイアウトも良くなってきます。すペース次第では立体的に積み上げる、なんてありかもしれませんね。


 お気に入りはこちら。可愛い系の集合。すごい密度です。
 ……そして、1作ごとに気合入ってることもわかるのです。


 ケーキ屋さん。10x10x10という寸法の美味しさ使い切った感。
 左下はサーフバー? 右下は美容院? もっとゆっくり撮影するべきでした。


 コインランドリー。果物屋さん、魚屋さん。
 空間の圧縮と切り取り、素晴らしい


 レゴではおなじみ警察と消防です。

 右下は「宇宙」というかクラシックスペースです。


 ハロウィンテーマです。色彩と雰囲気で3作も。右下のかぼちゃは?


 かぼちゃの中もお店なのがわかりますね。
 真ん中のミニチュアが、良い意味で「核」になっています。


 二階堂様のメカ風動物モデル達。動物モデルとしても独自の文脈です。パンダ、この造形は普通思いつきません。そのうえ、かわいい。


 アルマジロ?の造形思いつきませんよね。2x2金タイルが厳つい。


 不思議なメカ生体達。


 ライオンと象。
 大きなものも、また力強く。美しく。

 システム系でもバイオニクル系でもない、不思議な造形です。キャタピラも自由に造形部品で使い込んされてるんですよね。


 自動車系展示全景です。


 右手の青いスポーツクーペ。ロープロファイルが美しいなぁ。


 外部。良いバランス、配置のリズム感。手練ですね。


 海を眺める開放感です。海、いいですよねー。
 トレイン界隈でも取り入れるべきかもしれません。


 物販もあり。メタルラックを活用です。ここはワンフェスのノウハウですね。


 ペイ様の回転寿司はこまめにアップデート繰り返されてるとか。
 ただ、可動するものはどうしても可動周りの劣化が悩みだとか……。


 それでも、楽しげな店内。色々回ってます。
 お客さんのバラエティもまた魅力ですよね。


 久々に拝見。ペイ様、屋形船。
 一度レゴラーで本物貸切やってみたいものですね。ちょっとお高いけど、東京より横浜のほうが少しリーズナブルなお値段みたいですよ。


 やはり、楽しげな宴なのでした。ベーダー卿も飛び入り参加ですね(会費払えよ!)。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 参加して楽しいといえる展示会でした。
 お客様と、展示者諸氏。楽しみのバランスも良かったと思うのです。

 ご招待くださった、StarBrick37のお二人。そしてご来場くださったお客様方に感謝申し上げます。

 唯一の無念は。
 遠方故に「サイゼなう」できなかったこと(笑)。お馴染みサイゼリヤ、最寄り駅にない。そして皆さん遠出なので、早く帰らないといけない(自分も)。

 その辺の無念、磯子で果たすことにいたしましょう。

 さて。
 次の展示は10月22日。磯子フェスです。皆様、ご参加ご来場の程を!
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]