何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年09月24日

【作品紹介】三木勘吉様のAPT-Eは振り子機構搭載(振り子の機構解説あり!)/他 英国型アップデート

 過去作のリニューアル再デビュウです。


 三木様のAPT-Eは2016年のJAMで登場した作品です。

 実物は1970年製造。72-76に試験。その後博物館入りした由。ただし、あらゆる部分が先進的だったAPT構想は断念されています。それゆえつい「英国面……」とか言われてしまう車輌ですね(一方で同時期のHSTは保守的な設計であり、こちらは今なお健在ですが)。

 実物はガスタービン電気式で、かつ振り子式。傾斜角は大きなものでした。
 軌道の大規模改良(=新幹線)を行わず、高速運転を行うというコンセプトに基づきます。仏TGVや独ICEは在来線にも直通しますが、高速運転は「新幹線」部分のみですから、無茶がわかるというものです。

 閑話休題。三木様の作品が今回、振り子機構を搭載してきました。


 いきなり物凄い写真ですが、これが「振り子式」のフルモードです。脱線転覆事故じゃないんですよ!

 十分な傾斜角は実物どおりでありますね。そして、走行難度の高いS字も余裕でクリアしていることの証でもありましょう。
 
 傾斜はレゴトレインでは既に何例かある、台車の回転角を楔で車体傾斜に伝える方式です。実物ではありえないですが、如いて申せば強制振り子ということになるのでしょう。


 おとなしめの傾斜状態です。2両目と3両目の傾きがわかりましょう。
 APT-Eは連接車の連結ドラム部分に昇降口があるという特異な形状ゆえ、振り子の効果もよくわかります。

 4両編成は、試作車の実物通りです。
 スロープパーツで構成のソリッドな印象は、実物のアルミソリッドな印象と重なるものですね。
 振り子機構に関しては、後述します。


 例によって、不幸が滲み出そうな並びです(笑)。
 ただ、APT-Eは4年もテスト重ねて、APTに繋がってますからね。決して駄っ作機(英国機がおおいよな?)ではないのです。多分。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 ベビーディルティック 23形ディーゼル機関車も車体高さを1プレート上げる改修を受けて、十分なボリューム感を得ました。客車と高さが揃うようになり、前作時にあった違和感が解消しています。ベビー、とは言いますがディルティックエンジン搭載の機関車というのが巨大なものですから、そこそこの貫禄は必要なのでありました。


 状況に応じて、1Mにも2Mにもできるそうです。
 要点を上手く抑えた、英国型ディーゼル機関車モデル。


 またもや、不幸な組み合わせ?
 23形ディーゼル機関車も、製造が10両にとどまり且つ短期の引退でした。変態的ディルティックエンジンのためではなく、副次的原因と言われていますが。

 
 英国のディーゼル機関車に、アメリカ風な日本型客車の組み合わせは意外と似合うのは愉快です。鉄道模型ならばホーンビィ+バックマンってとこでしょうか(笑)。

 いや、イングリッシュプルマンはそろそろ作りませんと。MarkI初期車もいいなぁ。


 そんなわけで、三木様の英国客車。これはMarkIII。HSTの中間車にも、機関車牽引にも使えます? 2等車。


 

 同じくMARKIIIですが、HST試作編成のの中間車専用。1等+食堂車(或いは1等客用の食堂車)。なんとも大時代的話ですが、流石に量産車では等級差別のない食堂車になったようです。
(誤解なきように記せば、英国は3等車でも「そこそこ豪華」で、仏独の2等車相当でありましたが。この辺の文化史は面白いテーマでしょう)

 このカラーリング、1970年代のプルマン専用列車(MarkII?相当)にも使えそうですよね?


 さて、気になる振り子機構です。il氏のものを参考に、大幅簡素化されたものだとか。
 これは通常のボギー台車です。動力台車にも使用可能。

 台車からピンを伸ばす。ピンは車内のシャフトに差し込まれています。

 直線時、車体は台車の楔部頂点で支えられています。
 曲線に来ると、球面タイルと接触して車体が傾斜する仕掛けです。


 車内のシャフトの様子。車内上部に中心点があり、傾斜を行うのがわかりますね。
 実物の振り子車輌ではこんな無理はせず、コロやリンクで仮想中心点を置くわけです。

 差し込み。台車と車体は固着されていません。固着も可能らしいのですが、メンテ考えるとはずせる方がよいとか?


 連接台車。APT-Eという特殊な連接車でなければ、真ん中の構体が不要であるのは言うまでもありません。


 車内のシャフトの様子です。


 台車楔部の傾斜と、車体接触する球面タイルの接触作用で、カーブで車体傾斜する様子がわかりますでしょうか?

 言うまでもなく、振り子式車両に汎用的に使える技法です。連接車ではなくてボギー車でもOK。PF動力車でもOKなのです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 おまけ。英国とは関係ありませんけど、某日本形客車。
 Resortカラーのオハ14だとか。90年代は多客臨でJR西エリアを東西南北走り回ってた車ですね。これも展望車も含めた編成化、ありかも?
 

posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]